DATA Saber Boot Camp: Visual Best Practice II(必要なチャートとグラフとは)
当設問に関してはまずはこのフォームに入る前に、自身で考えて作成してから進むことを強く薦めます。チェックボックスの場合は当てはまるものすべて選択してください。
Email address *
設問を解いた結果のファイル *
Tableau Publicにアップロードし、そのURLを記載すること。ワークブック内には元のチャートが分かりづらい理由と、変更理由を必ず明記する。なお、ここで提出するファイルについては以下の回答フォームで選択する回答と必ずしも一致している必要はなく、自身の判断で作成してよい。内容に関して、師匠や同期のメンバーと共にディスカッションをすることを強く薦める。
Your answer
Q1(サブカテゴリ別円グラフ)のどこが問題ですか?
Q1(サブカテゴリ別円グラフ)に新しいタイトルを付けるとしたらどれが最も適切ですか?
Q2(サブカテゴリ別売上推移)のどこが問題ですか?
Q2(サブカテゴリ別売上推移)の線の絡まりを少しでもほどく表現方法はどれですか?
Q3(予実対比)のどこが問題ですか?
Q3(予実対比)を表現するものとして適切と思われるチャートはどれですか?
Q4(製品別売上・利益)のどこが問題ですか?
Q4(製品別売上・利益)で二つの数値の相関を示したいのだとすると適切と思われるチャートはどれでしょうか?
Q5(地域・サブカテゴリ別利益)のどこが問題ですか?
Q5(地域・サブカテゴリ別利益)で同じ画面スペースの中でインタラクションなしに一目で利益の大小を示すにはどのPreattentive Attributeの組み合わせを選択すれば最も視覚効果を高めて表現できるでしょうか?(一度に組み合わせて使用するものとする)
Q6のダッシュボードに配置されているシートのうち、最も無駄なスペースを使っていると思われるシートはどれですか?
Q6で選択した回答に合わせ、問題と感じたものを選択してください
あくまでも上で選択したチャートに該当する問題のみ選択すること。シート単体で見たときの問題点ではなく、ダッシュボード全体のバランスを鑑みて回答を選択すること。
適切なデータビジュアライゼーションに正解はなく、ここで回答したことは一般的なベストプラクティスに則した回答である。実際には以下を考慮して作成するべきである
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy