【2/2(木)】休眠預金法成立イベント 〜おめでとう休眠預金、そしてこれからどうなる!?〜のお知らせ
昨年12月2日、民間非営利セクターの6年間の努力が実り、ついに休眠預金法が成立しました。
毎年1000億円近く発生する休眠預金を、預金者の権利は完璧に保護しながらも、制度の狭間で落ちていく人々を助けるために活用する。こうした未曾有の社会スキームが、今動き出そうとしています。

しかし、課題は山積みです。大きなお金が動くからこそ、公明正大で、透明性の高い仕組みを構築しなければなりません。そこでは、狭い意味のNPO業界だけでなく、民間非営利セクター全体、さらにはオールジャパンで議論と対話を繰り返し、新たなセーフティネットを構想していく必要があるでしょう。

今回のイベントでは、休眠預金法成立に尽力していただいた議員の方々と喜びを分かち合うと共に、今後どのように休眠預金法を肉付けしていくのか、その方向性の枠組みを、皆さんとシェアして参りたいと思います。

民間非営利セクター、福祉業界、新たなセーフティネットづくりに関わる方々は、どなたでもオープンにご参加頂けます。ぜひ、民間からの新たなムーブメントを、共にスタートさせていきましょう!


——
休眠預金法成立イベント
〜おめでとう休眠預金、そしてこれからどうなる!?〜

1.開催目的 
 休眠預金活用法案の成立を受けて、議員連盟関係者、政府関係者、公益セクター関係者、
 メディア、有識者等が集まり、成立を祝うとともに、今後の最適な活用について考えるための
 キックオフとなるイベントを開催する。

2.日時、場所等
 2月2日(木) 17:00~18:30  於 衆議院第一議員会館1F 多目的ホール
 (地図)http://kampo-promotion.jp/news/items/docs/20151015170812.pdf
 主催 休眠口座国民会議
  ※軽食、飲食つき。50名程度。参加費1000円。

3.構成
 17:00 主催者挨拶、議員連盟議員挨拶
 17:20 内閣府からの今後の法案施行に向けた取り組み説明
 17:30 休眠預金「未来構想」プラットフォームの発足と今後の方針説明
 17:40 乾杯、軽食で懇親
 18:00 若干名の各方面の代表的方たちからの一言メッセージ

4.参加者
 ・議員連盟議員、秘書等(全議員連盟議員招待)+関係議員への招待
 ・主要政府関係者招待
 ・民間非営利セクター、社会起業家等
 ・メディア 等

お名前
Your answer
ふりがな
Your answer
ご所属
Your answer
メールアドレスをご記入ください
休眠口座国民会議の実施する勉強会のみに使用します。
Your answer
その他、連絡事項などございましたら、ご記入ください。
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms