女性国際戦犯法廷20周年記念オンライン国際シンポジウム参加申請フォーム
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
女性国際戦犯法廷20年オンライン国際シンポジウム

女性国際戦犯法廷の判決/証言を未来にどう活かすか
~いまこそ性暴力不処罰と植民地主義を断ち切るために~
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<日時>2020年12月12日(土)13~18時
<視聴方法>Zoomウェビナーによるライブ配信。同時通訳(日本語、英語、朝鮮語)付き。
<参加費>一般1500円 学生500円(参加費振込 12月10日13時〆切)
<問い合わせ先>houtei20@gmail.com

主催:女性国際戦犯法廷20周年実行委員会
共催:「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
    日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)
    日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
後援:明治学院大学国際平和研究所
協力:Fight for Justice(日本),日本軍「慰安婦」研究会(韓国)
賛同団体:募集中


 今年12月、「日本軍性奴隷制を裁く2000年女性国際戦犯法廷」(以下、法廷)は20周年を迎えます。これを記念して、韓国・朝鮮(南北コリア)・中国・台湾・フィリピン・インドネシア・東ティモールの「慰安婦」・戦時性暴力サバイバーや支援団体とともに、国際シンポジウムを開催します。

 2000年法廷は、加害国日本のVAWW-NETジャパン(現VAWW RAC)の提唱と被害国の支援団体と協働により、被害女性64人と8カ国の検事団・女性団体、グローバルな市民たちとともに、東京で開廷されました。
 
 法廷の目的は、被害者の正義を求める声に応え、日本軍性奴隷制への加害責任者を証拠に基づき国際法で裁き、現在もつづく性暴力「不処罰」の連鎖を断つためでした。さらに、その背景にある日本の侵略と植民地支配、つまり植民地主義を問うものでした。最終判決では、日本軍・政府が「人道に対する罪としての強かんおよび性奴隷制を実行した」と明確に認定しました。

 20年後のいま、日本では「慰安婦」問題が解決せず、性暴力「不処罰」(=無罪判決)や他民族へのヘイトスピーチが深刻です。一方、世界では性暴力を問う#MeToo運動、奴隷制と植民地主義を問い直すBlack Lives Matter運動が展開されています。本シンポジウムは、法廷を振り返るともに、各国のサバイバーの声を直接聞き、判決と証言を次世代につなぐまたとない貴重な機会です。ぜひご参加下さい。


プログラム          
<第1部> 
★2000年法廷ドキュメンタリー上映(ビデオ塾・池田恵理子作成)

●基調講演:ウスティニア・ドルコポル(法廷首席検事)  
 「戦時性暴力の責任者処罰を提起した2000年女性国際戦犯法廷」
●日本から:阿部浩己(日本検事団、明治学院大学教授) 
 「2000年法廷から日本の植民地主義を問い直す」
●韓国から:李 娜榮(イ・ナヨン/正義連理事長、韓国・中央大学教授)
 「2000年法廷から性暴力を処罰した韓国#MeToo運動へ」

★法廷関係者メッセージ:判事・首席検事・日本・南北コリア・中国ほか 

<第2部>
❶日本軍「慰安婦」・戦時性暴力サバイバーの証言を聴く
 南北コリア・中国・台湾・フィリピン・インドネシア・東ティモールの
 サバイバーたちの過去と現在の貴重な証言
❷次世代からの提言~未来へつなぐ
 フィリピン・台湾・韓国・日本の次世代たちの現在の活動と提言

★メッセージ:梁鉉娥「サバイバー証言を伝える意味」

【注意】
*本シンポの撮影、録画、録音、画面のスクリーンキャプチャなどは禁止とさせていただきます。
*申込みされた方は、期間限定で事後的に録画がご覧になれます。

【賛同金・カンパ】参加費とは別です。
*団体賛同金1口5000円(何口でも。資料に団体名を記載します)
*個人カンパも受け付けます。
■郵便振替:00120-3-31955 口座名:VAWW RAC
■ゆうちょ銀行 〇一九店  当座 0031955 口座名:バウラツク

Facebook: www.facebook.com/joseihoutei20
Twitter:@joseihoutei20
名前 *
ふりがな *
メールアドレス *
メールアドレス(再入力) *
電話番号 *
参加形態 *
所属
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy