介護デジタルハッカソン in 会津2020 最終審査会 観覧申込フォーム
本イベントに参加をご希望の場合は、以下のフォームにご回答ください。
※フォームにご回答いただいた方向けに、当日観覧用のURLを送付いたします。

■概要:
2020年11月21日のキックオフから始まった「介護デジタルハッカソンin会津2020」ですが、いよいよ2021年3月7日に最終審査を迎えます。会津若松市を中心として、福島県内外の短大生・大学生・大学院生らでチームを結成し、
介護現場の職員・有識者へのインタビューなどを重ねながら、取り組む課題・ターゲットを決定し、ソリューション案を決定してきました。

この度の最終審査では、全6チームによるアイデアと解決策の発表に対して、介護×IT領域や介護領域の有識者による審査を行い、最も優れたチームを決定します。学生のみなさま、福祉・介護・看護・医療関係者のみなさまもぜひご参加ください。

■開催日時:2021/3/7(日) 13:00-16:30

■参加方法:Youtube Live
本フォームをご回答いただいた方に、当日までに観覧用のURLを送付いたします。

■イベント内容:
1. 学生による発表
2. 審査員によるフィードバック、質疑応答
3. 授賞式

■各チームが取り組んでいる課題とソリューションの概要
<チーム1>
課題:コロナ禍でも一人でも、集団でも楽しめるレクリエーションの不足
ソリューション:バーチャル空間内で体を動かし、体が不自由な方でも童心に戻って駆け回ることができるVRアプリ

<チーム3>
課題:認知症予防だけでなく、認知症の早期発見・機能維持につながるサービスの不足
ソリューション:認知症の早期発見・予防を目的とし、高齢の単身者が使用可能なヘルスケア・脳トレアプリ

<チーム4>
課題:在宅下で、仕事・家事・育児・介護による精神的な負荷の増加
ソリューション:在宅高齢者の①食事の満足度向上 ②栄養管理 ③安否確認 を実現するサブスクリプション型の配食サービス

<チーム5>
課題:高齢者が高齢者を介護する老老介護問題
ソリューション:老老介護の介護者かつ軽度の認知症持ちの高齢者を対象に、複数のチャットボットサービス

<チーム6>
課題:①在宅介護の需要増加 ②潜在介護士の増加
ソリューション:介護予防・生活サポートサービス充実のAlexaを使った介護マッチングサービス

<チーム7>
課題:①在宅高齢者の栄養管理 ②フレイル予防
ソリューション:配食サービス利用中の高齢者を対象に、食事の画像から接種栄養素を計測し、不足栄養素の可視化するモバイルアプリ

Sign in to Google to save your progress. Learn more
Email *
ご職業 *
普段、介護・福祉に関わるお仕事をされていますか? *
前の設問で「介護・福祉に関する仕事をしている」と回答した方にお尋ねします。以下の選択肢のうち、職種はどれが該当しますか?
該当する選択肢が無い場合は「その他」にご記入ください。
このイベントのことを、どのようにしてお知りになりましたか? *
Required
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy