1/9アリ地獄天国沼津上映会(予約受付)
映画「アリ地獄天国」上映会&トークライブ「生き残るための労働」 

日 時:2020年1月9日(木) 18:30~21:00 受付30分前より
会 場:Live House Quars 沼津市大手町2-4-10
チケット :2000円(ワンドリンク付き)
     :高校生以下無料(ドリンク実費精算)
予約受付優先、当日清算

💎第1部 18:30~20:10 映画上映会
「アリ地獄天国」
特   報→https://youtu.be/obznFsu036E
映画ページ→https://www.facebook.com/AriJigokuTengoku/
公式サイト→ https://www.ari2591059.com/

💎第2部 20:20~21:00 トークライブ「生き残るための労働」
 映画監督 土屋 トカチ (Tokachi Tsuchiya) さん
 静岡県立大学国際関係学部教授 津富宏 Tsutomi Hiroshiさん
   NPO法人青少年就労支援ネットワーク静岡理事長
 プレカリアートユニオン組合員

ベスト・ドキュメンタリー賞、貧困ジャーナリズム賞など受賞し、労働に関する映画を多く制作している土屋トカチ監督と、元法務教官で就労支援や学習支援などの団体に関わり、大学教授でもある津富宏氏と、労働組合プレカリアートユニオンによる、一夜限りのスペシャルトークライブ開催!

問い合わせ/チケット予約
事務局電話
090-4467-8788(仲)/090-2689-2555(小和田)



🐜🐜 アリ地獄天国 🐜🐜
監督/土屋トカチ『フツーの仕事がしたい』

取材協力/プレカリアートユニオン ナレーション/可野浩太郎 主題歌/マーガレットズロース「コントローラー」
撮影・編集・構成/土屋トカチ 構成/飯田基晴 整音/常田高志 企画/小笠原史仁・土屋トカチ 広告デザイン/信田風馬(創造集団440Hz)
制作/映像グループ ローポジション・白浜台映像事務所 配給/映像グループ ローポジション

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019
日本プログラム 公式上映作品
貧困ジャーナリズム賞2019受賞作品

(( あらすじ ))
とある引越会社。社員らは自らが置かれた状況を「アリ地獄」と自虐的に呼ぶ。それは、長時間労働を強いられ、事故や破損を起こせば借金漬けに陥る状況を指す。営業職の34才の男性は異議を唱え、一人でも入れる個人加盟型労働組合に加入した。すると、粉塵の舞うシュレッダー係へ配転され、給与は半減。のちに懲戒解雇に追い込まれた。事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物も全国支店に貼りだされた。間もなく解雇は撤回されたが、復職先は再びシュレッダー係。それが2年間も続く。さらに、法律違反である労働組合への不当労働行為が発生。「差別人事」の実態も取材を通じて明らかとなった。一方、大学時代からの親友の自死を止められなかった監督は後悔の念に苛まれていた・・・。生き残るための、労働映画(ロードームービー)、誕生!

主催:プレカリアートユニオン/プレカリアートユニオン静岡支部
共催: 沼津市民シンクタンク創設実行委員会/サポぬまじゅん子の小部屋
Email address *
名前 *
住所 *
連絡先電話番号 *
高校生以下ですか
Clear selection
チケット予約枚数 *
ご質問などありましたらお書きください。
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy