J-CLIL S 第五回勉強会(オンライン)
1. コンセプト
 昨今の中高教員にとってCLILは大きな関心の的である。社会の変化や入試の改革に伴い中高で育成すべき学力の定義が変わっているなかで、CLILはその目標を達成するための代表的な手段の1つであることは言うまでもない。よって日本全体の英語力を含む学力向上に寄与するため、中高におけるCLILの導入は急務であると考える。今回の勉強会では様々な学校の先生から実践報告をしていただくことにより、より多くの学校へのCLILの普及を促したい。尚今回はコロナウィルス感染拡大防止の観点からZoomを用いたウェビナー形式での開催とする。

2. タイトル
「中高教員向けCLIL勉強会」 日本CLIL教育学会[J-CLIL] 中高部門主催

3. 日時
2020年6月6日(土)13:00〜17:40

4. プログラム
13:00 Zoomにて受付開始
13:30 - 13:50 「CLILとは」「CLILの評価について」[In Japanese]
(白井龍馬/横浜女学院中高・J-CLIL S 委員長)
13:50 – 14:20 「ESD CLILの実践報告」 [In English / In Japanese]
(鯉渕健太郎・塚本貴博[理科]/横浜女学院中高)
14:30 – 15:00 「検定教科書を用いたCLILの授業デザイン」 [In Japanese]
(高木由香里/鶴見総合高校・J-CLIL S 委員)
15:10 – 15:40 「聖書CLILおよびオンライン美術CLILの実践報告」 [In Japanese]
(柴田主悦[聖書科]・白井龍馬/横浜女学院中高)
15:50 – 16:20 「オールイングリッシュで理科の授業を行う効果」 [In Japanese]
(濱田和樹[理科]/江戸川区立瑞江第二中学校)
16:30 – 17:00 「40人学級で検定教科書を活用したCLILの実践」【In English / In Japanese】
(森田琢也/大阪府立箕面高等学校)
17:10 – 17:40 「他教科と連携した教科横断的な内容のCLIL」[In Japanese]
(山崎勝/埼玉県立和光国際高校・J-CLIL S 委員)
17:40 閉会

5. その他
1) お申し込みをされた方には勉強会当日午前にZoomのURLを送信致します。
2) 今回はZoomの設定上申し込み上限を100名とさせていただきます。申し訳ありません。また参加は日本CLIL教育学会の会員のみとさせていただきます。
3) 日本CLIL教育学会中高支部では毎回の勉強会終了後に懇親会を催しておりますが、大変残念ながら今回は実施できません。また時勢が落ち着きましたら必ず懇親会を行いますので、是非そちらのほうへも足をお運び下さい。
4) ご不明な点がありましたら代表の白井までご連絡下さい。[t.shirai@yjg.ed.jp]
5) 参加は無料です。
6) 申込締切は6月3日(水)です。
7) 学会長よりお言葉を賜っております。
「本勉強会は非会員でも参加可能ですが、ぜひ会員となって、J-CLILの活動を応援してください。J-CLILは営利目的で活動しているわけではありません。活動、ウェブ、調査など運営にあたっては皆さんボランティアでやっています。会費も2000円としています。今後、大会、研究会、調査、教材開発など、運営にはどうしても費用が発生します。どうかご理解の上、会員となって活動の支援を何卒お願いします。J-CLIL会長:笹島茂」
Email address *
学会員番号 ※未登録の方は登録後勉強会へお申し込み下さい。入会はこちらからどうぞ。https://www.j-clil.com/ *
Your answer
お名前(漢字) 例:白井 龍馬 *
Your answer
お名前(ひらがな) 例:しらい たつま *
Your answer
ご所属 例:横浜女学院中学校高等学校 *
Your answer
勉強会のご出欠 *
ご連絡事項などありましたらご記入ください。
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This form was created inside of 学校法人横浜学院. Report Abuse