元『anan』編集長・及川卓也氏登壇! “外の人”に地域の魅力を届けるコツを学ぶ、「たんたん編集塾」参加申し込みフォーム
 自然、歴史と文化、食、ものづくり、そして人々、…。丹後と丹波、京都府北部には、あふれるばかりの魅力があります。この魅力を“地域の外”に伝え、“地域の外の人”にお客さまになっていただいたり、新たにこの地域で活躍する人材になっていただいたりするためには、どうしたらよいでしょうか?
 “たんたん編集塾”は皆でそれを学んでいこうというワークショップです。雑誌『anan(アンアン)』の元編集長で、現在、マガジンハウスがおくる日本の地域・ローカルをテーマにしたWebマガジン『colocal(コロカル)』の編集長を務める及川卓也氏などを講師としてお招きし、首都圏など大都市圏の顧客・人材の理解や情報発信力向上のための“記事づくり”体験を行っていきます。
 どなたでもご参加いただけます。みなさまのご参加をお待ちしています。

こんな方はぜひ!
・移住促進や観光に携わられている方
・広報やオンライン販売などに関わっている方
・商品やサービスの情報発信を行っている方
・この地域の魅力を世の中に伝えたい方
・新しいコミュニティを見つけたい方
・ライティングや編集に興味のある方

第1回 2018年12月15日(土)13:30~17:00
@市民交流プラザふくちやま 3階 視聴覚室
・“外の人”調査結果のレポート
・“外の目”から見た京都府北部の魅力
・「京都府北部“新仕事図鑑”」について
・“記事づくり”情報発信力向上ワークショップ①

第2回 2019年1月27日(日)13:30~17:00
@舞鶴市政記念館(赤れんがパーク2号棟) ホール
・制作した“記事”の共有とディスカッション
・“記事づくり”情報発信力向上ワークショップ②
・京都府北部地域連携都市圏の活動について

※2回連続のワークショップのため、両日に参加していただくことを推奨いたしますが、どちらか片方だけのご参加も歓迎です!

※開場時間や持ち物などの詳細についてはお申込いただいた方にご連絡させていただきます。


●講師プロフィール
及川卓也 株式会社マガジンハウス『コロカル』編集長
岩手県一関市生まれ。『anan』編集長を経て現職。農林水産省「和食ガイドブック」、「食文化ナビBOOK」「食文化ナビNOTE」の制作や書籍『REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸』『colocal books 東北のテマヒマ』の制作をはじめ、多数の地域創生プロジェクトに携わる。

濱地徹 株式会社オズマピーアール『雛形』ディレクター
編集者として出版界に10年近く身を置き、旅やカルチャー系雑誌の編集者として地域の取材・執筆に携わる。オズマピーアールに入社後、地域の業務を中心に外務省、復興庁、秋田県、静岡県等を担当。オウンドメディア『雛形』発起人。

株式会社博報堂
「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに掲げて活動している広告会社。このワークショップでは、首都圏・中京圏・京阪神圏などの大都市圏に対して行った、地域に対する意識調査の結果をレポートします。

Email address *
お名前 *
Your answer
お名前ふりがな *
Your answer
お住まいの市町 *
参加希望回 *
2回連続のワークショップのため、両日に参加していただくことを推奨いたしますが、どちらか片方だけのご参加も歓迎です! ※12月15日ワークショップと1月27日ワークショップの間に「記事づくり」の"宿題"を行っていただくことを予定しております。
ご職業や現在行っている活動
※地域の魅力の発信や活用に関係するお仕事や地域を活性化するための活動に関わっていらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。また、文章のライティングや編集、広告や広報などに関わっていらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。
Your answer
参加希望理由
※いくつでもお選びください。
このワークショップに期待していること
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service