第9回野生動物対策技術研究会in青森
野生動物対策技術研究会 第9回全国大会開催 開催要領

 全国でニホンジカやイノシシなど野生動物の生息域が拡大している。 今回の全国大会は、ニホンジカ・イノシシが見始められている東北地方での初動対策をなんとかしなければならないということで、テーマを「東北地方の獣類における分布拡大の課題と対策」として、すでに低密度から高密度になった現場に詳しい専門家や最先端の情報や技術をもった資機材メーカーなどを招き、これからの東北地方の対策を効率よく効果的に進めていく契機としたい。

1.開催月日    平成30年10月18日(木)13:00~20:00
19日(金)9:00~15:00
2.開催会場  
19日:現地視察  青森県西津軽郡深浦町内 
20日:黄金崎不老ふ死温泉      
   〒038-2327 青森県西津軽郡深浦町舮作字下清滝15 電話0173-74-3500

3.開催テーマ 「東北地方の獣類における分布拡大の課題と対策」

4.主催  野生動物対策技術研究会 
共催  一般社団法人ふるさとけものネットワーク

5.後援  深浦町 (申請中)、青森県(申請中)、東北農政局(申請中)

6.開催日程
(1)1日目  10月18日(木)
現地視察 
 13:00 集合場所1 深浦駅(青森県西津軽郡深浦町深浦)
13:20 集合場所2 不老ふ死温泉
13:30~ 17:00 視察地:青森県深浦町周辺コース(予定)
(1)GPSを活用した野生動物管理
(2)ICT活用遠隔操作捕獲檻
(3)ドローンを使った空撮、熱赤外線での探索
(4)観光地域での野生動物との共生(神秘の湖 青池)   
   
視察コースの申し込み:先着順で定員となり次第締めきりとさせていただきます。マイクロバス2台を使って現地視察を行います。        
① 深浦駅から現地までは、集合順に乗車していただきます。
② 視察が終わり次第、情報交換会場兼宿泊場の「不老ふ死温泉」に向かいます。情報交換会に参加されない方と別のホテルにチェックインされる方は事前に事務局にお申し付けください。
③  視察の参加費は5,000円(プログラム費・バス代・保険代)(税込)です。                                                   

情報交換会 18:00~20:00  会場:不老ふ死温泉  会費制 5,000円 立食形式
    マグロの解体ショー等を提供 
宿泊 不老ふ死温泉(1泊朝食付き)8250円(税込み)※原則相部屋となります
  ※上記以外の宿泊をご希望の方は各自で手配をお願いします。ホテル間の送迎はして
おりません。ご希望の方はお申し込みフォームまたは参加申込用紙によりお願いします 
    
(2)2日目 10月19日(金)9:00~15:00   
シンポジウム
受付 8:30~ 不老ふ死温泉 大広間            
挨拶 9:00~9:15  代表挨拶 日本獣医生命科学大学獣医学部 教授 羽山伸一
来賓挨拶(予定) 深浦町、青森県、農林水産省東北農政局                                                                  
9:15 ~ 10:00 基調講演 演題 「東北地方の獣類における分布拡大の課題と対策」
講師 東北野生動物保護管理センター 宇野 壮春 氏
10:15 ~ 11:15 基調報告
・深浦町の取り組み(深浦町)
・青森県内に生息するニホンザルについて
(NPO法人北限の野生動物管理センター 山崎 秀春氏)
          ・鳥獣被害の現状と対策
(農林水産省農村振興局農村環境課鳥獣対策室課長補佐 宇井伸一氏)

昼食・資機材展示 11:15 ~ 13:00   
昼食(弁当) 1,000円 (税込)
  ◆ 会場近くに、コンビニ及び飲食店はありません。   
  ◆ 弁当をご希望の方はお申し込みフォームまたは参加申込用紙により注文願います

資機材展示   大広間の隣の部屋内にて資器材の展示を行います。   
  関連資機材の情報収集、展示メーカーご担当者との意見交換にお役立て下さい。   
  
分科会 13:00~15:00   参加費 5,000円(税込)
会場:小ホールほか   
  ◆ 分科会の参加者数により会場を割り当てます。   
  ◆ 第1希望、第2希望の分科会の希望をとります。
参加人数により第2分科会に割り振ることもあります。  
分科会1:鳥獣被害対策で活かせるドローンの使い方
座長:大谷浩章氏(研究会幹事)、山本麻希氏(新潟ワイルドライフリサーチ)
ゲスト:ドローンメーカー(予定)
趣旨:ドローンを用いた鳥獣被害対策技術の事例について「撮る」「運ぶ」「飛ばす」をキーワードに、今後の展望について学び、「使い方」について学べます。

分科会2:侵入防止柵の活用と管理技術
座長:大村信義氏(研究会幹事) ゲスト:電気柵メーカー等(予定)
趣旨:猪や鹿の初期対策から鳥害対策まで設置、管理の上における運用面の最新情報を学べます

分科会3:捕獲器具(くくりわな、箱わな、囲いわな)での捕獲効率
座長:吉野拓郎氏(佐賀県)、興膳健太(猪鹿庁) ゲスト: わな、IoTメーカー(予定)
趣旨:捕獲における注意点、各罠の特性、低密度地域における捕獲手法、電気止め刺し機について学べます

分科会4:ラジオテレメトリ、GPSを活用したサルの個体群管理
座長:今野文治氏(JAふくしま未来)、山本圭介氏(甲斐けもの社中)
ゲスト:GPS製作メーカー(予定)
趣旨:導入、運用面における実例を紹介しながら注意点や今後の展望を学べます

分科会5:鳥獣被害対策実施隊員・専門員の現状
座長:羽山伸一氏(日本獣医生命科学大学)、浅田正彦氏(AMAC)
ゲスト:専門員配置の市町村(予定)
趣旨:雇用条件、求人方法、捕獲技術向上のための取り組み等を紹介し各地域での活かし方を学べます。

参集者 地方自治体の被害対策担当者、研究者、NPO法人、関係資器材メーカー担当者、教育機関の学生、狩猟者等   約200名

参加申し込み・問い合わせ:参加申込用紙にご記入の上、平成30年9月28(金)まで

申し込み方法:FAX 055-213-5947        
 Mail info@furusato-kemono.net 
問い合わせ 野生動物対策技術研究会事務局(ふるさとけものネットワーク)担当:興膳
 電話050-5276-2555   〒501-4601 岐阜県 郡上市 大和町大間見307

名前 *
Your answer
所属
Your answer
電話番号
Your answer
メールアドレス
Your answer
参加範囲 *
Required
参加希望分科会 *
第1分科会
第2分科会
第3分科会
第4分科会
第5分科会
第一希望
第二希望
参加費支払い
請求書の必要な方は宛名と品目をご記入ください
Your answer
領収書の必要な方は宛名と但書をご記入ください(分ける必要がある方はその旨もご記載ください)
Your answer
深浦駅から会場(黄金崎不老ふ死温泉)まで送迎をご希望の方は何日何時着かをお知らせください。無料送迎
Your answer
その他、ご質問などございましたらご記入ください
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 特非)メタセコイアの森の仲間たち. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms