地域医療学講座教育プロジェクト     応募フォーム
鳥取大学医学部地域医療学講座による医学科生を対象とした卒前教育プログラム(カリキュラム外)の応募ページです。
地域医療学講座教育プロジェクトとは?
旧来の医学部教育は臓器別、基礎と臨床の別で教育が分断されており、実際に地域で医療を実践する能力を身につけにくいとの指摘もありました。鳥取大学医学部でもカリキュラム改革が進んでいますが、さらに総合診療教育を充実させていくために、この度授業時間外の様々な教育コンテンツを用意しました。下記のコースに参加してもらうことでレベルや目標に応じた能力を獲得してもらいたいと思い、本プロジェクトを始動しました。

地域枠のみなさんは、短期でも長期でも構いませんので、いずれか1つ以上のプログラムに参加することを強く推奨しています。奨学生として毎年参加する事が強く求められている努力義務として考えてください。

各プログラムの詳細は、地域医療学講座のホームページや学内掲示、地域医療学講座Facebookなどで告知する予定ですので、こちらもご参照ください。

氏名(ふりがな) *
Your answer
学年 *
性別 *
メールアドレス *
Your answer
電話番号 *
Your answer
以下が、応募できる教育プロジェクトです。
注意事項

1)JPCA 学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナーを希望される学生は、外部の事前応募(5月27日0時〜)が必要になり、定員があるため、参加できない可能性があります。参加を希望する学生には応募開始前に再度通知いたします。
応募先:https://familymedicine-kakiseminar.jimdo.com/%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%8A%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BF/

2)また上記の夏期セミナーに加えて、日本プライマリ・ケア連合学会(JPCA)総会、国際家庭医療学会アジア太平洋集会は交通費、宿泊費、参加費の支給は基本的にありません。参加される方は会場での案内、行動は地域医療学講座教員と一緒にとることも可能です。

3)定員について
・黒坂地区 春夏秋冬セミナー(10名程度)
・ベーシック総合診療コース(20名程度)
・EBMマスターコース(20名程度)
・アドバンスト総合診療コース(20名程度)
・家庭医療理論コース(Mcwhinney輪読会)(5名程度)
・英国家庭医療研修(5-6名程度)

以上の教育プロジェクトは定員があり、上限を超えた場合には、参加できない場合があります。全てのプロジェクトにも参加できないことはありませんし、全てのプロジェクトにマッチしなかった人には地域医療学講座から参加できるプロジェクトなどに関して斡旋します。

英国研修に関しては、昨年も倍率が5-6倍程度あり、参加できない学生が多くいますが、ご了承ください。また応募は秋以降になりますので、ここで選択しても選考対象にはなりません。

教育プロジェクト(短期) *
Required
教育プロジェクト(長期) *
Required
複数のプログラムをチェックした場合、希望順位を1位から下位へと順に記載して下さい。
Your answer
地域医療学講座アルバイト希望者へ
地域医療学講座では不定期に教室業務に関連するアルバイトを募集します。
アルバイトの仕事(例:データ処理、図書整理、音声インタビューの文字起こし、病院で患者へのインタビュー調査など)がある際に連絡が欲しい学生は、すぐにアルバイトができるように事前登録をしたいと考えています。希望者は下記のフォームに応募してください。
アルバイト登録に関して *
以上です。
ありがとうございました。
応募された方には追ってメールでご連絡を差し上げます。1週間以内に連絡がない場合は地域医療学講座(月から金、9-16時、0859-38-6661)にお問い合わせください。
応募していなくても、様子をみたい、と飛び込みでの参加も歓迎します。
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms