物性グループ・新規登録フォーム
個々のグループは、共同研究をおこなうチームであったり教育現場の集まりであるなど、日常的に意見交換をおこなっている物性研究者のグループであり、学部や機関の枠組みを超えて構成することができます。メールアドレスを除く項目は物性グループのwebサイト上で公開されます。
http://bussei-group.org
グループの名称等
機関名
メンバーが複数の組織にまたがっている場合は代表となる機関をひとつ定めてください(物性委員の少なくとも1名が所属する機関が望ましい)。リストから選択してください(科研費の機関番号順)。
グループ名
同じ機関内の他グループと区別のつく名前をつけてください。
Your answer
グループの紹介文
記入は任意です。物性グループのwebサイトに掲載いたします。例)日本の物性研究者の情報交換の場として利用していただけるよう日々務めております。詳細は http://bussei-group.org まで。
Your answer
グループの構成
1-5人(年会費1,000円、委員1名)
6-10人(年会費2,000円、委員1名)
11-15人(年会費3,000円、委員2名)
16-20人(年会費4,000円、委員2名)
21-25人(年会費5,000円、委員3名)
26-30人(年会費6,000円、委員3名)
メンバー
物性委員も含めたすべてのメンバー氏名を「、」で区切って列記してください。可能であればそれぞれの専門を書いてください。なお、指導教員が認めれば学生もメンバーとすることができます。 例)物性花子(第一原理計算)、磁性太郎(光物性実験)、結晶次郎(構造物性)
Your answer
メンバー数
上に記入したメンバーを数えて回答してください。これに応じて会費と物性委員の人数が定められています。
物性委員
物性委員は執行部(幹事)選挙、全国の共同利用研究所の各種委員選出、各種拠点計画のサポートなど、日本の物性物理学の研究を左右する重要な事柄に参画します。
構成メンバー数に応じて定められた人数の物性委員を学生以外のメンバーから選出し、それぞれの「氏名」「所属」「専門」「メールアドレス」を登録してください。「メールアドレス」以外は物性グループwebサイトで公開されます。
これまで設定されていた「連絡責任者」を廃止しました。物性委員としての役割以外に、グループメンバーと事務局の相互の連絡も物性委員の責任でおこなってください。

「所属」:物理学会の講演概要に記載する程度の略称を回答ください。
「専門」:選挙時等において参考にいたします。
「メールアドレス」:公開可にチェックした場合は物性グループwebサイト上で公開されます。

物性委員1の氏名
Your answer
物性委員1の所属
物理学会の講演概要に書く程度の略称で登録してください。
Your answer
物性委員1の専門
Your answer
物性委員1のメールアドレス
Your answer
物性委員1のメールアドレスの公開可否
物性グループのwebサイト上で公開してよい場合はチェックを入れてください。
物性委員2の氏名
Your answer
物性委員2の所属
物理学会の講演概要に書く程度の略称で登録してください。
Your answer
物性委員2の専門
Your answer
物性委員2のメールアドレス
Your answer
物性委員2のメールアドレスの公開可否
物性グループのwebサイト上で公開してよい場合はチェックを入れてください。
物性委員3の氏名
Your answer
物性委員3の所属
物理学会の講演概要に書く程度の略称で登録してください。
Your answer
物性委員3の専門
Your answer
物性委員3のメールアドレス
Your answer
物性委員3のメールアドレスの公開可否
物性グループのwebサイト上で公開してよい場合はチェックを入れてください。
その他
事務局への連絡事項
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms