The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

第1回JFAST: 参加登録フォーム
JFAST(Japan Forum for Asian Science and Technology)
―アジアの科学技術イノベーションのための交流会―

■ 趣旨
アジアの科学技術イノベーション(STI)への関心が、研究者・ビジネス・政策コミュニティで高まっています。まず、アジア諸国・地域の経済成長とともに、研究開発(R&D)やイノベーション、産学官連携、科学技術教育の行方に注目が集まるようになりました。また、政府も日本のSTIの国際化を促進し、アジアのSTIの活力を取り込むため、各種政策を打ち出しています。そして、中国やシンガポールなどで科学技術研究を行う研究者も増えてきました。しかし、この存在感の増すアジアのSTIを対象に、その動向や課題について情報交換し、日米欧のSTIとの関係を議論するための場はありませんでした。
そこで、アジアのSTIに関心のある方々が、専門分野の垣根を越えて交流するための会JFASTを開催していきます。第1回は、アジアのSTIのなかでも、発展著しいバイオ産業やエレクトロニクス産業を含めたハイテク産業を取り上げ、中国やシンガポールなどの最新動向を理解しながら日本の課題を考えていきます。また、日本のSTIの発展のため、海外で研究することの意義や課題を共有する機会も設けるほか、参加者の交流を促進するため、最後に会場で簡単な懇親会も開きます。ぜひご参加ください! 今回はご都合の悪い方も、今後のご案内をお送りしますので、メーリングリストにご登録ください!

■ 日時・会場・会費
日時: 2016年12月3日(土) 開場14:30、講演15:00~18:10、懇親会18:10~19:00
会場: 日本橋ライフサイエンスビル2階会議室 (東京都中央区日本橋本町2-3-11、URL:https://www.nihonbashi-lifescience.jp
会費: 参加費無料、懇親会費1,000円 (寄付の状況により下がる可能性があります)

■ プログラム
14:30 開場

15:00~15:10 開会挨拶 早野 元詞 氏 (UJA戦略室/HFSP フェロー/ハーバード医科大学 研究員)

第1部 アジア・ハイテク産業の発展
15:10~16:10 元橋 一之 氏 (東京大学工学系研究科 教授)
   「上海のハイテククラスターと日米欧企業とのリンケージ」
16:10~16:55 武田 隆太 氏 (株式会社リバネス グローバルブリッジ研究所 所長)
   「シンガポールはテクノロジーベンチャーの聖地になれるのか?-研究者が主体的に関わるベンチャー起業のかたち」
   モデレータ: 木村 公一朗 氏 (ジェトロ・アジア経済研究所 副主任研究員)

16:55~17:05 休憩

第2部 海外で研究することの意義と課題
17:05~17:20 清水 毅志 氏 (エルゼビア・ジャパン株式会社 ソリューションマネージャー)
   「海外での研究経験は研究者のスキルを向上させるか?―論文データの分析から見えること」
17:20~17:45 河野 洋治 氏 (中国科学院 上海植物逆境生物学研究中心 Junior Group Leader)
   「中国のサイエンスの現状」
17:45~18:10 曲 寧 氏 (東京医科大学 人体構造学分野 講師)
   「中国の小児科医が日本で基礎研究者になる道」

18:10~19:00 懇親会

■ 運営
主催: 海外日本人研究者ネットワーク(UJA)JFAST運営委員会
共催: 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)北京事務所
協賛: 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
     エルゼビア・ジャパン株式会社
     ライトハウス・グローバル株式会社

JFASTウェブページ: http://uja-info.org/ujainfo/1747/
 

参加登録フォーム
名前
Your answer
所属
Your answer
メールアドレス
Your answer
参加人数
Your answer
参加内容
コメント
本会に望む事など
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms