第2回  福祉とアートのオンラインシンポジウム
「いばらきで、いま起きている」

開催日: 2022年 12月 10日(土)
     14:00-16:30(13:30開場)
    ※zoomにて、手話の同時通訳を予定しております。

参加費:無料

参加方法:3通りの方法がございますので、以下より選んでご参加ください。

  ① Zoom参加:先着100名
    ※質疑応答など、登壇者とのコミュニケーションが可能です
 
  ② YouTube参加(視聴のみ)

  ③ 会場参加(視聴のみ):先着30名(登壇者は視聴会場にはいません)
    ※プロジェクターで映像を視聴いただけます
    場所:総合福祉会館 〒310-0851 水戸市千波町1918 駐車場有

◇ご記入いただいたアドレスに詳細情報をお送りします。

_________________________________

昨年度より、茨城県で、障害者芸術文化活動普及支援センターを設置するための準備室が始動しました。
現在までに、約30ヶ所の茨城県内の福祉施設や個人などにヒアリングを行っています。
今回のシンポジウムでは、県内の特異なプログラムを持つ、2施設にスポットをあて、それぞれの事例や考え方(哲学)を共有いただきます。また、福島県の支援センターでもある"はじまりの美術館"の小林さんもゲストに迎え、事例発表をしていただきます。

3施設によるクロストークや質疑応答の時間もあります。皆さま、ぜひご参加下さい!


登壇者

◆かとう さとこ(あとりえず〜む、のっぱらかふぇ:水戸市)
株式会社ひとは 代表取締役

◆岩田 祐佳梨 / いわた ゆかり(NPO法人チア・アート:つくば市)
特定非営利活動法人チア・アート 理事長

◆小林 竜也/ こばやし たつや(はじまりの美術館:福島県猪苗代町)
社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館 企画運営担当

※登壇者は、各所からのオンライン参加となります。会場に集まって行うシンポジウムではありません。
 総合福祉会館で視聴いただく場合も、プロジェクターでの映像となります。
_________________________________

このシンポジウムは、「厚生労働省 障害者芸術文化活動普及支援事業」の一環で実施されます。
障害者芸術文化活動普及支援事業は、障害のある人が芸術文化を享受し、多様な芸術文化活動を行うことができるように、地域における支援体制を全国に展開し、障害のある人の芸術文化活動の振興を図るとともに、自立と社会参加を促進することをねらいとした事業です。
https://renkei-sgsm.net/

令和4年度 厚生労働省 障害者芸術文化活動普及支援事業
主催:南東北・北関東広域支援センター(NPO法人エイブル・アート・ジャパン)
   いばふく(いばらき中央福祉専門学校)、ROKUROKURIN合同会社
後援:茨城県

Sign in to Google to save your progress. Learn more
Email *
お名前 *
お住まいの地域 *
所属組織など *
参加方法をお選びください。 *
ご本人以外に視聴する方がいましたら、人数を教えてください。
Clear selection
シンポジウムについて、どのようにしてお知りになりましたか。 *
コメント、またはご質問など
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy