REVIVE USB, Configuration Toolの使い方

2010/10/15

Assembly Desk

1. 概要

ここでは、REVIVE USBのピン設定ツール、REVIVE USB, Configuration Toolの使い方を紹介します。

REVIVE USB, Configuration Toolを用いると、各ピンに「マウス」「キーボード」「ジョイパッド」のキーを様々な組み合わせで登録する事が出来ます。

Configuration Toolを用いて行った設定はREVIVE USBのチップの中に記憶されます。

以後はConfiguration Toolを立ち上げる事無く動作します。(常駐ソフトも必要無し)

2. 設定方法

2.1 REVIVE USBの立ち上げ

REVIVE USB, Configuration Toolを立ち上げ、REVIVE USBを接続すると、自動的にデバイスが認識され、以下の様な画面となります。

デバイスが認識されていないと、以下の画面となります。

各画面の情報は以下のとおりです。

2.2 設定順序

設定は以下の順番で行ないます。

  1. 設定するピンを選ぶ
  2. デバイスタイプを選ぶ
  3. 割当てを選ぶ
  4. 「設定」ボタンを押す

これを全てのピンに対して行っていきます。

2.3 設定するピン番号の選択

まず、設定するピンを選びます。

ピンは以下の選び方が出来ます。

2.4 デバイスタイプ/割当てを選択

設定するピンを選んだ後、デバイスタイプ/割当てを選択します。

デバイスタイプの選択はコンボボックスから行ないます。

2.4.1 マウス

マウスは以下の割当てから選ぶ事が出来ます。

2.4.1.1 左クリック

左クリックに割当てられたピンがONになると、マウスの左クリックが押されます。

2.4.1.2 右クリック

右クリックに割当てられたピンがONになると、マウスの右クリックが押されます。

2.4.1.3 ホイールクリック

ホイールクリックに割当てられたピンがONになると、マウスのホイール(真ん中ボタン)が押されます。

2.4.1.4 上移動/下移動/左移動/右移動

各移動に割当てられたピンがONになると、マウスカーソルが設定した方向に移動します。

マウスカーソルのスピードは「移動速度」で設定出来ます。デフォルトは50で、1~255の範囲で設定し、値が小さい程カーソル速度は遅く、値が大きいほどカーソル速度は早くなります。

2.4.1.5 ホイール上/ホイール下

各ホイールに割当てられたピンがONになると、マウスのホイールを上または下に回したのと同じ動作をします。

ホイールの速度は「移動速度」で設定出来ます。デフォルトは50で、1~255の範囲で設定し、値が小さいほど、ホイール速度は遅く、値が大きいほどホイール速度は早くなります。

2.4.1.6 カーソル速度変更

カーソル速度変更に割当てられたピンがONになると、上移動/下移動/左移動/右移動のカーソル速度がこのピンに設定された値に変更されます。

この変更は、このボタンが押されている間のみ、有効になります。

01ピンにカーソル左移動を移動速度50で、02ピンにカーソル速度変更を移動速度100で設定すると、01ピンだけを押した場合には左に速度50で、02ピンを押しながら01ピンを押した場合には速度が100になります。

2.4.2 キーボード

割当てのCtrl/Shift/Alt/Winのチェックボックスにチェックを入れ、「ここに入力」の所でキーを入力し、設定すると、ピンにその動作が割当てられます。

例えば、「CTRL + ALT + DEL」を設定したい場合には、[Ctrl]と[Alt]にチェックを入れ、「ここに入力」の所で「Delキー」を押し、「設定」を押します。

そのピンがONになると、CTRL + ALT + DELが押されます。

2.4.3 ジョイパッド

レバー上下左右/ボタン1~12の中からそのピンに対応させたい物を選んでチェックを入れます。

チェックを入れたもの全てが反応する様になります。

例えば、「ボタン1」と「ボタン3」にチェックを入れた場合、そのピンをONにすると、「ボタン1/3」が同時におされます。