賛同署名のお願い

吉田寮の補修・存続を実現するために、署名趣旨文にご賛同の上、下記フォームより
ご署名ください。

    吉田寮(寮舎および寮食堂)の補修・存続を実現するために

吉田寮自治会


京都大学総長 松本 紘 殿

吉田寮は自治会によって運営される自治寮であり、その場に関わる諸個人が対話
を通して場を構成していくことのできる自主管理空間です。とりわけ、吉田寮の一部
をなしている「吉田寮食堂」について言えば、80年代に給食機能を停止されて以
来、演劇や音楽活動をはじめとする表現行為の場として、寮生にとどまらない人びと
へと開かれた形態で活動を続けてきました。
さらに、1913年の開設以来およそ100年もの歳月を経た吉田寮は、今や日本最古
の学生寮であり、また建築史的観点からも希少な木造建築物です。そこで人が暮ら
し、活動したことの記憶が、長い年月を経て無数に堆積された場所は、安易に取り
壊されてはならないものです。
しかし、今に至るまで吉田寮の抜本的な補修は行われていません。この状況が続
くならば、地震等の災害によって、吉田寮の存続が物理的に脅かされる事態にもな
りかねません。吉田寮という場所の持つ意義を認識し、寮舎および寮食堂の適切な
補修を速やかに行うことを切実に求めます。


    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question