公開シンポジウム「地域の記憶と記録を今に活かす ― 地域文化資源デジタルアーカイブの役割 ―」
東京文化資源会議では、谷中・根津・千駄木地域を対象にした、デジタルアーカイブ・プロジェクトを進めてきました。これは、具体的な地域文化資源をあつかうことを通じて、デジタルアーカイブのモデルを構築する試みです。本シンポジウムでは、このプロジェクトの中間報告をおこなうとともに、今後の可能性を探ります。いかにデジタル化した文化資源を活用するのか、そしていかに各地域の文化資源をつなげて全国的なネットワークを形成するのか。デジタルアーカイブ学会(JSDA)、デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)の協力を得て、産学民の連携のもとでの可能性と課題を討論します。

日時:2017年11月24日(金)午後4時~6時半
場所:東京大学ダイワユビキタス学術研究館 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

詳細は本プロジェクトのホームページの「お知らせ」をご覧ください。
http://lda.tcha.jp/

参加申し込みフォーム(参加費無料)
https://goo.gl/iA6sdF
* 125名の定員が埋まりしだい受付を締め切らせていただきます。

お名前 name *
Your answer
よみがな
Your answer
ご所属 affiliation
Your answer
メールアドレス email address *
Your answer
申込み区分 *
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms