日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 2018ワークショップ・シリーズⅡ 応募フォーム
日本財団DIVERSITY IN THE ARTSでは、2020年に行う「国際障害者舞台芸術祭(仮称)」に出演いただく、ダンサー、俳優、パフォーマーを広く発掘するためのワークショップを行います。2018年6月は「矢内原美邦 演劇ワークショップin 仙台」を開催。ダンスと演劇の分野で活躍し、独自の台詞まわしやグルーブ感ある演出が特徴の矢内原さんとともに、演技や演出の手法を学びながら表現の面白さを体験するワークショップです。障害者との表現活動に興味のある、障害のない方もご参加いただけます。演技が初めての方から経験者まで、幅広い方々の参加をお待ちしています。
氏名 *
Your answer
フリガナ *
Your answer
性別
年齢 *
Your answer
住所 *
郵便番号・番地・号室を明記してください。
Your answer
住所ふりがな *
Your answer
TEL *
Your answer
FAX
Your answer
Eメール *
info@dita-pa.jp からのメールを受け取れるよう設定してください。
Your answer
障害の有無 *
障害種別 *
どのような障害があるかご記入ください(ない方は「なし」とご記入をお願いいたします。)
Your answer
希望時間 *
志望動機 *
このワークショップに参加する志望動機をご記入ください。
Your answer
舞台経験等
これまでに舞台や芸術活動に関わった経験のある方はご記入ください。また公演やワークショップ等に参加経験がある方も、公演名等を具体的にご記入ください。 例:コンテンポラリーダンス4年、音楽1年、経験なし...
Your answer
特記事項
ワークショップの参加について、疑問、不安及び要望等がありましたらご記入ください。(例、手話通訳希望など)
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 一般財団法人 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms