FP3級・学科(相続)
相続・事業承継からの出題です。
氏名(入力必須) *
Your answer
【1】民法の規定では、封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人またはその代理人の立会いをもってしなければ、これを開封することができないとされている。(2017年1月)
1 point
【2】相続または遺贈により財産を取得した者が、相続開始の年において被相続人から贈与によって取得した財産については、原則として、相続税の課税価格に算入されるので、贈与税の課税価格には算入されない。(2017年1月)
1 point
【3】相続税の「遺産に係る基礎控除額」を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうちに相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。(2017年1月)
1 point
【4】相続税の課税価格の計算上、相続人が負担した葬式の際の香典返戻費用は、相続財産の価額から控除することができる。(2017年1月)
1 point
【5】相続税において、自己が所有している宅地に賃貸マンションを建築して賃貸の用に供した場合、当該宅地は貸宅地として評価される。(2017年1月)
1 point
【6】下記の〈親族関係図〉において、Aさんの相続における子Cさんの法定相続分は、(  )である。なお、AさんとBさんは、Aさんの相続開始前に離婚している。(2017年1月)
1 point
Captionless Image
【7】遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長女および二女の合計3人である場合、二女の遺留分の金額は(  )となる。(2017年1月)
1 point
【8】贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が( ① )以上である配偶者から居住用不動産の贈与または居住用不動産を取得するための金銭の贈与を受け、一定の要件を満たす場合、贈与税の課税価格から贈与税の基礎控除額とは別に( ② )を限度として控除できるものである。(2017年1月)
1 point
【9】平成29年1月20日に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の1株当たりの相続税評価額は、下記の〈資料〉によれば、(  )である。(2017年1月)
1 point
Captionless Image
【10】平成28年中に開始した相続により取得した宅地(面積400㎡)が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、減額される金額は、(  )の算式により算出される。(2017年1月)
1 point
【11】子が父の所有する土地を無償で借り受け、その土地の上に建物を建築した場合には、父から子へ借地権の贈与があったものとして贈与税の課税対象となる。(2017年5月)
1 point
【12】養子縁組(特別養子縁組を除く)が成立した場合、養子と実方の父母との親族関係は終了する。(2017年5月)
1 point
【13】相続税の計算において、相続人が受け取った退職手当金等の非課税限度額を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。(2017年5月)
1 point
【14】相続税の計算において、既に死亡している被相続人の子を代襲して相続人となった被相続人の孫は、相続税額の2割加算の対象者となる。(2017年5月)
1 point
【15】相続税の計算において、「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けるためには、相続が開始した日において被相続人との婚姻期間が20年以上でなければならない。(2017年5月)
1 point
【16】民法の規定によれば、親族とは、( ① )親等内の血族、配偶者および( ② )親等内の姻族をいう。(2017年5月)
1 point
【17】下記の〈親族関係図〉において、Aさんの相続における妻Bさんの法定相続分は、(  )である。(2017年5月)
1 point
Captionless Image
【18】平成28年中に開始した相続において、相続人が被相続人の配偶者、実子2人、特別養子縁組以外の縁組による養子2人の計5人である場合、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額は、(  )である。(2017年5月)
1 point
【19】貸家の用に供されている家屋の相続税評価額は、(  )の算式により算出される。(2017年5月)
1 point
【20】平成28年中に開始した相続により取得した宅地(面積350㎡)が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、減額される金額は、(  )の算式により算出される。(2017年5月)
1 point
【21】書面によらない贈与は、既に履行が終わった部分を含めて、各当事者が撤回することができる。(2017年9月)
1 point
【22】贈与税の納付については、納期限までに金銭で納付することを困難とする事由があるなど、一定の要件を満たせば、物納によることが認められている。(2017年9月)
1 point
【23】成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度があり、法定後見制度には「後見」「保佐」「補助」の3つがある。(2017年9月)
1 point
【24】生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人がAさん、被保険者がAさんの配偶者である場合、Aさんの配偶者の死亡によりAさんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。(2017年9月)
1 point
【25】相続財産の評価において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×借地権割合」の算式により評価する。(2017年9月)
1 point
【26】「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」における非課税拠出額の限度額は、受贈者1人につき(  )である。(2017年9月)
1 point
【27】下記の〈親族関係図〉において、Aさんの相続における妻Bさんの法定相続分は、(  )である。(2017年9月)
1 point
Captionless Image
【28】公正証書遺言は、証人( ① )以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がそれを筆記して作成される遺言であり、相続開始後に家庭裁判所における検認手続が( ② )である。(2017年9月)
1 point
【29】平成29年9月5日に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の1株当たりの相続税評価額は、下記の〈資料〉によれば、(  )である。(2017年9月)
1 point
Captionless Image
【30】相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、( ① )を限度面積として評価額の( ② )を減額することができる。(2017年9月)
1 point
【31】贈与の効力は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手に与える意思を表示することにより生じ、相手方がこれを受諾する必要はない。(2018年1月)
1 point
【32】民法上、被相続人の嫡出子と嫡出でない子の法定相続分は同じである。(2018年1月)
1 point
【33】相続税の計算において、相続人が受け取った死亡保険金の非課税限度額を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合、その放棄をした者を含めた相続人の数とする。(2018年1月)
1 point
【34】上場株式の相続税評価額は、原則として、その株式が上場されている金融商品取引所の公表する課税時期の最終価格によって評価した価額と、その課税時期の属する月以前2カ月間の毎日の最終価格の平均額のうちいずれか高い価額となる。(2018年1月)
1 point
【35】特定居住用宅地等に係る「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用対象面積は、200㎡までの部分である。(2018年1月)
1 point
【36】贈与税の配偶者控除の適用を受ける場合、暦年課税の適用を受けている受贈者がその年に贈与税の申告で課税価格から控除することができる金額は、基礎控除額も含めて最高(  )である。(2018年1月)
1 point
【37】「直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の特例において、適用を受けることができる非課税拠出額の限度額は、(  )である。(2018年1月)
1 point
【38】下記の親族関係図において、妻Bさんの法定相続分は(  )である。(2018年1月)
1 point
Captionless Image
【39】相続税を計算するときは、被相続人が残した債務(被相続人が死亡した時にあった債務で確実と認められるもの)を遺産総額から差し引くことができるが、(  )については、差し引くことができない。(2018年1月)
1 point
【40】貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の相続税評価額は、(  )の算式により評価する。(2018年1月)
1 point
【41】住宅ローンが残っているマンションを贈与し、受贈者がそのローン残高を引き継ぐといったように、受贈者に一定の債務を負担させる贈与契約を、負担付贈与契約という。(2018年5月)
1 point
【42】被相続人に配偶者がなく、遺族が被相続人の子と母の計2人である場合、その相続に係る子の法定相続分は3分の2、母の法定相続分は3分の1である。(2018年5月)
1 point
【43】公正証書遺言を作成した公証人は、遺言者の相続の開始を知った後、その遺言書を家庭裁判所に提出して検認を請求しなければならない。(2018年5月)
1 point
【44】平成29年中に開始した相続において、相続人が被相続人の配偶者と子2人の計3人である場合、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額は、8,000万円である。(2018年5月)
1 point
【45】取引相場のない株式の相続税評価において、類似業種比準方式における比準要素には、「1株当たりの配当金額」「1株当たりの利益金額」「1株当たりの純資産価額」がある。(2018年5月)
1 point
【46】贈与契約における財産の取得時期は、原則として、書面による贈与の場合は( ① )、書面によらない贈与の場合は( ② )とされる。(2018年5月)
1 point
【47】直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の適用を受けるためには、受贈者は、贈与を受けた( ① )において20歳以上であり、贈与を受けた年分の所得税に係る合計所得金額が( ② )でなければならない。(2018年5月)
1 point
【48】相続税の計算において、相続人が受け取った死亡保険金の非課税限度額は、「( ① )×法定相続人の数」の算式により算出するが、相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合、当該法定相続人の数は、相続を放棄した者を( ② )人数とされる。(2018年5月)
1 point
【49】相続税の申告書の提出は、原則として、その相続の開始があったことを知った日の翌日から(  )以内にしなければならない。(2018年5月)
1 point
【50】被相続人の妻が、被相続人の居住用の宅地および家屋を相続により取得した場合、特定居住用宅地等として「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用を受けて、宅地について( ① )まで評価額の( ② )を減額することができる。(2018年5月)
1 point
【51】相続において、実子と養子または嫡出子と嫡出でない子の区別によって、相続人の順位に違いはない。(2018年9月)
1 point
【52】相続税の課税価格の計算上、相続人が負担した葬式の際の香典返戻費用は、相続財産の価額から控除することができる。(2018年9月)
1 point
【53】相続税は、相続税の申告書の提出期限までに金銭により一時に納付することが原則であるが、所定の要件を満たせば、延納による納付方法も認められる。(2018年9月)
1 point
【54】生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)および被保険者がAさん、死亡保険金受取人がAさんの配偶者Bさんである場合、Aさんの死亡によりBさんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。(2018年9月)
1 point
【55】宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合、宅地のうち400㎡までを限度面積として、評価額の80%相当額を減額した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができる。(2018年9月)
1 point
【56】死因贈与により受贈者が取得した財産は、課税の対象とならない財産を除き、(   )の課税対象となる。(2018年9月)
1 point
【57】下記の〈親族関係図〉において、Aさんの相続における妻Bさんの法定相続分は、(   )である。(2018年9月)
1 point
Captionless Image
【58】遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で、相続人が被相続人の妻、長女、二女の合計3人である場合、妻の遺留分の金額は(   )となる。(2018年9月)
1 point
【59】下記の〈親族関係図〉において、Aさんの相続における相続税額の計算上、遺産に係る基礎控除額は(   )である。なお、二男は相続の放棄をするものとする。(2018年9月)
1 point
Captionless Image
【60】貸家の用に供されている家屋の相続税評価額は、(   )の算式により算出される。(2018年9月)
1 point
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 青い森マネードクターズ. Report Abuse - Terms of Service