シンポジウム『社会的養護から巣立った若者を応援する~困難を乗り越えられる社会・地域へ~』お申込フォーム
※参加費は無料です。

<趣旨>
 首都圏若者サポートネットワークでは、社会的養護の下で育った子どもたちの多様な自立を様々な形で応援する取り組みを進めております。

 何らかの事情があり親元で育てられない子どもを公的責任で社会的に養育し支援を行うことを「社会的養護」といいますが、現在その多くが被虐待児です。そのため、発達障害、精神障害などをかかえる場合もあり、自立が困難なことが少なくありません。進学や就職をしても、経済的、精神的な理由等で、進学者の26.5%は4年以内に中退しており、就職した若者の48.7%は3年以内に辞めています。高校中退や一度進学・就職をして、中退・離職をしてしまった場合、公的支援はきわめて不充分であり、こうした若者の社会的自立を支援する仕組みをつくることが強く求められています。

 社会的養護から巣立った若者や、社会生活を送る上で困難な状況にある若者の多様な自立を応援するためには、今実際に彼らが直面している問題や背景にある社会の課題を多くの方に知っていただくこと、その上で仕組みづくりや社会・地域のネットワークの中で支える考えを共有することがまずは大切です。そこで今回シンポジウムを開催し、社会全体で若者を応援していくことにつなげていきたいと考えております。

 シンポジウムの中では募金箱の設置、クラウドファンディングの紹介などを行い、若者の伴走支援を行っている団体への助成に役立てていきます。

<日時>
2019年10月5日13時半〰16時30分(開場:13時)

<会場>
田町交通ビル6階ホール
〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目2−22

<内容>
シンポジウム形式

<プログラム>
13:30 開会挨拶:藤井康弘(首都圏若者サポートネットワーク副委員長)
来賓挨拶:数名を予定
14:00 基調講演:宮本みち子(首都圏若者サポートネットワーク委員長)
14:30 報告① :若者おうえん基金2018年度助成先団体
14:38 報告② :若者おうえん基金2018年度助成先団体
14:45首都圏若者サポートネットワーク活動報告(若者おうえん基金助成)
14:55首都圏若者サポートネットワーク活動報告(就労・キャリア支援)
15:05 休憩
15:15 パネルディスカッション
コーディネーター:
 村木厚子(首都圏若者サポートネットワーク顧問・元厚生労働事務次官)
パネラー:
 伊藤由理子(生活クラブ連合会 常務理事)
 早川悟司(児童養護施設 子供の家 施設長)
 藤井康弘(NPO法人東京養育家庭の会理事)
 吉中 由紀(一般社団法人くらしサポート・ウィズ 理事長)
16:20 閉会挨拶:池田徹(公益社団法人ユニバーサル志縁センター 代表理事)

<参加費>
無料(事前申込制)

<主催>
首都圏若者サポートネットワーク

<共催>
生活クラブ事業連合生活協同組合連合会

<後援>
全国自立援助ホーム協議会
パルシステム生活協同組合連合会
生活協同組合パルシステム東京
生活協同組合コープみらい

<事務局>
公益社団法人ユニバーサル志縁センター(主管)
〒105-0004 東京都港区新橋4-24-10アソルティ新橋ビル5階 502
TEL 03-6450-1820
一般社団法人くらしサポート・ウィズ
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-3-4 出光新宿ビル 4階
TEL 03-6205-6719
Email address *
お名前 *
Your answer
お名前ふりがな *
Your answer
所属団体
Your answer
所属団体ふりがな
Your answer
TEL *
Your answer
懇親会の参加(お一人4000円程度) *
その他ご質問等ございましたらご記入ください。
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service