第42回日本占術協会シンポジウム参加受付
※昨年までと開催方法に大きな変更がございます。注意深くお読み下さい


昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、下記のいずれかの方法で開催致します。

1:会場にてご参加 100 名+オンライン(ZOOM)にてご参加

現時点で会場側からは定員の半数での開催を要請されておりますので、参加費用が振り込まれた時点で受付番号を発行し、100 番までの方は会場にてご参加いただきます。101 番以降の方はご自宅からイン ターネット(ZOOM)を通じての中継にてご参加いただきます。

2:動画配信

会場が閉鎖となった場合、当日にシンポジウムは行なわず、申込いただいた方に後日動画配信という形
で登壇者の講演をご覧いただきます。

以上のどちらの段階での実施かにつきましては、開催 10 日前に決定し、お知らせいたします。

------------------------------
今年のテーマ / 『読めない時代を読む ~占術家の在り方と希望の見つけ方~』

日  時/令和2年10月18日(日)午前11時~午後4時45分(開場午前10時)
会  場/「北とぴあ・13F飛鳥ホール」
東京都北区王子1-11-1 TEL 03-5390-1100
JR京浜東北線・東京メトロ南北線 王子駅下車徒歩2分
https://www.hokutopia.jp/access/

参加費用/5,000円(前もっての振込確認をもって、正式な申込とします。)

【郵便振替の場合】

口座番号   00160-6-367102
加入者名 一般社団法人 日本占術協会


【銀行から振込の場合】

銀 行 名 ゆうちょ銀行

金融機関コード 9900

店  番 019
店  名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)

預金種目 当座

口座番号 0367102
口座名義人 シヤ)ニホンセンジユツキヨウカイ


締  切/9月30日(水)

申込方法/こちらのフォームにご記入の上、上記口座に参加費用をお振り込みください。


※申込にあたっての諸注意
☆キャンセルポリシー
10 月 9 日 12:00 までにキャンセルいただいた場合は、キャンセル料として 50%を申し受けます。さらに振込手数料を差し引いてお返しいたします。10 月 9 日 12:00 以降はキャ ンセル料として 100%を申し受けますので、費用のお返しはありません。
☆例外的に、申込時、会場参加希望でありながら受付番号が101番以降となり、前もってzoom 参加になった場合はキャンセルしますとの意思表示をいただいていた場合に限り、全額お返し致します。
☆会場での参加を希望されるか、ネットでの視聴を希望されるかをはっきりとお決め下さい。会場での参加を希望される場合、振込確認ができましたら受付番号をお知らせしますので、連絡先を明記下さい。また、ネット視聴を希望される場合でも、zoomのID、パスワードをおしらせしなくてはなりませ んので、同様に連絡先を明記下さい。

☆直前に開催方法の変更など、重要なおしらせがあった場合、事情により直接のおしらせができないことがあるかもしれません。その場合には、協会ホームページ(uranai-japan.com)、Twitter (https://twitter.com/nihonsenjutsuk1)、 Facebook(https://www.facebook.com/senkyou1973/)をご確認ください

 


▼プログラム▼
11:00 開   会   
司  会  dainmt(ダイ)
開会挨拶  エミール・シェラザード 会長
講師紹介  秋山勉登務 理事

11:15 『いちばんやさしい タロット入門』                  
美園環希先生

「タロットカード」は今や広く世の中に認知され、プロの鑑定師から趣味で占いをされる方まで、多くの方々に親しまれているカード占いです。しかし、日常的に使用されている方が多い一方で、今ひとつ分かりづらいという声を聞くことも多々あります。
タロットカードについては専門的な研究書なども様々なものが数多く出版されておりますが、今回は、実際の鑑定現場の視点に立ってお伝えしてまいります。タロットカードの概略や押さえておきたいこと、鑑定例も交えながらお話をさせていただきたいと思います。また、人物カード(コートカード)についても、取り上げていきたいと思います。

12:45 (昼  食)

13:45 『フトマニ』について
 ――古代文字で記された和歌128首からなる占術――
北川隆三郎先生

『ホツマツタヱ』に代表されるヲシテ文献が発見されたのは1960年代のことだった。128首の和歌からなり、「占い」の卦、オラクルであることは序文や『ホツマツタヱ』本文の中にも占断例があることからも、理解される。しかし具体的な占術法などについての記述はなく、短文の象徴的な和歌の解読も難解をきわめている。
 私は1980年代末ごろからサビアン占星術の研究を続けてきた。『フトマニ』を見出した時、これは日本版のサビアンだと直観して、フトマニの研究を開始した。詩文と和歌という表現形式の違いはあるものの、イメージシンボルを使って占うという基本的なスタイルには共通性がある。先行研究者の主に池田満氏を参考にしつつ、和歌の解題や象意の研究を進める中でその直感は確信へと変わっていった。
 現状、タロットカード展開による象意理解の深化を進めている。フトマニにとってホツマツタヱは、解説書である。そのことが大分わかってきているが、いまだ研究途上にある。日本オリジナルの占術として、その価値の高さへの認識は深まっている。現状の研究成果や実占方法などの一端を紹介したい。

15:15 (休  憩)

15:35 『運命学に魅せられて! 易占人生 49年!』
田辺山陽先生

東海支部長の田辺山陽でございます。本日は、運命学の世界に足を踏み入れまして49年になります私の経験を、多少なりとも皆さまのこれからのお役に立てばとの思いで、お話しさせていただきます。また、後半では易の世界で一つの訓練方法として知られております射覆(せきふ)を、皆さまと共に行なってみたいと思います。まだおやりになったことのない方にとっては、とても新鮮な経験となる事と思います。

※当日は、筮竹やサイコロの筮具をお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は、100円玉5枚と、10円玉1枚をお持ち、又はご用意ください。

16:45 閉会挨拶
佐藤宗眩副会長



※会場での諸注意
☆会場は、コロナウイルス感染拡大防止のため、食事は禁止です。いつものようには会場で昼食を食べ られませんので、会場外部にいったん出て、各自でお食事をお願い致します。
☆会場での開催時には、マスクの着用をお願い致します。
☆無断録音、撮影はお控え下さい。 ☆会場内の空調の関係で寒暖があると思いますので、念のため上着などで調整できる服装をおすすめ致します。

※zoom での視聴の諸注意
☆なにぶん、初めてのために不手際があるかもしれません。当日は、10:00 からログインできるようにしておきます。ご心配な場合は、早めにつなぐなどの方策をお願い致します。
☆10月18日当日につながらない、などのトラブルがあった場合、携帯電話090-4457-0388までお電話をいただければと思います。
☆当日の資料(小冊子)は、チャット画面より pdf で送りますので、ダウンロードしてご覧下さい。
☆参加者側からのzoomでの質問などには、お答えできませんので、あらかじめご了承下さい。

※いずれの段階での実施にしましても、参加費用をいただいた方には、後日シンポジウムの様子を収録 した動画を一か月間ほどご覧になれるように致しますので、何卒よろしくお願い致します。


令和2年9月吉日
一般社団法人 日本占術協会
お問い合わせ先
japan.senjutu@gmail.com

Sign in to Google to save your progress. Learn more
Email *
希望参加形式 *
来場での参加希望の場合、下記のいずれかをご選択下さい。101 番以降で会場参加できない場合
Clear selection
参加者の名前をご記入ください。(本名) *
占名などございましたらお知らせください
連絡先住所をご記入ください。
郵便番号 *
住所1(市区町村、番地) *
住所2(ビル名、部屋番号など)
電話番号をご記入ください。 *
占術協会会員の方でしょうか。
Clear selection
このイベントのことを、どのようにしてお知りになりましたか。
Clear selection
日本占術協会 会員から紹介を受けた方は、会員名をご記入ください。
コメントまたはご質問
この申し込みは参加費用5000円振り込みをもって正式な受付となります。 *
キャンセルポリシー詳細 *
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy