みんなのSDGsシンポジウム「貧困、外国人と我が国のSDGs実施指針の改定」
2016年に策定された日本の持続可能な開発目標(SDGs)実施指針ですが、本年2019年9月の首脳級国連ハイレベル政治フォーラムでの進捗報告を経て、年末までに改定される予定です。本シンポジウムは、SDGs実施指針改定において「誰も取り残さない」というSDGsの理念に照らし、取り残されることが危惧される貧困者、外国人の現状を明らかにし、指針改定に向けた意見出しにつなげるために実施いたします。

概要
(1)日時:10月4日(金)18:00~20:30
(2)場所:聖心女子大学、聖心グローバルプラザ(4号館)、ブリット記念ホール 東京都渋谷区広尾4-3-1
(3)主催:みんなのSDGs(SDGs市民社会ネットワーク、JANIC、JANNET、国立国際医療研究センター、JICA、国際開発学会、日本国際保健医療学会などが、日本におけるSDGsへの興味や関心を高めていくために立ち上げたフォーラムです)。
(4)共催: SDGs市民社会ネットワーク、国際開発学会社会連携委員会、聖心女子大グローバル共生研究所

プログラム案:
モデレーター:佐藤寛氏(ジェトロ・アジア経済研究所)
18:00-18:05 開会あいさつ;明石秀親氏(みんなのSDGs事務局長)
18:05-18:35 講演;大西連氏(自立生活サポートセンター・もやい理事長)
「日本国内の貧困と社会保障制度の現状と課題」(仮題)
18:35-19:05 講演;小森雅子氏(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ スタッフ)
「シングルマザーの貧困の実態と対策」(仮題)
19:05-19:35 講演;山岸素子氏(移住者と連帯するネットワーク(移住連)事務局長)
「我が国の移民・移民ルーツをもつ人びとの権利と尊厳」(仮題)
19:35-19:40 休憩
19:40-20:25 パネル討論(登壇者:佐藤氏、大西氏、小森氏、山岸氏)
20:25-20:30 閉会あいさつ;大橋正明氏(聖心女子大学グローバル共生研究所所長)
Email address *
お名前 *
Your answer
ご所属 *
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy