軽井沢の歩き方 歴史・アマチュア編 認定試験
全14問(20点満点)   ※9月18日(金)までに送信してください。80%以上正解でアマチュア編クリアとなります。
お名前 *
1.現在の軽井沢町は、江戸時代、浅間根腰三宿として栄えました。浅間根腰三宿と呼ばれ3つの宿場町をそれぞれ答えてください。(各1点)
2.熊野皇大神社で神様として祀られているカラスは何カラス?
3.熊野皇大神社のご神木は何の木?
4.軽井沢で最初の別荘を建てた外国人宣教師の名前は?
5.その第一号別荘は現在復元されて公開されています。建物は何と呼ばれていますか?
6.第一号別荘がもともと建っていた場所は何山でしょうか?
7.1886年に軽井沢を訪れ、旅籠「亀屋」に滞在したイギリス人の名前は?
8.旅籠「亀屋」は現在の何ホテル?
9.西洋人が軽井沢にもたらした文化を具体的に5つ挙げてください。(各1点)
10.かつてオーディトリアムと呼ばれ、礼拝やコンサートが行われている所は何と言いますか?
11.宣教師たちや外国人避暑客が軽井沢を健全なリゾート地にしようとしたスローガンは何?
12.日本人で最初に軽井沢に別荘を建てた人の名前は?
13.明治39年に三笠ホテルを開業した日本の実業家の名前は?
14.三笠ホテルを利用した文学者たちは何派と呼ばれた?
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy