eラーニング ロゴストロン 構文 008 他者を含む構文
ロゴストロンを使用するにあたって、
基本にあるのが、「自由意志」です。
また、これからの社会は自由意志が最大限尊重される社会です。

したがって、
構文の基本ルールを守っても、守らなくても、構文発信は自由といえます。

構文作成は、正にあなた次第!です。

しかし!

守っていただきたいことがあります。
それは、構文に他者が入っている場合です。


他者が主語になる場合、または、他者が文章の中に入ってくるような場合です。


【他者のいない構文】
  私は、結婚した。 (私の意志であり他者が入っていないので問題ありません)

【他者のいる構文】
①他者が主語の構文
  花子は、私と結婚した。 (花子さんとの合意が必要です)
②他者を含んだ構文
  私は、花子と結婚した。  (花子さんとの合意が必要です)
  私は、最適な相手と結婚した。 (特定の人物ではないので合意は不要です)

こういった場合のルールをお伝えします。

Next
This form was created inside of 七沢研究所. Report Abuse - Terms of Service