Request edit access
四元康祐さん × ローレンス・ヨハンさんトークイベント「詩って何? 認知科学と詩の結びつき」【7/25・福岡】
四元康祐さん × ローレンス・ヨハンさんトークイベント
「詩って何? 認知科学と詩の結びつき」

詩人で、昨年『前立腺歌日記』を刊行された四元康祐さんと、認知科学者であり詩人としてもヨーロッパで高い名声を得ているローレンス・ヨハンさんのトークイベントを行います。

お二人はこれまで、ヨーロッパの詩祭で一緒に朗読などをされてきました。
外国で暮らし、正業を持ちながら、詩を書くとはどういうことか。

ローレンスさんの専門である認知科学の観点から、「詩って何?」という問いを、もう一度考えてみたいと思います。

英語と日本語による詩の朗読もあります。ぜひ、ご参加ください!

********************************************************************
日時:2019年7月25日(木)19:30~21:00(開場19:00)
場所:本のあるところajiro(〒810-0001 福岡市中央区天神3-6-8 天神ミツヤマビル1B)
参加費:1000円
お問い合わせ:ajirobooks@gmail.com(担当:藤枝)
********************************************************************

【プロフィール】
四元康祐(よつもと・やすひろ)
1959年大阪府生まれ。82年上智大学文学部英文学科卒業。86年アメリカに移住。90年ペンシルベニア大学経営学修士号取得。91年第1詩集『笑うバグ』を刊行。94年ドイツに移住。『世界中年会議』で第3回山本健吉文学賞・第5回駿河梅花文学賞、『噤みの午後』で第11回萩原朔太郎賞、『日本語の虜囚』で第4回鮎川信夫賞を受賞。他の詩集に『妻の右舷』『言語ジャック』『小説』など、評論集に 『詩人たちよ!』、小説の著作に『偽詩人の世にも奇妙な栄光』がある。ミュンヘン在住。

ローレンス・ヨハンさん(Lauwereyns Johan)
1969年、ベルギーのアントワープ生まれ。1998年にルーヴェン大学で心理学の博士号を取得。視覚的注意の研究を専門として、米国およびニュージーランドで研究者および教師として勤務。2010年以来、九州大学の教授。オランダ語と英語で、20冊以上の詩、エッセイ、小説を出版。2012年に名門VSB詩賞を受賞した。最近ローレンス存応というペン名で、英語と日本語で並行して書き始めた。現在のプロジェクトは、「公聴会」という大学生活の風刺である。

お名前 *
Your answer
人数 *
メールアドレス *
Your answer
四元さん、ローレンスさんに質問があればお書きください
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service