Request edit access
「韓国文学の源流」シリーズ開始&『驟雨』刊行記念 白川豊さんトークイベント「文豪・廉想渉『驟雨』と韓国文学の源流」
「韓国文学の源流」シリーズ開始記念
白川豊さんトークイベント「文豪・廉想渉『驟雨』と韓国文学の源流」

書肆侃侃房から7月に廉想渉(ヨム・サンソプ)『驟雨』が刊行になります。
本書の訳者である白川豊さんに、廉想渉と朝鮮近代文学についてお話いただきます。

『驟雨』をまだお読みでない方も、ぜひご参加ください。

********************************************************************
日時:2019年8月9日(金)19:30~21:00(開場19:00)
出演:白川豊さん(九州産業大学教授、廉想渉『驟雨』訳者)
聞き手:田島安江(書肆侃侃房代表、『驟雨』編集)
場所:本のあるところajiro(〒810-0001 福岡市中央区天神3-6-8 天神ミツヤマビル1B)
参加費:1000円
お問い合わせ:ajirobooks@gmail.com(担当:藤枝)
********************************************************************

【プロフィール】
白川豊(しらかわ・ゆたか)
1950年、香川県生まれ。1975年、東京大学文学部卒業。1985年、東国大学校(韓国)大学院国語国文学科博士課程修了。九州大学文学部助手などを経て、1994年から九州産業大学国際文化学部教授(朝鮮近現代文学など担当)。著書に『植民地期朝鮮の作家と日本』(大学教育出版、1995年)、『朝鮮近代の知日派作家、苦闘の軌跡』(勉誠出版、2008年)『張赫宙研究』(東国大学校出版部、2010年)、訳書に『三代』(平凡社、2012年)などがある。

廉想渉『驟雨』
お名前 *
Your answer
メールアドレス *
Your answer
人数 *
白川豊さんに質問がありましたらお書きください
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service