Request edit access
【参議院選挙】島根・鳥取合区選挙に関するアンケート調査
こんにちは。公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会憲法輿論確立委員会です。

私たちは、2016年島根・鳥取、高知・徳島、四県で導入された参議院議員通常選挙合区制度についてその解消並びに憲法改正に向けた輿論確立を目指した運動を展開しています。

2016年の参院選から「島根・鳥取」「高知・徳島」の二県が一つの選挙区となる“合区選挙”が実施されました。これは選挙による“一票の格差”が背景にあり、今選挙にてその格差は約5倍から約3倍に是正されました。しかし、地方の声が届きにくくなることや政治への関心が低くなることによる投票率の低下、また合理化のみを追求する地方切り捨ての政治になってしまうなど問題が取り上げられています。現在、日本国憲法による選挙では“国民の代表から議員を選出する”ことになっていますがこのままでは、一時合区選挙を解消しても再度合区で実施することができてしまいます。

日本国憲法
 第43条 両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。両議院の定数は、法律でこれを定める。

県民の声を国政に届けるためにも“国民”の代表から“県民”の代表へ。憲法改正への意志を県民である我々から上げていきましょう。

皆様のご意見を頂戴したくアンケート調査を行っています。是非ともご協力のほどお願い申し上げます。

年代 *
Required
性別 *
お住まい *
県内とお答えになった方にお聞きします。所在地(市・町・村・郡)はどちらですか
Your answer
設問1.二県を一つの選挙区とする合区選挙に賛成ですか(必須) *
設問1の回答の理由をお答えください
Your answer
設問2.憲法改正で合区が解消されるのであれば憲法を改正すべきだと思いますか(必須) *
設問2の回答の理由をお答えください
Your answer
設問3.その他合区に関するご意見をお聞かせください
Your answer
ご協力ありがとうございました。
■頂いた個人情報は、憲法改正のための活動をしている団体にのみ提供し、それ以外の第三者に開示することはありません
実施団体
公益社団法人日本青年会議所 中国地区島根ブロック協議会
担当者:憲法輿論確立委員会 委員長 田原 佳祐
住所:島根県益田市元町12-7 電話:0856-22-5002(公益社団法人益田青年会議所内)
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms