12/13出版記念シンポジウム&茶話会【申込ページ】


【概要】

前金沢市長の山出保氏を囲み、金沢まち・ひと会議(※)の有志等が集って始めたまちづくり勉強会の成果を、この度トークセッション集「金沢らしさとは何か」として12月に出版します。本シンポジウムは出版記念として、山出氏及び金沢のまちづくりの象徴的な建造物である「金沢21世紀美術館」の設計を担った建築家の妹島和世氏をお招きし、北陸新幹線開通後ますます重要度を増す「金沢らしさ」について対話頂きます。金沢ならではの「らしさ」をもったまちづくりの重要性について語って頂きます。

※金沢まち・ひと会議 金沢のまちづくり・ひとづくりについて意見のある仲間が集まって、明日の金沢のあり方を研究する会です。www.machihitokanazawa.com


日時 2015年12年13日 (日)  
    開 場 18:00
    シンポジウム18:30-20:00
    茶話会 20:10-21:00
会場 金沢歌劇座・大集会室
住所 石川県金沢市 下本多町6番丁27番地
定員 250 名 先着申込順
費用 一般3,500円 ・学生2,000円 書籍&茶話会費含む
主催 金沢らしさとは何か出版を祝う会実行委員会
後援 北國新聞社、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、北陸朝日放送(予定)、エフエム石川、金沢倶楽部、金沢経済新聞、一般社団法人大学コンソーシアム石川、NPO法人趣都金澤

出演
山出   保・・・石川県中小企業団体中央会会長
妹島  和世・・・建築家 
内田奈芳美・・・埼玉大学准教授、金沢まち・ひと会議
佐無田  光・・・金沢大学教授、金沢まち・ひと会議

金沢らしさとは何か―まちの個性を磨くためのトークセッション―とは
“金沢らしさは、長い歴史、自然、文化、市民の精神性、そういうものの総体としてできてきたひとつの雰囲気ですね。一言ではいえないから「らしい」という表現になっていると思います。しかし、さりとて「らしい」がいいかげんでいいということではありません。一人ひとりの考え方、感性、そういうものを研ぎ澄ませてまとめていかなきゃならないまちが金沢です”(本文より)

刊行2015年12月10日予定 四六版 約300ページ 定価1,728円(税込)
著者 山出保+金沢まち・ひと会議 発行 北國新聞社
※表紙は変更する可能性があります

申込先:ノエチカ
【E-MAIL】info@noetica.co.jp
【F A X 】076-223-3581 
担当 高山 TEL:076-223-3580
書籍の注文のみも承ります。詳しくはNPO法人趣都金澤のウェブサイトをご覧ください。www.syuto.or.jp

    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question

    Captionless Image