【オンライン開催】LGBTと難民:誰もが生きやすい社会とは

シンポジウム「LGBTと難民:誰もが生きやすい社会とは」にご関心をいただき、ありがとうございます。

今回のシンポジウムでは、「難民の人もLGBTの人も、すべての人が生きやすい日本社会とは?」、「差別ではなく、多様性あふれる日本社会にするために、何ができるのか?」という問いについて、LGBTそれぞれ専門家や実務者が集まり、真剣に向き合います。

下記のプログラムをご覧いただき、参加をご希望の方は必要情報を入力の上、申し込みフォームを送信してください。皆さまのご参加をお待ちしております。

共催:アムネスティ・インターナショナル、難民研究フォーラム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日時】2020年12月20日(日)午後2時~4時

【プログラム】
1.イントロダクション
 ・LGBTってどんな人(一般財団法人fair 松岡宗嗣)
 ・難民とは?(認定NPO法人 難民支援協会 新島彩子)
2.世界でのLGBTに対する迫害と差別(難民研究フォーラム事務局)
3.難民条約はLGBTに対する迫害にどう向き合ってきたか
ー「特定の社会的集団」としてのLGBT(元UNHCR駐日事務所副代表(法務担当)小尾尚子)
4.LGBTが日本で直面する課題や差別について
ー法制度の視点から(金沢大学准教授 谷口洋幸) 
5.パネルディスカッション、質疑応答

ご質問は下記までお問い合わせください。

【シンポジウム「LGBTと難民:誰もが生きやすい社会とは」問い合わせ専用】symposium.lgbt.refugee2020@gmail.com
Email address *
お名前 *
ご所属
電話番号
その他、ご質問や内容に対する期待などがございましたらご記入ください。
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy