2018年3月25日(日)アンプロフェッショナルな行動をとる医学生・研修医に対する指導〜発達障害を抱える医学生・研修医への対応を中心に〜
 近年、医学生や研修医のアンプロフェッショナルな行動が医学教育における問題の一つとなってきています。そこで当委員会では、学習者のアンプロフェッショナルな行動への対策を検討するシンポジウムを連続して開催することを計画致しました。2017年8月に開催された第49回日本医学教育学会大会(札幌医大)においてシンポジウムの一つとしてこの話題を取り上げ、卒前・卒後の連携について議論し、また9月にも東京大学において特にアルコールや性に関する問題に焦点を当ててシンポジウムを実施しました。

第49回日本医学教育学会大会「アンプロフェッショナルな行動への対処」シンポジウム報告書
http://jsme.umin.ac.jp/com/pro/2017symposium-report-unpro.pdf
第6回医学教育シンポジウム 医学生・研修医の性的非行にどう対応し、どう防ぐか
http://jsme.umin.ac.jp/com/pro/Report_ProfessionalismMedicalEducation20170918.pdf

今回はそれに続く第3弾として、特に発達障害を抱える医学生・研修医への指導に焦点を当てて、具体的な事例をもとに議論を深めたいと思います。
医学教育に関わる多くの皆さまの御参加を、心よりお待ち申し上げております。

主催:日本医学教育学会 プロフェッショナリズム・行動科学委員会
日時:2018年3月25日(日) 13時〜17時
場所:キャンパスプラザ京都 第4講義室(「京都駅」下車。徒歩5分。)
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
参加費用:3000円

13:00〜13:05 委員長挨拶(宮田)
13:05〜13:20  札幌および東大でのシンポジウムのサマリー(錦織)
        今回の企画意図説明
13:20〜14:20 シナリオを用いたグループワークと全体共有(孫)
14:20〜14:30 休憩
14:30〜15:30 講演および質疑応答
        講演者:奈良県立医科大学看護学科 飯田順三先生(精神科医)
15:30〜17:00 全体討論(錦織)

所属 *
Your answer
氏名 *
Your answer
氏名(ふりがな) *
Your answer
メールアドレス *
このフォームの入力後に、下記に記載された申し込みの確認メールが届きますので、間違いないようにご記入をお願いいたします。
Your answer
メールアドレス(確認用)
Your answer
備考
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms