Request edit access
「ニュース小論文」第8回 答案受付
Email address *
「ニュース小論文」 第8回 課題
以下のニュースを読み、190字以上200字以内で問題点を指摘し、解決策を述べよ。

「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案の衆院採決が予想されるなか、国会前には23日も午前から「共謀罪」法案に反対する人たちが集まり、「共謀罪はいらない」と声を上げた。
横浜市の自営業、倉田千鶴子さん(73)は小泉政権の頃から「共謀罪」に反対し、抗議活動を続ける。廃案になった当時に比べて人々の暮らしに余裕がなく、法案への関心が高まっていないように感じる。「知れば知るほど怖い法律だが、一部の人しか気がついていない」と採決への反対を訴えるビラを配った。
千葉県佐倉市の山本弘行さん(76)は国鉄分割・民営化反対など約50年にわたって労働組合で活動してきた。「ストライキをするにも事前に話し合いをして決議する。『共謀罪』は労働運動の封殺を最大のターゲットにしているのではないか」と懸念する。「(衆院を通過しても)反対運動が拡大していけば、何が起こるかわからない。法案が通ることは考えていない」

《 朝日新聞デジタル 2017年5月23日(火) 12時42分配信 》
 
=========

ちょっとタブー視されている内容に踏み込んでみましょうか。
 
この「共謀罪」法案、正式名称が「組織的犯罪処罰法改正案」だということは御存知でしたか?
条文をお読みになったことはございますか?
なぜこのような法案が出されたか、その経緯は御存知でしょうか?

マスコミの論調に煽られてひたすら「反対!反対!」と騒ぐ風潮に、私は逆に脅威をおぼえます。
勘違いして頂きたくないのですが、私自身が諸手を挙げて「賛成」しているわけではありません。
ただ反対するなら、きちんと法案そのものを学習して、どのような点に関してなぜ反対なのか、そこを明確に示すべきだと思うのです。
答案送付について
■答案は下記内容を記載の上、下記3つの方法どれかでお送りください。

・題名「ニュース小論文第8回答案」

・ニックネーム:

--------------------

・答案(200字以内)



--------------------

1.ファックスによる方法


FAX 03-6667-4173

にお送りください。


2.メール添付

答案を写真に撮り、
super-n@gorogo.net
へお送りください。

きれいに見えるようにね!


3.下記フォームにてお送りください
ニックネーム(紹介時に用います) *
Your answer
答案(200字以内) *
Your answer
[PR]柳田先生のサイトでは
10日間無料体験添削授業を実施しています。詳しくは
http://juken.style/contact/2017050309-2/
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service