2019年12月 PCIT International 公式イニシャルワークショップ名古屋市 参加申請書
PCIT international 公式40時間PCITイニシャルワークショップ参加申請書です。
ワークショップ終了後PCIT International認定セラピストの資格申請をご希望の方は、以下の前提条件を満たしている必要がありますのであらかじめご確認下さい。

□精神保健衛生分野において修士号以上、あるいは諸外国において修士号と同等の学位を有すること
及び
□ 自ら免許を有する精神保健衛生サービスの提供者である(例:医師/免許を有する心理士/カウンセラー/臨床ソーシャルワーカー/看護師等)。または、免許を有する精神保健衛生サービス提供者のスーパービジョンのもとに勤務している。

上記条件を満たす方は以下のトレーニングを受けることにより、認定セラピストの資格を得ることができます。
① 40時間PCITイニシャルワークショップ
② 1年間にわたり上級トレーナーに月2回以上のコンサルテーションを受ける
③ PCIT2ケース(少なくとも1ケースはメインセラピストとして)の修了
④ 所定のスキルレビュー(コンサルテーションに含まれます)
⑤ 修了テスト

日本PCIT研修センタ― 代表理事 加茂登志子
なお、ご相談や質問のある方は office@pcittc-japan.comまでご連絡下さい。
Email address *
お名前 *
ご所属 *
ライセンス(職種) *
ライセンスでその他の項目を選択した方はその内容を具体的に記載してください。 *
修士資格についてお伺いします。 *
臨床経験年数を記入してください。 *
日常の臨床業務での主な対象者および内容の概要を記入してください。 *
あなたの所属する機関にPCIT認定セラピストや認定トレーナーがいますか? *
あなたの所属する機関にPCIT認定者、ないしトレーニング中の方のお名前を具体的に記入してください。
PCITイニシャルワークショップ終了後、PCITを実施する臨床現場がありますか?(標準的PCITを実施するには、親子が遊ぶ部屋と、セラピストが遊びを観察する部屋など、最低2部屋が同時に必要です。1セッションは60-90分です) *
イニシャルワークショップ修了後、どのような対象者にPCITを実施したいとお考えですか *
PCITワークショップ修了後、PCITをご自身で実施する際、PCITに一緒にコセラピストとして入ることができるスタッフはいらっしゃいますか。PCITは1名でもできますが、2名のセラピストで実施することが推奨されています。(コセラピストはイニシャルワークショップ修了者が望ましいですが、精神医学、臨床心理学の専門家であればワークショップの修了者でなくても可能です) *
コセラピストとしてPCITに関わってくださる方について具体的にお教え下さい。
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. - Terms of Service - Privacy Policy