Request edit access
誰かに聴かせたい“いわての音風景”
いわてには素晴らしい音風景がたくさんあります。
自然が奏でる音、祭りの音、人が作業することで生まれる音、言いようもない静けさ... など、本当に様々です。
季節によって変わる音もあるでしょう。少し前まではよく聞いていたのに最近聞こえない音もあるかもしれません。
そんな、いわてならではの音風景を大募集します。

平成8年、当時の環境庁は「日本の残したい音風景“100選”」を選定しました。いわての音風景からは「碁石海岸・雷岩(大船渡市)」「水沢駅の南部風鈴(奥州市)」「チャグチャグ馬コの鈴の音(滝沢村)」の3つが選ばれました。

でも3つなんかじゃありませんよね? もっともっとたくさんあるはずです。
みなさんが「誰かに聴かせたいなあ」と思ういわての音を、たくさん集めてみたいと思います。
そして、2017年5月20日(土)に岩手県公会堂で開催される「日本サウンドスケープ協会 シンポジウム2017 in 盛岡」で発表したいと思います。

いわてに住んでいる方も、かつて住んでいた方も、旅行で訪れた方も、どんな方からの応募でも構いません。
どうぞたくさんの情報をお寄せください。

締め切りは、2017年5月8日(月)とさせていただきます。

なお、ご応募いただいた内容についての確認などにのみ使わせていただきますので、連絡先をお知らせくださいますようお願いいたします。

日本サウンドスケープ協会 シンポジウム2017 in 盛岡 実行委員会 船場ひさお・木村直弘

誰かに聴かせたい“いわての音風景”を教えてください。 *
Your answer
それはどこで聴くことができますか?(地名など) *
Your answer
それはいつ聞くことができますか? *
その音風景を応募する理由と、何かエピソードがあったら教えてください。
Your answer
性別を教えてください *
年代を教えてください *
お住まいの場所を教えてください *
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of フェリス女学院. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms