Request edit access
【参加フォーム】「日本の政治とジャーナリズム」
【講演者】南彰氏(朝日新聞政治部記者)
【日時】2018年6月30日(土)19:30-21:00(*正会員向けの総会が終わり次第、入室可)
【場所】武蔵野プレイス 3F スペースC 
【資料代】300円(会員)/ 500円(非会員)
【定員】40名(予約優先)

森友学園問題に関する財務省の文書改竄、財務次官による〝セクハラ発言〟問題など政府の腐敗はとどまるところを知りません。こうした政治状況に対してメディアの最前線で闘う朝日新聞の記者にお話をうかがい、ジャーナリズムのあるべき姿について考えたいと思います。

*南彰(みなみ・あきら)
2002年朝日新聞入社。08年から東京政治部。昨年秋から政治家の発言のファクトチェックに取り組む。
共著に『ルポ・橋下徹』(朝日新書)

【新刊(共著)】『権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場』朝日新聞取材班(朝日新聞出版)

【新刊】『権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場』朝日新聞取材班(朝日新聞出版)
お名前 *
Your answer
メールアドレス *
Your answer
所属・職業(任意回答)
Your answer
会員区分 *
このイベントについてどのように知りましたか?(任意回答)
このイベントについてどのように知りましたか?(任意回答)
その他(ご質問等)
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms