第176回東海高分子研究会講演会(オンライン)
 東海高分子研究会では,東海地区の学生や大学・企業で高分子に携わる研究者を対象に,年間で4回の講演会を開催しております.しかしながら,本年度についてはCOVID-19感染拡大防止のための対応として,4月(第171回)と6月(第172回)の講演会を中止しました.「新しい生活様式」の実践を求められる中,東海地区での高分子研究者の研究活動・交流の活性化を目的とし, コロナ禍の今できることとして,オンライン講演会を企画いたしました.
 オンライン講演会を通じて, 会員の皆様と東海高分子研究会を盛り上げていきたく存じます.皆様の積極的なご参加をお待ちしております.

主題 = 「分子設計および構造制御技術を駆使した機能性ソフトマテリアル」
<趣旨> ソフトマテリアルの代表材料であるハイドロゲルは医療や食品分野などで応用が期待され, 活発に研究が展開されています. 近年では, 高分子の精密な分子設計やネットワーク構造の設計を巧みに利用した特異的機能の発現や, 生体組織に匹敵する高強度ハイドロゲルの開発も可能になってきました. 本講演会では「分子設計および構造制御技術を駆使した機能性ソフトマテリアル」と題して, 当該研究領域においてご活躍されている2名の若手研究者の方にオンラインにてご講演いただきます. ゲルを構成する高分子鎖の分子設計やナノレベルでの構造制御に基づく最先端のソフトマテリアルの研究を学ぶことができる貴重な機会です. 講演会への皆様の積極的なご参加をお待ちしております.なお,東海地区以外にお住まいの方や異分野の方のご参加も歓迎いたします.

主催 高分子学会東海支部 東海高分子研究会
日時 12月5日(土)13:30~16:00
会場 オンライン(Webexを使用)

プログラム <13:30 ~ 16:00>

13:30~13:35 開会の挨拶
13:40~14:40
講演1 「ハイドロゲルの接着と表面機能性リンクル」
(阪大院工)麻生 隆彬
14:50~15:50
講演2 「まるで生き物!高機能複合ゲルの世界」
(北大院先端生命)中島 祐
15:55~16:00 閉会の挨拶
参加要項 1)定員:なし
2)参加費:無料
3)申込締切:11月14日(土)
4)申込方法:下記の登録フォームからお願いいたします.ご登録いただいた方には,講演会前日までにメールにて講演会への接続方法をお知らせいたします.
5)幹事:村井 一喜(信州大学)、野呂 篤史(名古屋大学)
6) お問い合わせ:信州大学 村井 一喜 e-mail: murai_kazuki(☆)shinshu-u.ac.jp
(☆)を@に変えてご利用ください。
氏名 *
所属(学生の方は研究科(または学部)と研究室名も記載してください) *
メールアドレス *
オンライン講演会の進め方とお願い
コメントまたはご質問
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 豊橋技術科学大学. Report Abuse