Request edit access
1/6(土) リー阿部先生によるグルーヴ講座
バークリー音楽院より、リー・アベ准教授(阿部恒憲先生)をお招きし、”グルーヴ講座”を開催させていただくことになりました。

“グルーヴ”というとイメージが湧きにくく、難しい印象を与えてしまうかもしれません。
アメリカにてSyncopationなどのグループにて活躍、現在もThe Real Group(スウェーデン)に編曲を提供するなどの活動をされている阿部先生によるグルーヴ講座を聞けば、音楽がより楽しくなるのではないかと思います。
阿部先生は、米国のバークリー音楽院にて現役の准教授でいらっしゃることもあり、わかりやすいという評判もあります。

“グルーヴ"って何?という初学者の方も、
"グルーヴ"について理解を深めたい!という向上心のある方も、
是非一度、第一線で活躍するミュージシャンによる音楽の感じ方に触れていただければ幸いです。

以下、詳細です。
************************************************************
ヴォーカル関西 特別講座
リー阿部先生によるグルーヴ講座
日時: 2018年1月6日(土)
   開場 12:30
   開始 13:00
   終了 16:00
場所: 大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA)
   イベントルーム
講師: 阿部恒憲(リー・アベ)先生(バークリー音楽大学 准教授)
参加費:
   大人: 4,000円
   大学生: 3,000円
   中学高校生: 1,000円
   小学生以下同伴可
講義資料→http://www.crazyharmony.com/jp/?page_id=41
************************************************************
※懇談会スケジュール追加しました。

<簡易懇親会:大人1000円→500円に変更、学生無料>
16時〜18時@大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA)
お菓子、ソフトドリンク、オープンマイク付き

<たっぷり懇親会:大人4000円、学生3000円>
16時〜18時@大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA)
お菓子、ソフトドリンク、オープンマイク付き
に加えて、
18時〜 @居酒屋(未予約のため、人数によっては多少の会費の前後がありえます。)
************************************************************


◆グルーヴ講座
音楽に􏰁様々なジャンルがあります。そして、それぞれ􏰀ジャンルに􏰁独自の􏰀グルーヴがあり、
また、同じジャンル􏰀中であっても、ビート(拍)􏰀数などによってグルーヴ􏰁異なったりします。
グルーヴと􏰁、簡単にいえ􏰂ば「ノリ」 あるいは􏰁 「リズム􏰀感じ方」といったもの􏰀です。
それをきちんと理解し、整理しておくことは􏰁、演奏をする上でも編曲をしていく上でも
とても大切なことです。
この􏰀講座で􏰁体とアタマ􏰀両方を使 いながらグルーヴについて理解を深め、
それを実際􏰀演奏や編曲においてど􏰀ように適用・応用させて いくかについて学びます。

◆講師紹介
Tsunenori “Lee” ABE:

vocalist, pianist, composer/arranger, producer, poet

「ジャズからポップまで、幅広いジャンルを熟知しサンドイッチのごとく簡単に料理してしまう」(ボストン・グローブ紙)と評されるリー・アベの幅広い音楽性は、その幅広いバックグラウンドによく似ている。

筑波大学在籍時に国際関係学を専攻し、外交官か大学教授を目指していたリー・アベは、次第にその情熱を音楽へ傾けていく。これまでも既に13カ国で演奏経験を持ち、国境を越えたミュージシャンたちとコラボレートしていることからも分かるように、彼の音楽活動は国際交流活動に没頭していた過去と決して無縁ではない。

唯一の日本人メンバーとして2002年以来活動を続けるジャズ・ボーカル・グループ「Syncopation(しんこぺーしょん)」にて、ボーカル、作編曲およびプロデュースを担当し、グループ通算3枚のアルバムを発売。最新アルバム「Wonderful You」収録の「High And Dry」は、全米最大のア・カペラコンペティション「Harmony Sweepstakes」のボストン地区予選、全米本選の両方で、日本人では初の受賞となる「ベストアレンジャー賞」を受賞。2012年には、S&Rワシントン賞を、作曲家として受賞。その作編曲能力は、マンハッタントランスファーのシェリル・ベンティーン、ニューヨーク・ヴォイセスのキム・ナザリアン、ボストン・ポップスのキース・ロックハート等からも絶賛されており、日米両国で多数の楽譜が発売されている。

また、日本人でありながら本場アメリカの黒人教会でゴスペルクワイアを3年に渡って指導。25年以上に渡って活動を続けるボストンのジャズクワイア「Boston Jazz Voices」のディレクターも務めるなど、アメリカのコーラス界でもユニークな活動を展開。日本でも「日本の教育界にジャズ/ポップコーラスや根付かせる」というライフワークのもと、編曲、スキャットなどを中心とした教育活動にも力を入れており、帰国ツアー時には各地でワークショップも行っている。

2008年には自身初のオーケストラによるコンサートの全作曲を手がけると、翌2009年にはボストン・ポップスの常任指揮者キース・ロックハートに才能を見出され、全米で最大規模の独立記念日コンサートでボストン・ポップスとの共演およびオーケストレーションを担当。2010年にはソロピアノ曲のリリース、2011年にはキャピタル・センター・ジャズ・オーケストラおよびバークリー・オールスター・ビッグバンド「レインボー・バンド」からビッグ・バンド譜の委嘱を受けるなど、活動の幅をさらに広げるリー・アベ。ジャズ、ポップ、クラシックという全く異なる分野をさりげなくブレンドした、生音を大切にする音作りは、近年増え続ける多種多様なアーティストへの楽曲提供やアルバムプロデュースを通しても日増しに高い評価を得ている。

バークリー音楽大学ジャズ作曲科次席卒業。現在同大学コンテンポラリー作曲・製作科准教授。共演者にボストン・ポップス・オーケストラ、グラミー受ノミネートのフィル・ウィルソンおよびルシアナ・ソウザ、タイガー大越、カルロス菅野、塩谷哲、則竹裕之など。
http://www.crazyharmony.com/jp/?page_id=5


◆ヴォーカル関西 (Vocal Kansai) とは?
・「アカペラ」「声という楽器を使った楽器を使った音楽」の普及や技術向上を目指し、
 2016年10月に立ち上げ。
・アカペラや音楽を用いた交流も行っていきたいと考えています。
・アカペラは歌い手さえ集まれば、「いつでも」「どこでも」「誰とでも」
 歌えるところが良いところです。
 日々の生活のプラスアルファとしてのアカペラを添えられるような環境作りをしていきます。
https://www.facebook.com/VocalKansai/

◆今後の予定
1.アカペラ体験会 Singin' A Cappella〜ジャンルとリズムの関係編〜
 日時:12/10(日)10時〜12時
 場所:大阪市立青少年センター
 コンテンツ:ジャンルとは?、ジャンルとリズムの関係、みんなで歌おう!
 参加申込:https://docs.google.com/forms/d/1IqK3ppKp5kTYlqOo7iTf7YzDmncMA7wzjHm6p1f5S7E/edit


※ご記入いただいた個人情報は練習会の連絡以外の用途には利用いたしません

Email address *
1/6(土) リー阿部先生によるグルーヴ講座に参加していただけますか? *
ワークショップ後の懇談会に参加されますか? *
これまでの音楽経験を教えてください! *
当企画をどこで知りましたか? *
当企画に期待すること、不安なこと、ご意見などございましたら、お聞かせください。
Your answer
事前に質問事項などございましたら、ご記載ください。
Your answer
お名前を教えてください。 *
Your answer
所属などあればお教えください(サークル、グループ等)
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service