序

げにや遠国にて聞及びにし宇治の里、山の姿尖からず、ぼんじやりとして、いはゞよき女の立るがごとく、腰を廻る雲の帯、霞の衣模様よく、しかも御茶所にして、色好る人の住る所は爰なるべし、川の流れ絶ず、水卓散に、満々たるゐんつうは、金花咲山吹の瀬を我物にして、天晴見所多き名所かな、里人の案内にて名所旧跡残なく尋ねしに、中にも源三位頼政の昔語を聞て、痛はしや、さしも文武に名を得し人なれども、跡は草路の道のべとなりて、行人の口号今に伝へて、茶飲物語を書集、風流宇治頼政と題する而已、

 めでたい年の

    目出度初春

                  八文字自笑

               作者

                  江嶋 其磧

風流宇治頼政   付リ 抑治承の夏の比

                    よしない手管に

                             扇の芝

   一 之 巻 目 録

第一 名乗もあへず身請の先陣

    歌人は心の

      賎しからぬ育より宇治の里

    男出立は

      女の知恵の深編笠

    縮緒は解て

      括のない兄気の悪性

第二 山も里もおぼろ/\と百坏機嫌

    女郎に淡路嶋幾夜も通ふ千鳥足

    身請の立酒引掛て家老が強異見

    妹が恋は色に出る紅葉傘指合繰ぬ兄弟中

第三 爰を最期と金の才覚

    御褒美として折紙の付た無疵の娘

    人手に渡らぬ新小判耳を揃て

    聞程不審な万両の箱入り底の知ぬ巧事

    一 名乗も不敢身請の先陣

 其父薪を折、其子負荷ふことあたはず。おほくは世間かくのごとく、四民ともに親の跡をふまへて、親の代より増るは稀にして、仕崩すやからはおほかりき。

 昔日文武両道に達し、後世に名をとゞめられし、源三位入道頼政と申は、人王五十六代清和天皇の第六の皇子、貞純親王二代の苗裔、多田の満仲の子頼光三代の後胤、参河守頼綱の孫、兵庫頭仲正が子なり。年久しく地下にのみして、殿上のゆるされざりければ、

  人しれぬ大内山の山もりは木がくれてのみ月をみるかな

とよみてすゝみたりければ、不便なりとて、四位して昇殿をゆるされ、殿上のまじはりに気をはつてつとめられき。

 身は武の家にそだちながら、心は公家にまさり、歌の道に心をよせ、その時分歌自慢の公家衆に、口をあかせぬほどの歌人なるよし、鳥羽院聞召及れ、宇治川・藤ぶち・桐火桶・頼政と、四つの題をくださせたまふ。一首にかくしてまいらせよと勅諚ありけるに、

  宇治川の瀬々のふち%\おちたぎりひをけさいかによりまさるらむ

と申されたりければ、君御感有て、四つの題の其一の名所を、御褒美にくだし給はり、宇治の里におゐて、景気よきところをすぐつて、五十余町給はり、三位をゆるされてげり。頼政願のまゝと満足し、すなはち入道して、此地に風流なる家造、美をつくし常は爰に住たまふゆへ、其比の人宇治頼政と申あへり。

 子息源大夫判官兼綱は、親にかはつて和歌の道には疎けれども、小歌の道は妙にして、三筋の糸にのせては梁の塵をおどらせ、目のみえぬ瞽女を感ぜしめ、たけきものゝふの心やはらぎ、かたなざんまいといふ事、近比ねれぬせんさくと、一生刃物に手を懸られたる事もなし。父は弓のほまれ、我は張のつよい女郎を手にいれ自慢。猪早太もたのまずに、取ておさへて九刀さしとをす早業の達人。

 所は宇治なれば、お茶のよい女郎をゑらんで、六条三筋町に花千代といふ大夫と、新造の水上より今にしたしく、是ならでは我妻にせん女はなしと、親かた鳥本や弥惣次が手前を、八百両にきはめ、手付金弐百両渡し、残りは屋形へ入ての上にて、渡すべきとの契約のみこみ。さらりと首尾して其日は常あげや、さゞ浪やが座敷へ、一ツ家の女郎まねきよせ、大夫廓の名残の酒もり。

 「こりやめでたいは」と宿やの男女太鼓もち迄、都の辰巳あがりな声して、宇治の里へもひゞく計。よい大臣を釣殿。金銀はつとまきの嶋。あげやの座敷は小判の花ふり、時ならぬ山吹の瀬をなし、花千代さまの置みやげ、かたおちなしに下々迄、平等院の庭の面。是なる芝の上に、もうせんしかせて野がけのこゝろ。前栽の作り木ねぢ折、林間に酒をあたゝめ、公用を欠て昼夜のたはふれ、是分別の外ぞかし。、

 爰に源太兼綱の妹、龍田の前といへるは、廓にもない上娘。しかも心いたつて情ふかく、歌道は母のあやめの前の指南にて、女歌仙の中へも入らるゝほどのきりやう成しが、十七の今年まで、へや住のひとりね。必ず娘自慢の親たち、先えらみして手前に長をき。是むしくいの下地ぞかし。

 しかるに姫君、兄源大夫身持のわろきを苦労にして、ひとつ心のこしもと四五人いひ合せ、いづれもくまがへ笠にかほかくして、腰巻羽織大小ぼつこみ、男出立にさまをかへ、兼綱の廓がよひの御幸道に待うけ、是非に御異見申さんと、往来の人に目をつけて、御帰がけをまたれしに、深あみ笠にもゝだち取て、よしやがゝりの大小。是こそ兄ごにまぎれなしと、づか/\とよりあみがさとれば、兼綱にはあらで御家臣渡部党競滝口なれば、姫をはじめ腰もと共、

「これは大きなちがい」

と笑ふて立のけば、滝口は龍田の前とは夢にもしらず、

「平家方の若人が、清盛風をふかして、傍若無人のふるまひする」と、胸にすへかね、「人の着たる笠を取て、ちがひしと計にて、御免共いはず笑ふてのくは、武道をしらぬ卒忽もの。さあ『あやまつた』と我前に手をついて、ことはりを申べし。さなくばうぬら一人もいけてはおかぬ」

と、刀の柄に手をかくれば、こしもとの朝日山、あみがさぬいで

「是滝口さん。そさうなされな。姫君なるぞ」

とさゝやけば、競おどろき、笠の内をさしのぞき、肝をつぶし、

「是はけうがる御有様。御舎兄源太判官兼綱さま、御不行跡なと世間で噂いたすさへ、聞ぐるしうさふらふに、女中の御身で此御躰は、源三位入道殿の御息女の御身持と申されふか。高位高官の北の台共ならせらるべき御身なるに、かゝる異様成風聞有ては、御一代のお疵と成。御婚礼の妨とも成まじき物にあらず。近比もつてにげなきふるまひ。つき%\の女中方も不届千万。早々お屋かたへ御供して帰らるべし」

と、にが/\しう申ければ、姫君涙に袖をぬらされ、

「女の身持に不行義なと、そなたが異見にあづかるも、みな是兄様ゆへにてあり。わらはがかゝるすがたして、そなたが笠に手をかけしも、兄兼綱の里がよひの、おかへりを待うけて、御異見申さんそのために、女のあられもないすがたにして、そちを兄ごと見まがへ、笠は取ぬ。

 尤御大名の御子息なれば、けいせいぐるひも遊女あそびも、なされまじき物ならねど、此節は折わろし。

 その方もしらるゝごとく、一とせ小松の内大臣御病中に、父三位の入道殿をまねき、奥州の御知行所、気仙郡より金三万両取よせられ、『御ぼたいのため、大唐の育王山へ便をもつて渡しくれよ』と、御ぼたい金三万両を父上にあづけ置れ、世を去給ひぬ。

 しかるに『此度異国より、妙典といふ唐人来朝いたせば、此ものに彼金を相わたし、重盛ぼたいのために育王山に一宇の堂建立さすべきあいだ、早々預りの金子をわたせ』と、此比父の御かたへ平相国より使たて共、此金子いつの間にかみなに成、平家へかへし渡さるへき三万両の金なくては、今屋形は手に汗にぎり、一家中手わけをして金才覚の最中に、きのふとやらけふとやら、子中なしたるなじみのけいせい請出して、屋かたへつれて帰らるゝと、放埒な兄上の沙汰を聞から、あるにもあられず異見のために、此所まで来りしが、何とわらはが身持があしいか。うらめしい滝口のことばかな。

 その上近年屋形には物入つゞき、御払底にて、金かり出す役人も、返済の契約ちがい、不埒成仕かたゆへ、父入道殿へは一銭の取かへの仕手もなく、たが才覚をして出さふと、家中にいひてひとりもなく、父上には御屈侘あそばして、御むねをいためられ、さま%\御思案あつての上、家来に心をはげまして、金とゝのへさせん方便に、

『此金子才覚致してきたるものには、その褒美として、少知をとる者也共、一人のむすめ龍田を婦妻に得させ、頼政が聟にせん』

と、一家中へ仰られしに、家来下河辺藤三清常がすゝみ出、

『拙者一命をかけてとゝのへ奉らん。相調申上は姫君をくだし給はるや』

と、小づらにくい、とゝさまに釘のうらをかへしたれば、

『大将に二言なし。早速むすめをとらせ、一門分にして得させん』

と、墨付をつかはされ、一昨日の昼から藤三は悦び、とゝのへに屋形を出て、今にかへらず。是第一にみづからがとむねをついてのしんきのたね。

 若とゝのへて帰りなば、あのやうないや風成藤三めと、女夫にならふか、かなしやと、それもひそかに兄上に物がたりをして、変改の仕やうもやうの談合もせふとおもひて来たりしが、そなたまでも傍輩の藤三に、今からどのさま付すばなるまじきが、何と無念におもはれぬか。無念ならば藤三が女房にならぬやうの分別をしてたも」

と、滝口が袖に取付、兄ごの事は外にして、第一此義を歎かるゝむすめごゝろぞことはりなる。

     二 山も里もおぼろ/\と百盃機嫌

 姉の死跡へ若い妹をつかはし、年寄男をもたするも、身代のよいを心かけて、皆欲からの人心。世に金づまりと、乳のない子をはごくむ程かなしい物はなきぞかし。

 内裏さまさへおびやかしたる、鵺といへる怪鳥を、射ては落されたれど、三万両といふ金づまりには、さすがの頼政も弓を伏て、家来の藤三に秘蔵のむすめをやりて、「どふぞ才覚してくれ」と、口をすぼめてたのむやうな、身のなるはてはあはれなりける物語。

 競一々承つて、

「是は大殿の御思案ちがい。

 尤唐の張説などは、家来の中に、めしつかひの女を恋しのぶものあれば、ひそかにかの者にあたへ、本望を達せしめたまふゆへ、かのもの無二の忠節をなし、大利を得られしといふ事承りつたへて、家人に奉公をはげますべき方便に、寵愛の妾などとらされしためしはあれども、金銀才覚の計略に御息女を下々へくだし給はるべきとの御約束は、大きなる僻事。

 殊更藤三は心底のしれぬやつ。末に至ては御家の禍とも成べき妄臣。近比御短慮の御思案。しかし御気づかひなされまじ。それがしも此比かやうにまかり出るも、金子才覚のため成が、近年御払底ゆへに御借金おほく、済したる事稀也。御家へとては壱匁も御用に立ふといふものなく、すご/\かやうに素戻り仕り侯へば、いかな/\藤三ぐらゐが幅にて、三万両の事はおいて、三百両もきやつが手さきでとゝのふ事ではこれ有まじ。是ばつかりはちつともお苦になされまじ。

 よしやとゝのへて参つても、藤三方へよめいりをなされぬやうの、それは思案もさふらはんが、只きのどくなるは若殿兼綱さまの悪所狂ひ。此三万両の勘定のたゝぬ内は御遠慮させましたいものにてあり。内々平家の御一門の御沙汰も宜しからざれは、おまへと私一所に是に待うけて、兼綱さまをとらへ申、先中屋敷へお共して、詞を尽して御異見申さん。あつはれ女儀にはおどろき入たるお心ざし。さやうとは存ぜす、よしない慮外の異見だて、御免なされ下され」

と、共に心を同じうし、兼鋼のかへりがけを木かげにかくれて待居たりぬ。

 必ず色狂ひにかゝつては、内には水のつくこともしらず、女郎太鼓にのほされて、有頂天になるは兼綱ひとりに限らぬ事。身請の大夫が手を引て、宿や一家にをくられ、よいきげんで帰られしに、思ひもよらぬ木陰より、龍田の前競など出むかふて待かけたり。御供に参りし競が弟、滝口源之丞といふ美童一目見てはつと思ひ、酔みだれて正体もない兼綱の紬を引、

「申若殿さま。あれにおいもと君たつたの前さま、并に私兄の滝口競が待てゐられます。こりやたまる事ではござりますまい。ことはりの嘘こしらへておかれませ」

と気をつくる。

 さすがは酒の酔本性わすれずとかや。強いものはたましゐにこたへて、兼綱びつくりせられ、

「南無さん。爰ではいひぬけならぬ場所なれば、すぐ化にあそぴにいたと、上からもつて行べし。但し、大勢つれだちては奢の様でいひわけむつかし。まづあげや夫婦たいこ共はこれより帰て休んでくれ。大夫ひとりはどふぞわれらが口さきにて、いもとめをたぶらかし、中屋敷へなり共入置べし。先わいらはかへれ」

とあれば、目はやきそれしや共にて、

「こりや毛虫が涌て来た」

と、二言もいはず、いとま申て立帰りぬ。

 其内にたつたの前兼つなの袖をとり、

「近比うつゝなき御有様。往来の見るめも笑止なり」

と、ありべかゝりの御異見あれば、競は側より歯がゆがり、

「なまぬるきおひめさまの御ことば。お屋かたには三万両の金の勘定に、大殿さまはおいとしや、御寝食をわすれられ、お気を悩ておはします。

 家中のものは我々をはじめ、質八おいても此度の三万両を立たいと、是のみに肺肝をなやましてをりまするに、おもしろさふにけいせいうけ出し、白昼に生酔の御行跡。はゞりながら人間の御行儀とは存ぜぬ也。

 第一にくきは弟の源之丞め。御異見を申さふとはいたさず、同じやうにおどり狂ひ、毎日毎夜御供を致し参る事。家をみだす非義非道の妄人とはをのれが事。生ておいては御家の怨。討て捨るぞ覚悟いたせ」

と、刀に手をかけちかよれば、姫君周章源之丞がうしろにおほひ、

「此人をきりやるなら先わらはからさきへ手にかけ殺してたも。最前いひし、藤三が女房に成事いやといひしは、此源之丞と人しれず内々からいひかはせし事あれば、父上の仰でも外へとては縁につかぬ所存也。 あにさまのお供につれうと仰らるゝに、主の御意を背き、『おともは御免』といはれふか。いとしげさふによはひものを歩に取とやらにて、いふべき兄上にはいはずして、此人の難にいはるゝは近比さもしい心いき。そりや競比興なぞ。とふでもこふでも此人はころさせぬ」

と、泪まじりにのたまひけば、

「こりやよい色の同類出来た」

と兼綱悦び、

「おもひかけた恋の筋はやめられぬ物なるか。なんと妹、色の道の切なるといふ事を今思ひしつたか。おもひ知たら、われらが此大夫請出したもむりとは思ふてくれぬはづ。今の世に兄弟がさしあひくるといふ事は前かたなせんさく。只今の一言で源之丞とのわけはしれた。此以後は兄が取持あはさふが、大夫が事はそち引うけ、親仁が前の首尾を繕、われら北の方に成やうに取なしをたのむ」

とあれば、異見の段はわきへ成

「ほんに粋なる兄上。源之丞とさへ夫婦になされてくだんすなら、晩からわしが太鼓持。三味引かけて三筋町へ、おせ/\でお供せん。兄さまたのむ」

と手をあはさるれば、大夫も物師立ながら、ついちかづきが千年ほどなじんだやうな中に成、思ひの外に純熟せり。

 競は我を折、あきれて物もいはざる所へ、下河辺藤三、下人あまたに金子の入し箱どもをかたげさせ、いきり切て上屋敷をさして急ぎ来りしが、人々を見て

「これは若殿様、ひめ君さま。何ゆへ是には御座あるや」

とうかゞひ申せば、兼綱見たまひ

「汝はあまたの金箱を持せ来るは、いか成故ぞ」

と尋たまふ。藤三かしこまつて、

「されば、此たび『育王山への金子の勘定急々に侯ゆへ、家中の面々に金子調へ出せしものには、おひめさまを夫妻にくだしをかるべき』と、大殿さまより仰出され侯に付、おはづかしながら拙者義、お姫さまの姿を見奉り、あはれ人間と生れ、あなたのやう成容儀よき姫君と、『二世までは及なし。せめて一夜の枕を』と、もつたいない事ながら内々心を懸をりしに、夫妻にくだし給はるべき大殿の御意。

 もし他のものに才覚させ、外の人におひめさまをとられては、年来の思ひ無になれりと、一命を捨て工夫をめぐらし、やう/\今日まてに金高弐万両才覚致し参りたれば、おそれながらおまへにも、大殿さまの御前宜しく御取繕あそばされ、いよ/\おひめさまを下し給はるやうにたのみ上奉る」

と、はゞかりなく申上れば、兼綱ひめ君競もろ共に肝をつぶして、やゝ返答もなかりし中に、競申は、

「一万騎二万騎の強敵の中へたゞ一人切ては入申さふが、此節二万両といふ金は、競が力量にも及ばぬ事。あつはれひるいなき御手がら。大殿にもさぞ御満悦におぼしめさん。先爰は途中の義、中屋敷も程ちかければ、あれにてゆるりと御意を得べし。いざ御出」

と人々を伴ひ申て、中屋敷へぞ入にける。

    三 爰を最期と金の才覚

 「軍場に出御馬の前にてのはたらきは、武士の身にめづらしからず。惣じて死は易くして軽く、生金をととのへて主君の役にたつ事は難うして重し。今日の上にては比類なき手がら。甲首を五百七百取しよりは莫太の高名。汝が此度のはたらきにて、重盛公より預りの金子をたつれば、父入道殿の家もたつといふもの。頼政にも聞れなばいか計の悦びならん。さだめて姫も送らるべし」

と、兼綱感じて称美あれば、たつたの前は案に相違のかほつきにて、人をも恥ず、兼綱にむかひ、

「只今おまへの藤三へのお言葉では、わしが最前たのみたる彼人の縁をさき、あの藤三へよめらさふとのおぼしめしか。たとへ親兄の御意にそむき、首足をもがるゝ共藤三方へは参らぬ心底。

 これ藤三。そなたはおれを女房にほしう思ふて、働てたもる心ざしはうれしけれ共、縁がないやらわらはが心にすゝまねば、みづからが事はさらりと思ひ切てたも。そのかはりには手まはりにつかふこしもとはどれ成共望次第に妻女に送るべし。父上の聟に成たいねがひならば、娘分にしてつかはさるゝやうにせん。かまへてわらはを妻などゝ心あてにはしてたもるな。今兄上のおまへにてことはり置ぞ」

と仰ければ、藤三面の色をかへ、

「此度成にくき才覚を命かけていたせしも、おまへとそはんためばかりにこゝろをくだきしそれがしに、あいそうもない御ことば。親殿若殿、少々は御不同心に御座候とも、君さへお心むくなれば、夫婦に成てもたのしみあり。それにかんじんの姫君のわたくしをおきらい有ては、せつかくいたせし奉公湯をわかして水へ入るといふもの。しからば借り請参たる此金子を、先様へ只今帰し参るべし。扨々よしない事にむだほねを折申せし」

と、不興気に立けるを、兼綱しはしととゞめ給ひ、

「汝が申一とをり至極せり。此上は姫に異見をくはへ、何分汝と婚礼を取結ぶやうにせん」

と、龍田の前にむかひ給ひ、

「其方、今日女の身で男の姿に様をかへ、道迄出むかひゐたりしは、それがしが色狂、時節あしきに、此中にてけいせいを請出さるゝその金成共、せめては平家の預りの三万両のたしにはせず、やくたいもなき身の行跡、平氏へ聞えば家たつまじと家を大事におもふ気と、兄を大切におもふからの事ならずや。

 しからば、今日藤三が妻に成まじきといひはれば、手に入し二万両用にたてずに此まゝかへし、育王山へつかはさるゝ預りの菩提金の返納ならず、不届の至りとてたちまち家はつぶるゝ也。

 代々つゞきし源三位の家つぶさふともたてふ共、そちが今の心次第。大事の場ぞ。分別せよ」

と、事をわけていひきかさるれば、姫なみだぐみ、

「つらい事をのたまふものかな。かくひつはくのその中でも、身請の金は才覚して、あの大夫殿を請たまふは、思ふ人とそひたいとおぼしめす心ならずや。我身つめりて人のいたさをさつしたまへ」

と、かほに袖をあてゝさめ%\となげかるれば、兼綱うなづき、

「尤々。是は我等があやまり」

と、しばらく思案し、つれ来られし大夫花千代をまねき、

「事くどくいひきかすには及ず。始終は只今聞たる通りの仕合なれば、是迄の縁と思ひ、そちは是より廓へ帰り、むかしのごとくつとめてくれ。弐百両の手付金は某が損にする。その損をかへりみず、二世のむすびの其方、けふ請出し、けふ又廓へ帰す、我心ねを思ひやれ。妹に家の為ゆへに心にあはぬ夫をもたす上からは、我も又家のためにそひたいそちにそはぬ所が、武士の義といふものぞ。此わけを聞とゞけず、『かへるまい』といふやいな、それがしは此刀腹へつき込切腹するが、ころすかいかすか返答は」

と、刀抜かけ「いな」といはゞ早切腹も有べき躰。

「かなしながらも、何がさてかへりませふ」

と、泪にくれ、すご/\出れば、

「ヲゝ大夫、満足した。随分堅固でつとめてくれ。命の内にはあふまいぞ。そちがくるわでまうけたる、我たねまきし撫子の若は、木津の弥太六といふ百姓にあづけ置、息才でゐる。気づかひすな。せめてはそちがかたみとおもひ、近日屋敷へよびとりて、我手にかけてそだつべし。何事も/\是までの縁と思ひ、明らめてくれよ」

と、兼綱もなみだをながしのたまひければ、大夫はかほもあけずして臥まろびなき入しを、

「それたれかある花千代をくるわまでをくるべし」

と、なげきにしづむ大夫を引たて、人を添て帰されぬ。

 競も二人の心底をさつしやり奉り、泪をこぼしゐたりしが、『是程まで兼綱の家を大事といふ所を、眼前にて妹君にして見せらるゝに、たつたの前のいまだ得心ましまさぬは、弟の源之丞めが御側にひかへをるゆへに、きやつに対していなおふのお返事がない事』と、心中に思ひすへ、つか/\と行、

「源之丞若殿の目通りで切腹をいたすべし。某かいしやくして得させん」

と、腰刀をするりとぬけば、姫はあはてゝ競にすがり、

「成ほど、わらはがあやまつた。家の為をおぼしめして、子まである中をさき、又くるわへかへさるゝ兄上の御心底をなにしに無にせん。いかにも藤三の妻とならん。かまへて源之丞に疵でも付てたもんな」

と、歎きとゞめ給ひければ、

「をを、さすが頼政公のお姫様程候物かな。藤三方へよめいりなさるゝ上は、源之丞を殺べきいはれなし」

 扨藤三に向かひ、

「近比思召卒忽のやうに候へ共、大殿へ申上るに見届ずには私の無念。ちょと箱のふた共を取、金子を改め見申たし。是はたがひの念と申す物成が、いかゞ仕べきや」

と尋れば、

「自余の事ならば、某をうたがひ給ふかなどゝいひて、中々御前へ指上るまでは各方に手をもさへさせ申まじきが、幅もない拙者が二万両と云小判を一日二日に調て参りたれば、妹君をもらはんため、当分石瓦かな箱に詰て参たかと、こなたは各別、大勢の下々存まじき物ならず。改くだされ」

と箱の錠を明、競に吟味させけるに、成程まがふ所もなく金に違あらざれは、只「奇妙/\」とあきれて口をふさがぬ者計にして、此藤三が才覚の思慮の程をすいしかね、

「若は狐つかひではないか。小判と見せて柿のは、財布と見せて馬の沓のためしもあり」

と、笑ふ人も多かりけり。

   一之巻終

風流宇治頼政  付り 親も知ぬ万両の不足金は

                    色里へ槙の嶋

   二 之 巻 目 録

第一 養子娘の思はせ振御心悪こそ候へ

    果報はねて

      まつ嫁の名代

    聟殿の立腹も

      此器量では色直し

    浮名を流す泪の

      雫は亡母への手向の水

第二 祝言の下紐ときし寺候な

    法事に突出す鐘の音はこん/\の盃事

    明てみて横手を打敷の下に真の御息女

    他人向の盃うけて請ぬ親の勘当

第三 希有の驕と人はいふなり

    宇治の網代木顕れ渡る身の悪性

    返答に鞘づまる名剣は家の重宝

    算用は知ぬ十露盤のつぶれた身体

    一 養子娘の思はせ振御心にくうこそ候へ

 「智者も千慮すれば一失あり、愚者も千慮すれば一得ありといへども、日比とはちがひ下河辺藤三が此度のはたらきは、鉛刀の一割なるべし。鉛にて作れる刀も、時によりて不思議に能はづみあれば、一度はよくきるゝ事もある物ぞかし。

 しかれどもいつもかくあらんとたのもしう思ひて、平生の器量をしらず、今度の働きひとつにてよき臣下とおもひこみて、娘ごをつかはさるゝは大殿のあやまり」

と、心ある家人ども寄合/\ひそかにさゝやき申ける内に、姫君はかねてより競が弟の源之丞と、人しれぬふかき中なれば、藤三が妻に成事をきらひ給ひて、夜にまぎれて屋敷を立出、いづくへか行衛しれずと、上下さはぎ諸方へ手わけをして尋申けるを、三位入道大きにいかつて、

「親の命をそむき、さしも忠臣の藤三をきらひ家出をする条、言語道断曲事也。家中のものは申に及ばず、出入者にも申付、見合次第に姫が首を打て来るものには褒美をあたふべし。若又、いたはり見のがしにせしと聞ならば、その者ともに永く勘当たるべし」

と、きびしく申わたされ、扨家老渡辺丁七唱を召れ、

「きのふ、悴源大夫判官兼綱に申付、藤三をつけ、金子弐万両持参いたさせ、今壱万両はしばらく延引御用捨くださるべきの旨、宗盛公へ御ねがひを申させぬれば、大形は首尾よくして、今明日の中には六波羅より帰べし。

 それにつき、藤三には姫を妻にとらすべしと、堅く約して墨付までをつかはし置。六波羅の使首尾よく仕おほせ帰りなば、婚礼取むすばんと思ひし処に、姫不所存にて家出をせしうへは、何を以て藤三にけいやくせし詞を立ん。親の命をさむきし娘を、よびかへして妻あはさんも本意ならず。さあればとて藤三が約は変じがたし。

 

 汝も兼て知るごとく、我心中に大望あれば、此度藤三へ娘をつかはさずして、其分に指置ば、世間の人、『三位入道は信の道なくして何をいひ出されても証にならず、偽り多き大将』と取沙汰をせられては、をのづから思ひつく人もなく、一大事の刻。誓ひを立ていひ出したり共人誠にすべからず。しかる時は大望のさはりならずや。

 先本意を達するまでは、信の道を切にまもるべく思へば、さいはゐ汝がむすめぼたんといへるは、たつたの前と同年にて、しかも器量風俗まで似たるよし。いまだ外へ契約もあらざるとや。我汝がむすめを養子にし、ぼたんといふ名をたつたの前と改め、藤三方へをくるべし。しかる時は、我約諾を変ぜず。信の道を立るといふもの。爰を察して汝がむすめを我に得させよ」

とありければ、唱心にはあはね共君命もだしがたく、お請を申。帰るやいな、娘ぼたんを頼政の屋かたへ送りぬ。入道欣悦有て、たつたの前と名を改め、おほくの女中をつけて、今までの姫君同前にいつくしみ給ひける。

 殊更今宵はたつたの前の実母、あやめの前の十三回忌の逮夜とて、恵心の僧都の御法をとかれし御寺にて、筒井の浄明一来法師、其外三井寺平等院などの名僧達集り給ひ、仏事をなして弔給ふ。是によつて一家中の女房達はいふに及ばず、出入下部の女まで御寺に参りて廻向をなしぬ。

 御養子の姫新たつたの前も御参詣まし/\、法事を聴聞有所へ、綿ぼうしにて顔をつゝみし女、牌前にむかひ涙と共に拝みゐるを、競が女房あじろ木見とがめて、

「いまだお姫さまさへ御拝みもなされぬに、いやしき下部の女の身ですゝみ出ての拝礼は、すいさんなり」

と引たつれば、此女あじろ木がたもとをひかへ、

「うらめしやあじろ木。此たび家出をしたるとがによつて、わらはゝ父上の御勘当はうけたれども、過さり給ふ母さまには勘当はうけぬもの。『御位牌へむかふな』とは見知りごしにどうよくな」

と、泪をながしのたまへば、あじろ木はつとあたりを見まはし、

「最前からお姫さまとは見たれ共、大殿の御いかり以の外にて、『見合次第に討捨』との仰ゆへ、若外の人が見ましては、おためにならぬと存るゆへ、わざと『下部の女よ』と、きはめてわらはが申したるは、おまへと人にしらすまい、こりやわしが才覚也。仏の庭とは申せども、おまへの為にはぢごくの上の一足とび。あぶない所でさふらへば、はやおかへり」

とをし出すを、

「おろかやな。母上の御とふらひに、身をかばふて参らずにゐらるべきか。父上の目にかゝりお手討にあへば本望ぞ。伽羅があらば一〓たも。焼香がしたい」

と泣たまへば、あじろ木も泪にくれ、

「尤なるお心ざしとは思へども、父上さまにお腹立させ給ひては、御仏事の御さまたげ。母ごさまの御菩提のおためにも成まじきに、ひらさら帰らせ給へ」

と様々申せど聞入なく、ひれふして泣給ふを、新たつたの前見参らせ、それとあらはし申てはおためいかゞと、わざとしらぬあいさつにて、

「これあじろ木。下部の女が群集に心をうばゝれ、目かなまはしてゐるとみへたり。何をするも善根なればくるしうない。此みすの中へ誘引して来られよ」

と、目まぜをしてのたまへば、あじろ木是にちからをえ、

「そちは冥加にかなふたるもの。おひめさまのおいたはりぞ。こなたへ参れ」

と、たつたの前をつぼねのみすの中へぞ伴ひける。

 すでに法事もみちて、僧衆も皆方丈に入たまへば、今はみる人もなし。

 「心しづかに焼香あれ」

と、新姫君、たつたの前をいざなひ、霊前にむかはしめ給ふ所へ、家老渡辺の唱参詣すれば、女房達周章てたつたの前をかくすべき所なく、導師の座し給ふ前なるうちしきの下へ入申、いづれもさりげなき体にておはしける。

 唱拝礼して仏前にむかひ、荘厳等を見まはし、『堂内へは風も入らぬに打敷のうごくこそ心得ね』と、打敷を引あげみれば、いたはしや姫君は身をちゞめておはします。

 唱見るよりはつと思ひしが、さあらぬ躰にてあげたる打敷引おろし、新姫君に向、

「おまへのおためにはおふくろさまの御弔。余の人千人万人よりは、真実の姫君の御廻向こそ、仏も悦び給ふべし。唱がかふしておるからは、かまへて新規の姫君じやと人におそれて気がねばしし給ふな。きづかひなしにお心の中でとつくと御廻向なさるべし」

と、おもて向はわが娘の新姫君にいひきかすふりをして、心は打敷の下へ通ずるやうに申ければ、つき%\の女房達も唱が今のことばを聞て、皆安堵をぞしたりける。

 しかる所へ三位入道入せ給ひ、牌前にむかひしばらく廻向あつて、新姫君をめされ、

「けふの仏は其方がため母分なれば、わけて廻向をなすべし。臨終のみぎり、まくらもとへ我をよび、『子供二人持内に、兄は男なれば跡目に立てつとむるゆへ、申置事はさふらはず。たゞ頼み置はいもと娘のたつたが事也。母なき娘はそだち悪く、万行義のたがふ事世に多し。女の道をしれる女房をそばにつけおかれ、成人の後、さすがは大内にありしあやめの前が娘ほどありと、今過行母が名までをあぐるやうに、養育をたのみ入』と、是のみいひて果られしに、心にあはぬ男を持すと述懐して、此度家出をしたる事、早世上にかくれあらねば、もはやきやつが一生はすたつたり。

 人の親として子を思はぬものはなし。兼ては我より棟高き高位高官の方へもよめらせ、姫が威勢を見るべしとこそ思ひしに、何しに家来を好んで聟にしたからん。家を立たき心から金子を才覚さすべき、とゝのへ手の心をはげまさんが為なれば、家をもおもひ親の心も察しなば、家人と妻あはすなんどゝて、恨みては家は出ぬはづ。

 すでに今宵の仏あやめの前は、天子の寵にあづかり、雲の上にそだちし人なれども、勅定をおもんじ、公家にてもある事か、むくつげなるこの頼政にしたがひて、十三年以前まで、偕老の契をこめられ、兼綱たつたといふ子共をまうけられしうへからは、『母を手本にせず、親の命をかろくおもふてそむきしぞ』と思へば、いよ/\腹もたつ」

と、当前打敷の下にかくれゐらるゝとは夢にもしられず、泪をながしのたまへば、たつたの前は打敷の下にひれふし、声をも立ず泣給へば、おそばの女中をはじめ唱も泪を流けり。

   二 祝言の下紐ときし寺候な

 仏事もはやおわつて夜もいたう更にければ、

「三位入道・姫君ともに御帰りあるべし」

と御供ぶれある所へ、御子息源大夫判官藤三を召つれられ、御仏事みてぬ内にと御心をいそがれ、六波羅よりすぐに御寺に入給へば、入道、

「いかゞ」

と先仏前へ兼綱藤三をめされ、六波羅の首尾を尋させ給ふに、

「さん候。『三万両の御預りの金子の内へ、先二万両さし上申、残る壱万両は近日持参いたすべし。しばらく遅滞の所御用捨なしくださるゝやうに、御取なしにたのみ入』と、今日の取次役越中の前司盛俊をもつて申上けるに、平相国の仰に、『不足の段ふとゞきの至りといへ共、重盛菩提のための志の金なれば、遅引のところ宥免いたす条、追付残金相立べき』のよしにて、別儀なくおいとまを給はりまかり帰候。

 先六波羅おもての首尾も能さふらふゆへ、母が追善の仏事にもあい申さんと、すぐに此寺へ参し候所に、御参詣の段幸と存じ、藤三も供に召つれ伺公仕り候」

とあれば、入道悦喜有て、

「『御預りの金断も立ず、取つかひし』と短慮なる清盛、いかなるふしぎか申出らるべきと、余程気づかひせし所に、別条なく帰らるゝ段、重畳目出度/\。

 かゝる首尾も、ひとへにそれなる藤三がはたらきなれば、契約の通り、只今姫と盃をいたさする。

 尤やしきへ立<たち>かへり、あらためて婚姻の取むすびはすべけれ共、只今もかれにいふがごとく、母末期まで姫が事をいひ置ば、今日の仏の前で盃をさするは、舅姑あいならんでことぶきをなす心、寺にて祝言の盃は似合ざる事と、若き人はおもふべけれど、惣じて婚礼の作法は、白衣を嫁に着せしめ門火を焼まで、葬送のまなびたれば、寺にてのむすびの盃はねがふてもない事。ちと精進にて窮屈な」

と、悦びのあまり、入道おどけをのたまへば、女房達笑ひのゝめき、「おめでたい」と盃銚子を持出、

「先姫君お取上あそばして、聟さまへ」

とあじろ木が取持すれば、おもはゆけに姫は盃取上て、藤三に指給ふ。

 藤三盃わざとうけず、片手をついて、

「はゞかりながら、御ねがひこれあり。あじろ木どの、殿さまへ御取次たのむ」

といへば、入道聞召、

「取次までもなし。聟殿の始てのねがひとはいかゞ」

とあれば、

「さん候。

 此度、御真実の姫君御家出をなされぬれども、御契約をたがへられず、これなる唱の娘を御養子にあそばされ、先姫君のお名を付られ、わたくし婦妻にくださるゝ段、生前の面目冥加にかなふ仕合。有がたく奉存候。

 しかし、拙者、御養子のたつたの前と婚礼仕候以後、御真実の姫君かへり入せ給ひ、又外へ御縁に付られ候ては、恐れながら、私だしぬきにあひ、一分すたり申段、聞召分られ、此以後、まことのたつたの前出られ候共、御勘当御ゆるされまじとの御上意を承りたく奉存候。

 その旨趣は、元来先姫君は滝口競が弟、源之丞に御こゝろをよせられ候ゆへに、私をきらはせられ、それゆへ家出をなされしと風聞を仕れば、拙者婚姻相済で後立帰らせ給ひ、源之丞と夫婦に成らせ給ふ時は、傍輩の衆中は申に及ばず、国中の者までに、『藤三こそ方便の御勘当を喰、主人の聟にはならで、同じ家中の唱が聟と成て、目あての姫君は源之丞にとられし』と、うしろ指をさゝれ、笑はれん所も口惜く候へば、重て誠のたつたの前を見出し候はゝ、御断なく拙者方へ引よせ、存分に仕度候。

 此段、迚の事に御ゆるしくだされなば、此上の御厚恩」

とはゞかりなく申あぐれば、入道聞召、

「親の命をそむき家出をせし娘を、何しにふたゝび勘当をゆるすべし。親子の旧離を切からは、他人も同前。いふにや及ぶ。見合次第に討捨に仕れ。我とても目にかゝらば中/\生ては置ぬ所存。全く方便の勘当にはあらず。念に及ばぬ。見出しなば、勝手次第にはからへ」

とありければ、

「ありがたし」

と藤三盃を取上、いたゞかんとする所を、唱つか/\と出、

「是々藤三、先盃をさしおかれよ」

とて、ゑしやくもなく新姫君の打かけ引取、上座を引おろして、我つぎにさし置ば、入道おどろき、

「唱、是は興がる仕わざ。酒にばし酔けるか。不礼千万聊爾の至り。主を侮るふるまひ。きつくわいなり」

と気色を変ていかるれば、唱ちつともさはがす、

「拙者娘のぼたんめを御息女たつたの前さまのかわりにくれよと仰ゆへ、すなはち指上、現在の娘に様をつけ、手をついてお主あしらひに仕るは、あなたはたつたの前さまにて、外におまへの御息女さまと申てはお一かたもなきはづなるに、今藤三に『見合次第に討捨にせよ』と仰付らるゝ上からは、御勘当の姫君を親子の旧離はきらせられながら、いまだ御とんぢやく有なれば、お子でないとは申されまじ。

 たつたの前さま御座有うへに、私がむすめをたつたの前の御名代に指上ては置れぬ首尾。御子がないと有ゆへに御意にまかせて指上んと、相応にひさうせし一人の娘を御養子にあげませしが、先姫君の御血すぢきれぬ内は、此女はそのまゝもとの拙者が娘。当分かりのたつたの前には、憚ながら指上は仕らぬ。

 是々藤三。貴殿は殿より姫君二人もらはるゝ御契約ばししたまふか。

 そなたを嫌ふてお家出をあそばされた姫君ゆへに、御勘気をなされたれば御辺がためには、面目ともいひ、本望共いふべき也。其上あらたにたつたの前をこしらへてつかはさるゝは、『冥加にかなふた仕合、生涯の思ひ出』とこそ思はるべき所に、なんぞや殿の姫君でもない、他人のたつたの前までをとらへて、切らふころさふとはほたへ過たる慮外もの。御家をまもる某なれば、其緩怠をゆるしおきては、御家来の仕置たゝず。且は家中への見せしめに、お腰の物にてためさるべし。

 千万両の金子を調へ出すも、わが君の御威光をかつてなせば、あながち汝が一人の働ともいひがたし。あつはれ和殿は主従の礼義をしらぬ無法もの。御前にてあらずは其口とめさす仕やうもあれども、城狐はふすべずとやらんにて、御ゆるされなきゆへに安穏にしてをく事、ヱゝむやくしや」

ときばをかみて申ければ、入道道理にふくし給ひ、

「いかにも唱がいふ通り。勘当をするうへはわが娘にはあらざるもの。無益の他人のむすめせんぎ。頼政が娘のたつたの前といふはそちならで外にはなし。是は我等があやまりぞ」

と、みづから立てぼたんが手を引本の上座になをされ、打かけ着せさせ

「いかに藤三。勘当の子の悪事はその親にかゝらぬ習ひ。しからばかさねて眼前を通りても手をさゆべきいはれなし。 汝もねがひのたつたの前を妻に持たる上からは、此入道が子でないものにかまふべき筈はなし。めでたふ盃仕れ」

とあらため仰ありければ、藤三も納得して盃取上、ひとつうけさらりとほしてたつたの前に指ければ、唱又申やう、

「只今の御意にては、先たつたの前さまが此場へひよつと御出ありても、おかまひ有まじきな」

 「中々子ではなし親でない。他人に何のかまひあらん」

 「藤三殿にも其通りか」

 「いかにも/\。世界にたつたの前といふは此ひめならではないはさて」

 「ヲゝよい了簡尤」

と、詞どもに釘をさし、打敷ひきあげ、姫君を出し申、

 「拙者が娘ほたんめが、たつたの前の御縁むすびの御祝儀申上べきため、是まで推参いたせし」

と、わが次の座へをしなをせば、入道も藤三も

「是は」

と肝はつぶせ共、詞の裏までかへされて、せふ事なさに不興気な、千秋楽をうたひだちに、皆々屋かたへかへられける

     三 希有の驕と人はいふなり

 抑治承の夏の比。平家の一門惣名代として、僉儀のために、越中の前司盛俊、高橋判官長綱、三位入道の宅へ入来あれば、頼政父子出むかひ、先広間に請じ申さるゝは、『何事にか』と肝をひやし、家老渡部の唱、滝口競、下河辺藤三をはじめ、一家中並ゐたり。

 盛俊申されけるは、

 「只今両使をむけらるゝ事余儀にあらず。古小松大臣、育王山こゝろざしの菩提金三万両を、断もなく自由に私用につかはるゝ段、不届の至り。遠嶋流罪にも仰付らるべき御気色なれども、ほたいのための金ゆへに、家を潰すは且は亡君内大臣の仁恵の御こゝろざしにもたがふとおぼしめし、御ゆるされある所也。

 但し三万両の内弐万両返納の金子も、他所より才覚して渡さるゝの旨聞召及れ、頼政過分の知行を得ながら、近年金銀払底の様子かた%\不審に思召れ、『右金銀何の為にすたりゆくや。金銀のひけかた急度吟味を仕れ』との御諚なれば、少も陳ぜず金銀ひけかたのおもむき、すみやかに申上らるべし。

 且又かやうに払底のうへは、持つたへの道具等紛失有まじき物にあらず。

 第一世上にかくれなき獅子王の剣は、鳥羽院御秘蔵の御剣。秋津嶋に一振の名剣たりといへども、鵺を退治して御悩をたすけし、御褒美にくだし置るゝといへども、日本に一つの御剣。頼政拝領はしながら御預けなさるゝ同前。自余のものにゆづらるゝ事有べからず。『此つゐでに、此義も吟味仕べし』との仰なれば、急いで御剣を出さるべし」

とありければ、頼政畏つて、

「下河辺藤三鎰預りなれは、早く蔵より取出し、御両使へ御目にかくべし」

と仰らるれば、藤三承て蔵を明、真ぬりの箱を持参す。

 三位入道箱を開て見たまへば、箱の中に御剣はなし。「はつ」とあきれて兼綱の顔を見たまへば、源大夫も心得ず同じく見て、父子言葉なく赤面に及びければ、盛俊うち笑ひて、

「『貴殿が家の重宝、末代までも怪鳥を射て、近衞院の御悩をたすけ奉りしといふ、我家の感状の名剣を、いかに三万両の預りの金を私につかひなくして、其つくのひ金の才覚に、弐万両に売捨らるゝ頼政は、よく武運につきられたる』との御評儀也。

 則御剣は六条判官宗信が取つぎにて、主君宗盛公二万両に買取給ひ、和殿が家の宝は、今宗盛公の御所持なれば、箱の中をさがされても、ない宝剣があらふはづはない事」

と、あざ笑てゐたりける。

 三位入道大きにけでんし、下河辺藤三をよびよせ、

「汝此間調へ来る二万両は、『をのれが才覚調練にて調たる』と申せしが、扨は鎰を預けしゆへ、御剣をぬすんで売ぬるか。やい、あの御剣をはなす程なれば、うぬめらに金銀の才覚はたのまぬ也。三位入道が武士は、をのれめゆへすたつたり」

と、いかれる眼より血の泪をながし、きばをかんでぞおはしけり。

 盛俊かさねて、

「よし家来が心得にて、うかゞはず売たればとて、藤三が私欲にせしにもあらず。此たびの、たて金の弐万両のためにせしうへは、家来のとがといふものにはあらざるべし。

 たゞ何ゆへにかくのごとく、金銀は入申ぞ。其入口の様子をまつすぐに申さるべし」

とあれば、渡部唱まかり出、

「主の美を揚悪をあげぬは臣たる者の道にて候へ共、御僉儀の上申あげぬは、御上へ対して慮外の至り。

 近年頼政払底いたし、金銀とぼしく罷成候子細は、それなる子息源大夫判官傾城ぐるひに、金銀を砂のごとく蒔ちらされ、放埓もなき遊興に、入道の身代にはかにかくのごとく払底仕候」

といへば、滝口競気色をかへ、

「こりや唱。汝がいひ分心得ず。おいとしなげに若殿の御遊興につかはせらるゝは、正真のむしやしない。わづかなる悪所金。汝もそれをよく知ながら、大事の場所にて、兼綱様一人を罪におとす申しかた。いとふまでこそあらず共、かさをかけて御両使へ申上るは、ムゝ扨は汝が娘をもつて、藤三に縁を組、一家のむすびをせしによつて、両人して若殿を罪科にしづめ、跡にて御家を自由にせんとのたくみか。おもひともよらぬ事。此競が目の黒き内は、中々及ばぬたくみ也。たわことを吐ずとしさつて居よ」

と、たもとを取て引のくれば

「ヲゝ尤なれども、こりや競、かふ爪たてゝの御僉儀の上は、若殿はいとはれぬ。汝がひとりおほうても、金銀の引かたのいひたてなければつゝまれぬ。

 是若殿さま、もはや破に成ぬれば、『是非に及ばぬ所ぞ』と御覚悟あつて、金銀を皆になされし仰わけ、御両使さまへ仰上られ、父入道さままでまきぞへにおあいなされぬやうに、御不行跡な段々を懺悔あれ」

と申ければ、兼綱、両使にむかひ、

「只今家来が申通。わたくし若気の至りとて、跡さきのくゝりもなく、此四五年此かたに凡十万両余もつかひつぶし、今にては臍をかんで悔てもかへらぬ仕合。いかやう共御越度仰付らるべし。少もおうらみこれなし」

と、しほ/\として申さるれば、両使我を折、

「さて/\希有のおごりかな。いづれ天命にもつきらるべき行跡。我々が了簡にも及ばねば、只今すぐに平家へ誘引いたすべし。ずいぶん六波羅におゐていひぬけるやうに工夫して申さるべし。

 貴殿つかひ捨られて、かねの行道しれたれば、三位殿にはおかまひ有まじきと覚る間、御安堵有べし。まづおいとま」

と両使は、源大夫兼綱を中にとりこめ、六波羅へ帰らるゝ。 三位入道は『今ぞ親子のながきわかれ』と観念し、泪に袖をぞしぼられける。

 渡部唱、先藤三を取ふせ、

「をのれ姫君に執心かけ、殿の聟に成べきため、御剣をぬすんで売たりし、御家の怨敵。鋸引にする曲もの」

と、高手小手をいましめ、

「あつたら娘一人をうぬめにかゝつて捨たれば、無念でむねがもへあがる」

と、つら打たゝき、中間に申つけ、御国の籠へぞ入たりける。

 滝口競跡に残つて、唱がをくへゆかんとするところを、

「若殿のかたき。覚悟せよ」

と、早打かけるを、ひらりとはづし

「アゝれうじすな、競。せくな、滝口。是には子細いひわけあり」

といへども、競聞入ず、

「兼綱様はをのれが口ゆへ両使引たて、平家へ伴ひ行ぬる上は、遠嶋か追放か無事ではかへり給はぬはしれたる事。藤三を御家の怨敵と、人めよい縄をかけ、籠舎さする根性で、なせ若殿を悪性ものにはいひたてた。藤三めは御家の怨、おのれはわかとのゝ敵。のがさぬやらぬ」

と打かけるを、唱制しとゞめかね、

「こりや、一言いふ間待てくれ。手むかひせぬ証拠には、大小をわたす」

となげ出し、

「やうすをしらねば、それがしを、若殿の怨なりとにくうおもふはことわりなり。

 抑御家に金銀近年かやうに払底なるいはくを知たか、其引方を平家ょりきびしく僉儀せらるゝゆへ、引かたのいひわけなさに、おいとしやわかとのゝ色ぐるひをさいわいに、申立にいたせしを、兼綱公にも御合点にて、御身に引うけ覚悟にて、平家へ御出ありし也。

 そのひけかたのいはくといふは、高倉の宮以仁親王御むほんをおぼしめしたち、主君頼政を御たのみあるによつて、三位入道御同心あつて、二三年此かた密々に陰謀の企あり。

 当時平家さかんなれば、不勢にては大望達しがたし。諸国の源氏をもよほさんと、新宮十郎を使として国々へまはし、武具馬具兵粮、又は源家の残党の牢人どもを、何百人かかくして扶持したまふゆへ、大分の金銀人しれず入事也。

 去によつて平家のもの共に、金銀入用のわけをとはれ、返答にこまり、さいわい、此ごろ傾国へかよはるゝを、究竟の事とおもひ、申たてにして、若殿ばかり罪におとせば、頼政入道も此家もつゝがなし。

 しかるときは、高倉のみやのおぼしめし立も成就するものとおもひ、おいたはしうはおもひつれども、此ゆへに兼綱公をあしさまには申せし也。かまひてうらみてくるゝな」

と子細をかたれば、競手を打、

「我にも主君の物がたりで、内/\聞てはゐたれども、金銀のひけかたの行道の返答には、さら/\心つかざるぞ。あつはれそちは思慮ふかき男かな。たのもし/\」

と、たがひに心をあかしあい、先若殿の御やうす心もとなくおぼゆれは、いざ両人『見えがくれに、あとについて行くべし』と、二人つれて六はらへ、しのびてこそは行にけれ。

風流宇治頼政  付リ 一度は日の出の家

                  色に曇る朝日山

   三 之 巻 目 録

第一 身のなる果は天竺浪人

    絵草紙に

              乗かゝつた心中の助船

    碇をおろして

              ゐられぬ女夫が寺住居

    亭坊の饗応は

              槌で庭大黒とは粋ばまり

第二 子ゆへに親は煩はせ給ひけり

    子に払ふ熱火は胸を焼思ひの薪

    先非を悔て頭をかく孫の手にかゝる仕合

    一ツ盃機嫌で頼れた酒の神主

第三 さればこそ大事の事を御尋の系図

     

    御佳例の濃茶は薄からぬ親子の縁

    心を引てみる茶臼廻気な女の走智恵

    母の恵は子の身の為に怨と成指出口

身の成果は天竺浪人

父は子の為に隠し。子は父の為に隠す。直き事其中にあり。源大夫判官兼綱は。父入道高倉の宮にたのまれ参らせ。軍器のこしらへ兵粮等の用意に金銀をついゑぬるを。我身の悪所づかひに引請。不行跡の罪にをちて。大小をもがれ。木幡峠よりあはうばらひにあひて。たゞ一人すご/\と。名もなきおろそしき狼谷を打越。山科を過て小関あたりに。一来法師の休み所にこしらへをかれし草庵あり。是へ立より一来と相談し。身のかくれ家をきはめんと。柴の戸をほと/\とたゝかるれば。三平といふ下人。たれぞと戸をあけに出けるが兼綱をみておどろきたる風情にて内へかけ入。源大夫判官さまの御出なりと申せば。庵のうちさはぎ。あけたる障子をにはかにさし。何とやらんさう%\敷体。兼綱ふしんながら外面に待ておはする時、一来法師漸と出られ。柴の戸をしあけ。是は/\めづらしいおたづね。御家来もつれられず。丸腰にてたゞ御一人の御出は心得がたし。是は内々の色狂ひ。父入道の耳に入て。勘当といふやうな不首尾なせんぎと見えたり。尤わかき時は俗人のならひ。一度は色にしそこなふ人もあるが。

貴様のはあたまから高物の大夫にかゝって。盆正月物日/\見事なさはぎときいたれば。笑止や追付内証に穴があき。化があらはれふと人にいはずに心でとふらひゐたりしが、とふらひがとゞいて勘当の素懐をとげられしか。常の事ならばまづ逗留と引とめて。御馳走もいたさふが。出家の身で悪性なそなたを引込置たなどゝ。かたいおやぢが愚僧までをまきぞへにおもふては。此中寺の破損の奉加をいひかけて置た中。きげんがそこねてやめになれば。たのむ木のもとに雨がもりて。修覆延引の至りにもあらふもしらぬ。五十や百のつかひ銭はたゞ今でも取かへふ。人の見しらぬ関東へ行て品柄打の指南なつといたされ。おやぢ手前は愚僧がより/\申なだめて。勘当をゆるさするやうに取なしをいふべしと。いつもとはちがふて。たゞむしやうにいなしたがるこそくせものなれ。

兼綱ふしんにおもはれ。つねと心の替たる法師に。打あけて此度のぶ首尾をはなしては。いかゞ有べしと分別したまひ。いかにも/\御推量の通り親入道の勘当を請。たよるべき所なく貴僧をたのんで。しばらく爰にやしなはれて居るべきと。胸算用して来たりしが。修覆の奉加のさまたげとある所に長居はせられじ御指図にまかせ。関東方へ参らんが。道中にて煩ひも出ぬやうに灸をして参りたし。三平たのむもぐさがあらば五六百ひねつてくれ。其間少休まんと。木枕引よせ横にねてかゝらるれば。法師きのどくさうな顔つきにて。もくさと聞て思ひつき。兼綱のはかれたるざうりのうらに灸すへ。扇にてあふぎ立らるれば。兼綱しりめでちよつとみて。いよ/\心得がたければ。あたりに気を付見まはさるゝに。仏間の下だんの戸に。紅うらのふりそではさまつてさしてあり。扨こそ坊主が表向は殊勝がほに見せかけ。内証の悪性。三井寺にては女人禁制の所なれは自由ならず。休み所と名付大黒かくして。しだらくするゑいよう所へ来るゆへ。最前よりそれがしをいなしたがるこそ安からね。をのれ坊主め生恥かゝせてやるべしと。起なをつてこれ/\法師。庵をあけて出ておいきやれ。俗でさへ身に過たる悪性すれば。親一門の勘当をうくる也。ましてや出家の女房ざんまい。われら貴僧の師匠の名代相つとめ。只今爰を追出してやる間。

早々庵を拙者にわたし出てゆかれよと。箒をつとり振上れば。一来大きに動顛し。ざれ事も事による。三衣を着する沙門にむかひ。女犯の無実かんにんならず。女人を犯せし証拠を出せと。面色かはつていからるれば。ぬす人たけ/\しいと。まがほに成て粋の目をぬかふとは。おもひともよらぬ事。さらば証拠を見せんと。仏だんの下の戸をしあけ。いやがる女の帯とらへ。引出して見たまへば。わがいもうとのたつたの前。是はとあきれておはしける。

一来法師あたまをかき。もはや此上につゝむ事も無益の至り。そなたの妹は競が弟の源之丞とふかき中にて。そはれぬうき世を恨み。おとゝひの晩かたに。源之丞もろ共にやかたをぬけ出。あはた口の山かげにて心中してしぬる所へ。おもはず愚僧行かゝり次第を聞て。両人がさいごをとゞめ。何かなしに二人ながら此庵へつれ来り。しばらくかくしてやる所へ。貴公が来たと聞やいなや。両人をかくすに廃亡し。前後揃はぬ挨拶せしは。全く愚僧が悪事ならず。今一疋の若衆も是へ出て若旦那へおめ見へいたされと。白化に出らるれば。源之丞はかほをあからめ。うぢ/\として下だんより這出るこそおかしけれ。兼綱是にて安堵せられ。いもとめが一命を御すくひばかりにあらず。若心中して相果なば。上下六文のよみ売の絵草紙と成。開帳市場のうたひもの。さいもんの口さきに。おやより政はよほんほゝなどゝいはれては。親一門のつらよごし。能こそとめてくだされたれ。かゝる御深切なる御心ざし共しらず。清浄成御僧に。塵俗の悪口御高免くだされと。手をもみて侘らるれば。一来くつ/\と笑ひ。人聞よい口上。親一門のつらよごしといふ事を知たるそなたが。色にめで大酒におぼれ。年よられし三位入道殿に立腹させ。勘気不興はうけられた。但しけいせいぐるひして勘当得るを。外聞のよい事と思わるゝか。ゆき所なく野伏に成。諸人に顔をさらさるれば。是こそ大きな親一門のつらよごしとはいふものなり。かさねて悪所へ行まいとの。きびしい誓言たてられなば。此度は愚僧が寺にかけても詫言をして参らすべし。かまえて心を改められよと教訓あれば。

兼綱泪をはら/\とながし。有がたき御異見。全くそれがし勘当は請申さず。御聞及の三万両の御菩提金の事ゆへに。今日平家の沙汰として。私ばかり丸腰にて追放せられ候が。かの企に入用の金子の僉儀行々一度は有べし。其時の引かたの申わけにいたさんと。心から出ぬ方便の色狂ひをいたせしに。おもひの外におもしろく。方便はわきへなり。真実大夫がかわゆう成。始末気やんで高なしに。人よりうへをするやうに。つゐいつからやらうつゝつなく。本悪性に仕こまれて。とてもたらぬ身代に。百両や弐百両。始末するは未熟の至り。毒くはゞ皿ねぶれじや。いつその事に花千代を引ぬいてしまはふと。寛濶な気に成て。やめふにもとまらふにも此道ばかりによい程といふ程がなく。のぼりつめたる最中に。三万両の金たてよと。平家のさいそくしきりにて。色酒の酔さらりとさめ。是身に受てよい仕舞と。親仁が借金引からげ。皆色づかひのそろばんのつぶしと。人に笑はれて後は知恵なのあはうばらひ。覚悟の前とはいひなから。去とては力のおつるものであり。さぞやおやぢも年よられ心便りがあるまいと。是のみ心にかゝり申せば。法師には此節毎日御見舞なされ。父入道をいさめてたべ、扨いもとのたつたの前は源之丞をめしつれ。早々屋かたへ帰るべし。

其方どもはこの僉儀より前に出たる様子なれば、藤三めが悪事あらはれ禁籠せられし子細もしるまじ。そちが家出は怪我の高名。父上は満足たるべし。ずいぶん今より我にかはつて孝行につかへよと。始終をくはしくかたらるれば。一来法師をはじめ、姫源之丞も是は/\と泪をながし追放をかなしめり

  二 子ゆへに親は煩はせ給ひけり

  君と臣とは。義叶はざればはなるゝ事ありといへども。それ父子の道は天性なればはなれがたし。人間はいふに及ばず。鳥類畜類にいたるまで恩愛の心限りなき事ぞかし。

  三位入道頼政は子息源大夫判官追放と聞召。子を捨る薮はあれども身を捨る薮なしと。いやしきたとへ今身にこたへて。心に心はづかしく。隠謀の企に入し金銀を子にかづけて。追放をさせぬる事。親たるものゝ本意にはあらねども。宮に頼れ参らせ御本意を達しさせ奉るまでは。入道大事の身とおもへばこそ。若い子に難儀をかけ。老の身のかく屋形に残りとゞまらるべきやと。人みぬ所にては泪をのみこぼしゐたまふ所へ。渡部唱参上して。

「申上るも御きげんの程をしらねども、あまりに御いたましう奉存。おそれながらおねがひ申奉るは。御息女たつたの前さまの御勘当。御ゆるされおやかたへ入らせられ下されなば。有かたく奉存べし」

と申もあへぬに。

「やれ。ねがひにも訴詔にも及ぶ事か。姫が家出はさすがに頼政が娘ほどありでかしたと。今では褒美をする心ぞ。早くつれて参れ」

競はしばらく物をもいはずゐたりしが。つか/\と行。源太郎をいだき取。こなたを兼綱さまの御形見と存。世にあらせ奉り。殿上のまじはりをさせ申。御威勢を見るべしと。夫婦の人をたのみ申。神職といつわりしは。母かたの筋目を正しう。大殿のお耳に入んため。それがしが思案にて是程までに仕こみし事を。無になせし残念さよ。かやうに成行も。こなたの御果報つたないと申もの。所こそあれ時こそあれ。宮さまの御前にて。ながれを立るけいせいの。もうけたる子とお袋が。証人にまで出られたれば。もはやかさねて取親して。お目見へさせ奉らんはかりことも成がたし。しかればこなたは一生公家武家のまじはりは成申さず。

百姓が町人の子に成てはて給はんより。それがしがをしへ申さん。いさぎよく腹切て死給へ。しかる時はさすがは源三位が孫。兼綱の子ほどあり。母方がいやしきとて。跡めにたゝぬを無念に思ひおさなけれども切腹して果たると。後々末代まで名をあげ給ふ。武士は名を惜んで命を捨るはつねのならひ。父ごさまが何かたに御入有て。此様子を聞しめしたり共。御歎はなく。けなげにでかしたういものじやと。却て御まんぞくなさるべし。拙者御介錯仕り。すぐに刀にて腹かきやぶり。来世迄御供いたすべし。御さいごの御用意あれと。をしはだぬがし奉る所へ。一来法師宮のおなりと聞て。最前よりお次の間まで参られ。始終の様子を聞ゐられしが。事はや急に成けると。やがて飛出こりや競。日こそおほきに高倉の宮さま。御入あそばす所にて。腹きらするの死ぬるのとは。狂気したかうろたへものと。先わが君を取給ひ。

花千代がかほを見て。大きにきもをつぶしヤアそちはいもとのお花か。われこそ兄の一来法師よ。やれなつかしやとのたまへば。花千代きよつとしアゝけうとい坊さまかな。わしが兄さまは三河の国のといはんとするをこりや/\。三かわの国では有まい。三井寺の一来法師であらふが。うろたへて又たわことをつくす。此上のしそこないには。付ふ薬がない段ぞ。人次第に何事も。うなづいてゐよこりや妹。兄の浮気坊主じやは。そちか産だ子なれば。愚僧がためには現在の甥。ふしぎの縁であふたよな。是競きかるゝ通り。此花千代はわれらがいもと。母煩ひの時分。親父薬代物入の才覚ならず。愚僧にかくしてけいせいやへうられたと。此比聞てどふぞ尋ねてあいたいがと。心がけし所に。今思はずも対面いたし。しかも究竟な甥にまであいまして。是ほどうれしい事はない。滝口殿仏祖かけていつわりではないぞや。しかれば此子が母かたは一来法師。我らが先祖は釈迦如来アゝ慮外ながら浄飯大王のむすこ筋じや。名字は釈氏頼政の孫にせられても。母方がいやしいとはいはれまいと。人をすくふ頓知の程

こそあさからね。花千代競弥太六。あまりの事のうれしさに。あつと感じて詞なし。かさねて一来申さるゝは。身がいもとにても。一たびながれをたてたると。疵をいふ人あるべきが。それは大きな了簡ちがひ。もつたいないたとへなれども。すでに用明天皇は。恋ゆへにまのゝ長者が牛つかひと成て。草をかつて山路といふでつちなれども。本が王さま筋なれば。又おくらゐになをらせ給ふ。一旦けいせいに成ても。もとが一来法師が妹なれば。どこまで行ても一来がいもとにまぎれがない。此理屈にて宮さまも。入道もこまらせ。そのまゝ源判官にして。此家の世継にする。いかなれ釈迦如来のすじを切死丹ならしらぬ事。いやとはよもや仰られまじ。源太よろこべ。いもとの花千代おそろしい事はない。奥へこいと打つれだち。いさみて御前へ出られける

  二 初旅の底豆足は引たり駕籠は高し

 

 浮世の嵯峨とはいへど。金持て隠居せふなら爰ぞかし。都を目のしたにながめおろし。あらしの山を庭にとり。桂川を泉水にせき入。心までいさぎよく。さくらの春は勿論。松だけの秋。山/\は紅錦の色をなし。京にきかぬ鹿の声。かへろときけど。樽の前にかへらん事をわすれ。夜昼のなぐさみ人め希なるとつておきの奥さま。ふところ子の娘たち。籠を出たる鳥の心地して。絹緒の大夫草履めして。当世のこしもと女。お物師など打まじりて。嵯峨のゝあそび。近辺にすそびんぼうのはつた仙人がなければこそ。通を失ふて下落する者もなし。愛宕山の天狗共も。鼻に水かけていきりをさますほどの美女ぞろへ。心なき野夫に見せるはおしい事と。御下屋敷からねざめ提て来る男が。ほめてのないをほいながるもおかしかりき。天性上品なる娘ごの。よいあゆませぶりを苦になされて。かいどりまへにして。おかしげなるあゆみぶりの稽古なさるゝ事。そのまゝあれでよいにと。嵯峨丸太見たてに行大工が。目かほをしかめてひづみのないお歩行ぶりじやとほめて通りぬ。源太兼綱は。

所さだめず心のゆくかたへまかせ。きのふは大津坂本。けふは御室から広沢の池を昼見て。月なければ正真の十五夜に。釜をぬかれし心地と。詠め捨て。さがのへ出。こりや又近江の湖水も及ばぬ秋気色。黄絞纈の林色をふくんで。是は/\上娘。あつはれ見事/\。つき%\の女どもまで。ひとりもいや成はなくして。あみ笠をしあけ。久しうで目に生物を見せる事よ。世にあらば我らも大夫引つれて。虫のね聞に出かけふもの。あげやでばかり酒のむ事を手がらにして。わけもないゆめのやうな。金をほついてしまふたと。今いふてかへらぬ事を。此身になればいづれ愚癡には成物ぞかし。これも歴々の息女と見ゆるが。あのつま蹴かへして。隠しうらを見せらるゝなど。是みな素人女のする事にして。第一男に見られ自慢いやなり。かく思へばこそ惜きかねつかふて。女郎狂ひはして来た事ぞかし。あれ/\すそをかなしみ。露草をいとふて。足つまだてゝこしもとが。ありく風のいやさ。ゑりのよごるゝに気をつけて。むりに首かゞむるなど。去とは心ぐるしき事にぞ有ける。

見れば善悪の沙汰もむつかしと。女中へわざと尻むけ。草の上に座して。いにしへは目にさへ見られざりし。火打といふものふところより出し。ほくちにつけてたばこたのしみに。輪など吹てゐらるゝを。むすめご御覧し。

つき%\の女中に仰けるは。惣して殿たちは女をみては。おほくよそめもせずに見たまふがならひ也。ましてみづからは手まはりにつかふ皆たちにも。ずいぶんたしなまして風俗までに品をやらせ。をそらくはよい女どもをつれるはと。人にもいはれたいとおもふて。器量のあしいは供にもつれぬに。あの男は風儀もいやしからず。どふやら風流なる。色にも心のありさふなていなるに。こちへは目もやらず。わざとうしろむいて。こなたに気をもたすやうな有様。一子細なふてはかなふまい。小らんゆきてあたつて見よと。さゝへの盃に錫をもたせてつかはされ。何といふぞあの男が。返答を聞て参れとつかはさるれば。小らん承て。兼綱のそばへしと/\とゆき。おきらいの女中の盃。いやと仰られふもはかりがたけれども。おなぐさみに持て参れと。おひめさまの御意をうけて参りました。わたくしにはぢかゝせぬやうに。女中ぎらひでも一つあがつてくださりませと。盃を指置ば。これはめいわく。女中ぎらひとはたが申て。名たてがましい。私大分女中が好物。むかしから好物にたゝりなしと申せども。あまり過て女中の食傷仕りて。此体になつたものでござるといへば。そのお好な女に目もかけられず。そむけてござるは。いづれもすぐれぬ色ゆへに。目づいやしに見ぬがましとのお心か。そのいわくが承たい。こりや尤な御ふしん。銭もたぬ上戸が。酒屋の門を目をふさいで通る道理とがてんして下されといへばそりやさもしいおつしやりかた。

お目にとまつて真実御執心なとあらば。いづれにてもあの中にいやとは申さぬ女ども。此お盃おとり上あそはしておもひざしになされませと。さすがの兼綱に口あかせぬいひまはし、さりとは地女にもこんな粋もあるものかと。心の中に我を折。こゝはきやつらに内甲見られぬやうに、あぢな手を打が。銭つかふた肝門とかく弱みを見せざる所と。小らんが顔をほつしりと見て。御器量はよいが水くさそうにみゆる。本至極の情といふを御存なければ。御器量がようても。荘厳のけつかうな御廚子の中に仏のないやうな物で。有がたい事がない。情の道を稽古なされ。玉に瑕じやと申さるれば。

初対面に情をしらぬと。わかい身に悪名をおつけなさるゝは。おまへこそどうよくな。情しらずよ。真実御執心なとあらば。御心にしたがふおんなどもじやと申が。これが情をしらぬ身かと。いわせもはてずそれ/\それが浮気の情と申て。至極の情の部へは入ず。初対面の私が。とをりがけに執心なと申に。はやかなへてくださるゝは。かなで申すときは。いたづらと申て情の道ではござらぬ。道理でのゝ宮ちかくに遊でござる。どふいふても地女房よりけいせいじや。何から何まで手ざわりの違た物じや。御盃の御礼をゐなから申は慮外じや。私持参いたしませふ。御案内をたのむといへば。成ほどお越あそばせといざなひ申。姫君の御前に参りて。かくと次第をさゝやきければ。姫君悦び給ひ。地女よりけいせいがよいといふ人にあふて。様子が兼て聞たかりしが。さいはひのおとこを伴ひ来りしと。御機げんよく。兼綱をちかくへよばせられ。みづからは去御方と親たちの縁をむすびをかれしに。さきの殿ごはけいせいに心をよせられ。つねの女はおきらひあるといふ沙汰を聞しゆへ。どうぞそのけいせいとやらがする風をまなび得て。とのごに思はれながくそひ度心にて。此嵯峨の下屋敷へ。茸狩といふを名題にして。やかたを出野遊にことよせ。けいせいの道中を。此草原にてまなびみれど。よい師匠がないゆえか。衣装絵人形草紙にある。大夫の風のやうにはなくいな物で。われながらあいそがつきる。此風を知てならば。指南をたのむとあれば。兼綱聞給ひ。けいせいの中にも大夫と申は。少女の時よりうるはしき顔を。猶手入して湯気にてむしたて。手に指がねをさゝせ。足にはちいさき足袋を。はかせながらねさせ。髪はさねかづらの雫にすきなし。身は洗粉たへさず。面躰ぬぐい白粉にして。きわずみ濃。小まくらなしの大嶋田。首筋のをくれをきらひてぬきそろへ。弐尺五寸袖の当世仕立。腰に綿入ずすそひろがりにして。大はゞの帯むなだかに。前に結三つがさねの衣装きこなし。素足道中くり出しの浮歩み。あげや入りの飛足。階子のぼりのはやめ足。情目づかひゑしやくのおもはく。小指をそらしきせるをもち。床柱にもたれ。右の足を指出し。内より下着のゑりをつき出し。かりそめにものべがみ取て手をふき。用事に立事しげからず。ありたけ口あき笑ふ事をいたさぬが。大概大夫の身持なれ共。

これをみてなづむは。大分初心の買手の時也。さあ彼岸に至り/\し大臣は。玄関つきの化粧には。心をつけず。たゞ女郎の心いきにて。身打ほどになづむなり。是は詞に出しては申されぬしな。その時にいたり。その女郎にあふてならではしれぬ事。お素人の女中がた。千日千夜御まなび候ても。粋月やぼの男数に。もまれ給はでは中/\手細工では参らぬ事。お気づくしに御無用になさるべし。但し御いひ名付の聟さまが。けいせいぐるひなさるゝとて。おまへをむかへて女郎と同じ事でないなどゝ。それいひたてに去やうな。心だての人ならば。大かたけいせいぐるひの高もしれた。いまだ未熟なせんさく。もし御祝言あるならば。その晩には気をかへて。おまへからふつて/\ふり付給へ。てきがこなたに気をのまれ。手をあはするは定のもの。かまへて男の気にいらふと。こちらからまはる程。飽がはやい物なれば。万事のけいこをやめられ。男の気をのむこんたんあれと。をしへらるれば。姫きゝ給ひ。くはしきをしへかたじけなし。今御伝授をいたしたる。男をふらふも気をのまふも。祝言せふめあての殿ご。色ぐるひの評判が。平家へあしう聞えまし。追放とやらにあはせられ。行衛がしれね共。むすんだ縁なりや。行/\はどふせ夫婦に成ませふと。たのしんでゐる中にも。あなたは女郎ずきなれば。此乱さわぎをつゐでにして。いとまなどを給はりて日比からけいやくのふかい大夫と。つい一所によりあい女夫にならんしよかとそれを思ふてすかるゝやうに。今から大夫のまなびせば。あひました時よからふと。おもひこんでのけいこなるが。なんとあぢきないわしが身の上ではさふらはずやと。しく%\泣てかたり給へば。兼綱わがみの上なればきよつとして。大抵なれば爰は名のらぬところなれど。かわいや。姫がたのもしかけて待やうに。女郎の風まで学び。あてにしてゐる心ざしが不便なれば。名乗ておもひ出させてやらふと分別きはめ。

扨はこなたは田原の又太郎忠綱どのゝのいもと君。ちくさの前か。はづかしながら我こそ御身といひ名付ある。頼政が子の源大夫兼綱也。そなたのやうな心中のよい。女房をはやうむかへず。うか/\とけいせいぐるひに日ををくり。あげくにかふした不首尾の躰。おめにかけるも面目なし。此場はなのらぬ所なれども世にない我を夫とおもひ。縁にもつかす道をたて。そはふ/\と待てゐらるゝ。心根がいとしさに。恥を捨て名のる心は。とても帰参は成がたく。埋木と朽果て。花さく身にもあらざれば。是までの縁とおもひ。いづかたへもよめ入あれ。さら/\うらむ所存なし。おいとま申と立んとし給ふ袖にとりつき。情なきおことばかな。たとへ一所に道にたち。袖乞をいたしましても。おまへとともにすむ気なるに。外へ縁付いたせとは。曲もなき御仰。さいはひあれに見えし屋敷は。兄忠綱が下屋敷。先是へ御共せんとて。むりに袂を取給へば。腰もとお物師中居おはした。ぐる/\と取まはし。お姫さまをあのまゝでおかふとは。くはぬ殺生。こちらが身にも覚がある。けふより外へはやりませぬと。おしつゝんで。いやおふなしにお下屋敷へ入れましけり

  三  さすが名を得し大夫が魂鍛

女は氏なふて。玉の腰つきひとつにて。御前さまに尻のすはる事ぞかし。平の宗盛池田風呂のゆやといふ娘を引かき、大かたならずなづまれ。此娘がいふ事なら。丸裸に成て。檀の浦ですいりしてなつと見せる気。一ッ時側をはなれ給はず。此比はほてくろしい同車にめして。清水いなり加茂吉田南禅寺のゆどうふ喰にも。げうさんな車をとゞろかして。物いはぬ牛さへたわけをせらるゝと。吠るほどの大さわぎ。けふは高尾のもみぢ見のかへるきに。田原の又太郎が嵯峨に下屋敷があるよし。さいはひ立より一ッ盃呑で通らんと。けんへいに使を立て。下屋敷を明てをけと。をし付わざとは云ながら。せふ事なくて姫君は。勝手のせばい一間へ。兼網諸ともかくれ給ひ。

どんな時にうせくさると。腰もと共は腹を立る。お物師中居は。お姫さまにゆやとやら風呂やとやら申。宗盛さまの鼻毛よみの娘が。一所に参るげな。どんな器量ぞのぞいて御覧なされませぬかといへば。こりやよい気を付られた。よい時分にのぞかふと。勝手口のふすまの引手の金物ぬいて。爰に目をあて。ゆやが来るをまたれぬ。門前にて車よりおりられ。ゆやの手を引。大勢の女房達を引つれ。座敷へ通つて。座につかるゝよりはや大盃なかば廻つて。宗盛よいきげんな声して。ゆや此比置れた女は。供につれられざりしかととはるれば。爰ながさふでござりますコレ山の井。殿さまのめしますにあれへ参て御用聞やと。粋なるあいさつ。御用ききやに物があると。山の井もたゞならぬ女。ゑしやくして罷出れば。先手を取。扨もほり出しゆやのつかゆる女の中の上物。こりやちとゆるしをうけずはなるまいと。先何かなしに手づけに。頼ずりと出られけるを。勝手のふすまからのぞひてゐて。姫君しめ笑ひにしたまふを何かするぞと。兼綱かはつてのぞひて見給へば。山の井といふて。宗盛がなぶり物にするは。我と子中までなしたる花千代なれ

ば。大きに肝をつぶし。扨は我追放にあひしと聞。もはや頼みなき男と思ふて。宗盛にうけられ。ゆやと一所に銭湯に成て。同車の中のりしおると見へたり。人でなしの畜生めと。口へは出されず。腹の中がもんどりかへして。わき出るごとく。勝手口にてじだんだふんでも。せふ事のない事ぞかし。座敷より女中が勝手へはいり。殿のお休なさるゝが。次の間にひそかな部屋などはござらぬか。なくは高い屏風をお座敷へ立たいといへば。兼網出て。おひとりお休みなさるゝに。座敷おいてお部屋たづねは。御床入でもなされますかととはるればムゝこなたは粋じや。山の井殿と申て。此比おかゝへなされた女中が。中/\御意に入て。それは/\ゆや様より御てうあい。御帰りな

さるゝまではと。爰で今その山の井殿と。御一所にお休みなさるゝお床の間の事じやが。部屋があるかととへば。兼綱むねがくら/\して。いかにも部屋はござるが。牛部屋じや。畜生にあやかるやうに。わらでも敷てあげませふか。田原の又太郎は。出合者の宿はいたさぬゆへ。仮契部屋は拵て置はいたさぬと。ねめ付られてアゝこわいお人じゃと。奥へ走て行ぬ。兼綱無上に腹はたてど。宗盛に見知れてゐる身なれば。座敷へも出られず。立たりゐたり歯ぎしみしてぞゐられける。兼綱思案し。姫のこしもとたのみて。座敷へ行て山の井といふ女に。勝手によい部屋が有程に。殿さまをつれましてござつても。くるしうない所か。下見にござれと。爰迄よんで来てくれと。ひそかにさゝやき座敷へやられければ。こしもと此旨山の井へ申ければ。どんな所ぞと。つれだちて勝手へはいるを。兼綱引とらへて。こりや畜生め。ちつと肝がつぶれう。日外わかれの時。くるわをぬけて出て。ま一度あはねばおかぬぞやと。妹たつたが聞ぬやうに。さゝやいてぬかしたは偽りか。世にない身と聞て。ゆやと同じ身に成て。宗盛を釜風呂へ入て。あたゝめてやる所存か。此身に成てもこりや見よ。起請ははなさねども。もはやその根性からは。只今破て捨るぞと。首にかけられし守袋を明んとし給ふを。花千代をしとめ。長ふいふてゐる間がない。たつた一口いふほどに。それを聞てむねをやすめて〈ださるべし。いかにも宗盛には。どふぞしてゆやをしおとす程に。気に入がてんなれば。昼夜のわかちはない。何時でも畏た。見事に床入いたします。是がこなさんへの心中じや。おまへとわしが中の源太郎は。御家の世継と成て。御屋かたへ入られましたれ共。獅子王といふ御剣がなふては。後代まで頼政の家の恥辱じや。我存命の内に。此名剣取戻して。孫にゆづりて死たいが。宗盛が手に入てからは。金づくではかへすまい。藤三めに頼政が。はらわたを見ぬかれ。一代にない仕おちをしたと。毎日お悔有によつて。やかたをしのんで出。つてをもとめて漸此比。ゆやどのゝこしもと分に有ついたは。

ずいぶんと宗盛のこしを打ぬき。その名剣の有所を聞て。ぬすんで帰る。こりや智略のいたづら。外の男に肌をふれぬ心中はたてよいが。かふした大それた事を思ひ立。成就させふとおもふ心中はしにくいぞや。その仕にくい事をするは。こなたへの心中。又は親ごの御心やすめ。ひとつは子のためでないか。随分むねをさすつてかんにんして。わしが本意をとげた時。でかしたかわいものじやと。たつた一言ほうびしてくだされ。かまへて御無事でござりませ。さらばやと座敷へ出ければ。兼綱跡をふしおがみ。けいせいではない氏神/\と。はらの立たほどよろこび給ひぬ

  風流宇治頼政

         付リ 宝剣の威光は

            黄金に増る

            山吹の瀬

五之巻目録

第一 是は前夜御寝ならざる不養生の御煩

    取揚婆も

     しらぬ産神の祟

    大将に一本

     さする傘屋の娘が仕懸

    望を掛て北時雨

     一振の剣に二人が思ひ

第二 是非をわかぬ女の意地づく

    外面似菩薩内心は修羅のちまた

    たがひにねらふ心の刃とぎ立た懐中鏡

    曇のない心の底明方の悦び烏

第三 共に白旗を靡す源氏繁昌

    宇治川の南北の岸に凱音の声

    心のいさむ春駒乗て来る仕合の時津風

    治る川浪豊に住る万民の悦賑ふ初春

  一  是は前夜御寝ならざる不養生の御煩

持仏堂と同じ置所のない古いお婆が。孫子につたへて。傾城遊女を女房に持事なかれ。第一世帯を持すべしらず。縫はりの道に疎く。百の銭よますれば。一畳敷に一ツはい。壱文づゝならべて。取やりのいそがしき節気に。邪魔をする事といひおかれしは。取入てよい事のある。わけをしられぬゆへぞかし。さあ身代ゆかぬといふ。まさかのときにいたつて。身を捨て。夫のためになる貞節。又地女房の千人よつてもならぬ事。是いきづくといふにて。女ながらも義をしれるゆへなり。地女とちがふたといふはこんな所じや。いかにも宗盛とねますとは。いひにくひ事をよういひしぞ。貞女の道を破つて。思ひ切て我ためにはたらく心底。あっはれ列女伝にもあるまい女と。兼綱独言に称美したまふを。千くさの前耳にかけて。

田原の又太郎がいもとむすめが。けいせいに心中のはたらきを。しまけたといふては。兄忠綱までの名をれ也と。心の中に思案ありて。その夜は先兼つなと。何となく初まくらかはして。明る朝からいづくへか。姫君様が見へぬとて。大勢の女中。蚊のなくごとくに泣出し。京のおやかたへ人をはしらせと。大きにさはぐ中に。きよろりともしてゐがたく。殊に本躰の姫が見へぬ下屋敷には。しばらくもいられぬ所と。兼綱も爰をぬけ出。山崎のかたへゆかれぬ。

其比平の宗盛公。かりそめのいたはりとありしが。日々に病気おもり。好物の酒もまいらず。熱はなはだしくて。親子はきかれぬほどのうはこと。皆女中と夜のたはぶれごとのうはさ。小松の大臣のおわづらひとは。各別下卑た物とて。とのゐのさふらひ共が。わるくちを申ぬ。

異国の華陀に見せても。腎虚の外見たてはあるまじと。四物湯がゝりのくすりにて。少し熱もさめ心にて。そろ/\杖にすがりて。座敷をありかるゝほどになられければ。はやのどをかはかして。ゆやをめし。山の井がみへぬが。りんきしてかくしてひまなどやりはせぬかと。いぢられる所へ。妹尾の太郎参りて。たゞ今御玄関へ。十六七なきよげなるむすめが。五条坂の傘屋から参りましたが。此たびの宗盛様のお煩ひは。水の減ではさふらはす。子細有て産神のおたゝり。是をそのまゝ捨をかれると御快然と思召ても。又追付御気色おもります。産屋の事はどなたにも。御存なければ御尤。此だんおしらせ申て参れと。親にて候かさはり法橋。さしこしたるよし申て来りしが。いかゞ仕るべきやとうかゞひ申せば。宗盛聞召。かさはり法橋此方に心あたり有事也。からかさやの娘ならば。とをりものにてあるべし。これへめせとあれば。かしこまつて。則むすめををくへとをしへけり。

宗盛見たまひ。先目のはりがよい。からかさやなら油ものつて有べし。さしあいがないこれへこいと。そばちかくめされ。産神のたゝりとはどふしたいはくじや。人にはいはぬ事。実たそちが所で。身は生れたと聞ていれば。産屋のわけは。其方が家によく知てゐるはづ也。当病すみやかに本復せば。汝が親へは過分の褒美を得させ。そちは身が目をかけてとらすべし。はやく治する子細を申せと有ければ。むすめ承り親ども申候は。君御誕生のみぎり。御取かへ子になされんとて。六波羅より御つぼね。抱うば女房達。御むかひに御入有て。御産着をめしかへさせ奉り。御乳母の御ふところへ入参らせし時分。此若君御息災延命にて。平家の棟梁となし奉り給へ。御成長あつて御大将と御成あらば。わが家の後に。御産神の宮を立。御神躰には名剣を以ていわゐこめ奉らんと。産宮へ祈願仕候所に。法橋もとよりかろきものにて候へば。御正躰にいわひ申べきほどの。名剣を求むる事かなはず。いたづらに只今迄年月を過し申所に。君御病付の前の夜。白髪たる老翁。忽然と顕れ給ひ。汝まろにまことを以て祈願せしゆへ。ねがひのごとく平家の一門の棟梁とし。官位滞なく。右大臣までのぼせし所に。今に至るまで宮を作らず。身躰をこめざる事。産宮をないがしろにする条。はなはだ以てよこしま也。是によつて宗盛が命を取て。汝が祈願を空しうするとの。御示現を蒙り候。翌日より御病気と承り。法橋垢離を取て。御詫を申。此旨君へ申上奉り。急に祈願をはたし申べしと。又御ねがひ申につき。此段わらはに参り。御訴申上よと申付候ゆへ。はゞかりをもかへりみず。女の身にて推参仕候と。つぶさに子細を申上れば。

元来思慮なき宗盛公。いのちをとるとの神の告といふにおどろき。さやうの事ならば。とくにも申は参らずして。此間くるしいめに大分あふた。医者がまくらをわつたが道理。神のたゝりといふ煩ひは。医書にもないはづ。それははやく宮をたてよ。御正躰の名剣只今汝に渡すべしと。妹尾太郎に仰付られ。かの頼政の家の重宝。獅子王の剣を取よせられ。是は二万両にとゝのへ置し。獅子王といひて日本に一振の名剣。神躰にして産宮のおはらは立まじ。早く持てかへり。いわゐこめて我長生をいのりくれよと。娘に渡し給ふ所へ。山の井お次よりまかり出。

御大切なる宝剣を。一げんの女に。かろ%\しう渡しつかはさるゝは。卒忽の至り。みづから御剣を持参り。法橋とやらに対面いたし。直に相わたし申べし。わらはに此おつかひを。仰付られくださるべしと仰あれば。いかにも/\そちが念も尤なり。なんぢ剣を持参して。娘とつれだち法橋方へ参るべしと仰あれば。娘其意得ぬかほにて。山の井にむかひ。是/\女中わけもしらいで。指出過た利口だて。惣じて神は正直のかうべにやどり給ひ。そなたがやうな。うたがひのふかい女のつかひはおきらいなさるゝ。殊更御神物を取あつかふは。いまだ嫁せざる女の役。そちはもはや男の肌は。五六百人もうけた。たこずれのした女さふな。罰のあたるにかまへて御剣のそばあたりへよつてたもんな。いま/\しゐと宝剣取てをしいたゞき。おいとま申と立んとするを。これまちや。手入らずのむすめご。神のわけはしらぬほどに。御剣はそなたが持成とも。それは勝手にしやれじやが。御前といひ。大勢の女中の中で。みづからを男の肌を。五六百人ふれたたこずれのした女じやと。悪名付て恥かゝされ。女の一分捨させた。礼をいはずにかへさふか。おほくの男に肌ふれたわ。そちはどこで見たぞ。平家の大将宗盛様のおそばには。たこずれのした女が。みやづかへすると沙汰有ては。是にづいとなみゐたまふ。女房達までの恥辱なれば。此面目をすゝがせねば。御剣もわたさぬ。そちもかへさぬ。さあ肌ふれた証拠を出しやと。座を打てはらたつれば。ヲゝ肌数ふれたは心にとやれ。君のおために久しう立た。産宮への祈願のかなふさまたげをしらるゝは。産神はもちろん。お主へまでのぶ奉公になるが。それでもとめてかへさぬ気か。こりや宗盛様。此祈願には魔がさして。おまへの病はなをるまひ。お笑止やといふをきゝ。やれ山の井邪魔するな。あの娘がいふ通り。神のつかひは男心をしらぬ女がつとむる事。太神宮のおこら子が証拠なり。そちは又かいもく男のわけしらぬとは。此宗盛からがいはせぬ人数。宝剣はむすめにもたせ。そちは此宗盛が名代としてつれだち行。法橋に対面し。娘が申にちがひなく。御正躰に仕るや。直に様子を聞て参れ。もしあのものが申せしにちがひあらは。其時そちが存分にはからふべし。しかる時は。汝が使をいたさんといひ出せし詮もたつ。先は祈願成就のはじめなれば。穏便に何事も。無事にいたせと了簡ある。大将の御意もだしがたく。きのどくながらも山の井は。お請を申おまへを立。さあ参らふとつれだては。娘は少もゆだんせず。御剣を腰にさしてゆく。からかさやへとゆふがほの。五条あたりへまづ出にけり

  二 是非をわかぬ女のいぢづく

娘は御剣を帯して。五条を東へゆくうちにも。つれだちたる山の井を。はづしてにげんと心をくばれども。山の井は又透あらば。剣を取んと心がけ。たがひに心にゆだんせねば。にげられもせずとられもせず。是かや外面似菩薩。内心夜叉にひとしく。にらみあひて行ほどに。五条の町をはなれて。野辺に出ければ。娘思案し。もとより山の井は

此剣をうばはんため。花千代といふ名をあらため。宗盛につかゆる身。なか/\われをば見のがすまじ。是までに仕おふせたるはかりことを。花千代にしてとられんはほいなき事。所詮爰にて花千代をうつてすて。兼綱殿へ此剣をわたし。ながく夫婦と成べしと。分別きはめあと先に人なき時を見すまし。腰なる剣をぬいて。花千代をきらんとす。花千代は嵯峨にして。千くさの前にあはざれば。まことのからかさ法橋が娘と心得。此ものヽ手にいらば。此剣取事かたかるべし。道にてうばひとるべしと。最前より心がけしが。おもひもよらずわれをうたんとするにおどろき。是/\何ゆへにみづからを。ころさんとはしたまふぞ。御前にていさかひしを遺恨に思ふてきらるヽのか。しからばそれには様子あり。一とをり聞てたべ。何をかかくさん。わらはヽ聞も及び給はん。源三位頼政の御子息。源大夫兼綱の妾。花千代といへる傾城なるが。その御剣は御

家の宝。家来の藤三といふものぬすみ出して。宗盛公へ売しゆへ。其たからを取かへし。ふたヽび頼政の家へおさめ奉らんと。兼綱への心中に。一途に思ひこんで。つとめの中にも道をたて。外の男とはまことの契はこめざる身の。此剣とらんはかりことに。貞女の道も起請文も破つて。あの宗盛に肌をあはせてかたらひし。その計略むそくにして。そなたへ此剣おさまりては。とりかへす手だてなく。女の道を破つたる。其かひなくて兼綱殿へ。まあ一度かほがむけられふか。女はあひみたがいなり。貞女の道をそむいてなり共。剣を取てわたすれば。男のためじやと身を捨て。心をつくしたわが心底。ふびんやとおぼしめし。其剣わらはにわたしてたべ。其かわりには頼政殿より。いかやうな御礼なりと。望の様にさせません。最前わしが此剣を。持てゆかんとさヽへしは。道にてはづしうばひゆかんと。おもふたゆへのいさかひぞ。其段はゆるしてたべ。生々

世々の御恩にきん。慈悲にわたしてくだされと。手をあはせ泣ければ。此一とをりに今までは。切て成ともにげゆかんと。思ひこまれし心の角をれ。ふりあげられし剣をすて。是ほどに仕よせたる大望なれども。つとめの中にさへ異男に下ひもとかず。立てござつた貞女の道をすてヽ。兼綱どのヽためゆへに。宗盛公へつかへられし。心ざしがいとしさに。わが身の手がらをこなたへゆづりあたゆるぞ。何をかかくさんみづからは。かさはり法橋が娘とはいつはりごと。まことは兼つなどのといひなづけある。田原又太郎がいもと。千くさといふ物なるが。嵯峨の屋敷で不慮に源大夫さまにおめにかヽり。こなたとのやうすを見た。いづれもお帰りなされたあとにて。けいせいの心中は。地女とはかくべつと。甘心ありしに気をもちて。そなたにしまけはせまいものと。思案をめぐらし。屋敷をぬけ出。鳥辺山に兄うへの念比なる。暁鐘といへる頓智の出家

あるゆへに。此かたへたづね行次第をかたり。此剣を取戻す分別を。してくだされとわりなくたのみければ。しばらく工夫し。此近辺五条坂の笠はりこそ。宗盛の実父なれば。此たびの病気さいはいの折にてあり。かやう/\にいつわりゆき。剣をうけとり来られようと。方便の品聞うけて。これまでにしおふせはしたれども。爰をおれて其方へ手がらをゆづるが。宗盛公へ貞女の道を破つて契られし同前に。みづからが身を捨て。そなたを立てやる所が。兼綱どのへの心中なり。早々此剣もちて行。兼綱公へわたされよと。さやにおさめてわたさるれば。花千代はしいたヾき。さやうとは夢にもしらず。最前からの慮外の段。御ゆるしくださるべし。扨段/\の御心ざし。ありがたいと申さふか。詞にはつくされず。申さばおまへは御本妻。わらはヽてかけの身にしあれば。わたくし取て御身さまの。お手がらにこそする

はづなれ。さいぜんからさま%\と。心をつくして申せしは。此剣外へやるまじきと。おもふばかりにねがひしが。いづれの手から参りても。兼綱さまへ納れば。申うくるに及ばぬ事。只一刻も此首尾を。早く御耳へ入申。御安堵をさせませんいざさらば。是よりお供仕り。先三位入道殿のお屋かたへ参るべし。嵯峨へはあれより人もつておしらせ申べしと。姫君に御剣を持せ。今ぞたがひの心の糸の。むすぼれとけて恋のつな。しめてふたりが満遍に。殿とねんとの約束は。是ぞ賢女の鏡成べし

   三、ともに白はたをなびかす源氏繁昌

千丈の堤も。蟻穴よりくづるゝならひ。高倉の宮の御むほんの事。平家へもれきこへ。一門六波羅へ会合ある。此おぼしめし立は。源三位父子両家老。扨は宮の御めのと子。六条判官宗信ならでは知人もなかりしに。かくあらはれしは。宗盛公名剣をたばかりとられ給ひて後。元来此剣もとめられし最初は。六条判官が取次にてありしゆへ。宗信をめされ。汝ならでは此剣のゆき所をしれるもの外になし。兼つながたくみにてうばひしか。但し頼政が女を仕立て。それがしを欺きかたり取たか。まつすぐに申べしと。度/\めされてきびしく僉儀にあひぬ。宗信もとより臆病第一のものといひ。殊に此御謀叛の事。もらすべき不覚人と見ゆればかねて御遠慮あるべしと。頼政内意あるによつて。宮も少御へだてある御心にて。御密談の時分は。とをのけられしを。遺恨に思ふをりといひ。しらぬ事をせめとはるゝ難義さに。尋ねもなき御謀叛の事を口はしりてあらはれぬ。三位入道事のもれぬるといふ事聞付らるゝやいなや。唱競をめされ。先宮を唱競三井寺へ御供してのくべし。我は晩景に及て。手の者ともを具して参るべきぞ。早く参れと仰付られ。二人は三条高倉へぞいそぎける。宮はかゝる事とはいまだしろしめされず。蝉折といふ秘蔵の御笛をもつて。万秋楽をあそばしおはしけるところへ。唱競参上し。御耳もとへよつて右の次第をさゝやき申て。ひそかに三井寺へお供仕るべしと。宮に薄衣きせ奉り。御内の女房物まうてするごとくに。ぬり笠打ちきせ申。唱競も青侍の躰に身をかへ。宮に引そふて。裏の御門より。しのびやかに出させ給ふを。御内のもの共ゆめにもしらず。又例の長い客どもか来りぬれば。お座敷ははてる事にて有まじ。何を談合しに来る事ぞ。晩までゆるりじやと。御だい所にあつまり。取あつめの古きかるたをたづね出し。札あまりにしこつて。よみを打てゐる所へ。十七八なるみやびやかなる女房。うす衣かづき御だい所へ参り。長兵衛の尉長谷辺の信連どのに。あひ申たきと会尺して申ければ。だい所に並ゐたる者ども。やれ信連が御所がたの女房さふなが。身持に成て。御宮仕がならぬなどいふ。相談に来たさふな。さても見事なものを。いつ時分からふづくり置たぞ。あぢをやるやつかな。信連よんであはせと。御次の間にゐるはせべをよびよせ引合す。長兵衛の尉覚なければ。いづかたより来られ。何の用にそれがしをおたづねぞととひければ。みづからは渡部唱がむすめ。ぼたんと申ものにて候が。一たび頼政の養子と成て。家来下河辺藤三と。夫婦のむすびのさかづきをいたし。その夜よめいり仕るしたくいたし候所に藤三悪事あらはれ籠舎いたされ。けふあすの内に首をはねらるべきむね承り候につき。いまだまくらはならべざるとは申せども。一度夫婦のむすびの盃仕るうへは。夫にまぎれなく候ゆへ。みづからは禁籠せられし日より。かやうにかみを切て。ふたゝび他所へ縁づきを仕らぬ心底にきはめ

ゐ申候が。何とぞ夫藤三の命ばかりをたすけて参らせたく。三位の入道どの又父唱どのへ。此比ねがひ候へども。御家のたからをぬすみ。平家の手へわたせし悪人なれば。何ほどいひてもたすくる事かなはぬと。わらはがねがひ相叶申さぬゆへ。おそれおほき事ながら。宮様へ此段なげき申。たとへは出家になされて成とも。一命を頼政公より。御もらいくだされなば。有がたく存じ奉るべし。此義を御取次たのみ申さんため。御めにかゝりたきと申せし也。お慈悲に親王さまへ。よろしく仰上られ下さるべしと。なみだをながし申ければ。信連聞て。貴殿の親父唱どのとは。度々御意得御心やすく仕るが。さては唱殿のむすめごかや。子細を承りて。あつはれこなたはためしなき貞女かな。さいはい奥に御親父も御入あれば。ずいぶんねがひて。御ゆるし有やうに取もちいたすべし。これにひかへて待給へと。御だい所の次の間にぼたんをまたせをきて。御前へうかゞひに出けるに。宮をはじめ唱競も見えざりければ。こは心得ぬ事かなと。御殿のくま%\尋申せども。さらに人かげだにあらねば是たゞ事にあらじと。裏の御門へまはつてみれば。つねにはさしこめてある門のくゞり戸ほそめにあきぬ。さては両人をめしつれられ。御しのびの物まうでありしか。さもあらばそれがしをはじめ。御内のものにも仰をかるべきに。ふしぎさよと。しばし思案し。まことや宮は人しれず。此間は御心をよせらるゝ女房。

大内にあるよし。我/\には御遠慮有て。扨は他所より来るものをめしつれられ。御出と覚たり。とかく色の世中。たゞゐるものはまれな事。われらもたゞうつかりとして。おかへりまで待居んも。あんまり律義過た事なれば。さいわい唱がむすめの牡丹。夫の肌をもしらず。

生ながらの後家つとめるとのいひたて。ひとあたりあたつて見たらば。思ひの外によい事にならふもしれず。宮のおめしとて此間へよび入。一好色やつてみんと。出来分別の色心。何となく次へ出。ぼたんどの待どをにあるべし。宮様の直に様子をきこしめさんとの御事なれば。こなたへ御出と実らしく伴ひ。奥へつれ行。貴さまは一ッ生男をもたぬ心底か。今時は四十五十の後家たちが。かみ切無紋の小袖をきて。知貞の妙貞のと尼名は付ながら。寺さがしのいたづらぐるひ。さかりの女もならぬほど。男ぐるひをするをみては。まだはたちにもならぬ身で。なんとして後家がたてられふ。それがしに先陣して。木戸打やぶれとの宮の仰。りんげんにひとしい一汗いざ仕らふと。やがていだき付ければ。ヱゝいたづらな何事ぞ。はなされよとつきのくるを。宮の御意をそむかるゝは。朝敵同然。しからばなを城内へをしいらねばならぬ首尾と。むたいにをしふせ。すてに一戦に及ばんとする所へ。何かはしらず。大勢どか/\とこみ入。やにはに二人に縄をかけしが。大将分と見へたるおとこ。ぼたんが髪切ゐる躰をみて。やあ汝ら宮なるぞ。縄かけそ。先六波羅へ具し奉れ。おそばにをるは謀叛をすゝめし家来ならん。ずいぶん急度くゝりあげ。引来れと下知すれば。ぼたんおどろき。みづからは女にてさふらふといへば。

大将をかうふるそれがしが。はゞかりながらその手をくい申べきや。それのり物にのせ奉れと。むたいに乗物へをし入る。信連はたのしみの最中へ。神なりの落たる心地して。まづこれは何ゆへに。かくはからめ給ふ事ぞと。様々いへ共聞入ず。さきにをしたて六波羅へかへりけるが。女にまぎれあらざれば。そのまゝにかへされ。それよりぼたんは出家をとげぬ。

 かくて頼政入道は。兼綱もろ共三井寺へ打立るゝ門出に。先軍神の血祭にいたせよと。下河辺藤三を籠より引出し首打切。すぐに宮のおはします。三井寺へ参られ。是にあつては要害よろしからねば。平家の大勢取かけし時分。ふせぐ事あたはじ。南都へ一まづ御ひらきあるべしと。御馬にめさせ奉り。興福寺へと落給ひしが。宮は夜前御まどろみなきゆへに。御落馬あつて御気色すぐれず。これによつて頼政が宇治の宅へ御入あり。平家と戦ひありける。

平家運つよくして軍に打かち。頼政父子自害し果給ひぬるしるしに。扇のなりに取残して。今に扇のしばとて。平等院にこれあり。其後右兵衛の佐頼朝公。此みやの御令旨を給はつて。平家をこと%\く退治して。源氏一統の御代と治め給ふ。千秋万歳長久の時ぞ目出度