[動作確認用模擬試験]アンティーク検定3級
本模擬試験は動作確認用のサンプルテストです。
模擬試験問題のレベルは概ね実際の試験のレベルに添っています。
「次へ」「戻る」のボタンにてページをめくります。
実際の試験では問題は60問(6ページ)ですが、本模擬試験では20問(2ページ)にて作成されています。
正答・解説等は公表していませんのでご了承ください。
1. クリスタルとガラスの違いは、鉛が入っているか否かによる。
Clear selection
2. ヨーロッパで最初に開かれた万博には、日本政府も出展していた。
Clear selection
3. 陶器は磁器よりも焼成温度が高い。
Clear selection
4. ルイ16世時代の装飾様式は、バロック様式であった。
Clear selection
5. アール・ヌーヴォーが起こったのは、アール・デコよりも後であった。
Clear selection
6. フランスとベルギーで興ったアール・ヌーヴォー様式を、ドイツでは「ユーゲントシュティール」と呼ぶ。
Clear selection
7. ネストテーブルとは、同素材、同デザインで大きさの異なる複数のテーブルを入れ子式に重ねて収納できるセットのことである。
Clear selection
8. 炻器(せっき)とは、土と粉砕した岩石で作った素地を高温で焼き締めたもので、耐水性がある。
Clear selection
9. ボーン・チャイナとは、中国製の磁器に憧れたイギリスの陶工が開発した、動物の骨灰を陶土に混ぜて焼成した白い陶器のことである。
Clear selection
10. クリスタッロとクリスタル・ガラスは同じ物である。
Clear selection
Next
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy