【高校生のみ受付可】LINEのサービスに隠された真の意味とは…? LINE(株)森川氏無料講演

参加をご希望される方は必要事項を入力し、フォーム送信ボタンを押してください。

    Captionless Image

    ※高校生のみとなります。ご了承ください。 ※講演会の後、有料の懇親会が同会場でございます。(高校生以下無料) 【企画概要】  今や世界中に5億人のユーザーがいるLINE。Twitterの2億4000万人を軽々越え、Facebookの12億8000万人へすぐにでも追いつきそうな勢いえユーザーが急増しています。  いわば「社会のインフラを変える」ような大革命。人々のコミュニケーションツールとして必要不可欠な存在になりつつありますよね。  なぜここまでの成長を遂げられたのか?  そこには「ガラパゴス日本」というキーワードが浮かび上がります。  今回は、LINE株式会社の森川亮代表取締役をお招きして、テーマ「ガラパゴス日本だからこそ生み出せた世界的サービス」を皮切りに、企業を志す学生や関西の起業家のみなさまへ、メッセージいただきます。  ではここで、森川氏がどんな考え方をお持ちなのか、2つの例を紹介しましょう。 ①「ブームより当たり前をつくりたい!」  森川氏はあるメディアで「ブームより当たり前をつくりたい」とおっしゃっています。まさに現在進行形で成しえていると感じますが、まだまだ進化を期待させてくれます。さらにブームを当たり前にするために重要なことは「なにが楽しいのか、なにがいいのかをいつも考えていること」なのだそう。他のメディアでは「社会のインフラをつくる」ともおっしゃっていて、まさに躍進中だと感じられます。 ②「交渉のポイントは・・・」  森川氏はブログやコラムで多くの書籍の書評をアップしていらっしゃいます。中でもマイケル・ウィラー氏の「交渉は創造である」に対して、興味深い考え方を残しておられます。 「(交渉において)相手にとって自分の提案はどんな価値を持っているのか、自問自答し、それができて初めて、自分の提案の価値を最大化することができる」。 この言葉はとてもうなずいてしまいました。  このように、LINEの成功は森川氏の「利用者目線で考える力」にあるのではないでしょうか。  人と人をつなぐ「ガラパゴス日本だからこそ生み出せた世界的サービス」、みなさんと共にワクワクしながら聴きたいと思います!  「世界のLINE」の森川社長が大阪で講演してくださるのはまたとないチャンス! このチャンスを掴み取ってください! 【参考資料】 *5大ソーシャルメディアのユーザー数まとめ!Facebook、Twitter、LINE、Google+、YouTube   [2014/05/16] http://news.mynavi.jp/news/2014/05/16/324/ *5億人突破のLINE、実際の利用者は1.7億人  2014年10月10日 http://www.asahi.com/articles/ASGB95KK2GB9ULFA020.html *コミュニケーションはエンタメである──秋元康の〈時代精神〉対談(2014.5.26) http://gqjapan.jp/more/business/20140526/yasushi-akimoto-132 *LINE森川社長、「交渉はジャズに似ている」 「交渉は創造である」を読んで考えたこと http://toyokeizai.net/articles/-/54105 『参加費』 無料 『定員』 お申込み先着200名様 『実施日時』 2015年2月5日(木)18:30~21:00(受付開始:18:00) ・18:30~講演 ・20:00~懇親会(有料:1000円※高校生以下は無料) 『会場』 グロービス・マネジメント・スクール 大阪校 〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル4F ■JR新幹線「新大阪」駅 中央改札を出てすぐ右手『北口』が当ビル直結  <詳しい道順>http://matome.naver.jp/odai/2139755333964955301 ■JR在来線「新大阪」駅 東改札口(東口ではございません)/徒歩3分 <改札を出て右手へ、新幹線中央口前を通り『北口』が当ビル直結>  <詳しい道順>http://matome.naver.jp/odai/2139383427046511501 ■地下鉄御堂筋線「新大阪」駅 1番出口(当ビル直結)/徒歩1分 <ビル内のエスカレーターを昇ると『北口』に連絡>  <詳しい道順>http://matome.naver.jp/odai/2139754925362054001 ※「オフィスエントランス」から、エスカレーターにて4F受付へお越しください。 『お申込みURL』 http://urx2.nu/f9fH 主 催:大阪府 企画・運営:KSIA(一社)関西学生発イノベーション創出協議会
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question