アプリケーションフォームフォージャスインクニミ
JAS(Japan Architectural Studies)は、建築的アプローチによって日本の社会問題の解決を模索するシャレットワークショップです。
2018年はスカンジナビアの建築学生と共同で、福島県国見町貝田地区に住む方々の意見を聞きながら、地区の未来を創造するアイデアをハード、ソフト両面からデザインします。
対象者:
学部2年生-修士2年生の建築もしくは地域政策を学ぶ学生(各プログラム10人程度)
*北欧の建築学生と英語でコミュニケーションをとります。英語力に関する応募条件はありませんが、伝えようとする気持ちや、理解しようとする努力が必要です。
期間:
プログラム1... 2018年7月14-16日(2泊3日)
プログラム2... 2018年7月20-22日 (2泊3日)
場所:福島県国見町(貝田地区)
参加費:
各プログラム5,000円
応募期限:
6月30日
問い合わせ:
矢野拓洋(やのたくみ) ty[a]renuplus.com
*遠方からの参加者は、一泊5,000円で宿を用意することが可能です。ご連絡ください。
*両プログラムに参加される方は、参加費は合計7,500円となります。
*定員に達し第募集を締め切らせていただきます。

プログラム1「フィールドワークとワークショップ」
地域の特性や課題をフィールドワークとワークショップを通して抽出し、空間的なアプローチで解決策を提案するプロセスを学びます。現地の住民や北欧の建築学生とともに、様々な立場から貝田地区を見つめ、それぞれの思いをビジュアライズしながらアイデアを統合していきます。
実施日:
2018年7月14-16日(2泊3日)
レクチャラー:
冨永美保(tomito architecture)
伊藤孝仁(tomito architecture)
山道拓人(ツバメアーキテクツ)
千葉元生(ツバメアーキテクツ)

プログラム2「設計とワークショップ」
フィールドワークによりビジュアライズ、そして統合されたアイデアを、具体的なカタチにするプロセスを学びます。貝田地区の住民の思いを反映した上で、空間的アプローチでしか付加することのできない価値 の提供を目指し、チームで多角的に提案をまとめ上げます。
実施日:
2018年7月20-22日 (2泊3日)
レクチャラー:
廣岡周平(PERSIMMON HILLS architects)
伊藤曉(伊藤曉建築設計事務所)

主催 JAS実行委員会
JAS(Japan Architectural Studies)は、建築教育を通して社会貢
献を目指します。プロジェクトを実施する現地のコミュニティに入り込 み、海外の学生と日本の学生の協働によるデザインを通して、グロー バルな視野を広げながらローカルな社会問題に向き合います。
共催 国見町
国見町は福島県最北端地域に位置する、人口約9,300人 の小さな町です。近年の人口減少が著しく、加えて高齢化 率は高まっているため、将来的なコミュニティの存続が危ぶ
まれている地区が数多く存在します。

Email address *
電話番号 *
Your answer
お名前 *
Your answer
お名前(カタカナ)
Your answer
性別 *
大学名 *
Your answer
学部、学科、専攻名 *
Your answer
学年 *
英会話力 *
IELTSの点数、TOEFLの点数、海外滞在経験、国内での英会話経験など
Your answer
参加プログラム *
参加できる日数が多い学生を優先させていただきます。
Required
その他特記事項等
Your answer
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms