Request edit access
Good Project Award 2019 エントリーフォーム
「Good Project Award 2019」では、多くのプロジェクトの課題やそれに対するアクション、その結果得られたことのストーリーを通し、プロジェクトマネジメントのヒントが共有されることを目指します。

Backlogなど、弊社で提供するツールの利用有無や業種、プロジェクトの規模などは問いません。働き方改善に向けた社内制度や評価制度、採用の取り組み、新規事業立ち上げや、チームを超えたコラボレーションなど、さまざまなプロジェクトのエントリーを期待しています。

ヌーラボは、素晴らしいプロジェクトの知見が集結する「Good Project Award 2019」を通し、日本全体のチームコラボレーションを一歩前進させたいと考えています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
💡 応募資格 💡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・2018年〜2019年に活動したプロジェクトであること(業種は問いません。IT関連以外も大歓迎です。)
・プロジェクトの進め方・内容など情報開示が可能であること(プロジェクトの内容が理解できる範囲であれば、例えばクライアント名を匿名にする等は問題ありません。)
・一次審査を通過した場合、2019/1/26(土) 東京都秋葉原UDXで開催されるBacklog World 2019のピッチコンテストに参加が可能であること

 ※ 弊社で提供するツール(Backlog等)の利用有無は問いません。
 ※ 同一企業の別プロジェクトによる複数エントリーは可能です。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
🗓 スケジュール 🗓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019/1/7 (月) 10:00 エントリー締め切り、一次審査
2019/1/10 (木) ピッチコンテスト出場プロジェクト発表
2019/1/26 (土) 東京都秋葉原UDXで開催する Backlog World 2019 内ピッチコンテスト実施、同日結果発表
 
 
 
是非素晴らしいプロジェクトとそこから得られた経験をたくさんの皆様と共有して、Backlog World 2019を盛り上げてください。

Email address *
エントリーするプロジェクトの概要をお聞かせください。
プロジェクト名 *
プロジェクトの規模(人数など) *
回答例:全部で10名。社内7名と社外関係者が3名。
Good Project Award 2019 で日本中に共有したい、素晴らしい活動についてお聞かせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
⚖️ 審査基準 ⚖️
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
運営委員と審査員により、下記の観点を中心として、総合的に審査いたします。

・プロジェクトの目標の高さ、問題の難易度
・チームメンバー全員のプロジェクト目標に対する意欲
・プロジェクトの目標、計画、現在の状況をメンバー全員が共有する仕組み
・チーム外部の利害関係者との情報共有の仕組み
・プロジェクト進行中のメンバーの行動の素晴らしさ
・目標達成による効果の素晴らしさ


以下の設問では回答例として、前回大賞受賞者の株式会社diffeasy様「田舎の木材工場で起きた奇跡」の内容を記載しています。ぜひ参考にしてください。

目的または解決したかった問題 *
回答例(前回大賞受賞者):宮崎県にある木材加工工場で「iPadのシステムをつくろうとして社員にまかせているができない。どうにかしてくれ」と頼まれたのがきっかけでした。何が問題なのか知るところからのスタートでした。
活動の詳細 *
回答例(前回大賞受賞者):開発メンバーも現場に行き、徹底的にヒアリングを行いました。その結果、紙の設計図が大量にあってその管理が大変だということがわかり、設計図のペーパーレス化のためにiPadのシステムを開発しました。iPad上で設計図を表示しタッチペンで手書きの書き込みもできるようにしました。また各図面の着手中、完了という状態も管理できるようにしました。現場での見学から、老眼の方が多く「赤いボタン押して、青いボタン押して」といった運用をしていることがわかったので、メニューを色分けし文字を大きくしてわかりやすくしました。
活動による効果 *
回答例(前回大賞受賞者):紙の設計図は全部なくなり、タブレットになりました。後日工場を訪ねると、こちらの知らないうちに工場に大型ディスプレイが設置されており、AppleTV経由で設計図が表示されており、何なのか聞くと、数ヵ月前まで「スマホってなんね?」と言っていた人たちが、今度は逆に「西さん、知らないんですか?iPadとかAppleTVを使えば,ディスプレイにミラーリングできるんですよ」と教えてくれるほどになっていました。また、若手がベテランにシステムの使い方を教える機会が増えることで、若手が技術の質問をしやすくなるといった好循環が生まれていました。システムに対する提案なども活発に出て、パッケージ化も決まりました。
困難だった点や感動したことなど
回答例(前回大賞受賞者):クライアントの木材加工業の社長から「(diffeasyさんは)我々がこの先いくらでも変化できると思えるキッカケを作ってくれました⁠」という言葉をいただきました。それが何よりのご褒美となりました。
ご担当者様について
会社名 *
ご担当者様のお名前 *
ご担当者様のプロジェクトへの関わり方 *
回答例:マネージャー
法人企業様の場合、[エントリー企業] として、貴社ロゴ掲出をさせていただく予定です。アップロードをお願いいたします。
※形式:pngもしくはjpg / サイズ:512*512以上の、なるべく大きいサイズのもの ※個人名でのエントリーの場合は不要です。
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of Nulab, Inc.. - Terms of Service