海外働き方事情シリーズ第2弾 オランダ ハードワークからソフトワークの時代へ ~「世界一子どもが幸せな国」オランダから学ぶ幸せになる働き方~ 
「オランダモデル」としてその働き方が世界から注目を浴びている国、オランダ。
しかし、約30年前までは日本と同じような課題を抱えていました。男性が働き、女性が家庭を守る。経済が低迷したことによって、将来への不安が社会全体に広がっていました。それが現在では、ライフステージに応じた働き方が選択できるようになり、女性の就業率は70%を超え、高齢者の就業率も飛躍的に向上しました。それに合わせてGDPも向上し、一人当たりの生産性は日本を逆転したのです。

では、この約30年の間、オランダでは何か起きたのでしょうか?
企業はどのような取り組みをしてきたのでしょうか?
その答えは、「働き方改革」にありました。

《主催》  昭和女子大学ダイバーシティ推進機構

《場所》  昭和女子大学(東急田園都市線 三軒茶屋駅から約7分)
   昭和女子大学 学園本部館3階大会議室

《日時》  7月3日(水)15:00~17:00(14:40開場)

《講演者》 公益財団法人1more Baby応援団 専務理事
      秋山 開 氏
1973年生まれ。外資系企業を経て、現職。日本の社会課題である少子化問題について、
子育て環境や働き方等の観点から調査、啓蒙活動を推進。執筆、セミナー等を積極的に行う。
近著の『18時に帰る-世界一「子どもが幸せな国」オランダの家族から学ぶ幸せになる働き方』
(プレジデント社)は、第6回オフィス関連書籍審査で優秀賞に選ばれている。

《お申込み締切日》6月25日(火)

《お問い合わせ先》 昭和女子大学ダイバーシティ推進機構事務局 
     E-mail:swu-diversity@swu.ac.jp 電話:03-3411-9483
 

下記項目をご記入またはご選択ください。
*印は必須項目です。
昭和女子大学ダイバーシティ推進機構 会員区分 *
氏名(漢字) *
Your answer
氏名(フリガナ) *
Your answer
会社名 *
Your answer
所属部署
Your answer
メールアドレス *
Your answer
このセミナーをどの媒体を通じて知りましたか?
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 昭和女子大学 教職員. Report Abuse - Terms of Service