税制改正に関するアンケート協力お願いについて
該当にチェック願います。設問19についてはテキストにて回答下さい。
あなたのご職業をお聞かせください
あなたの年代をお聞かせください
あなたのお住まいをお聞かせください
性別をお聞かせ下さい
設問1  法人税/法人実効税率①
今般の改正では、第一段階として法人実効税率(原稿34.62%)が、平成27年度は32.11%(▲2.5%)28年度は31.33%(▲3.29%)に引き下げられました。法人実効税率が段階的に引き下がることについてどう考えますか。
設問2  法人税/法人実効税率②
政府は、法人実効税率を段階的に20%台に引き下げることを目指しています。第一段階は、大企業を中心とした課税ベースの拡大を行い、代替財源を確保することとしていますが、今後は、中小企業税制の見直しも検討課題とされています。中小企業に対する法人税の課税ベース拡大についてどう考えますか。※政府は、当面の目標としてドイツ並みの29%台への引き下げを目指しています。
設問3  法人税/減価償却
法人実効税率引き下げに伴う財源確保の一つとして、減価償却の償却方法を定額法に一本化することが検討課題として挙げられています。このことについてどう考えますか。
設問4  法人税/地方創生
今回の改正では、地方創生の実行に向けて、企業本社機能等に関し、東京圏から地方への移行、または地方企業の本社機能充実を支援するための税制措置(設備投資減税や雇用促進税制等)が創設されます。地方における企業拠点の強化・拡充を促進し、雇用の場を確保することを目的としていますが、本態性についてどう考えますか。
設問5  法人税/所得拡大促進
政府は、経済の好循環を着実に実行するため、企業が賃上げに積極的に取り組んでいくことを促してます。あなたの会社では今年の賃上げ等(定期昇給・ボーナスを含む)についてどう対処しますか。
設問7  消費税/対象品目
与党では、どの品目を軽減税率の対象とするか検討することとしています。仮に飲食料品を軽減税率の対象とした場合、対象品目の線引きについてどう考えますか。
設問6  消費税/軽減税率
消費税率10%への引き上げが平成29年4月からに延期されました。与党では平成29年度から軽減税率制t度の導入を目指して、具体的な検討を進めることとしています。低所得者対策としての軽減税率制度の導入についてどう考えますか。
設問8  消費税/インボイス
消費税率10%への引き上げに伴い軽減税率が導入された場合、適正な仕入れ税額の計算には適用税率・税額の記載が必要と言われてます。EU諸国ではインボイス制度を採用していますが、このインボイスの導入についてどう考えますか。
設問9  消費税/事務負担
仮に軽減税率が導入された場合、あなたの会社で特に懸念される点があればお聞かせください。
設問10  事業承継税制/納税猶予制度①
本年1月から、相続税・贈与税の納税猶予制度の適用等が緩和されました。今後、この制度を利用したいと思います。
設問13  地方税/固定資産税①
地方の自主財源として大きなウエイトを占める固定資産税は、その税収が景気に左右されないことから地方税に適してると言われます。その一方で、負担感の高まりなどから抜本的な見直しが必要との意見があります。固定資産税についてどう考えますか。
設問11  事業承継税制/納税猶予制度②
相続税・贈与税の納税猶予制度について、特に改善が必要だと思われる項目をお聞かせください。
設問12  所得税/配偶者控除
政府は、所得税改革の中で配偶者の中で配偶者控除の見直しを議論しています。配偶者控除は、働き方や家族のあり方、社会・経済の構造的な変化を踏まえて多角的な議論が必要とされていますが、現行の配偶者控除についてはどのように考えますか。
設問14  地方税/固定資産税②
仮に固定資産税を見直すとした場合、特に重視すべき点は何ですか。
設問15  地方の行財政改革
行財政改革を推進するためには、国ばかりでなく地方においても自立、自助の体質構築が求められます。特に優先すべき検討課題を以下より2つ選んでください。
設問16  社会保障制度
少子高齢化により増大する社会保障費を抑制するためには、負担と給付のあり方を見直す必要があります。今後の社会保障の給付と負担のバランスについてどう考えますか。
設問17  『みやぎ環境税』に関して
宮城県では、課税期間が終了予定だった、『みやぎ環境税』を5年間延長する方針を決めましたが、どう考えますか。
設問18  『みやぎ発展税』に関して
みやぎ発展税は、法人事業税の超過課税制度の通称で、県内に事務所や事業所を設けて事業を行う法人に対して課せられ、その税収は、「富県宮城の実現」に向けた産業振興施策や、宮後県沖地震の被害最小化施策を加速するために活用するとしています。発展税の実施期間は、平成30年2月28日を過ぎても、延長される場合もありますがどうお考えですか。
設問19 お住まいの自治体等に対する要望や意見(税以外でも結構です)
(例、福祉・インフラ・教育・行財政改革等その他)                                                                                  ※誹謗・中傷等個人に対するご意見は、反映データより削除する場合もありますので、ご了承願います。
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms