「ありのままの自分」を認める②
ありのままの自分を書いた文章には、感情や価値判断を表す言葉が多く見られます。感情や良い悪いといった言葉こそ、意識の偏りがそこにあるという目印です。

 そうした偏りが自分の中にあることを認め、ありのままの自分に対して持っている「観念」「思い込み」「トラウマ」「情動」を吹き送る構文を書くために、すでに学んだ悩み解決型構文を使います。

私は、◯◯を認めた。
私は、◯◯を吹き送った。
私は、◯◯を最適化した。  ※◯◯にありのままの自分を書きます
 
(例)
私は、お金が大好きなことを認めた。
私は、お金が大好きなことを吹き送った。
私は、お金が大好きなことを最適化した。

私は、◯◯さんのことが大嫌いだという思いを認めた。
私は、◯◯さんのことが大嫌いだという思いを吹き送った。
私は、◯◯さんのことが大嫌いだという思いを最適化した。
〈ワーク〉ありのままの自分を最適化する
ありのままの自分を「認めて」「吹き送って」「最適化する」構文を作成してみましょう。
Your answer
この構文をロゴストロンで発信したり、紙に書いて持ち歩くなどしてみましょう!
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy