10月例会「北欧の不安な絵画ーハマスホイとシャルフベック」
 上記画像は、ヴィルヘルム・ハマスホイ《室内、ストランゲーゼ30番地》1899年、テイト(ナショナル・
 ギャラリー、ロンドン寄託)より。

【日時】:10月16日(土)18時~19時半
【演題】:「北欧の不安な絵画ーハマスホイとシャルフベック」
【概要】:デンマークの哲学者キルケゴールが思春期の不安な心情や死期への絶望を語ったように、北欧の近代    画家たちは「不安」という主題に正面から向き合ったことが特徴とされています。ムンクと同様、ハマスホイとシャルフベックは、現代社会における自己の心理的葛藤を明敏に捉え、それを表現する衝動に駆られたことは紛れもない事実です。しかし、この講演では、この二人の画業を同時代の西洋美術史の文脈に置くことで、不安という主題が北欧にのみ特有なものではなく汎ヨーロッパ的な現象であり、彼らが国際的な視野で制作していたことを考察します。
【講師】:佐藤直樹(東京藝術大学 美術学部芸術学科 准教授)
*1965年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士課程中退。ベルリン自由大学留学、国立西洋美術館主任      研究員を経て2010年より現職。専門はドイツ・北欧美術史。編著書に『ヘレン・シャルフベック―魂のまなざし』(2015年、求龍堂)、『芸術愛好家たちの夢 ドイツ近代におけるディレッタンティズム』(2019年、三元社)、『ヴィルヘルム・ハマスホイー沈黙の絵画』(2020年、平凡社)、『東京藝大で教わる西洋美術の見かた』(2021年、世界文化社)など。

申し込み締め切り:10月14日
追って、参加費についての詳細をお知らせします。申し込みから数日たっても、詳細のお知らせが届かない場合、nordic.society.secretariat@gmail.com までお問合せ下さい。
入金確認後、例会参加のURLをお送りします。
Email *
メールアドレス(nordic.society.secretariat@gmail.com から受信できるアドレスでお願いします。) *
氏名 *
連絡先(携帯) *
いずれかを選択 *
その他(ご質問など)
ありがとうございました。詳細は追ってお知らせします。
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. - Terms of Service - Privacy Policy