Edcamp学芸大
公立・私立学校の関係者はもちろん、教育に関心のある多業種・多業界のみなさんにも参加して頂き、教育現場の課題を議論し、アイデアや知識を共有する場、edcampを東京学芸大学で開催します!

◆edcampとは?
edcampは2010年にフィラデルフィアの教員が開始して以来、25カ国以上で、700回以上開催されてきた、学び合いの場です。教育現場の課題を公立・私立学校の教師や教育に関心のある多業種・多業界の参加者で議論し、アイデアや知識を共有することで教育の質の向上に貢献したいと考えています。

edcampは、通常のカンファレンスと異なり参加者が主役です。
例えば・・・
・セッションのテーマは、参加者が当日に出しあいます。
・参加者は自分の興味のあるテーマのセッションに参加します。
・セッションの中では、参加者全員が主体的に話合いに参加します。
・参加したセッションのテーマがが自分の目的に合わないと感じれば、セッション中でも別のテーマに参加することができます。


◆ホームページ
https://sites.google.com/site/edcampkamakura/
========================
◆当日のタイムライン(予定)
10:00-10:30 受付、軽食、ネットワーキング
10:30-11:30 流れの説明、テーマ出し
11:40-12:40 セッション1
12:40-13:20 ランチ休憩
13:20-14:20 セッション2
14:30-15:30 セッション3
15:40-16:00 クロージング

◆場所 
東京学芸大学
http://www.u-gakugei.ac.jp/access/

◆参加費用 
無料

◆使用言語 
日本語

◆サポーター募集中
edcamp学芸には学芸大学に通う先生の卵である大学生を始め、様々な業界や、業種の人が集まり、1日教育の課題について共有し、学びあいます。イベントはボランティアの有志で運営しており、参加者は無料で参加できます。そのため、サポーターとして資金協力いただける場合、その資金は当日の会場費、軽食費、グッズ、雑費などの運営費用を賄うために使わせていただきます。また商品協力などの方法も可能です。サポーターとなっていただける場合は、ホームページや、当日のパンフレットでの紹介、会場内でアナウンスさせていただくほか、参加者に景品や無料サンプルを配布することも可能です。
サポーターに関心がある方は、hikaru.matsushitaアットマークcodolabo.orgまでお問い合わせください。edcamp学芸メンバーより改めて詳細のご連絡をいたします。

お名前 *
Your answer
所属 *
Your answer
連絡先 *
メールアドレス、LINE、Facebookなど。ご都合の良いもので構いません
Your answer
参加のきっかけは何ですか? *
Required
edcampの参加は何回目ですか? *
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of NPO法人東京学芸大こども未来研究所. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms