原田メソッド認定パートナー養成塾   第2回知識テスト
下記の(   ①   )~(   ⑳   )にそれぞれ当てはまる、適切な語句または数字をお答えください。  
Email address *
氏名 *
Your answer
【問題1】
「原田メソッド」で追い求める成功とは、「自分にとって価値のある目標を未来に向かって設定 し、決められた期限までに成し遂げること。そして他者や社会に(   ①   )すること」を指していま す。  
*
5 points
Your answer
【問題2】
技術の獲得は、目標です。その技術が手に入ると「技能」になります。このことを原田メソッドで は「(   ②   )は技術である」と定義しています。  
*
5 points
Your answer
【問題3】  
競技力の高いスポーツ選手や、仕事で成果を上げる人は、その結果を出すことを最初に決め ていました。(   ③   )は、目標達成に向かう過程でのモチベーション維持や、結果に対する主 体者意識、周囲に対する感謝の気持ちを含みます。    
*
5 points
Your answer
【問題4】
成功者は、強い心を持っていました。どんな困難や逆境でも乗り越える強い「忍耐力」や「意志 の力」、また目的・目標に対して「なにがなんでも」という強い思いがありました。このような強い 思いを(   ④   )と呼びます。  
*
5 points
Your answer
【問題5】
結果を出す人は、いつまでに、何を、どうするのか、という期日を決めた行動と、毎日成果に つながるための行動を自分で決め、やり遂げようと取り組んでいました。このことを原田メソッド では(   ⑤   )形成と呼びます。  
*
5 points
Your answer
【問題6】
「自立型人間」は成果に直結している「心・技・体・生活」の4つの要素をバランスよく高め成果 を上げていました。また、仕事と私生活のバランスは近年、課題となっていますが、原田メソッド では「ワーク・ライフ・バランス」ではなく、「ワーク・ライフ・(   ⑥   )」を提唱しています。
*
5 points
Your answer
【問題7】
オープンウィンドウ64の手順について、以下にお答えください。  

1.取り組むテーマを決める。  
2.(   ⑦   )を8つ書き出す。  
3.8つそれぞれから、さらに8つの(   ⑧   )を生み出す。  
4.1つのテーマに対して8×8=64個の(   ⑧   )が生まれる。  

*
5 points
Your answer
*
5 points
Your answer
【問題8】
OW64に(   ⑨   )を設けて考えることが大切です。一回の思考(8マスを埋めること)に対し        て適切な(   ⑨   )は、約4分です。  
*
5 points
Your answer
【問題9】
(   ⑨   )を設けるとは「考えるスピードを上げざるをえない状況」意図的に作り出すことで、こ   うすれば脳の思考のスピードも自動的に高まるのです。あえてスピードにこだわって、「(   ⑩   )   で完成させる」ことを目標にしましょう。  
*
5 points
Your answer
【問題10】
OW64を使って、個人の強みに過ぎなかった行動が、他者や組織全体の強みに変化し、より   強力な組織を作ることが可能になります。それは、他者の知識をそれ以外の人が取り入れるこ   とで可能になります。このことを原田メソッドでは(   ⑪   )と呼びます。  
*
5 points
Your answer
【問題11】
目的・目標設定にはポイントが2つあります。   (1)  その目的・目標は「自分が本心から(   ⑫   )を感じるもの」であるかどうか。   (2)  「(   ⑬   )を判断できるもの」であるかどうか。
*
5 points
Your answer
*
5 points
Your answer
【問題12】
やってみたいことや、成し遂げたい夢が、なぜ、「やってみよう」「成し遂げてみよう」に変わら   ないかを考えると、「いつやってみたいのか」「いつ成し遂げたいのか」を決めていないからで   す。「いつ」=(   ⑭   )ということです。    
*
5 points
Your answer
【問題13】
原田式長期目的・目標設定用紙で奉仕活動を設定する理由は以下の3つです。  
(1)  「身の回りの(   ⑮   )を取り除く」  
(2)  奉仕活動を継続すれば、その過程で「自分に負けずに取り組む」という(   ⑯   )が身に つく  
(3)  「あなたの(   ⑰   )を磨く」  
    →  奉仕活動に取り組むことを、ゴールに対する「(   ⑱   )」と呼んでいます。  
*
5 points
Your answer
*
5 points
Your answer
*
5 points
Your answer
*
5 points
Your answer
【問題14】
原田メソッドでは、仕事とは、「自他の(   ⑲   )の利益を生むもの」であり、目的と目標を常に   セットで考え、しかも未来に対する4観点で整理していけば、徐々に、どんなゴールも、決して   自分一人の力で達成されるものではない、と気づくはずです。  
*
5 points
Your answer
【問題15】
自分の周りの人々へ「手伝ってください」「力を貸してもらえませんか」と、支援を求めることが   重要になってきます。成功する人は、何もかも一人で成し遂げるのではなく、自分以外の人々と 助け合いながら、ゴールへと進んでいます。人を助け、人から助けてもらえる人とは、つまりは (   ⑳   )が高い人ということです。  
*
5 points
Your answer
問題は以上です。お疲れ様でした。
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service