Request edit access
10.28.sat〜11.5.sun 「食べる学校」ワークショップ〜青空教室〜申込みページ
今年のテーマは
「つくる」と「食べる」をつなぐ学びの舎

単純に料理を買って食べるだけではなく、
食材の裏側を知り、実際に触れて、体験することを大切にします。

「私たちが毎日食べている食材をつくっている人がいる」ということ。
「私たちは命ある食材を食べて、生かされている」ということ。

「つくる人」と「食べる人」がリアルにつながる素敵な場所。
「食べる学校」を開校します。


《9日間の授業内容はこちら》>>>>>>>>>>


10.28(土)
「搾りたて生醤油をつくる」
① 11:00〜12:00 ②13:30〜14:30 ③15:00〜16:00
>参加費/1,500円(搾りたて生醤油付き)
>定員/10名
******************************************************************************
醤油ができあがる最後の工程「もろみ搾り」を体験いただきます。ひとり1本、じっくりもろみから搾り、醤油ができるまでの過程を遡って学びます。できたての生醤油はその場で味見し、絞れた分だけお持ち帰りいただきます。
>>先生:「片上醤油」片上裕之

10.29(日)
「森のごちそう 原木しいたけを収穫して食べよう」
①11:00〜11:45 ②13:00〜13:45 ③15:00〜15:45
>参加費/1,500円(試食•原木しいたけお土産付き)
>定員/10組(親子で1組参加OK)
******************************************************************************
市場の1割にも満たない貴重な「原木しいたけ」。WS当日は、実際に原木しいたけを“見て” “触れて” “収穫”までを体験。最後に原木しいたけを味わってもらい、摘みたてをお持ち帰りいただきます。(しいたけの試食・おみやげ付き)
>>先生:「原木しいたけおかもと」岡本隆志


10.30(月)
「食べる森を触って作って旅をしよう」
① 13:00〜14:00 ②15:00〜16:00
>参加費/1,000円
>定員/10組(親子で1組参加OK)
******************************************************************************
吉野の森で何百年前から育つ、吉野杉・ヒノキ。食べる源(みなもと)にある水を作り出すのは、「森」です。吉野の森に触れ、そこで生まれる吉野の木を使って、世界に一つだけのオリジナル小物をつくる木工ワークショップです。
>>先生:「木育インストラクター」橋元美穂
※10.30限定!木工室にて、随時参加型の「食べる森の木工ワークショップ」
も開催します。(参加費500円〜)


10.31(火)
「茶樹から手摘み&釜炒り 三年晩茶をつくろう」
① 11:00〜12:30 ②13:30〜15:00
>参加費/2,000円(試飲・大和茶のお土産付き)
>定員/10組(親子で1組参加OK)
******************************************************************************
農薬も肥料も使用しない茶畑で、三年以上生育する茶樹の太い茎と古い葉から作られる「三年晩茶」。長い年月をかけて熟成される幻のお茶を、WS当日は、手で葉を摘み、大きな釜の中で焙煎します。最後はみんなで試飲、残りの茶葉はお持ち帰り。
>>先生:「健一自然農園」伊川健一


11.1(水)
「薬草を味わう暮らし〜ハーブソルト&ハンドバス体験〜」
※予約不要、随時参加OK
>参加費/500円
******************************************************************************
薬草のハーブソルトづくりを体験。薬の街・高取で育てられた薬草「大和当帰」に、和風、洋風、カレーの3種類から1種類を選んでブレンド。さらに、ブース内では、大和当帰葉を使った薬湯でハンドバスを無料体験していただけます。
>>先生:「ポニーの里ファーム」保科政秀


11.2(木)
「食べる薬膳&酵素スムージー︎」
① 13:00〜14:00 ②15:00〜16:00
>参加費/2,000円(スムージー試飲込み)
>定員/各回10名
******************************************************************************
薬膳には「すべての食べ物に効能がある」という薬食同源が基本にあり、自分の体質、体調に合った食べ物を食せば、健やかに過ごせると考えられています。
奈良の食材を使った薬膳スムージーで、お野菜や果物の酵素パワーを学びませんか?(試飲込み)
>>先生:「酵素スムージープレマイスター」牧香奈子


11/3(金•祝)
「米が酒になるまでを食べる」
① 13:00〜14:00 ②15:00〜16:00
>参加費/1,500円(試飲&酒蔵仕込みのお土産付き)
>定員/各回10名
******************************************************************************
お米ってどうやってお酒になるの?それは蔵に住みつく「菌」のチカラ。お酒を造り出す橋本杜氏が、米から酒になるまでを誘います。酒米と食べるお米の違いは?麹甘酒ってお酒?大人限定、試飲&お土産付きのプチ酒蔵見学!
>>先生:「美吉野酒造」橋本晃明


11.4(土)
「FARM TO TABLE。農家レシピで野菜を食べよう」
① 11:00〜12:00 ②12:30〜13:30 ③14:00〜15:00
>参加費/1,000円(お料理代込み)
>定員/各回8組(親子で1組参加OK)
******************************************************************************
樽井さんが自然農法で育てる、収穫したての元気なお野菜が登場!そのお野菜たちを農園おすすめレシピでその場でお料理。樽井さんと一緒に語り合いながら“いただきます”!最後は直接“ごちそうさま”を伝えましょう!
>>先生:「たるたる農園」樽井一樹

11.5(日)
「だしソムリエによる、だし尽くし講座」
①11:00〜11:45 ②13:00〜13:45 ③15:00〜15:45
>参加費/2,000円(天然だしが簡単にとれるミニ乾物セット付き)
>定員/各回5組(親子で1組参加OK)
******************************************************************************
日本料理の基本である鰹節や昆布、煮干のおだし。種類が多くてどれがいいのか分からない!だしの取り方があっているのか分からない!もっと天然だしの魅力を知りたい!そんな方に送る、だしソムリエによるだし尽くしの講座です。
>>先生:「奈良鰹」近藤志保

《予約は下記フォームへ入力してください》
参加をご希望の方は、下記項目へ回答をお願いいたします。

<注意事項>
※基本は参加者1名ごとに、それぞれお申込みください。
(お子さまの氏名をご記入いただく場合は、備考欄に年齢をご記入ください)
※定員が’’組’’となっているワークショップに関しては複数名でもOK。ただし材料は1名分。
※同じ授業でも参加時間が異なりますので、お間違いないように選択してください。


主催:奈良フードフェスティバル シェフェスタ事務局
問合せ:h-minaguchi@niplanning.jp(担当:源口葉月)

Email address *
氏名 *
Your answer
性別 *
備考
Your answer
参加プログラム *
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms