Request edit access
馬森牧場 1問でもOK! “あなたの“馬についての考え方を聞かせてください”「〇」「×」ではなくご自由に 
例文として「?」と思うものを書いてみました。皆さんが思ったことをご自由にお書きください。
Email address *
あなたの性別は?
あなたの年齢をお聞かせください
馬とのかかわり方を教えてください
例・「競馬ファンだが触れたことはない」「体験乗馬で数回の騎乗経験がある」「クラブに通っていたがやめてしまった」「在来馬の保護活動をしている」など。
Your answer
以後、あえて「?」と思うような文章を設けてあります。思ったことをそのままお書きください。回答は1問だけでもOKです。 *
Captionless Image
Required
1、馬はみな人間が大好きです。心から信頼しており、いざという時には駆けつけて大きな体で守ってくれます。
Your answer
2、馬は人に撫でられること、触られることで安らぎを感じ、大いに喜びます。
Your answer
3、もし背中の人が落馬したら、馬は心配してそばを離れません。
Your answer
4、馬が人に体をこすりつけるのは、すべて親愛の情の証です
Your answer
5、馬はおとなしく穏やか、群れの仲間には分け隔てなく平等に接する動物です。
Your answer
6、馬は非常に賢く忠実な動物で、自分の飼い主にはいかなる時も敬意を持って接し、絶対にケガをさせません。
Captionless Image
Your answer
7、馬は人よりも深い思いやりの心を持っており、小さな子供たちや体の不自由な方にはより優しく慎重に接してくれます。
Your answer
8、乗馬クラブで初心者さんを乗せているおとなしい馬を自宅に連れ帰れば、今までと同じように自在に乗れます。
Your answer
9、馬を「動物だから」と区別せず、人とまったく同じように対等に接していくべきです。
Your answer
10、馬はいつも自分をかわいがる人間のことを第一に考えています。群れの中にいても、いつも世話をしてくれる人の姿が見えないと落ち着きません。
Your answer
11、仔馬の時から十分に可愛がって育てた馬なら、大人になっても仔馬のように素直に言うことを聞き、その背に乗せてどこへでも動いてくれます。
Your answer
12、図鑑を見て「おとなしい品種」を選べば、初めて馬を飼う人も安心です。
Your answer
13、馬が首を下げるときは、常に心身ともにリラックスして落ち着いているときです。
Captionless Image
Your answer
14、長く飼ってくれた人なら一生その顔を忘れず、何年ぶりかで出会うと大喜びで駆け寄ってきます。
Your answer
15、馬はとても臆病な動物で、見知らぬものが急に現れたり知らない場所へ行ったりすると怯え、人間をじっと見て頼ります。
Your answer
16、馬は場所を移動しても、自分をかわいがる人がそばにいてくれれば安心し、すぐに落ち着きます。
Your answer
17、馬の群れの中にりんごをひとつ落とすと、仔馬や体の弱った馬に譲りあいます。
Your answer
18、何かに驚いて走り出しても、背中の人を怖がらせないよう、すぐ静かに止まってくれます。
Your answer
19、馬が人の足を踏んでしまった時には、急いでどいてくれます。
Your answer
20、今まで指示にしたがっていた馬が急に従わなくなった場合は、怠けないように鞭で強く叩くことが正しいです。
Your answer
21、人が背中にまたがっているとき、馬はその人の足が壁や杭に当たらないよう気を付けてくれます。
Your answer
22、鞍や馬具をつけるとき、体の手入れや治療をするときは、心を込めてできるだけ丁寧にゆっくりやるほうがよいです。
Your answer
23、昼夜放牧の馬が汚れたら、いかなる時もすぐにシャンプーで皮脂と汚れをきれいにお湯洗いします。
Captionless Image
Your answer
24、小さなポニーも、馬の健康を考えて必ず蹄鉄をつけないといけません。
Your answer
25、トレーニングは、馬に人間の熱意が伝わるよう、できるだけ長い時間行うほうが良い結果をもたらします。
Captionless Image
Your answer
26、乗馬を行う際は、馬体が軽いほうが良いので朝から餌を与えないようにして行います。
Your answer
27、馬は甘いものを好みます。にんじんやりんご、角砂糖など馬が好むものは切らさないようにし、彼らが欲しがる時に常に与えるべきです。
Your answer
28、馬の意志を尊重し、引いて歩くときも速度や方向を人が決めてはいけません。
Your answer
29、馬が道草をしたときには手を停め、信頼関係を築けるよう話しかけながら心行くまで食べさせてあげることです。
Your answer
30、馬に乗るときは、彼らの馬体の大きさに近づけるようできるだけ大きな服、マントやマフラーのようなものを身にまといます。
Your answer
31、治療や洗浄を嫌がるときは、馬が動かないようにしっかり結んで動かないようにして行うべきです。
Your answer
32、馬の足を傷めないよう、運動場の砂はできるだけ深くしてやります。
Your answer
33、畜舎の床は、人工的なラバーやコンクリートではなく、地面のほうが良いです。
Your answer
34、犬と同様、馬にも塩分の強いものは厳禁です。塩を与えると腎臓機能が低下します。
Your answer
35、体の小さなポニーには特に、トウモロコシや麦などの高栄養餌料をあたえないといけません。
Your answer
36、馬は群れで生活する生き物ですから、どんな馬同士をくっつけても大丈夫です。
Captionless Image
Your answer
37、馬と触れ合う時間の長い人なら、見知らぬ馬の真後ろに立っても大丈夫です。
Your answer
38、馬との信頼関係を損なわないため、常に優しく接すること。いかなる時も決して馬を叱ってはいけません。
Your answer
39、馬は体が大きいので、餌は一日に一回与えれば十分です。
Your answer
40、長く1頭で人に飼われた馬は人間化し、馬への興味を失くします。
Your answer
最後に、このアンケートについての感想をお聞かせください。
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms