TICADVI における市民社会および障害者の貢献
 国際協力機構(JICA)の研修員受入事業として、アフリカ9ヶ国(南アフリカ、モザンビーク、ナミビア、ジンバブエ、スワジランド、スーダン、エジプト、レソト、ボツワナ)から障害者リーダーと障害分野の行政官が、「アフリカ地域 障害者の自立生活とメインストリーミング」研修のため来日します。その研修生たちを交えて、8月27・28日にケニアのナイロビで開催されるアフリカ開発会議(TICAD VI)の準備となるセミナーを開催いたします。TICADとアフリカの障害者政策を知る機会にもなりますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【日 時】 7月23日(土) 16:00~20:00 (15:30~受付開始)

【内 容】
 第一部 TICADVIの意義 
  「TICAD VIの目的」 JICAアフリカ部TICAD推進室
  「TICADへの市民社会の貢献」市民ネットワークfor TICAD

 第二部 障害分野からTICADVIへの提言
  Mr. Kudakwashe Dube (JICA南アフリカ事務所より衛生テレビ会議システム利用)
   CEO, African Disability Alliance
   TICAD V 市民社会(障害分野)代表
  Mr. Mike Kilonzo Kenya (JICAケニア事務所より衛生テレビ会議システム利用)
   Director, Humancare Centre/ 2011年度JICA研修員
   TICAD VI市民社会(障害分野)代表
  研修生からの質問ならびにコメント

【場 所】 JICA東京国際センター(JICA東京) 別館
      東京都渋谷区西原2-49-5 / Tel:03-3485-7051
      京王新線 幡ヶ谷駅下車(南口出口)徒歩8分
      地下鉄千代田線 代々木上原下車(西口出口)徒歩12分
      *駐車スペースはございませんので、公共交通機関をご利用ください。

【言 語】 英語(通訳あり)   

【情報保障】 手話通訳、文字通訳、点字資料、拡大資料(A3印刷)、磁気ループ等

【申込〆切】 7月20日(水) 

【参加費】  無料

【主催】  国際協力機構(JICA)/ DPI日本会議
【協力】  ヒューマンケア協会
【後援】  アフリカ日本協議会 市民ネットワークforTICAD

【問合せ】 DPI日本会議(担当:田丸、落合)
     Tel:03-5282-3730/Fax:03-5282-0017/Email:office_en@dpi-japan.org

★★★下記「次へ」を押して、申込みフォームへお進みください。★★★

Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms