;    序

与作丹波の馬追ひなれど花の都に

名高き武士ひとたびは立身し一度は

お乳の人の心を胸に関の小まんが親は

舩人かいの雫の情まじりの武道

今の代までひゞきならす無間の鐘を

つきあてたる狂言草紙馬おひ』

舩頭お乳の人三幅一對丹波

与作無間鐘と名付けらし

                        八文字

                    作者           自笑 [龜]

  元文四ツ

           世の中

              能春』

;丹波与作無間鐘            一之巻

    目録

第一 對の挾箱持せて行方は大餝の下馬先

    藤ばかまが三味線調子のあはぬ弾正が恋風

    ふきちがへて難を黄うるしにまける赤松

    根を掘ての御詮議枝をいひまげる佞人の巧

   

第二 隣屋敷の塀くづれやすひ娘と息男と

    与作が入聟は仲媒なし地の弁當なかば

    ひらいてみれば女の訴状〓〓〓の御さばき

    殿様の御帰国御きげんをとり毛の行列ふかい家老の出迎

第三 八朔の御酒宴にまきかくる菓物の数々

    色にそまる内海塚ついてみる蔵人が悪心

    そつちのいふ事よりこつちが本多弥次兵衛が訛詞

    傍輩同志のせり合染上のしれぬ緑の陣幕

   

 (一)對の挾箱持せて行方は黄紋の下馬先

大名に生るゝ種の一粒が。何万石ぞ。幾万人うやまひかしづき。近

国に臂を播广の国の守赤松民部大夫祐長と申せしは村上源

氏の嫡流。肩を並ぶる大名もすくなかりしに。先祖の一属。赤松

彦五郎逆意を企し後。知行は別条なけれ共。京都参勤の

席を二段さげられ。洛中にて先挾箱を。持せらるゝ格式を。止

められけるゆへ。数代此事を無念に思はれけるに。弘治元年は

在番にて。京都に詰られけるまゝに。時の将軍室町義輝公

の。御意に入の出頭。城崎弾正大弼は。幸播广の隣国。但馬

の内を領知せられて。日比使者の往来も有けるうへ。城崎と。

いふも。赤松の余領と聞へし。高家ゆへ何とぞ此人にとりつき。』

   

先祖の時のごとく。座席をも直され。参勤のみぎり。先挾箱をも持せ

たく思はれしかば。京着するといなや。丁寧の音物。日々の使者民部大夫

も折々見舞て。御前の首尾を頼れける。然るに此城崎弾正といふは。

御側出頭を鼻にかけて。出仕の諸大名を蔑にあいしらひ。四方より

賂を取り。妾を多く置ならべ。見だり成好色人にて有けれども。其身大

名にあらず。千六百石の高家成しゆへ。心にまかせぬ事共多かりけり。

ある時民部大夫の屋敷へ招請にて。山海の珍物を以て。馳走残る所

なく。酒宴やゝ闌成折ふし。民部大夫しめ%\と。先祖より格式の通。先

挾箱を持せ申度願ひ。御取持下さるゝやうにと。頼給ひければ。近比

それはおもき事にて候へば。只と返事とてもいたしがたし。去ながら手前

がのみ込罷有ば。御気づかひ有べからずとて。帰られける。民部大夫方には。さあ

此時とはづしては。永代家の疵に成事ぞと。様々の送り物。何によらず御』

   

用承らんと。きげんを取て頼れけるに。其比土手町常盤やといふ楽や

の娘分に。藤ばかまといふ舞子有けるが。見世さきにて三味線引てゐるを。

弾正大弼加茂へ御代参の帰り。馬上より見おろすに。海老尾よりもるゝ

片顔のうつくしさわた持の女郎花に落馬せんとする程。心うつゝなく成けれ共。

まつ宿に帰りて出入の町人釣物やの笑七といふをこまづけ。うけ出す相談。

身がらおもければ。通ふ事のならぬから。急成のぼりやうをいはせけれ共。常盤

屋の亭主のみこまず。かやう成義は。おたがひにおかくし〓成るゝ事ゆへ。お

名は申がたきが。藤ばかま事は。ちと外になじみの御客有て。そも/\初て出し

時より。不便がり給に。毎年私方へも過分の金銀申請たる事なれば。その

御方へつかはし申す。うす約束いたし置たり。それ共金子の三千両もくだ

されう事あらば。是迄の義理を捨て。御相談申べしと。所詮ならぬやうの返

事をしたりける。此よし笑七帰りて申につき。弾正大ひつむつとして。誰にも』

   

[挿絵]

a1)だん正かもへ\さんけい\扨も見事\娘の名が\しりたい

a2)よい\お侍衆のや\藤ばかま\しやみせん引

b1)角内\御もんが見ゆる

b2)がてんだ\/\

b3)ふりこめ\/\

b4)すつ/\

b5)おさき\まいれ\/\

b5)はい\/\

b6)みんぶ大夫\元日出礼

c1)仰られし\三千両の\お金持て\参りました

c2)文九らう\慥ニうけ取た

c3)大ぜん殿\お悦びで\わらふ

   

せよ。當時此弾正が心をかけし女を妨るものならば。武士ならば浪人させ。町

人ならば追放してくれんずなどゝ。口より出るまゝにのゝしれ共。三千両にはほつ

として。亭主めがいひ分にくさもにくし身を三千両にて鼻をひしがふとは。

慮外千万と。様々思案をこらし。家来へ出石文九郎にしか/\申ふくめけれ

ば。文九郎承り。やがて赤松民部大夫の家老。佐用官右衛門方へ。急に御目

にかゝり度よし書状をつかはしけるに。兼て主人民部頼置れし事のある

屋敷なれば。官右衛門取物も取あへず。上下正しく着なして。馬にまたがり急

き行けるを。出石文九郎一間へ請じ。民部大夫様ひたすらに御頼あそばさ

れし。先挾箱の義。段々主人弾正苦労いたせし甲斐ありて。近日御

ゆるしの筈に極りたり。つゐては弾正大弼在所不作ニ付。當暮さん%\

難義に及申間。何とぞ民部様より金三千両御取かへ下さるゝ様ニ。これは

旦那申付たではござりませね共。私共がお頼申儀と聞て。官右衛門先もつて』

   

民部大夫願ひ相叶申へき段置存申さるべし。金子の義はいかやう共。罷成

申べき儀と。請合て罷帰り。民部殿へ申述ければ。家の系圖にも成義。成

就する事なれば。金銀はいとふべからずとて。翌日三千両相調へ。使者を

もつて。借用手形に及ばずとて。つかはされける。弾正大弼大に悦び。釣物や笑

七を媒として。常盤やの藤ばかまを請出さんとするに。下地よりなじみの男。

先日の噂を。亭主より聞しゆへ。爰はゆだんのならぬ場と。金にしてあかして身請

し。早一昨日其方へ引取たるよし。跡の間の祭り。太鼓持かゝつた笑七も。拍

子ぬけがして年忌の非時によばれし坊主が。布施忘れたるを。乞てもとら

れず。空しく帰るにひとしく。心もすまず。せめて請出したる男を聞出して

と。いろ/\聞合けるに。つゝむとすれどかくれなく。赤松殿の御家老。佐用

官右衛門殿の子息。佐用権六郎と申方にて。赤松殿の御側さらずゆへ。

金銀は随分自由にて。近年主君の聞合。御堂上方への御用かた%\して。』

   

三四年常在京。藤ばかまになじみて。此度ひきぬき申されしと聞とゞけ。

くはしく弾正大弼へ物語しけるに。弾正安からず立腹し。某にあらそひて。うけ

出せしこそ竒怪なれ。権六郎が親。官右衛門に腹切せ。権六め共に武士のす

たる仕やうこそあれ。さすればおのづから藤ばかまは。身が手に入道理と。頻に

佐用官右衛門をよびつけ。兼/\民部大夫殿のたのまれし。先挾箱の事。いよ/\

来ル正月の御礼より持せらるべし。とてもの義にと存。其方の家の紋を。望の

まゝに付て。持せらるゝやうにいたし置たると。申渡さるゝに。官右衛門頭を畳ニ着。

是ひとへに尊前様御吹挙ゆへと。くどい程礼をのべて。いとま乞して罷帰り。

此旨申入ければ。民部大夫だてを好む大名なれば。紋を銀の置あげにして

持せん事。先祖への孝行。子孫への恩沢。何か是に過んと。御祝儀の振舞。

赤松殿の屋敷は上を下へとかへし折の三がい松のみがき紋にすらせし挾箱

に。濃紫の大紐を高%\と結びしは。盛の牡丹にことならず。明れば弘治二』

   

年正月朔日。室町将軍家年始の御礼。一流の面目。爰を晴と。行烈

揃て大下馬先迄ふらせられし。紋の噂其日を待ず。直に上聞に達しければ。

御気色大きにかはり。城崎弾正大弼を御前へめされ。播州大名赤松が先

挾箱の事。其方段々取ついで願ひしゆへ。指ゆるすやうにと申付しか共。赤松

今日の登城に。銀紋をふらせし由。此義いかゞときびしく御とがめ有ければ。

弾正大弼謹で全くゆるし申さゞる儀。不届千万の致しかた。御前を退き

執権の人々へ申合せて。立あひ相談を遂けるは。赤松が銀紋付し義。此弾

正大弼をだましたるのみにあらず。御上をあなどりたるいたしかたと。讒佞をか

まへていひならべしかば。執権の人々けしからず思ひ。十五日過ると早々決断所へ

赤松民部大夫。同家老佐用官右衛門。同忰権六郎。并に民部大夫の妹むこ

丹波の国の大名悠樹左衛門大夫。在番ゆへ召出され。執権の輩書付を以

て。上意の趣申渡され。御免もなきに紛らかして。銀紋を付を付さする咎を』

   

もつて。佐用官右衛門義は切腹仰付らるゝ間。用意いたすべしとあるに。官

右衛門其儀はといひわけせんとすれ共。とくと弾正大弼からくみ置し事なれば。

いひかけも立ぬやうに成。ぜひなく肌ぬいで。いさぎよく腹十文字に切ける。い

かに官右衛門がすゝむればとて。格式の程をしらぬは。乱心の所為なるゆへ。民部

大夫事は。妹むこゆるぎ左衛門大夫へ御預けなさるゝ間。丹州へめしつれ下るべし

と。引わたされて。官右衛門が忰権六郎事は。是よりすぐにあはうばらひに仰付らるゝ

ぞ。其身に咎は聞へね共。親官右衛門が不届有によりて。右の通なりと。

無理無法に大小もぎ取。ふたゝび都へ足ぶみはならぬぞと。わり竹にて

ぶつたてしは。めも當られぬ次第也。弾正大弼は心のまゝに仕おふせ。我恋

のあたを亡しぬと。笑をふくめば。執権の人々。いかに赤松殿此處は一たんの

御いかりにて。かやうに御預には仰出されしか共。させる大罪にあらざれば。より

/\手前ども御成申上。ふたゝび大名に御成有やうに心をつくし申べし。』

   

かならず短氣有べからず。ゆるぎ左衛門にも。手前共より詞をちからに介抱有べし。

赤松の家の重寶緑の陣幕共に。其方へ御預け。是ふたゝび帰参のしるしと。

此上の悦びに思はれよと。いづれも座敷を立給へば。悠樹左衛門勝冬畏りしと

お請申して。赤松民部大夫をいざなひて。丹波路さして下られける

 (二)隣屋敷の塀はくづれやすい娘と息男と

楽で淫せざるは。君子のちぎり。むすびめ高きうしろ帯。しやんとしたる

屋敷風。おとし寄の尾上が。おさきに立て幕にいれば。悠樹の御臺。印

南の前。御乗物かきこみ。あとさきはおこしもとの草履のはな緒。くれない

もへぎこきまぜて。はき捨し芝原さへ。柳さくらのごとく也。お中居の玉が

口紅けうとく。むらぎへの春の山。雪見ることき所まばらの顔のおしろい。黒い

きびすをかくし裏の黒かゞの小袖。水に柳を五つ所の。もんたいもなく縫

ちらし。下着の襟と袖口は大友びしの染がのこ。奥はしらじなかたびらの』

   

ひとへに思ふ角内が給銀むしりと見えにける。印南の前盃とらせ給ひ。殿様

は久/\京都に御座なされ。さぞ御きうくつにましまさん。去ながらみづからが兄。

赤松民部様も。こぞより一所におつとめなれば。小舅と妹むこ。日比中よし

のさし合くらずなれば。六条三筋町などへの御たのしみと思ひやれ共。所詮

手ばなしておく男の身は。りんきするがこつちの損とのたまへば。お年寄

の尾上。手をつかへ御前様の御事は。播广より御輿入。殿様共御中よく。京へは

たつた山一つさかいし国ゆへ。御国住ゐのおねがひ叶ひ。かやうにお国での御

花見。本の都とは申せ共。去とはお国がおちついてよふござりますと。ざゝめ

く所は御殿より。五六町東はずれの。野合の梅の花香にくゆる。茶弁當の

銀の鑵子。伽羅の杓珊瑚の茶碗は。猩々緋の御敷物に置まどふ。女

中残らず酒きげん。はへあふ色も夕日さす。薮かけより。被着たる廿斗の女。

供をもつれずたゞ一人。おづ/\お幕に近づいて。訴訟の者とつくばふを。ハテ』

   

わけもない。御訴訟ならば表向の役人衆あれば。それへ出らるべしと。聲/\にわめ

きけるに。印南の前もれ聞せ給ひ。女といひみずからと知て願ひあるとの事。

一通り聞ての上はともかくも。むげにあらくないはざれと。御幕の内へめされける。

彼女有がたく。被取てむづかしげに。おそれながら私事は。御家中伊達幾野

右衛門がひとり娘に。しげと申ものにて候。いや幾野右衛門は。物がしら相つとめ御

知行千三百石くだし置れ。何にふそくはなけれ共。男の子なきゆへ。私へ入む

こをいれて。跡め相續させんと。方%\尋られ候に。となり屋敷は。みだい様へ

播广より御供して。すぐに奥家老に仰付けられし。内海塚与大夫殿。去年

二月の大風にて。合の塀が大きにこぼれ。私が部屋の先と。与大夫殿の子

息与作殿の。居間の前とが見へすけ共。日比思ひあふたる中垣の。くづ

れを幸に忍びあひしお中のかたまり。はや四月両方の親/\も。大かた

は知てもゐらるゝ様子なれ共。与作殿も一子にてはなしがたく。私とても外は』

   

よめらさぬ親の心。お国よりぬしつれられし与大夫殿なれば。何とぞ与作殿を

私かたへ。むこに入させて下さるゝやうに。御威光にて願ひ奉ると申上れば。人

しれず忍び合て。お中にかたまるとは。能/\の縁ならめ。てうどそのごとく。みづ

からも此月が四月なれ共。本妻腹の子とありては。若殿にもせよ姫にもせよ。

京都へ人質に出すが御定め。それゆへお湯殿がくわいにんせしと披露し

て。十月のくらうはみづからがうくるにつけて。思ひやつて笑止也。いかにも内海

塚与大夫は。奥向へも心やすくめすものなれば。何とぞ相談もあるべしと。

御盃給はれば。有がたしとおしいたゞき。是はマア/\御念比の御意と悦ぶ

所に。幕の外二三町へだてゝ。丗人ばかりの早駕。前にも綱。うしろからは押

たてゝ。駕の内には腹帯しめて鉢巻し。三尺手拭にすがりしは。此度殿

の御供にめしつれられし。内海塚与作なり。是はと人/\気づかひがるに。

はや先達て一通りの書状をとばせけるゆへ。御家老福知山蔵人。柏原』

   

右近。物頭伊達幾野右衛門。鷺坂左近右衛門。同名左内。奥家老には内海塚

与大夫。本多弥次兵衛。其外用人郡代以下出向ひしに。駕篭をおろせば。爰もの

もふけて。介抱し粥をすゝめ薬を用ひ。しばし心をやすまするに。幕の内には

みだい所心ならねば。外様はよけて。家老用人与作是へと打まはす幕の

しら露。きへたきは親幾野右衛門に見られしと。おとしよりのうしろかげかくるゝ。

おしげが心づかひ。いとしと思ふつまの与作。ためいきつぎ。拙者此たび急成

義にて。殿様より御さきへ下る事余の義にあらず。くはしくは殿様追付御下りな

れば。御直に聞給ふべし。つまる所はみだい様の御兄ご。赤松民部大夫様御改

易にて。播州を召上られ。民部様は當御やかたへ御預。此義ニ付赤松様の

御家老。佐用官右衛門様は切腹。子息権六郎は御追放。しかし此中にも悦

びの残りしは。赤松の御家御代々の重寶。みどりの陣幕の義。追て思

召旨あればとて。赤松民部様と一所に。御屋形へ御預けもふ殿様赤松』

   

さまの御着も間あるまじ。いづれも老の坂迄出むかひ給へといへば。人々肝をけし

あきれて物もいはざりけり。みだい所は有にあられず。たへ入給ふを。家老の面々

女中にかいほうなくさめて。いづれも御薬立出て。御むかひの用意騒々しき。

与作は我親与大夫と。伊達幾野右衛門殿へは。別に上意ありと跡にとどめ。

与作義は与大夫ひとりの忰なれば。定て外へとてはやらぬ了簡成べけれ共。

此度急に思召子細あれば。外へ養子につかはすべし。その代りに。内海塚の家

をつがする者は。殿様より下さるべし。かつ又伊達幾野右衛門どのには。与作を養

子にせらるべしといへども。さすがわが恋する家へ。むこにゆくあいさつ媒を。殿

の御意にていひわたす。心の内ははずかしき。わが子とはいへ共。殿の仰と聞て。与

大夫ハツと御受申さるれば。幾野右衛門はもとより娘ととゝくりあひ。思ひ合しと

聞中なれども。娘はやらじといじばりしに。こぼれさいはいと違背あらじと承る。

結納以下は跡の事。此中にて急成殿の御指圖はさぞかしふかい御了簡有』

   

ての事とおぼゆれば。ノウ与大夫殿御子息与作殿は是迄身が屋敷へ同

道申。伊達の与作と名のらすべし。いかにも/\殿の御意にはもれがたしと也。屋敷

の重寶は連々道具はおくるべしとわかれ屋敷に立帰れば。みだい所も

御乗物いそがせ給ひて。御帰城あり。むざんやな赤松民部祐長は。弾正大弼

が讒言ゆへ。本領を召上られ。丹波の国へお預けと成くだりたるあみのり物。

悠樹左衛門殿人数をそなへ。道中のけいごきびしくして。都を跡に身のゆく

ゑ。思ひしら坂打こへて。思はぬ罪をおひの坂。かしこにのり物たてさすれば。

悠樹家のむかひの人々はせつけて。主君へめ見へし。様子を聞ば。赤松殿

さのみのとがはなけれ共。弾正がねいかんの次第。追付本領取かへすべき

条。気づかひするな。執権の人%\も。笑止に思はれ。一たんの御とがめなれば。

時節を待てねがふべしとの内意もあり。其上みどりの陣幕召上もした

まはんかと思ひしに。幕も一所に御預け。是さへあれば。赤松の家は立道理。』

   

赤松の筋目ならば。かろく成くだりたる者にても。御取立ゝ成。幕を持

て。村上源氏の一流を御立下さるべし。執権の御衆中も。民部殿にも何と

ぞ息才にて。帰国の願ひはせめて三ヶ年たちていたさるべしと。くれ%\とし

たる御懇意。いづれも民部殿御ふ自由なきやうに心をつけていたはり申せ

と有けるゆへ。家老福知山蔵人を始とし。皆/\心をかたふけて。赤松民

部様。御帰参も程はあらじと。乗物を先に立させ。主君の供。かこふて国に

入にけり

 (三)八朔の御酒宴にまきかくる菓物の数/\

人の過や。各其黨に於てすとの古語。げに思へば今もあり/\と。いひ分

の立べき事を。城崎弾正が舌さきをもつて。赤松の家老。佐用官右衛門

切腹し。一子権六郎は追放にあひけれ共。悠樹左衛門殿より人をまはし。ひそか

に権六郎を丹波へ召つれられ。畢竟悪事なきうへは。赤松民部殿そば

づかへに。召置れたく思召せども。京都への聞へをはゞかり給ひ。何かはしらず』

   

奥付の内海塚与大夫にしめし合せ給ひしかば。与大夫よくのみ込。我實子の与作

は。物頭幾野右衛門恋婿。是非に及ばず養子につかはすよし披露して。密々

召つれられし。佐用権六郎を我子とせしか共。世上をはゞかり。内海塚与一郎と改め。御

預り人。赤松殿の御心をきなきやうにと。みやづかへさせけるに。与一郎は都に残せし

藤ばかまが事のみ心にかゝり。養父与大夫が普代の家黨。土井両右衛門が忰両

介といふものにしめし合せ。藤ばかまをひそかに丹波に取よせ。扇小路といふ所に

かくし置。民部殿へ主づかへも心にそまず。主君悠樹殿への出仕もおこたり。いはん

や養父与大夫へは。四日も五日も對面せぬくらゐに。泊りづめの不行跡。与大夫

さま%\いさめても。中/\馬の耳に風上にも置れぬ男と。若いむすこを持たる

人は。遠のくるやうにのみしけるが。次第に風聞あしく成。実父佐用官右衛門は。

無実の罪にて命を果しぬる。其相手といへば。城崎弾正大弼成に。敵を

討ふ共せず。おめ/\と命を惜み。。内海塚の養子に成て。実父の最後の事は』

   

思ひも出さず。舞子をかこい置て。奉公を怠る条。たぐひなき腰ぬけの大だわ

けと。うしろゆびさゝぬ者もなかりけれ共。養父与大夫きびしくもいはず。御側目

付より申上ても。殿にも其分にて打過ぬ。けふは八朔の御祝儀とて。悠樹左衛門

殿田面の菓子数/\に。熨斗を置せて小姓に御持せあり。御自身預り人

赤松殿のまします。一間へ御入あれば。奥方印南の前も。女中大勢召つれられ。

けふの御祝儀の為御出あり。赤松民部殿。覚ず涙をはら/\とながし。此八朔と

申事。むかしはなかりし祝儀なれども。鎌倉の将軍。宗尊親王より初りて武門の

さかへをひらく祝なれば。御心ざし忝く。祝ひ申度候へ共。惣じて此間胸いたみ。志

のびがたく。心痛と申物にや。食事も日々に心よからず。しかれ共かゝる身のうへ

にて。人々に気づかひかけんもよしなしと只當分のつかへのやうにのみ申罷有しに。

今朝より胸膈ふさがり。湯水もつまるやうに覚ゆるは。無念と思ふ心の凝て。

滞りたるか。思ふてもかはらぬ事と思ひながしても。何するわざもなき身のうへ。』

   

さびしき折はやむ事を得ず。思ひ出して腹を立。存じめぐらしては。先祖へのいひ

わけなく。をのづからつもるやまひ。一度に出しと覚たり。今日のていにては。中/\三日

とは。のびたる命と覚悟せり。しかれば祝儀をうけんよりは。念仏三昧に入申

たしと。涙ぐみてのたまへば。印南の前はおどろきて。さやうに御心よはくおぼさず共。

医者共に仰付られ。本復有て給はれと。様/\いたはり給へ共。赤松民部かぶり

をふらせ給ひ。人の命には定業有て。灯盞に火をとぼせしがごとく。油ある内

はかきたつるを養生。薬針灸のわざにたとふれ共。油つきては療治すべき。か

きたて木も役に立ず。われこゝろみる所有て必死をしれり。いかに悠樹殿。

是迄の御芳志。とかふ詞をつくされず。我死ても候はゞ。忰なけれ共。赤松の家

かさねて。御取立なさるべき筋目なしとて。家の重寶緑の陣幕は。定めて

京都へめさるべし。是のみ心がかりにて。まよひのたねとこそ存候へ。今更申もおこ

がましけれ共。先祖にて候赤松入道圓心へ。大塔宮より下し給はり。當家の宝と』

   

[挿絵]

a1)花見\まく

a2)てうど\ござります

a3)みだい様の\おさかづき\一ツ上りませ

a4)しげのゐ様\よう\上り\ます

a5)一ツのみや\こゝへ/\

b1)与作時つけの\はやかご\いそげ/\

b2)ゑいさつ/\

b3)もう\こゝじや\/\

c1)みだひ\いなみの前\きのどく

c2)ゆるぎ殿\のしを\はさみ\八朔の\祝ひ

c3)赤松民部殿\らくるいし給ふ

d1)ゆるぎ殿\御拝見

d2)右近\みどりの\ぢんまく\御目ニ\かける

d3)御家老\本田弥次兵衛\お使をねがふ

d4)くらんと\たまらぬか

d5)与市郎\そちが使\心もとない

する子細は。赤松といふ松の縁に。みどりの幕のわかやぎ。つかふるしるし

とて。そのゝち足利義詮公。御内書を下し給はり。此幕あらん限りは赤松

の家断絶あるべからざる旨をのせられ。其一通もさしそへあれば。此幕さへ

有内は。家の再興頼あれども。召上られてはいかゞせん。かねて申置し通。佐用

官右衛門が忰。今の名は内海塚与一郎が成ゆく末も。今での身持心もとなく候

へば。藤ばかまとやらんに縁を切申さずは。未来迄勘當と仰付られ下されよと。

思ひ入てのたまふにぞ。其段は少も御氣づかい有べからず。此悠樹左衛門がいのち

だにあらん内には。赤松の再興とげずんはあるべからずと。いひかはさるゝに。つめ

居たる小姓組。近習組。並ゐし女中諸ともに。もし赤松民部様御果と成

たらば。御子もなふての跡目の再興。合点のゆかぬ相談と。思ひながらも大切

の事と思へば。指ひかへ息をつめたる斗也。扨其日も過。翌二日の暮方より。

赤松民部様熱つよく。戦々とうは言ありて。おのれ弾正の大弼めとあるひは』

   

勝を立なをし。又は切てかゝるてい。様%\狂ひ給ふを。医者験者。秘術をつく

せども。漸々におもり往。八月七日暁に。つゐに空しく成給ふ。悠樹左衛門御夫

婦の歎き大かたならね共。京都へ注進し給へば。八雲隼人佑といふ人を。はな%\

検使とて下されける。検使丹波に着給へば。悠樹殿を始。家老用人立あひ

給へば。隼人佑やがて赤松民部の死がいを改め。別条なき間。勝手に葬り

給ふべし。つゐては赤松の家の重寶。緑の陣幕。本人死去の上は、。早々御上

給上らるべし。城崎弾正願ひにより。品により弾正末子をあらたに赤松氏

になされ。はりまの国を下さるべき様子なれ共。此陣幕なければ。つぎめの

参内叶ひがたし。某は死がい頭の検使なれば。先へは罷登る間。緑の陣まく

しかるべき侍を指そへられ。のぼされよといひ渡し。検使は都にかへられけり。更

ば誰をか此使にと。家老役人評定するに。左衛門の大夫どの。とかく此使を

いひ付んは。赤松家に縁あるものしかるべし。奥に付来りし本多弥次兵衛は。』

   

病気ときく。内海塚与大夫は。金銀の用事にて大坂にありとなれば。与太

夫が忰与一郎に申付べしと御意あれば。一座の人々たわいなしの与一郎に。大切の

御用仰付られんは。心もとなしと。目ひき鼻ひきそしりあへ共。御意もだされ

ず。やがてめせとの御使に。与一郎は藤ばかまがひざに。宵より酔ふして。夢うつゝの

折から。ね耳へ上意とはけしからぬと袴しどけなく刀おつとり。すぐに三の間へ

出仕するに。鬢もそゝけて。ねをきとは看板打たる顔つきを。笑はぬ者も

なけれ共。ゆるぎ左衛門殿は。御心もつかう躰にて。一家中の並びゐる中にて。

宝蔵より緑の陣幕取出させ。家老共立合て。符を切との御意。畏て

福知山蔵人柏原右近立寄て。符を切取出せば。げにも赤松家の宝

と。名に高き緑の陣幕。いづれもはつと退て。拝見おはれば両家老。本

の如く箱に納め。符じこめのしるしには。悠樹左衛門殿印判を押たまひて。

与一郎に渡給へば。御口上の旨承り畏て。幕箱かゝへ立んとするを。福知山』

   

蔵人しばしととどめはゞかりながら大切の御使若輩成与一郎壱人に

仰付られんは心もとなし。拙者さしそひのぼるべしといふに。与一郎面色

かはり。いかに御家老なればとて。若輩ものにて心もとなしとは。近頃

舌長なるいひぶん。サアま一言いふて見られよと。せいたるていに蔵人

少もおどろかず。其方が実父。佐用官右衛門が不調法ゆへ。主人民

部殿の家をほろぼし。その身申わけなく。腹を切。其方とてもあほう

ばらひにあい。名をかへてかくれすむ身が。この御要にての上京とは。おこ

がまし事おかし。つら出しせば。そりやこそ佐用権六郎と。からめとられん

は必定。それもかまはぬ事ながら。かゝへをかれし殿の御難義。いかに養

子にせよと仰付らるゝとても。自身の知行は六百石。実子与作を

やりし。さき様の知行は千三百石。欲にうろたへて。日かげものを養ひ子と

せしも。武士道にはあらずと。与一郎をめにかけて。いぢばりかへるぞにが/\敷。』

   

与一郎もふ堪忍ならぬ所と。刀のつかに手をかくるを。相家老の柏原右近

おさへて。御前ならばと制する所へ。此あらそひや聞付けん。本多弥次兵衛

病気ながらかけ付。手をつかへて。長髪見ぐるしくは候へども。此御つかひ

ばかりは赤松家は縁なきものいいかゞなれば。私に仰付られ下さるべし

といふ。年かつかう批難いふべき事なければ。蔵人もちから及ばず。

悠樹左衛門殿尤と思召れ。弥次兵衛はまさしく与大夫が兄なれば。与

一郎為にも。指當つて伯父の所望。異儀いふべき事ならず。申ふくめし

口上の次第は。弥次兵衛宅へ与一郎同道して申聞すべし。幕は弥次兵衛へ

渡すべき旨。仰をうけ畏て。御前を立て。いへば無礼とおそれ。蔵人

と与一郎は。にらみあひてぞわかれける

                 一之巻終

;丹波与作無間鐘            二之巻

    目録

第一 長刀は水車取廻のわるひ忍び女

    塀ごしの物真似聞のつよひ夜廻りの威勢

    美女をつれてのきばの梅匂ひになづむ若黨

    寶の有所思ひもよらぬ壁のやぶれくち

   

第二 金借り侍は町人に膳を末の立身

    与五右衛門の由緒聞て何事も幕の内輪同志

    わる口を夕顔瓜のつる迄聞出しての化言

    きんてうは金とかね言白拍子の座敷つき

第三 浮沓を腰につけて廻す遠慮な恋路

    さきの世のかたきとはしらがぬき合せた刀

    うつに打れぬ敵ほてつはら切にきられぬ馬方

    縁をきり%\すないてとゞまるおしげが物思ひ

   

 (一)長刀は水車取まはしのわるひ忍び女

宋の景之元が曰。美食のために命を没するを以て見れば。

忠に死せん事は甚軽しといかさま末代心中なりとて。誠

よりは金づくにせまりて父母よりうけつたへし。身躰髪膚を。

くさり縄にかゝりて失ふ類ひたらぬといふにはあらず。根から

なき知恵なるべし悠樹殿の奥家老。本多弥次兵衛は。京

都への御使をのぞみ。赤松の家の宝物。緑の陣幕を請取。

すでに明日出駕すべしと。その夜は我屋敷ながら。高挑灯

多く立させ。用心きびしく。尤組々より足軽五十人をいだし。

徒目附は夜中遠まはりして。塀際には寝ずの番人うちか

こみ。明るをまつも程久し。しかるに太皷の番屋より。打出す明

   

六つに。供まはりはもゝひきたちつけ。ひきはだをかけひきする。若黨がしら

十五右衛門が。旦那おこしませふと。居間に入ば。弥次兵衛は腹十文字にかき切て。

朱にそみたる躰におどろき。しきりに打拍子木に。外廻りの人々迄かけ

よれば。書置あり。やがて家老中迄ことはりければ。月番として。栢原右近を。

物頭には伊達幾野右衛門。立くはゝりてはせ参り。書置を讀てみれば。御大切

の御幕を請取。枕もとに箱をなをし置。少まどろみ申所に夢共なく

現共なく。一人の老武者あらはれ。我は是赤松圓心といふもの也。此みどり

の陣幕。此度京都へ指のぼさば。わが筋目ならぬ。他人の手に入。赤松の

血脈絶ん事を。草葉の陰にて歎しく思ひうけ取い来りしと。箱を

ひらき幕斗。小脇にかいこみあま戸を蹴やぶり。雲中に入と見しまゝ

のがさじ物と。刀を抜と見て夢さめ。あたりを見れば。此幕は箱斗。その

うへあま戸壱枚けやぶりし躰。夢と申立てはいひわけ立ず。人の盗し

   

所為ならば。生ながらへて尋申さん品有べけれども。幽霊の仕わざ力に及ばず。

申わけのため切腹と。書残したる一通に。いづれも不審はれね共。本人切腹の上は

何にすがりて吟味すべき手筋もなく。宵より誰も来りし者はなきかと。右近

念を入て尋らるれ共。内海塚与一郎様の御出より外。見へたる人なしと。足軽共の

申にぞ。与市郎は御口上申渡すため参られし筈也。何分此よし申上。京都への首

尾をつくろはんと。両使は急ぎ帰られける。此由京都へ申わけのため。両家老

罷登るべしと。蔵人右近をのぼし給ひ。随分御側出頭のともがら一黄金づくめにて

首尾つくろふべし。金銀をおしむべからず。隙取分はくるしからずと。細かに仰出され

ければ。蔵人右近は旅用意。都の空におもむきにけり。扨切腹せし本多弥

次兵衛儀は。播州より奥方ニ付来りしのち。奉公綿密の者なればとて。此

爰の儀。少もおちどにおぼされぬにや。弟弥惣左衛門とて。浪人してゐたるを召出

され。弥次兵衛家督に御取立。そのまゝ奥家老に仰付られける。然に内海塚

   

[挿絵]

a1)娘しげのゐ\かべのくづれより\見てゐる

a2)いくの右衛門\じんまくを\見付る

b1)ふじなみ\あぶなひ\それ両介\だきおろせ

b2)与市様\きたぞ/\

c1)与作やしきより下り\よろこんだか\うれしや/\

c2)わこ様で\こざります

c3)御きけんが\ようござります

c4)産ましや

c5)おしげ\ういさん

d1)かねかり\与大夫\ふるまふ

d2)玉の井さん\おゆるし

d3)千代さん\一ふし\うたはんせ

d4)銀かしの\町人衆

e1)こゝで\ござり\ます

e2)さいかいやは\こゝでござるか

e3)いくの右衛門が\参つたと\言て下され

   

与市郎は藤ばかまを寵愛のあまりに。我屋敷へよひ入たく思ひ養父与大夫が

るすを幸に。夜更て後。うらの高塀より忍びこませて。わが部屋に五日も三日も物

しづかにして指置ば。おとな勤るものの忰土井両介にしめし合せて。朝夕のくい

物酒もとゝのふと。こよひ忍はす筈にきはめ。高塀ごしに松の木より。かゝへ帯を

さげて。夜のふくるを待身になるな。虫の聲もすむ比。月いとあかかりければ。となり

屋敷は。堅ものゝ伊達幾野右衛門が屋敷。きのどくは合の塀くづれがちにて。幾

野右衛門庭へふと出られまい物でもない。さすればこちらへ。藤ばかまを忍ばすたが

皆見ゆるに。何ぞはりまはして尋れ共。表向ならぬ事ゆへ。家来共おこして幕

打する事もならず。よいはひつきやう人の知事ではなしと。本多弥次兵衛といひ合

せて。取帰り置しみどりの陣幕を。塀のくづれたる處へ引はり置。藤ばかま遅

しと待うちに。いよ/\秋月雲つきて二千里はおろか。一万両でこの此一こくにはかへじと

見ゆるに。隣屋敷の養子。伊達の与作が女房おしげ。ふとめのさめしに連子より

   

もるゝ清光にうかれ縁がはへ出て月を賞しけるに。何心なく合の塀をながめけるニ

月夜にはあの塀をくゞりし恋路も。おもひやかりし(?)に。今夫与作が泊番の留守といひ。

産月の養生かた%\。庭へおりて見やりければ。ほのかに見ゆる幕の紋は。三かい松にて

緑のまく也。ハテ合点のゆかぬ事かな。隣の紋はかたばみなるにと。思ひまはして見る

ほど。此程噂のみどりの陣幕。失たる沙汰爰にあるもみどりの幕。よしなき

事を見とがめんよりはと。内へ入らんとする折ふし。かゝへ帯に取ついて塀へあがる。藤

ばかまがほうかぶりすがた。思ひがけなければ。おしげは身がまへはつと入て。長刀

取のべ塀ぎは迄つめよせて。此方へ来たるにせよ。隣屋敷へ入にもせよ。夜中

過て高塀をのりこすは。忍びのものか盗人か。のがさじとこはだかに。かんのはりし

は女のくせにて。父幾野右衛門聞付。若黨以下手に/\得物ひつさけ。塀のもとに

むらがれば。隣には与一郎ハテきのどくとさはぐ内。幾野右衛門方より。段々高ぢやうちん

星のごとくなれば。与一郎方にもぜひなく。詞をかけて手前のこしもと。しのひ男

   

ありて忍び出しが。表門しまりしゆへ。塀ごしに帰ると見へたり。此方にて急度せい

ばい致すべき間。御しづまり下さるゝ様ニ。与一郎并ニ若黨両助が聲にてとり%\

いひけるに。塀の上成藤ばかまは。こわ%\両介にだきおろされて。下へおるれど。

与市郎はあはてゝ。陣幕に心もつかず。幾野右衛門もおしげも。かねて与一郎がふ行

跡一家だけに異見すれ共聞入ぬうへに。こよひのしだら察する所。聞及ひし

藤ばかまを。親与大夫が大坂の留守を幸に。よび入しなるべし。けれう此方が見

付たればこそなれ。外の屋敷より見たらば。親与太夫迄難義かゝるべき事な

れば。かゝればつながるゝと。むこの与作迄どふしたとはしりが。かゝらふもしれぬ

事と。思ひすごされ。挑灯はひかせたれ共。塀のくづれより。幾野右衛門うかゞへば

赤松の家の宝。みどりの陣幕を引まはしたり。是は与太夫が兄。本田弥次

塀が預りし所に。ぬすまれていひわけなく。腹切し程の事成にと。小聲にて

いへば。おしげも最前よりそれを見付置たれ共。女の鼻の先智恵にて。〓まし』

ゐ事申出い。夫与作殿は。隣屋敷の与太夫様の実子なればあとへも先ヘもゆかぬ

事かな。出来はせまいかと。おしつめていやんしたと。猶親子が立聞ともしらず

扨/\さつきにはびつくりしやつたであらふと。立ながら藤ばかまかつかへなでおろ

てやれば。扨もこわい事でござんした。アノ長刀ひらめかしてかゝらんとしたは。どなた

でござんすととへば。大かたそれは与作の内義おしげであらふ。近頃ふすい千

万な。まぶに出あふ中戸のこしかけ。おやかたにせかるゝ客に忍びあふ。中二階の

極楽世界を。合圖してあはすきだんといふ事をしらぬ。田舎そだちとそし

る内に。幾野右衛門とかく爰て藤はかまを殺すさせたらは。与一郎身持もなをりそふ

な物と。俄に思案して。シイといふて家来共にさゝやき。どた/\と足拍子踏せ

大津平介といふ若黨の物真似ずき成にいひ付。つくり聲して。是/\幾野

右衛門殿。隣屋敷の合の塀をのりこへし者を。打留られぬは無調法のいたり。

最前そとがはの夜廻りにて見届たれ共。是へ入りしや。となり屋敷へおりたるや』

と。見はつしたり。惣じて屋敷を自分の物と思はるゝゆへ。かやうの事もゆるかせ也

こと%\く皆殿様のお屋敷ならずや。それに塀をのりこす者。見のかしには成が

たし。せんぎのためまかりこしたといふ聲を隣にて。与一郎聞耳立てきけはお

目付の鷺坂左内の聲也幾野右衛門聲にて。御尤の儀に存るが。その忍びの

者は隣屋敷へ引こみ申されしと答るに。今度は徒頭氷上郡太兵衛が聲にて

是/\/\皆迄いふまい。隣屋敷へ立越てせんぎせんといふを。塀ごしにみけは。郡

太兵衛には似たれ共。コレ/\の所が。三保木儀左衛門に似たるは物をへだてゝ聞故にや

と。しづまりかへつてゐるに。幾野右衛門きのどきがる躰にて。御存の通。となりは

手前の忰与作が里にて候上に。与太夫は金子才覚の御用承り。大坂ニ

まかりあれば。忰与一郎若気にて無念と存る間。此義は何分私に御

まかせ下さるべし。殿様の御名の出るやうには仕るまじといふに。それではそつち

は勝手てあらふけれ共。あおふはならぬといふは。鷺坂左内に似て嵐三右衛門に』

うつる所あるも。土塀ひとつこせば。あぢに聞ゆるものと。いよ/\耳をすます所ヘ。

群太夫が聲にて。ハアテ老人の預らふとある事を無下にも成まいまつ御帰

とすゝむるは。佐野川万菊が聲のやうなれ共。きめ所が群太夫じやと。

与一郎塀に取ついて聞ば。藤ばかまはひよんな所へ来ましてとふるふて斗ゐたりけり

 (二)金借り侍は町人に膳をすへの立身

漫に汚泥を探れば。泥濁ます/\穢るとかや。伊達幾野右衛門千三百石

の知行を。娘にゆずる心にて。入むこ与作が里なれば。隣屋敷も安穏成

やうにと思へ共。与一郎は放埒心もとなく。こよいを幸に。かれが迷のたねの

藤ばかまを。殺させてしまはんとは。小の虫を殺して大の虫をたすくる道

理にて。塀ごしに聲をかけ与一郎殿/\とよびかけ。今聞るゝ通のわけ

なれば。今宵塀をこしたるこしもとを是へ渡さるべきや。それにて首を

はねらるべきや。是非に及ばぬ義といふに。与一郎おどろきしが与太夫に』

妻なければ。こしもととて外にもなく。身がはりといふ物は。俄に銭金でかは

るゝ物にてもなく。様々工夫しても。日頃信仰する清水の観世音の千手

千眼も。此時の間にあはねば。智恵の矢もつきはて。大悲の弓の引はりげも

ぬけて。うつかりとして返事しかぬるを。藤ばかまは。かふ成も前世のやくそく。

爰にてさつはりと御切ニ成。おまへの難儀をのがれて下されませいと。首

筋おしのごふて。南無妙法蓮花経とおしなをれば。若黨土井の両介中へ

入て。扨/\けなげ成御心ばへかな。爰は私に御まかせ下さるべしと。心の内には。

最前御目附や御徒頭の聲したるは隣の平介が物まねと。かねてはなし

あふ友達にて聞しりたれ共。是は我旦那の身持を直さそふために。

幾野右衛門様のはかりごとゝ心へしゆへ。われも一はいくふたかほつきして。与

一郎ヘは何共いはず。とかく藤ばかま様〓。野はづれへつれてゐて。切て仕廻へとた

に仰付られば。すむ事といへば。与一郎はたとねめつけ。藤ばかまを殺すほど』

なれば。さきにから智恵も思案もいらぬ。かはいひと思ふ藤ばかま何の殺させふ

ぞと。きしよくをかへて腹立れば。ハテ若旦那わるいおのみこみでござります

爰ではさふさへ仰付らるれば。私のつれて出まして。私の出来心で。密通し道

よりつれて走た分にすれば。濟ます。そこで先から居所を。おまへの所へ知

らせますといふに。横手を打。智恵がな/\とあふぎたて。大音あげ隣の

方へ向て。ヤイ土井両介よ。其方に申付る間。此女をつれて。野べにて打かなせ。

急度申付たぞ。ハア畏入ましてござるとおひと。女の聲にてわつとなくをと。

幾野右衛門感心に存る。しからば其許の門を出さるゝ様子。見届申べいと。

娘おしげ諸とも表へまはれば。与一郎方もひそかに表ひらかせて。若黨

両介は。かりに藤ばかまに縄をかけ。野べの方へと引たてける。与一郎も見

送るを。幾野右衛門押とゞめ。是にて御かがひのわけはたつ。お目付衆まで

手前より。宜しく取なしいたすべしと。目礼して内に入しが。娘おしげを近付。』

何共合点のゆかぬは。緑の陣幕。是は今夜せんぎ仕かゝつて。大事に及では

結句。毛をふいて疵を求るにいたるべし。明日は与作御處よりさがるべし。さすれ

ば与作を大坂へつかはし。与太夫へ此旨を語らせ。せんぎさすべしと。気づかひ

さす痰おこり。こつ/\せいて申さるれば。サアわしもとんとのみ込ぬ。与作殿を

与太夫様は。実の親子なれば。たがひにおしてとはれぬ事も候べし。是は御苦

労ながら。おまへのござりましたが。よふござりませふ。いか様さふでもあるか。然ば

夜の明ぬうちに立こゆべし。御用有てめさば。表向は病氣と申置べし。

披露してはゆかれぬ用事と。つねとはちがひ。乗物の用意にも及ばず。野

ばかまつか袋そこ/\にて。若黨二人ざうり取斗。鑓持は無用と。合羽

弁當取まかなひ。心いそぎして立出けり。宵より心をもみしゆへ。五六町も

ゆかんと思ふ頃より。おしげはしきりにけがついて。ヤレ取あげばゞよ。かつをぶし

といふに。めしつかひの女ども。こしをだくやう。旦那様追かけよといへば。いや/\とゝ』

さまのゆかしやつたは。内證の用事に似てつまる所はお上のおため。主君の

用に一寸でも出かゝつて。娘がたとへ死ぬるとて。帰られふ物かいの。そのまゝおいてたも。

けつくきずはり。それ丈安よんでおじや。餅をつきしろ残りながら。明六つのかね

の聲。打扣を相圖に番代り。与作もさかれば。うぶ聲のもれて聞ゆる塀の外。

心うれしくかけつくれば。玉のやう成おのこ子。与作の与の字をかたどりて。与之

助と愛するに。母もうろ/\産臺になをる所へ。奥家老本多弥三左衛門より

とて。組の足軽聲%\に。只今御殿にても。御前様御平産。京都へ憚にて。

御湯殿のおくりが生れし分の御披露。御生れなされしは。お姫様。お名は殿

様の早速付ニ成て。しらべの姫様。御ふた方様ながら御きげんよしと。家

中の門/\ふれまはるに。おしげもてうど思ひあたり。花見の幕にてお目

見ヘせし時。あなたも四月我身も四月。あいばらみと遠慮せしに。つゝがなく

御平産。御恩あるみだい様。わがみの安ふうんだより。猶嬉しきぞ断なり。』

与作は養父ながら。舅幾野右衛門大坂ヘ立越し段々。隣屋敷の次第。女房に

聞届。其日より産穢によつて。出仕をやめてゐたりける。難波津にさくやこの

花冬も秋も。春心ある江南の大茶屋。長町うらより今宮かけて。難波を見

渡し。ほの%\見ゆる帆かげは。住おし浦にとるはまぐりの合せびん成太鼓持。

錦筒井などいふものが。そやしたてゝ。貝嘉池鶴が座敷でのつゞけ振舞。

亭主かあは。悠樹左衛門殿の内にて実躰者の名高き。内海塚与太夫。

下役関路右衛門。萬事取まかなひて。裏付の上下かけて。三十八人。客は南

国や吉左衛門。長洲屋源右衛門。西海や八兵衛。引板や孫四郎。

千屋又兵衛など。六百石取の与太夫が。せめて灸物成共と引てまはらるゝ

を。其筈と心得て。あまつさへ四つ物成にしては。四六弐百〓〓石。五十目がへに

つもつて。拾弐貫目の身躰。手前共が下屋敷にかこふておく。一所の入用

にもたらぬと。高ぐゝりしても。刀の光にていんぎん成挨拶。鑓もたせ〓證』

ふんばりて。どこへ行ぞと見れば金かりにゆく行列ちまたにみちて武士かと

見れば秤目くわしく。商人かとみれば大小を指たる輩。當時指當つて主君

の用に立事。一番鑓の如し。白拍子あまた居ながれて。玉の井千代の数など

いふ。名ある酒汲かはして白拍子をとらへ。是はつせ。そなたのてゝおやは。いわし

賣の流介といふたが。後には万能かうやくをうりにありき。さき%\てけんべき

ひねるとて。ふところな物はづされたと聞たが。その娘にはつせとはできまし

たといへば。おつるちふに盃指かけて。扨もくろいかほかな。いか成人のうるしぬり

けん。白拍子ではなふて。黒拍子じやなど。とかくいやかる事いふて。さはぐ最

中に。与太夫つれられし若黨。土井両右衛門借座敷の留守してゐるか。息

きつて来たる。ちよと旦那をよんで下されと。よび出しに座敷にて手

をつかへ。お国から急用とて。伊達幾野右衛門様の御出ゆへ。是へ御供仕りし

と聞て。それ是へ通しませいといふ内に。幾野右衛門は旅すがたにて来り。扨ゝ』

久々御苦労千万。段々御用金も相調し段。御書通ごとに承り。先以大〓

に存る。扨拙者今日忍びて罷越義。別条にあらす。私の申儀御同心に

おいては其通り万一御ふ同心にも候はゞ。直に養子与作を。其もとへかへし申

度了簡也与作においては。随分貞実成ものなれ共。縁につながるゝ。

所がめいわくゆへとのつめひらき。今更改つて。それは何ゆへと。与太夫も膝

立なをせば。イヤサ外の事でもござらぬ。御自分はもと。赤松様の御家来奥

がた様ニ付て御出なされ。只今にては表の御用も御つとめゆへ。佐用官右衛門

の子息を。其もとへ養子に仰付られし。今の与一郎でござるさ。第一身持

放埒の沙汰あれ共。きびしく折檻のていも承り及ばず。そのうへやう/\

のわけと。塀を越たる女の咄。みどりの陣幕を見付し様子。残る所なく

物語して。本多弥次兵衛は此幕をぬすまれて切腹いたし。両家老はその

申わけのため上京して。今に帰らず。御せんぎ有て。いつ迄はり付られ〓〓も』

しれぬとの噂。しかるに御自分の屋敷に右の陣幕有事天に口ある〓〓

もれ聞へては一家迄のつらよごし。よしとさ。もれ聞へず共。主君への忠義。

身共が訴人いたすは知つたれ共与作につながる娘が不便さ。一通りは御自

分との相談づく。それ共御自分共に知つてのうへの事なれば。此場はたゝせ

ぬ。ナント与太夫殿。御養子の与一郎勘當のうへ。めしとらふてせんぎなさるゝ思案

はないかと。思ひこぶで述ければ。与太夫暫く黙然たりしが。あたりを見まはし。

是迄つゝみし段。与作をも遣し置中にて。ふ届に思はれんが。其段はまつひら

ゆるし給はるべしみどりの陣幕の手前が屋敷に有事は。此与太夫存の

かへと聞て。幾野右衛門とびのき。刀おつ取ヤア其意得ぬ一言。様子をいへと

つめかくれば。ハテサテはやまるまいとおししづめ。アノ与一郎といふは。もと佐用官右衛門

が実子にあらず。赤松民部太夫殿親殿を。刑部殿と申せしが。六十にあまり

て。愛せられし妾に。しかまと申女。其時廿一二才成しが。刑部殿御死去の後。』

御いとまも下されず。民部殿御前へも。折/\出しにふと御手かゝりてくわいにん

せしを。某其時は近習をつとめ罷有しゆへ。播广の国主。赤松殿は。親の

手かてに子を生せしと。世上一同に沙汰有てはいかゞと。家老佐用官右衛門へ

内談せしかば。くわいにんながら官右衛門妻に申受べき願ひ。是も色と思ふニ

あらず忠義より主君の御名をつゝむ仕形。其後出生せし与一郎清安と

いふ事は。今の旦那悠樹左衛門様にも。奥方様の御咄にてよく存ゆへ。何と

ぞアノ与一郎をもつて。赤松の家を取立んといふ思召は一家中に知ものなし

此わけを知たるは。播州よりつき来りし。本多弥次兵衛兄弟手前のぎり。扨は

御家老の中にては。栢原右近へ殿の御内意あり。相家老福知山蔵人は

元来城崎弾正大弼の家来出石文九郎が弟にて。先蔵人が妻は。文九郎が

姉ゆへ。その縁にて養子に来りしもの成ゆへ。此者へゆだんならずと。随分御

家中にても。物毎つゝしみすべきやうにとの殿の仰。またそこもとへ進〓〓』

たる与作事は。奥方様いまだ此御屋敷へ御輿入なく。手前共播州に〓〓〓〓分。

赤松領と城崎領とは。たつた溝一つの隔にて。城崎弾正の家来。豊岡弥介と云

者の娘と心を通はせ。互に見ぬ恋に文通せしよし。知らする者の有し故。品によりて

よびむかへんと思ひし内。弥介は主人弾正に。何か諌をいれて。国を立去しと聞。それ

ゆへ其分に過し内。手前も与作も此国へ引越たり。勿論其許へつかはし。おしげ

との中もよいと承れば。今は思ひ切たでもあらふずれ共。大切の事ゆへ。かれめに

さへ申聞さず。本多弥次兵衛が切腹は。初めより合点にての儀。与一郎若気にて宝

物を私事につかふ事。不埒とは申ながら。拙者為には古主の若殿。此段必外へ御沙

汰下さるまじ。御心底を見ぬいたるゆへあかし申と。折入て語ければ。幾野右衛門も初て

我を折。扨々只今迄はそれ共存ぜす。麁抹斗申たりと。大小一時に抜て。てう/\

どきんてうし。他言いたさぬしるしとかためをなし。是いついても藤ばかまを。切て

仕舞すやうにいたせしは。あなたの御身持の為に。よき事したりと心にて悦び。』

[挿絵]

a1)一つ\参り\ませ

a2)いやで\ござる

b1)しぶとい\女めじや

b2)どこへなりとも\賣てやれそちが\心にはしたがはぬぞ

c1)だんな様の\ころされ\さしやつた

c2)いくの右衛門\ふりよの\さいご

c3)〓〓〓

d1)まそつとで\おやしきじや

d2)なむさん身を切か\与太夫でないか

d3)いくの右衛門\そちが心に\覚があらふ

e1)与作様を\とめて下さんせ

e2)しんていは尤\先こくは\路右衛門が\とめまする

e3)養父の敵は\ほんの親\うたねば\此与作が\武士が立ませぬゆへ\侍すてゝまご\に成

病氣分にて参りたれば。心いそがし。早く帰て。家内の物共の口どめ致申さんと納得して\とぞかへりける

 (三)浮沓を腰に付てまはす遠慮な恋路

義を両端に含む者は。躬を奥に處なしとや。土井両介は。路金したゝか与

一郎より請取。藤ばかまを肩にかけ。夜ごしに能勢の郷中へ入て。羽束の端に借や

を借。表向は藤ばかまを女房とたて名をらんと改め。内證は主従のあしらい。

もとより両介そつこん藤ばかまにほれぬいてゐたれ共。主人のかこい置れし内は。ふと

した事いひ出して。首のとぶまい物でもないと。くいしばつてゐたるに。塀ごしに藤

ばかまが忍びこむを。両介がだきおろせし時のしめ心。わすれがたく。与一郎を一はいく

はせて。跡のしれぬ所へつれのき。范蠡が西施をつれて。五湖へのいたる顔つき

すれ共。いひかけて合点せねぬ時はいかゞと。見合こそ。ちいさい子をあるへいとう

の番に付たるが如し。藤ばかまも何とやら。両介が尻目つかひ。にはか〓〓なみ。

くろみつちやをぬか袋にてこそげ。あたまからげたるを。鼠の〓〓〓〓〓〓〓〓』

ばかりは入歯の臭みを万金丹にて紛かし思ひつかるゝ仕かけと見て取んと

はれぬさきからいやらしう成て。夜る寝るにも用心つよく。ごつそりとしても。〓じや

と大聲あげて。夜ざとなるにはこまりはて。ある日両介。とかく酒をしひて酔の

内に思案と。使にやるものなければ。徳利さげて立出る。跡に残る藤ばかまアヽサテ

いやの此住居や。是はマアお気慰に一つあがりませいといへど。何が

おもしろふて酒のみませふと。泣を見て。扨々おいとしや申まいと存たが。そう

/\かくしてもいられませぬ。こなたのいとしがらしやる与一郎殿は。みどりの陣まくの

事があらはれて。打くびにならしやつたと。おとゝひ便がござつたれ共。歎を思ふて

いひかねておりましたと。目にからしぬつて泣て見すれ共。底心ある両介がいふ

事なれば。うたがひながら心もとなく。マアわしとてもわけはしらぬが。アノみどりの

陣幕とは。何の事ぞといへば。こなたへさへかくさつしやる程の大事。皆いへは』

三日も四日もかゝる程。長い事でござれ共。ひつつまんでいふた所が。赤松など云

大名の家の宝を京都へ召上らるゝ。お使は与太夫様の兄ご。本多弥次兵衛殿

でござつたが。預られし夜ぬすまれて。いひわけなく腹切てしまいしやつたれ共。

今に京へは御家老衆が此事でよびつかれてござる程の大事成に。其盗

手は与市郎殿。私も委しくは存ぜね共。其夜命にかけて頼む事ありとて

神文に血判おさせて。本多弥次兵衛殿へつれ行。奥迄召つれられ弥次兵衛様と

与一郎様相談づくと見へて。うなづき合。そとがは三方には番人あり西の方斗

は底のしれぬ大池ゆへ。番人なし是より忍び入べしとて。かのみどりの陣幕を

与一郎様と拙者が腰にまとひ付て。弥次兵衛様うしろをかゝへ池へどうど落さ

れしに。ふしぎ〓此幕に水気入とふくれあがつて。両人共波の上を。走が如く

難なく向ひニおよぎつきたり。浮沓にして又幕たり。みどりの色波に映あひ

安/\とこゆるゆへ。扨こそみどりの陣幕と手つだひせし此両介。サア爰が六〓〓で』

こざる死なしやつた与市郎殿に心中お立めされふより。身が女房にならしやるまい

かとよりそへば。つきとばして。与一郎様の何のお果なされふと。いはせもはてずサアさ

とへしなれいでも。此わけを身が訴人して殺して見せふそれとも与一郎がかわゆくば。

身にしたがひめされと。よれつもつれつする所を。見すかして両介が脇指抜取。おのれ

畜生めと切てかゝれば。脇指もぎ取り。とつてふせ身が心にしたがはぬからは。大坂か

奈良の遊女傾城に賣てやると。はや縄してくゝしあげ。夜に紛れ在所を出。つれ

ゆく心ぞむざんなれ。扨しも藤ばかまは。いづかたへ賣代なせしや。金銀持し躰に見へて。

結句主人の沙汰あしくいひふらして。おのれがよきものにならんとてみどりの陣幕

の事を。かしこ爰にてふらしければ。家中一はいに聞へて。誰取しめて吟味する

ものとてはなけれ共。より合さゝやく沙汰はやまざりけり。内海塚与太夫は。主君

の御用金調ひしゆへ国もとへ立帰りしに。陣幕は与一郎方にありといふ取沙汰

此義外に知人なき道理成に。かやうにはづと沙汰ある事。扨々伊達幾野右衛門は。』

侍に似合ぬ比興ものかな他言すまじきときんてうまでしてのうへに。約束をたかへし

段。畢竟赤松の御家再興の妨と成べき男なれば。所詮打果すよし書置したゝため。隣屋敷ヘ案内

して見まへは。鷺坂左近右衛門方ヘ。夜咄に出しとの事ゆへ待ぶせせんと寄合小路に

待とはしらず。馳走にかたふく盃の数ゆへ。酒きけんつよく。角介が肩にかゝれば。角介は

片手にてうちんぶら/\帰る。幾野右衛門んを。比興者覚たりと切付かれ。覚なしと抜合すを。たゝみかけて切たをせば。角介はいひがひなく。挑灯捨てにげ失けり与太夫は

のつくつてとゞめをさし。書置枕もとに捨置。行衛もしらず立のきけけり。角介が

帰て。誰とはしらず親旦那に切付しとしらせしゆへ。伊達の与作かけつくれば。念比成

傍輩。下役の関路右衛門もろ共はせ来り。こは何事ぜとあいてさはぐ内ニ。おしえげは

産のうへに間なく。心くらめど乗物とばせ。是はとゝ様たれが切た。誰が殺した。コレ与作

様敵取て下されと。ひれふして歎けば。与作気つかひするな女房共。たとへ上は九〓〓は』

黄泉に隠る共。此与作が養父といひ舅の敵とらいで置ふかと書置取〓〓南無

三宝。切し敵は実父の与太夫。ヤア是が何となりと。大小なげ出し。路右衛門に向ひ。お手前はもと伏

見の社人成しが。段々難儀のわけ有て流浪せしを。与太夫が取立にて。武士となせしは深い

ゆかりもあれば。武士の魂はそなたへ預る。武士はおろか町人百姓でも。家にすめば人びととして親

の敵打ぬ筈はなけれ共。打れしは養父。打しは実父。此与作は天ににくまれ地にはなされ所詮

宿なし道中馬子。殿様の往来に恥をさらすは因果の初め。願ふていとま取は武士。武

士をはなれし義理しらず。御免あれと着物ぬげば。折ふしねびへの風邪折嶋。腹當したるはだか

姿。是おしげ。生れし子は男なれば。つれてのくべけれ共。せめてそいつは馬子の子とはいわせとむない。

そだてゝくれと出立るを。止めたり共武士の中。敵打では付合ならぬといふ義理しら/\して。

とむるにもとめられず。おしげか涙はかきくもる。あいの土山ふる雨や。鈴鹿をさして

出立る。与作が身こそあはれなれ

                    二之巻終

;丹波与作無間鐘            三之巻

    目録

第一 横田川の舩渡のりのわるい三枚ぶた

    昔は弓取はりこんで帰らぬ古券の一通

    喧嘩して打わりたがる頭の八蔵が力自慢

    心の誠をわつて見せたい竹の与作が疑詞

   

第二 涙は袂にお乳の人のものおもひ

    あたまは芋毛の自然生の三吉が歎き

    五十両の小判耳たぶのわるひおさな子

    鞭ふり廻していがむやうにいふ馬さしの詮議

第三 天井からしたふ乗物の中宿

    敵の娘と縁をきらす手管の恋慕

    様子を聞て心を関の小まんが悲しひ

    子を養ふより孫をかい/\しき御取立』

   

 (一)横田川の舟渡しのりのわるひ三まいふだ

月弓速往。日箭急馳。夢に似て容あり。容亦とゞまらず。十年に

あまるは一瞬の内なるかな。悠樹殿には。赤松家の幕を失はれし申

訳に。両家老京都へつめけるに。過怠として御詮議もなく。御いとま

も下されず。長の日月を都の旅に送りゐる。その内。御国にはしらべの

姫。十一才に成らせ給へば。吾婦の高家。入間殿より御養子分の約束にて。

つぼみからとる花よめご。御むかひの諸侍五千石をかしらにて。騎馬が廿

騎。児医者は御輿づき。大上臈小上臈。おさしだき乳母おちのひと。

中らう下らうの供乗物。また物駕篭はいろはづけ。以上四百八十挺

おつゞら荷物は通し馬。おつぎ傳馬次人足。お先觸の配賦により

宿%\のにぎやかさ。入間殿と申は。鎌倉の管領にはなはだ近き御一族。』

本陣問屋もおそれ入。御馳走掃除すぐれたり。けふは関にお泊とせき札高く立

られて。御本陣は峠屋彦市。表に張し紫幕。隣は白子やの左次右衛門。是も段

幕にかけ札して。おむかひの惣領か。金川源五左衛門が下陣也。御着は昼の八つにて

おたちは朝の六つ前。御心まかせの女中道中。物しづか成お泊りと。白子やの名

取小まんに女郎小よしは。見世へ立出れば。むかひ近所はとまんらせ/\。はたご

やすふてとめませふ。すへふろもたつてある。とまらんせの聲さはがしき。げにや来

往万千客採袂驛女の情と。古人の作りしもさる事也。小まんは同じ仲間

でも。五十三次一のたて物。亀山の馬形与作と二世をいひかはし。関の小まんは

かめ山通ひと。うたはるゝ程の心中なりしに。此中は絶て与作が見へぬに思ひ

わづらひ。傍輩の小女郎小よしと噂してゐる所へ。横田川の舟守おし切の弥

介といふは。小まんが親成けるが。横田川ばたの庄屋年寄二三人さそひて来り

内へ入ば。是はとゝ様よふござりましたといふに。弥介涙ぐみ。此中に文でもいふてお』

こす通り。弐石弐斗のみしんつまり。水牢へ入べきを。庄屋衆年寄衆の

情で。日数十日のべてもらひしが共。才覚の手筋は見へず。狼川の九郎介と。一が六な事

ではなけれ共。三つぼのさいの勝負づく。まけにまけをそへて。拾八メ三百といふ銭が

負に成。たとへみしんは済しても。此銭のたてはなく。十八メ三百をたつた一勝負サア

こいといふたれば。九郎介は数年の通り者。こちらは十八メ三百出してをく。まければもと。

かつた時は三十六メ六百のまうけ。灸餅やめて酒屋に取付合点。かたがなふては

いやといふゆへ。とても難義のうへの一はねと思ひ。横田川の渡し舟御免の古券

村中より預りゐたるを。かたに出したれば。卅六メ六百のかたに。永代渡し舟の株の

一通。してこいとかげへよりて銭にぎり。サアどふじやといふたれば。三まいせい七つじや

と二文はりおつた。まつかせとつくほどに。手の内に残たは慥七文。南無三寳

しおつた一文はねて六文にして。あてゝとらふと一文しやんとくろめて。ついてみれ

ばかなしや八文であつた物。一文はねて七つにして。あいつがつぼへあてがふたは。どふした』

[挿絵]

a1)しらべ姫\いるま殿へ\よめいり

a2)おちの人しげの井\のり物ニ付

a3)御本ぢんだ\/\

a4)本多\弥左衛門供

a5)是へ御入リ\下されませ

b1)なんとも\きのどくな

b2)おやのなんぎ\聞わけて\たもれ\八蔵も\わせた

b3)小まんのも\尤じや

b4)弥介殿\きました\/\

b5)よく/\で\なければ賣に\庄屋年寄はこぬ

c1)与作め\是なんと\するぞ

c2)八蔵思ひ\しつたか\小まんを\女房にせふとや\ならぬ/\

d1)三吉よ\是五十両\やる

d2)かゝ様か\なつかし\い

ゐんぐはのかたまり。九郎介はいきつて来て渡し舟の古券ひつたくり村中へ付届。村中

には渡し舟御免といふは。鎌倉よりの御一通。いかに借銭のあればとて。他村へ渡さふ理

屈もなし。他村におゐては。地帋のない扇の骨ばかり。ひろふたやうな物にて。何の役に

もたゝぬ事かへしてくれと村中よつて頼むれど銭さへすまさば渡さふが。銭のかほを

見ぬ内はならぬと。しかるに所の御代官様かはりめにて。右の一通御覧置と

の仰渡され。あすの朝迄に取かへさねば。此弥介が首はとぶ。手ばなしてはと村中が

立にもゐるにもついてあるかれ。せんのつまりはそなたに相談。きけば亀山宿んお

馬かた与作は。そなたとわけのある中ときく。ハテよいは思ひあふたる中ならば。

末はそはせと思へ共。是小まんよふ聞や。親の命にはかへられまい。石部の八蔵

といふ馬かたが。此中おれが所へついて。いはくを聞ばせきの小まんはこなたの娘と

聞ましたが。うら?が女房にさへ下さるゝならは。此銭九郎介に相對して。古券は取

かへてやりませふと。庄屋殿年寄衆聞ての前での所望ゆへ。親の殺さるを』

子がよいはとはいわれまい。関宿へ同道して小まんにも納得させ。八蔵に銭の才覚

たのまれと。村中からのいひ渡し。心にそまぬ所をいてたもるが。孝行と聞て。小まんは

返答なく。たゞ泣斗ぞあはれなる。親のためとあるに何のそむき申さんや。八

蔵さへ銭の才覚して。おまへの命たすけてたもらば。めをとに成ませふと。口には

いへど心には。八蔵に銭出させ。親の命さへたすけなば。其上は自害して与作殿

への心中は見事に立て見せふものと覚悟きはめて返事すれば。庄屋年

寄詞を揃へ。小まん殿出来ました。それならば八蔵にも後ほど爰へ見ゆる筈。

直にたのんで親弥介の命たすける了簡めされ。明日朝の五つには御代

様へ持て出る筈の一通。今夜の夜中迄に。此銭がとゝのはねば狼川

までの往来かた%\間にあはず。ゆだんめさるな。更ば/\と弥介を伴ひ

帰りけり渡世からとて正真の馬。取はなしたるやうな顔つきして石部の

八蔵つつと入て。小まん/\とよびかけ。けふは御泊りがあるげな。たつた今道』

弥介殿にも。庄屋殿におもあふて聞た。めうとに成ふとは忝い次第これにて

そなたのかわいがられた。与作といふやつは。大ずりめじた。なぜにといや。そなた程

かわいがる人のあるに。庄野の宿の。俵屋のおよねとの中はそなたとのかんでは

ないとせかせて。わが手に入る挨拶しつかりとたきつけば。小まんいやらしくはお

もへ共。親の命の為と思ひ卅六メ六百の銭の才覚。こよひ夜中までの

約束。こなたの手からわしがおや弥介殿へ。渡して下されと。一左右きかば

あすからめうと。マアそれまでは人も見ると。いぶりなるに。猶いらち。気づかひ

しやんな。卅六メ六百の銭はおろか三四十両の心あて。おやぢ殿へあてがふて。

孝行ものとはいへれて見しよふ。必其時いやとばしいやんなと。又いたきつく。

折こそあれ亀山の与作は。侍衆馬にのせ。今日は御泊りのおくれの衆じや。お

くへお供申ましや。小よし小女郎と。あとづけおろし。ふとんばかりとり%\ほどくや

ほどかすに。馬引たて立帰る与作が。帯に小まんすがつて。是与作殿。いひたい』

事もたんとあり。なぜふり切ていなしやるととゞむれば。あだほどしうもないぼ

てつはらめと。ふみたをし立出る与作がむなぐら。八蔵しつかととらへて。こりや

与作。親弥介と相對して。もらふておいて八蔵が女房を。何とするとくらはし

かゝれば。めんどうなと。やわら功者の与作になげられ。うんといふておきあがる

其間に小まんは与作に取付。是には段/\様子ありといへ共。更にきゝ

わけず。親弥介にもらへばとて。もらはるゝうぬが畜生。いきばいためといふ

内に。初夜の鐘八蔵おどろきて。是小まん。気ちがひ同前の与作めに

かまはず。お泊衆の御用聞や。卅六メ六百の夜中切が心がゝり。夜中を

ごんとつき出すと。横田村へ銭渡し。来世かけてめうとのいひいれ。吉左右

せふと立て行ば。与作はいよ/\むつとてして。儀づくでなじみを捨。日比はりあふて

意趣ある八蔵が女房にならふとは。さりとはむごい心底。見限り果しと

ぶちたゝけば。何しにわしが八蔵とめうとに成てゐませふぞ。親弥介殿大切』

な。古券を。ばくちの方にとられて。首に成との沙汰におどろき。八蔵が卅

六メ六百の才覚。心覚ありといふをだましこんで。銭出させ。其上はわしが覚

悟。今はいはぬとなく涙。与作がむねにこたへしや。そういふ心とはしらなんだ。

しかし是迄なじみて。そなたを八蔵めにねとられ。片時生ていられふか。さ

らばといふて出るかほつき。是のふ与作殿。八蔵が才覚とてもわしはすつ

きりのみ込ぬ。こよひお泊りなされしは。入間様の御家老衆。武士は情

あるものなれば。おまへの昔をかたり。銀かして下されませといふた

らば。無下には成まひといふを。ハテやくたいもない事ばかり。殊に隣の本陣

にお泊りの姫君づきの人%\には。あはれぬ身共゛が身の上。入間様のおむか

ひとても。恥をうる道理となると聞て。小まんそれならばわしが親の難

義をいひたて。ひそかにねがふて見ませふほどに。マア帰て下さんせといへ

ば。しからば夜中限りにそなたの願ひ叶。八蔵めよりさきに。そなたの』

手から銭を渡し。弥介の難義をすくへば身共とめうとゝ成八蔵めに先を

こされ。片時半日もそなたを。八蔵めが女房といはすれば。此与作はたましゐ

きはめてゐる。こよひは宿はづれの梅屋が方へのいてゐよ。善悪殿に便を

しやとわかるれば。小まんは心かきみだれ。与作が帰る跡を見送り。見すぼらしげ

なうしろすがたと。ないてくどけば。四つのかね。むねをつくかとひゞきける

 (二)涙はたもとにお乳の人の物おもひ

雲霧重畳として胡園遠。親愛空帰是舊人。悠樹殿の秘蔵

姫。しらべの御前の御泊りも。亥の刻過ればしづまりかへり。中の一間へひそ

かに出る。おちの人しげの井ほうばいのね入しも能々うかゞひ。次の縁に立

出れば。待かねたる躰にて。縁におろせし乗物に忍びゐたる。小やらうの

自然生の三吉といふ馬かた。によつと出て。かゝ様待かねましたといふ口を袖

にておさへ。アヽ又しても/\かゝ様/\。そなたを生し年。おつと与作殿は国を立』

のき。行衛しれず。そなたはうばに預け置しに。みだい様よりしらべの姫様のお

乳の人に。あがれとの仰付られ。結構な衣裳着かざつて。夫にわかれ子を捨

置。何のたのしみにお乳の人に出る心はなけれ共御恩あるみだい様の仰と

いひ。みづから成共お家につながつてゐたらば。与作殿の武士のたつ時節の

あるまい物でもないと。かふした奉公の内にも。とかくそなたの事ばかり。心に

かゝり折々とはうばが所迄の心づけ。しかるにうばが在所近江へ引込とてそな

たもろ共立越し後。便なく人をやつて聞ば。うばは相果。そなたは行方し

れぬといふ。母が心の悲しさより。かさねて与作殿にあふてのいひわけ。何とせふと

思ひくづをれ。うれしからぬ月日を送りしに。大津の宿にて。そなたが乗かけ追

を見て。扨も五つでわかれし与之介に。よく似たるおもざしと思ふより。どふやら

こふやら本陣へよびよせ。ちいさい子はくるしうないと。お姫様のお前で。さかはてる

/\うたはせ。御慰と申たて。内證で問おとせば。与之助に紛なく。不便さに』

つなかれ見へがくれに。是迄めしつれ夜る/\は此やうに乗物にかくしてをけども。

もし此事がしれた時は。お姫様の乳兄弟に。馬かたがあるといはれては。むこ様

方のむかひの衆へ。外聞立ぬ大事のまへ。身を切より悲しけれど。道をつるゝも

けふぎりぞや。そなたは是より大津へ出て。おやかたあらば隙をもらひ。うばが一

門尋出し。大小衣服こしらへさへ。供の一人もめしつれt。鎌倉へ下り着。入間

殿の奥にて。おちの人しげの井といひ入て。必来てたも。用意の金子人に

だまされとらりやんなと。包のまゝの五十両。ふところへ押込ば。三吉はしく/\

涙。うばは死るしるべはなし。五つの時丹波で聞しは。とゝ様は馬かたに成て

ゐさつしやるといふ事がみゝに残り。せめて大津水口でくらさば。とゝ様にも

あはふかと。大津の馬宿に奉公せし。そのかひありてかゝ様にあふたはととゝひ。

わかるゝは又けふ。たつた三日の親と子の縁が悲しい。とゝ様をたづね出して。親

子三人一所にくらして下されませ。義理も道理も捨おいて。わしが馬追ぐつ』

うつて見事やしなひかねまいと歎けば。しげの井アヽ是なく音がもれては。そなた

の為も宜しからず。お主の御名を思はずは。一所にだいてねたい子を。手ばなしかへす

わが身の上。世界の涙を只ひとりへ。こぼしあつめし如く也。是もはやおもて門も

しまりつらめ。金子懐中夜るいぬる事は心もとなし。夜明は出立のさはぎの

内まぎれいんでたもやとて。なく/\奥に入ければ。三吉はしは/\め。かゝさま

のふとはいはれもせず。又乗物に忍びて。もらひし金をかぞふればはや四つ半の

時斗のひゞき。武家は旅とてゆだんなく。半時がはりの拍子木きひしく。三

吉は大事の場と。息をつめて夜の明るをぞ待ゐたる。隣には白子屋の

小まんが思ひふか%\と。夫の心思ひやり。奥に泊りし御侍へ。無心いふてとお

もへ共。さすが女の気もよはく。かふ更てからおこしましていはれもせず。次第

に更ゆく鐘をうらみ。ヱヽ金もほし鐘もうらめし。わがみ一つ此金に。先こされ

て八蔵が手より。親のもとへたのみと名付て。渡ならば。与作殿いきてはゐぬ』

所存と見へし。つたへ聞佐夜の中山には。無間の鐘とて。霊妙不思議の鐘ありて。

たとへその鐘をつかね共。鐘と心得てつく時は。何に限らずそのしるしをなすと聞。たとへ

未来は無間地ごくへ堕。此世にては蛭の責にあふと儘よ。つまの心をたすくるかね。

南無無間の鐘と心に観じ。口に唱へひしやくを持て。居風呂にかゝらんとはせしが。身も

ふるはれ。覚ず。しさつてどうとふし。わが身は八蔵がつまと成。その夜自害し果る

ども。夫与作殿の命別条なかれと思へ共。けふのいひぶん中/\生てはござるまい。つま

ゆへおつる八万地獄。大事ない/\。南無無間の鐘とどふど打ば。一念の通じけるにや。

さめはてし居風呂の湯わきあがい。湯玉は立て焦熱じごくのけふりがへしと立のぼる。

忝い有がたひ。わが身はたとへ此身此儘。ならくへ落るはいとはぬ/\。無間の鐘とぞ

いる/\。つくは居風呂ひゞくは鐘の音。アヽラふしぎや聞もわれのみ。わな/\ふるふて

見まはす天井より。しきりにふりくる小判の花びら。忝やなうれしやなと。こけつまろ

びつひろいあつめて。袖にかき入。身がまへしおもてのくゞりそつとあけ。与作が方へと走行。』

夜半の鐘声しきる拍子木。夜まはりの徒頭。氷上郡太兵衛本陣と白子屋のひ

あいの塀に心をつけ。くりぬきしは盗人ならめ。出合/\と足軽中。拍子木はやむる

合圖によつて。姫君の御供頭本多弥三左衛門を初めとして。又もの鑓持中間迄。はせ

集れば。下陣よりおむかひの番頭。金川源五左衛門下役召つれ立あひしは。はれ%\しく見へ

にける。問屋宿中残なく。棒にて四方を取まはせば。たとへ張樊盗跖にても。もるべき

方はなかりけり。本多弥三左衛門御用金を置し。一間に心を付て。他の錠は別条なく。人

の入しにや。御納戸金の箱の口びらき置しと。錠まへあけて内に入改めみれば。五十両

包一つ見へず。盗人の所為ならば。残らず取て行べきに。是斗取し事は心得ず。素人

の出来心と見へたれば。御本陣の下/\迄吟味をとげば。早速しかるべし。女中のお

泊りに。大それた不届。かりまはしてせんぎせよと。本陣峠屋彦市に急度申渡

さるれば。迚の事n御人数御かしくださるべしと。御紋の挑灯かしやりし。そこよ爰よ

と屋さがしする程に。おどろきあちの人しげの井は。三吉がひよんな所に隠ゐて』

思はぬ無實の難義にばしあいはせまいか。夜ふかく共いなし方がましじや物。三吉

がゐる乗物へ。されも心はつくまいかと。心あせれど。やなひ君の外聞思ふは。むかひの

人/\金川源五左衛門を初めとして。立あふ中のせんぎの場。肝をひやしてのぞきゐる。

一間/\縁の下。つまり%\をさがせ共。あやしきものも見へざれば。是から家内上下の

もの。一々御詮議有べしと覚へなき身もきのどくがり。今一度から廻して見ま

せふと。男共宿の馬子迄立くはゝり。縁の下におりたる供乗物十五てう。是も内を

改めんと。手に%\ひらけばさしのぞくおちの人は爰におると引ずり出されて。奥家老本

多弥三左衛門。おむかひの金川源五左衛門両人が前に引すへ。両方より引はられえてもわる

びれず。コリヤ何とさつしやるぞといへば。馬さし問屋立より。おのれは大津の馬かた

自然生の三吉めか。何の為に此御本陣へ忍びこみ。乗物にはかくれしぞと

とはれて。サアそれは/\といへ共。さすが母の詞お姫様への御外聞思ひはゞかり。ヱヽ』

無念といふより外の詞なし。弥うさんものに窮りしと。大勢よつてたゝきふせ。ふと

ころさがせば。五十両悠樹殿のかけやの刻印揃ふたり。扨もなりに似せぬ大盗人

め。先金子は指上ます。こいつは所の法におこなひ。かさねて御大切のおとまりに。

麁抹なき見せしめにいたしますと申にぞ。弥三左衛門イヤ/\いふても女中の御

泊り。金さへ出れば世間へ沙汰なし。ちいさいやつの事なれば。必きびしき沙汰

無用といふを。奥にはしげの井悲しいやら嬉しいやら。心もみだるゝばかり也。

 (三)天井からしたふのり物の中宿

隠れたるよりあらはるゝはなしとは。今おちの人の心ひとつに思ひわきかね。涙も

つゝむにつゝまれぬ。思ひの渕ぞ底しれず。宿中の者共。三吉を引たて。いふて

も爰へ御本陣。同類のせんぎいたし。此こびつちよめは。御代官様へ御断申て。

馬借の法にていきながら。関川へ埋まする。サア立おらふと引たて。隣の下陣

白子屋の見世さきにくらしつけ。おのれひとりの思案では有まひ。塀を切て』

御金所の錠もあけず。どこから忍びどこから出た。有やうにいへとせめたゝくより

竹の音に。しげの井は。女の身にていはれぬ事ながら。いふてもめでたい御道中。いのち

もらふてやらしやんせと。御本陣にゐる心ないてたのめば。弥三左衛門げに尤と隣へ立

越。様々問屋をなだむれ共。所の法みだれますれば。何万貫めといふかぎりなき

お銀もあづくる。此道中の衰微に成まする間。その段御免といふ所へ。小まん

は与作に金渡し。横田村へいてもらい。夜のあけぬ内と立帰れば。ちいさい

馬子を取まはし。金をぬすみしせんぎ最中。何とやらむねにこたへ。薮かげニ

かくれ見合ゐる。とても同類をいはぬ三吉。是からすぐに御代官所へ引

ずれといふ折しも。白子屋の天井より。しきりにおつる血はくれなゐ。三吉

があたまにふりかゝれば。コハいかにと侍中。もくだち取て用心の間なく。天井

の板二三枚引のけてどうど落るは。石部の八蔵われと胸板つき通し。

くるしげなる声をして。拙者め儀は。もと悠樹様の御家中。内海塚与太夫』

[挿絵]

a1)小まんすいふろを\むけんのかねに\してしやく\にてたゝけば\ゆ玉立上る

a2)上より小判\ばら/\おちる

a3)袖ちきり\ひろい入る

b1)中げん共\高てうちん\〓〓す

b2)源五左衛門殿\せんぎめされ

b3)弥三左殿\此かべごらん\なされ\切ぬいて有

c1)やどの彦介

c2)三吉め\有やうニぬかせ

c3)わしは\ぬすまぬ

d1)二かいより\ちながるゝ

d2)三吉\しばられ

d3)しげの井様\とめて下さんすな

d4)是小まん\くびくゝらふ\とは

d5)本ぢんの\やど彦介

d6)弥三左衛門\だん/\を\きく

d7)源五左衛門\きもつぶす

d8)私はいしべのまご\八蔵金取たは〓\一通り\聞て』下され

どのゝ普代の家来。土井両右衛門が忰両八と申せしもの。十三の年よい田丸の御

家中へあしがるの養子と成。弟両助は跡に残りしに。両助めがふ忠の段/\。

実父両右衛門も奉公しがたく。いとまを取しといふ沙汰。田丸にて承り。そのゐち

拙者もいさゝかの事にて浪人いたし仕覚たる藝はなく。段/\に落ぶれて。

石部宿の馬子と成くだりしに。ふしぎに出あひし古主の御子息与作殿。

あなたの六つの年にわかれしゆへ。御見しりなけれ共。私はおさながほ見忘れぬ

古主と思ひ。かげみにそふて御為にならふと思へ共。侍を捨ての今のお身

といふ事迄聞出し。けつくおためだていふたらば。立のきもなされふかと。よ

そながら心をつくす其内に。是の出女小まんに心をまよはされ。一生女房

にも持ふとある心入。小まんが親横田川の舟人の。おし切の弥介といふ。赤松様

のお家の敵。城崎弾正大弼の家来。豊岡弥介といふ者。主人の身持を

いさめかねて。十四五年以前より浪人。二君につかへずとて身を舟頭に持さげ。』

娘を賎しき奉公さするに付ても。主人の事心にかゝり。つゐには赤松一黨

の敵とねらはれ。空しく家を亡されん事を歎き。主従の縁切たるとはいへ共。

何とぞ悪人とよばれて成共。弾正をねらふものあらば。かげにて成共さまたげ

をなさんと。心がくるよし聞及しに。それとはしらず。与作殿の小まんと深い中

とあるは。よく/\与作殿の武運のつき。もと与作殿の実父。与太夫殿播

州にゐ給ふ内。与作殿と分の取かはし斗にて。見ず見られぬ中の恋路は。弥

助様の今の小まん。丹波にて養父を打れ。その娘とはそひもせで。古主の敵

の家来と縁を組せては。いよ/\武道の冥加に叶はずと存るより。小まんに

拙者が恋に見せかけ妨して。弥介が銀子つまりしを幸に。小まんと縁を

切すべき為。こよひうらの塀を切しは此八蔵。此白子屋の天井づたひに。隣

の本陣へ合のかべをくりぬき。天井板おしのけ。御金箱へかゝりしが。用要の

外多く取は道にあらず。古主与作殿の為にするぬすみは。覚悟のまえへと』

手にあたりし一包を取て見合す内に。おちの人しげの井様とやらんが忍び出て。お

もひもよらぬ乗物より。三吉をよび出し。親子の物語聞てびつくり。もとの如く天井

忍びあがり。もとの如く板をならべて。此かたへはひよりしに。小まんは与作殿の命乞

とて。無間のかねをつく心。天井にて聞に忍びず。小まんと与作殿の縁切ら

したきも。古主お為なまじゐ事にて。却て与作殿お果なされては。忠がふ忠

と了簡仕かへ。天井より盗し金をふらしたれば。小まんは悦び拾ひ行しと語を。

外にて小まんは聞。肝をつぶして猶きくに。八蔵ハアくるしうござれ共。三吉様の

持てござるは盗ましやつた金ではないと申事を申ひらき。盗人は此八蔵申

わけに自滅いたす。此上は打首に成共。はりつけニ成共。御法にまかされ。三代

相恩のお主の孫。三吉様をさすけて下され人/\と。男泣に泣くどけば。人々

あはれを催しける。中にも本多弥三左衛門殿が為にも。甥与作が子と聞ば。

問屋本陣に断縄をとき。しげの井をもよび出し。お主様の御名もはばかし。』

かはゆふおもふわが子を見捨る。御奉公の心ざしは尤なれども。昔よりためし

なき事にもあらず与作こそ武士の立ぬ。敵打の入わけあれ共。此子に

おいては格別也。此弥三左衛門がお願申与之助ニ成かへらせ。伊達の家をつが

すべし。遠慮なく奥へいざなひ給へといへば。しげの井はうれしき中にも。八蔵

が物語くはしく聞て。夫は馬かたわが身はお乳。小まんが父は舩頭とは。よの

わざの三幅一對。是も稀成縁なりと。わが子をいざなひ奥に入る。小まんは

もはやたまりかね。かゝへ帯をとく/\。首をしめんと門柱にくゝるを見つけて。

弥三左衛門源五左衛門あれとめよと。いだきおろさせ。与作とそはれぬ道理を

聞わけ。生てゐられぬとの心なるか。親こそは敵の家来よ。与作には

しげの井といふ本妻あれば。いつでもそちは奉公人奉公人には敵の家来

の。降参したるをめしつかふためしあれば。死ず共能思案有べしと。亭主

をよびよせ。此弥三左衛門がお姫様の御供仕おふせて罷登る迄は。小まんは』

その法にあづけをく。親弥介が難儀の金子。与作が手ヘ渡りし分は。

御吟味なくくださるゝ。小まんが身の上大切にいたはりをくべし。萬事は

のぼりに一礼いわん。これといふも。姫君のお乳の人の心づかひ。やすむる

ためといふうちに。八蔵はめもくらみ。弥三左衛門様の御了簡聞て。めい

どの道しるべ。めはくらめども心はあかりへ出るやうな。さらば/\とたへはつる。

その一聲や八聲の鶏。サア御立と催御供觸哀に時やうつるらん

                    三之巻終』

;丹波与作無間鐘            四之巻

    目録

第一 癩病の薬に生肝を鳥部野の烟

    俄医者は甘草で嬰児を撫付あたま

    神主と年寄をかけごのない神道容氣

    たばこ盆の火を池田屋の小さのが消かゝる命』

   

第二 我子を蛬鳴音によはる草葉の露

    娑婆はしばしの腰かけにて出石文九郎が最期

    藤ばかまは香ひばかりのこる紫のおもかげ

    ちしほにかはる親の泪を流れの身の果

第三 実子の刀にて我首をかき残す末世の鑑

    冥途への宿がへ駄ちんをまたげた両介が不忠

    小茶屋の自身うけ立て見れば壱分五厘

    うき世はかろきやわらのくゞり身入込での敵打』

   

 (一)癩病の薬に生肝を鳥部野の烟

王氏が三才圖會を考るに。占城といふ国は。我妻を他の

人密夫すれば。本の男悦びて。手まへの女房ども美質ければ。

外よりも賞翫めさるれど。人にも語て楽しむとかや。世界万国

ひとつの水脉にて。日月のめぐみをうくる事も一般なれば。大に

異る情はなきはづなれ共。土地の風俗に従つて。都には近け

れども。山城河内の界にも。程なき伏見蓬莱嶋の人がら。

花のちまたといふ遊君町にはおとり。おじやれ%\のとめ女には

風流(だて)なり。舩着大明神の神主をも兼帯して。此嶋の年

寄とよばるゝ。菅野屋龜右衛門といへるは。貧なれどもつくろはず。

髪と伽羅の油とは。終にちかづきにせず。朝おきするものは。町』

はずれとて借やを追出たて。夜ありきする男は。見事世帯を持かねまいと。

家質はいれる時の加判心よくしてやり。律義に欲のふかき生れつき成し

が。丹州浪人内海塚与太夫をかくまひ置。主の如くにもてなしければ。ある時

与太夫申さるゝは。龜右衛門そこもと流浪せられし砌。律義一へんを見こみ。

身どもが取持て関路右衛門と改て。御金方の下役に出し置しき。身共事は

与作をやりしさきの養父。幾野右衛門を打て立のき。与作にめぐりあひて。敵

うたれき望あれども。知らるゝ通古主赤松の家の再興。身共が死しては

誰ちからに入て。与一郎殿を世に出す覚がない。しかるに与一郎殿は。手前子分に

致し置たれ共。かやうに立のきし跡にて。みどりの陣幕の取沙汰つよく。在国

も成がたきゆへ。与作と心を合せ。勢州龜山に忍びゐられし共。此間与作

をいさめの為。身共が普代の家来。土井両右衛門が忰八蔵が腹切しより。本名あ

らはれ。しばらくも住べき所にあらずと。今は難波へくだり。徳嶋新地といふ所に。』

与作が介抱にて住るゝよし。かけくだつて十年にあまり物語もいたしたく存れども

与作と對面しては。討れねばならず。打ねばならぬ義理づくめにまかりなる。命は

つら/\惜からね共。赤松の成ゆき見とゞけやり度キが。与太夫が念願也。そこもと

にも十一年以前。与作が立のく砌。大小をあづかり。そのゝち思ひ切ておいとまねがひ。

身共が行衛を尋て。以前の恩あればとて。様/\の心づかひ。手前有てもとの

社役にも立帰られ。心置なくくらす段。近頃過分と涙をながせば。龜右衛門も

ともに涙ぐみ。お氣づかひあそばしますな。私すでに渇命に及ぶ所を。御取立

なされし御恩。いつの時にか報じ申さん。しかし赤松殿と申お大名の。御再興

にはみぢんも私のちからを用べき筋目なし。御自分様の御為ならば。たとへ此

身は切くだかれ。日にほされて木乃伊と成共恨みぬ心と思ひ入たる躰をかんじ?。

与太夫かさねて。我近年左の惣身かゆく。あばらへ通つていたみあるゆへ。京への

ぼりしつゐで。筋濱法橋といふ名医に見せてあれば。隠癩といふものにて。』

[挿絵]

a1)せいあん様\おまへを\よびに\参つた

a2)これん尼\お久しい

a3)与作わざと\ざうり取と成

b1)うれしや\ころすさふな与太夫が\のぞみは\かなふた

c1)あゝむたいな\やうすいはしやんせ

c2)此龜右衛門が\手にかけねば\ならぬぞ

c3)しさいをいへ\敵は身が\とる

d1)せいあん様お出を\待てゐました

d2)小さの\やうすは\どうじや

e1)文九郎だ

e2)なぜ\とめる

e3)身があしを\ふんだやらぬ

f1)おやじ様\それは\どうじや

f2)与作そちが\刀でくびうてば\侍は立と\云もの

次第に惣身へ渡り。外へは少も見へず。臓腑くさり入て。命をおとすといへば。

いか様此一両年は。五臓やぶれしや。歩行心にすゝまず。定れる命数惜むべき

理はなけれ共。何とぞ赤松殿の御再興を見届。与作に打れて相果たし。

巳の年の女。上唇の左の角に。黒子あるものゝ生肝を食すれば。此病急

治すといへども。薬方のみにて薬を得がたし。此まゝ死せば。与太夫が侍は

すたる道理と。はら/\と泣ければ。龜右衛門いかゞ思ひけん。赤松殿へのため

といふ事には。手前いさゝかかまはね共。与太夫の一分ンさへたてさすれば。我

恩も報ずるがうへに。与太夫の忠義にかんじ入。心當も候へば。その生肝取

て参すべしと。刀取て立て行を。与太夫とゞめ。それは近頃忝けれ共。今

いふて今そのとしそのほくろ。たとへ有ても殺されぬはしれた事といふを。

ハテ私まかせになさるべし。先頃私預りの宮を生玉にて開帳せばやと相

談のため。大坂へ罷しか。中橋といふ所にて。さやうの女見置たりといへば。与』

太夫よにもうれしけに手前も此春。赤松家再興の聞合のため罷越

長町に宿を取しに。赤松家昔の屋敷名代。今は剃髪して世をのがれ。

名草やの瑚renとて引こみゐるが。ひそかに尋来りて。是も赤松家再

興をのみねがふゆへ。身共が精のつきぬやうにと。中橋邊にて。池田や瑚さの

といふ茶やへ伴ひ。酒をすゝめしに。その女のていしゆ。小さのがほくろのありやう。

年はととへば。巳のとしと答ふ。ハテわが薬にはよい女と思ひしか共。生肝がもら

いたいともいはれず。空しく帰ても。主君の家の事のみ心がゝり。病氣は人し

れずおもりゆく?。そなたが見られしも中橋にてとあれば。小さのに大かた究り

しと聞て。龜右衛門あはれげに咎もないやつを。殺さふと思へば涙がこぼるれ

ど。おまへの武士を立さするには。高で此龜右衛門が命迄つき出しをく。追

付帰り申さんと。わかれて難波に下りける。名斗はむかしにかへす伊達の与作

龜山関を立のいて。与一郎を介抱し。人にそれとさとられじと。与一郎は撫つけ』

ざん切。内海塚清安とかへたるも。清安といふ名のりのまゝ。与作は紺の代なし

着て。薬箱引かたげ。りやうぢにめぐる浮世のさま。かはり果たる住居なり。

惣じて今の医者は。匕さきより口さきが功者にて。自然にいはせて聞ば。

下手は一人もなく。衆方規矩さへ片かな付買て見る眼にて。仲景もまち

つととゞかぬ所がある。kyou(龍共)廷賢?は時のはやり医者といふ分の事などゞ。いひな

らべて。名医方考の文がわるひとやぶりながら。自分は医案一筆も叶はず。

自身に病氣あもき時手づから薬合てのまるゝと聞ては。去とは笑止

千万成事かな。自害の道理と外からきのどくがれ共。人を殺しても薬代

取しむくひにや。人手を頼まずのみ死にするたぐひ多し。さればこそ身躰仕

もつれるといなや。何かなしにまづ撫つけに成。ゆふだすきかけて。みだりに命

号をついて。一属が死ぬれば。何の霊社とまつり。まだけがれも去やさらぬ

うちに。けふは兄きが祭でござると。人をよぶか。急にきぐすりやへあつらへて。』

塞の目に薬をきざませ。茶碗にせたらば。ちよぼ一つも成さふな物を取

合せて。儒医といひたてゝかしらをそらぬは。してみてはやらぬ時。商売仕

かゆるための。見合せといふ物。内證には薬師如来をあがめ。拍子次第で六

枚肩にのれ共。今の唐本には。点が付てなふて。よめにくいといふ医者も

あれば。鶏卵よりあひるらんをまいれと。てにはのやうな事いふても。名人

かと思ふが。渡世の草のたね也。与一郎も与作といひ合せ。徳嶋新地に。わび

たる家かりながら。半分かたりのするやうな事と思ひながら。立帰る所へ名

草屋の瑚renかけ付。おなじみの池田や小さの。急につかへか發りました。

御存の通此間はつゞけ客。ふみと申替名は。おまへのお家のかたき。

城崎弾正が家来出石文九郎。毎夜通ふて。与一郎今に便が有か

と。せんぎいたすにほつとしての。つかへと見へます。其上珎しい客が。中二階へ

ひとり。奥の間にひとり。中居も下女も取こんで。人手間なく。あまり見るめ』

笑止さにしらせまするといふに。清安ゆかずは成まいと雪駄はくを。与作

とゞめて。出石文九郎がかよふは。おまへと出合て。みどりの陣まくをせんぎの

ためと存れば。とかく此節嶋の内。御はいくわいかたく無用といさむれ

ども。病氣といひしらぬ客とやらん。かた%\心にかゝれば。ぜひやつてたも

れと出るを。しからば私も御供申さんと。打つれだちて立こへけり

 (二)我子を蛬鳴音によはる草葉の露

朝夕通ふてはまる。池田やの小さのといふは。与一郎のふかき情。匂ひの

こりし藤ばかま。土井両助に賣送られ。新町といふ里につとめしか共。

一たんはのぼる客ありながら。根のとげぬは。帯とらぬといふくせ物にて。

十年の年も去年あき。恋しゆかしの与一郎の行衛しらねば。便もな

らずうきとし浪も立かへるに。難波の浪のうきふしいも。夫のよすが

を聞迄とて。池田やの小さのとかへ。客屋をするも世のうわさ。聞たき』

ゆへの事成しに。与一郎は医者と成。与作が世話にて程ちかき。徳嶋新地に

かくれすみ。ある時思ひもかけず。療治を頼み。是はとたがひに手を打あひ。

昔には十双倍ふかき中を。与作が様/\制すれ共聞入なく。けふも又つかへ

といふてよびよせられ。一間に入て清安。小さのに鼻つき合て咄す内。与作

はいねふる腰かけの。あし手まとひと氣のどくがる。小さの小聲ニ成て。けさ迄

旅のお衆。此春瑚ren様の御同道にて。たつた一度御出の方。その砌も

瑚ren様におまへの噂斗したでござりましたれ共。まだわが身とてもおまへ

にめぐり合ぬ時の事でござりんした。お近付でばしはないかいなと聞て。与一郎

されば瑚renが咄に。此春指あたつては身が親分。もとは家来の内海

塚与太夫。其方事曽てしらず。一通りにてあそびに来りしみぎりゆへ。

同道せしといひしが。扨はそれかと中二階をそつとのぞけば。高まくらにて

いびき最中。ハテあいたい物じやが。いや/\あふては。与作とのかたき打に』

成まい物でもない。ハテ何とがなといふ所に。奥の間の客。しはがれ聲にて小

さの/\とよぶ聲に。あいと立て。是清安さん。かならずいんでくださんすな。奥

のお客は初てじやが。いろもよばず。何やらわしに咄たい事あるとての御出

いか様女郎さん方よばんす風共見へませぬ。マアいてかふとおくに入。表の方

よりは弾正が家来出石文九郎。供まはりは道よりかへし。只一人臺所へずつと

あがれば。見付られじと与一郎のふれんのかげにひそまりゐる。それと見るより

文九郎。見付た佐用官右衛門忰佐用権六。今の名は内海塚与一郎。せんぎ

する事あり爰へ出されと。ゆかん(と?)するを。あがり口の床几にね入し与作

ふつと目をさまし。文九郎がすそに取付。侍なれば薬箱持はけちらして

もよいはづか。わけをたてられずは。引ずりおろして此すねをいたゞかすとき

しよくするに。文九郎少もおどろかず。うぬにさはつた覚はない。うぬくすり箱

持なれば。アノ与一郎医者が家来よな。下%\なれば様子はしるまい。うぬが』

主人と頼むはもと赤松の家来にて。御追放者成に。丹州にかくれ住で

みどりの陣まくをぬすみ置し段。両介といふ若黨が注進せしゆへ。両介は

手前が主人弾正殿へめし出されて。侍分に御取立。何とぞ与一郎めを尋

出し。幕の置所をせんさくして。主人弾正殿を。播州赤松の本家に願

奉らんと。心をつくすに。両介が申やうは。与一郎てうあいの藤ばかまを。新町

うり代なし置たれは。それより段/\くりよせて。藤ばかまがありかさへしれな

ば。遅く共与一郎が来らん事。あぶらあげの鼠に。狐のかゝるがごとく成べし

とすゝめしゆへ。弾正殿の仰をかうふり。此間新町より段/\たぐつて。藤ば

かまが今の名小さのと聞付。客に成て入こみしに。与一郎を見出すは。天

のあたへ。たゝき殺してもまくを盗でおかみへいつはりしとがを白状させ。

そのうへ小さのは弾正殿。思ひのかゝりし女。前かど土手町で見た時より。

油がのつて程よかろふと。御こがれなれば。ひつたてゝかへる分。二才め邪广』

ひろぐなと。ふみとばす足をかいて。まつさかさまに打たをし。脇指を抜かと

見れば。文九郎が首は前へぞ落にける。これはとあはてる家内上下をおし

しづめて。与作もろはだぬぎ。所詮敵打のならぬ此与作。古主のために

相果るは。まだも武運のつきぬ所。こいつ生て置ては。赤松の若殿

清安様のおためにならぬゆへ。打取しが共。下手人なくては。御代官所がむ

つかしい。當座の喧嘩と御沙汰下され。清安様はいづかたへも御立退

なさるべし。お果なされし赤松民部様の御ゆいごんにも。藤ばかまを縁

きらずんば。草ばのかげまで。勘當との御一言思召出ざれて。まい/\爰ニ

ござる所ではないと。すでにかふよと見へし所に。おくの一間には。こさのが

わつといふ聲。二階の客内海塚与太夫は。障子も明ず聞ゐる内ニ。

奥の間より聲をかけて。与作殿死ないでも大事ないと。立出るは関路

右衛門。今の名は龜右衛門が。刀に小さのがむなさきつらぬき出るを見て。与一郎』

堪忍ならず。ヤアそちは養父与太夫か下役路右衛門ならずや。その女は何で

殺したのがさぬと。撫付あたまふりまはしてつめかくれば。こなたの御養父与

太夫殿の御たのみ。巳の年生れにて。うは唇にほくろある女とはさしつめ。

此藤ばかまがこなたの立身の妨。いきの通ふ内は。よもや縁はきらしや

るまい。ゑんがきれねば。赤松民部様のこゆいごんにそむくつみゆへこなた

の立身は成らぬといふ事を見すへたは。与太夫殿。自分が殺しては。主

人のてうあいあれば奥様も同じ事。手のおろされぬ所を。此龜右衛門に切

てくれいと頼れては。赤松家に御恩のないそれがしゆへ自分に癩病と

いひたてゝ。生肝取て得させよとは。恩ある与太夫殿の一言。そむかぬ

身共がたましいを見ぬいての契約。与作殿早まるまい。其こなたの手

にかけさつしやれた出石文九郎が此女を殺せしゆへ。此場に居合せ。身共

が文九郎を切とめしと言上せば。申わけは立申さんと。又一ゑぐり指通す』

手にすがつて。小さのは詞も涙にくれ。殺さんすもあなたの為なれば。殺さる

身は惜からね共。与一郎様の御行衛。見とゞけずして死ぬるが此世のはさ

り。したがわしが親里は。伏見の蓬莱嶋にて。母は我身生れし時

當座に空しく成。父はかすかな社もち。貧苦にせまり。神木を切

て賣しあやまち。所の住ゐ叶がたく。立のくに付て。わが身はいまだ七ツ

のとし。土手町のときはやへ娘分とてあづけられ。それより便さへはてたり。

わがみのおさな物がたりは。ときはやのくはしやきん聞つたへての咄也。母は

此世になき人なれば。せめて父ごの顔を見て。死たい斗とせぐりあげ

るゝに二階の与太夫は。ハアはやまつた事。頼みしな。わが子としらで殺せし

か。龜右衛門が心の内。さぞや我を恨みんと。もらひなきになきいれば。

与一郎与作ももろ共に。涙をかくす斗也。龜右衛門涙をくろめそちが

親の蓬莱嶋龜右衛門といふは身共゛じや。さいごに顔よふみて死で』

くれい。そちをときはやへ手ばなしてから方/\かせげ共。次第にをちぶれ。

便する程その方が外聞あしく。わかれて凡十年斗さまよひしが。大坂の古

きしるべにて。やぶれ素襖を一具もらひ。高天原をいふて。在々をありきし

に。内海塚与太夫殿情ある侍にて。自身にいふておかしけれ共。律義もの

とて取立られ。後には武士の数にも入。サア娘が方へ便せんと思ふ折節

与一郎を御養子分。与一郎様のふ便がらつしやる。藤ばかまといふ女中

有と聞て。聞合す程身がときはやへやりし娘。赤松民部様の御さいご

に。かならず縁を切との御ゆいごん聞て名のらばたがいの妨と。見合

す内ニ。土井両介が仕わざにて。行かたしれず。蓬莱嶋といふ所は。遊

女傾城のきもいりなどの入こむ場ゆへ。立帰て聞合せば。新町で年

をつとめ。此嶋の内に。女亭主池田やの小さのといふが。大かたそれと指

圖せられ。よそながら待合して。道にて見ればおさながほ。みまかはぬわが』

娘。しかるに与太夫殿は。一圖にそちを殺さする了簡。そちとお添な

されては。与一郎様の立身ならず。しらればぜひとも忠臣のともがらは。とをの

くるは必定。いひかはしたる夫にのがれ。外へ嫁しては貞女立ず。今死で

くるれば。身がしばらくもつかへし主人悠樹殿の思召やうに。与一郎様の立

身を。与太夫殿もはたらきよし。人の子がころされふが。真実しんみの

子と知て。指通せし此刀とかたれば。人々かんにたへ。物をもいはず聞ゐたり

 (三)実子の刀にて我首をかき残す末世の鑑

紅粉青黛夢の如く消。花邊の胡蝶菜上の春とはたれかいひ

しにや。藤ばかまはくるしき息の下よりも。アヽうれしやとゝ様の手にかゝり。

どふてそはれぬ与市郎様に。いきてわかれうより。殺してもらふたがわしが幸と。

いふもしどろにこくうをつかみ。空しくいきもこときれたり。さすがに思ひ

切たりし龜右衛門も。げんなりとして持たる刀からりと捨。名は蓬莱嶋の』

龜右衛門。是が何の鐘右衛門。龜は万年まんのわるい親子が中と。なきた

けれ共与一郎与作が見るめをはずる折ふし。二階の障子さつとけは

なし。もろはだぬぎしは内海塚与太夫。白髪あたまかつさばき龜

右衛門心底くれ/\もつてかんしんせり。いかに与作。其方事は伊達の家へ

養子にやれば。赤松家への由縁なけれ共。与一郎様御立身見とゞ

くるまでは。御そばをはなれず。心を付て奉公頼入ると。是実の

親与太夫が手をつかゆる。生ながらへて餘命もなき身が齢只今

爰にて其方にうたれ。養父への孝養にそなへさせん。其方が

養父伊達幾野右衛門がみどりの陣まくの事取沙汰せしと。恨み

て打しは身がはやまり。此あたには両助めを尋出して打取べし。藤

ばかまにまよひのさめぬ内は。赤松民部様のゆいごん。空しくはなし

がたきゆへ。生ながらへてせつかんせんと思ひし願が。けふといふけふ相叶へば。』

御立身には間も有まじ。サア伊達の与作。其方が養父幾野右衛門を

打たる。内海塚与太夫是にあり。よつていさぎよく敵を打と。首さし

のべて待ければ。うたねば養父へ義理立ず。打は実父に刃むかふわざ。

武士を捨て馬かたより。今薬箱持と成し。侍気さりし下部の与作。

武士めくわざは御免/\と。しりごみするを。与太夫はあざ笑ひ。源の

為義。源の義朝。親子わかつて軍をし。父の首を切て。武門の手

がらとせしためしもあり。義あるをもつて武士とし。義なきをもつて

武士とせず。親子の中は内證づく。表へたゝぬとく/\とすゝむれ共。

サア其義をかくゆへ。武を捨しと立出んとするを。与太夫まて/\と

よびかへし。いか様つが親の首打かぬるも尤/\。此大小は其方が。龜右衛門

に頼置て。たましゐを渡し置と。詞をつがひし両端。かゝる事もあらふか

と。龜右衛門より請取て指置たり。その方が脇指にて。まつかうと横腹へ』

つつたてゝきりりとまはせば。与作をはじめ是はとよるを。はつたとにらみ。此上とむ

れば与太夫共に。武道を捨よといふ事かと。刀を抜てわが手に首におしあてゝ。ゑい%\

声をかけもたまらず。首は前にぞ落にける。与作わつと泣涙。みれんは御免と

実父の首。袖引ちぎつてつゝむ名の。今のうれへはものゝふの。後の栄と親の

慈悲。犬死させてはせんなしと。かきいだき大小取てこしにさせば。龜右衛門は

娘が死がいを肩にかけ。いづれも奥に入る月や。与市は藤ばかまがぼだいの為

とて。仏間に入念仏となへゐ給へば与作は立て中居はしたにいたる迄。何事

も沙汰なしといへば。いづれも詞を揃へ。かなしい事でござります。お氣ばらしに

一ツあげましよかと。酒のかんつけるかた手に。料理人の久助と。下男の八兵衛

は。出石分九郎がなきからをかき上て。井戸へどうどはめるとて。ぶりにし

たらば切おけがあらふといへば。何分あすは此せんぎむつかしう成はしれた事。

夜の内ニめい/\に心じたくして。立のかんと。宿ばいりの心あてあるある中居は。』

[挿絵]

a1)与作殿おやこ\与太夫殿くび\持てござるか

a2)龜右衛門殿\小さのゝしがい\持てのか\しやるか

b1)与太夫しがい

b2)此しがいは\井どへ\こめておけ

b3)れうり人にげ出る

b4)ふたせ女\しやみせん持\にげ出る

c1)両介様\からだ上\ました

c2)なむさん\文九郎殿の\しがいじや

c3)何物が\こうした\事じや

d1)与作じや\両介め\おぼへたり

d2)おやの\しがいを\〓〓〓たゆへ取にかへつた』

夜食膳吸物椀にめを付る。料理人は皿はちのわれぬやうにとしたゝめかく

れば。下女は人の物より。我つゞらとひもしめくゝる。道理は取がち持のさがり

と。後はせりあひ引はりあひ。欲に心のまぎるゝ最中。裏の路ぢへ江そつと

あけ。与太夫首を与作持。龜右衛門小さのが死がい引かたげ。忍びて出ると

しらばこそ。ふとん敷ござ枕ばこ。三つつぎの三味線は。三人してわけふとい

へば。四枚折の小ぶすまは。一枚づゞとらふといふはしたなきこそぜひもなき。

あまりまんがちに取あふうち。隣家よりやうつたへけん。御代官所の役人土井

両介を先にたて。どや/\とこみ入。残りし者どもからめ取り。役人と見へしがいひ

渡さるゝは。是成は城先崎弾正殿の御家来衆。土井両介殿と申御方。是

の亭主小さのは。与一郎といふ隠し男あるべし。せんぎして相渡しくるゝやうに

との頼み。しかるに只今隣家よl断いで。此家には人ごろしあるていに。かべごし

にて承りしと申上しゆへ。ぎんみかた%\立越たり。それにうぬら道具をかた付る』

ていは心得ずときめければ。料理人の久助がうろたへて。いかにも仰の

通り。これていしゆは小さの。めいどへ宿がへいたされしゆへ道具をはこぶ

こしらへしてをりますと。ふるひ/\いふにもかまはず。奥口さがしてみれば

こはいかに与太夫が首なき死がい捨をきたり。何ものともみわけが

たく。家内のものにとへども。一げんの御客とこたへて名もしらず

庭まはりをさかしみるに。井の内にも死がいあると。車にてつりあげ

させよくみれば。出石文九郎たれが打て立のいたとめつたにせけ共。下男の

八兵衛罷出て。くすり箱もちの与作と口論して。切られさつしやつたと

聞て。扨は伊達の与作ならん。そいつか宿はととふ折ふし。与作はさい

前心いらち。実父与太夫の首を持。与太夫の果られし大小をさして。

むかしの武士にかへりし心にて立のきしが。いや/\実父の死がい。その分ニ』

捨置んは不忠の第一いかなる所へも葬りなんと只一人。池田やの表ニ

立よれば御代官所の役人は家財改めて能ニ付立。身躰不相應ニたくさん

な物は。硯ぶたと酢づけのはじかみじやといふて。いそがしい中に高笑ひして立帰。

跡には両介立残り。与作がありかを白状せいと。仲居下男をせごす聲に。

与作もためらひしが。料理人の久助ハテこつちへかゝる事ではなし。いふても

くるしうないと。罷出て徳嶋新地あらめの辻子にて。清安といふ医者の薬

箱持与作と。御尋ませいといひはなせば。最前からさふぬかせばよいに立越

ぶちはなさんと身がまへする所へ。与作に御用ならば是に罷有といひ様

両介が小腕取て引かづきなけつけ。抜打に二三十てう/\どむね打ニ打ふせ。

むなぐら取て引たてヤイ畜類おとりの生れぞこなひめ。をのれが親両右衛門は

身が実父与太夫がふだいの家来。兄の両八が誠ある心ざし。尤もろこしには

兄に柳下恵。弟に盗跖。日本にては兄に保昌といふ勇士あるに弟には保』

輔といふ盗人有しためしあれ共。それには過たる大悪人。藤ばかまをかどはかし主人与太夫

身の上の大事を敵弾正へ訴人し。まだ其上に此与作をおのが腕先で切ふとや。そ

うはさせぬと。二三間つきとばされ。もう叶はぬと抜てかゝるを。かいくゞつて取てふせ。コリヤ此

刀はおのれが口ゆへ。与太夫の自害めされし血糊のまゝ。養父の敵には。実父がわれと

此刀にて打れ。実父の敵はすぐにおのれと指通。仲居下部が縄といて。実父のな

きから肩にかけ。ゆくゑもしらず立のきけり。

                                            四之巻終

[広告]

            ▲お断申上まする

    附リ 一代の人間に末代のなごや帯しまりの能家老政道

 新版ひらがな

            武遊双級巴            全部五巻

 繪入よみ本

    并ニ 積る悪事の数は濱の石川深見へはまる釜が渕

右の本當正月二日より本出し置申候間御買御求御らん可〓〓 以上』

;丹波与作無間鐘            五之巻

    目録

第一 栢原右近が謀に糊のこわい封状

    主の誤を夕時雨にかゝる心の浮雲

    刀の鞘つきつめた家老の思案袋

    敵の證據が手に入間殿の武運』

   

第二 浪人の身は闇より出る赤松の若緑

    無間の鐘て覚悟の断食は蛭よりきつい心の裏

    夫の詞に力を襟付顔色の直る女ごゝろ

    弥介が自滅は主の心の横田川くみかねし忠義

第三 御入部伶人の楽屋餝錦

    合圖の笛吹きつた御座敷の掃除

    蒸も灰ものこらぬ悪人退治

    両国太平敵をうつ音楽の太皷』

   

 (一)栢原右近が謀に糊のこわい封状

唐の元小厚が。美必美ならず。醜も又醜に極らずといひしは。

坂田藤十郎が。玉子のたとへより上手成べし。鼻のなきかあるか。非

有非空の間にめづる男ありて。楊貴妃をしなへて。美女共

思はれず。玄宗の愛し給ふより。名も高まりしなるべし。城崎弾正大弼

さしてもとりゑなく。奸佞をもつて君に寵せられ。京都にその

威たかゝりしかば。四海に聞へて賢臣良佐の様に思ひて。国/\よりも

したひうやまふにしたがひ。何とぞみどりの陣まくを手に入。播广の国

を領知せんとたくみしに。幕のゆくゑしれざるとて。悠樹家の

両家老。福知山蔵人栢原右近都につめて。申わけいたすをば弾』

正がさまたげて。十一年が間国へ帰さず。御上より御うたがひかゝりしと。人質ニ

取て。内證より人をいれ。弾正に味方して。みどりの陣幕の手に入やうに

はからはゞ。悠樹家より給はりし知行に。三数倍してあて行はんと。様/\ニ

なびけける程に。もとより福智山蔵人は。弾正が家来出石文九郎が弟

成ければ。早速にかたふき。此義は最初かの幕を。指のぼぜらるゝ時

より。合点の参らぬわけは。佐用権六を与一郎と名をかへて。幕を渡

されしゆへ。ふしんを立て候へば。本多弥次兵衛と申者に申付られ。その弥次

兵衛が切腹して。幕の行衛しらぬ次第。あまつさへ〓とは。与一郎も国

を立退たるよし注進し。とゞめをかれし相役。右近義は。とかく最初よりの

相談人と存れば。きびしく御せんぎなされかしと。追従をこめてすゝめ

ければ。弾正大弼とくと聞とゞけ。時の執権かた%\へ。丹波国悠樹

左衛門こそ。御上へ對し謀叛の心がけありと。見へ候などゝ。昼夜讒を』

かまへけるゆへ。すでにめしよせられ。御吟味有べきに極りける折ふし。弾正が

家来出石文九郎。土井両介大坂にて。伊達の与作が殺せしよし相聞へ

しかば。弾正御願ひ申上て。もし悠樹左衛門風をくらふて。出奔いたさば。

後日の御大事に候間。拙者まかりむかつて引たて参らんといふに。福知

山蔵人も兄文九郎をうたれ。堪忍成がたし。御供仕りて。丹州の案

内仕らんと。のぞむよしを右近聞付。此方ども永々の在京はかやうの

時事を治んためならずや。貴殿には舎兄をうたれ。さぞ無念に思

はれん。なれども主君の大事に及ぶ案内とは心得ずと。さま%\

とゞめけれ共。蔵人いかりをなし。所詮つぶるゝにちかき悠樹の家ニ

奉公せんより城崎殿へつかへて。栄花をひらかれよと。結句右近を

さみする詞もはやすて置がたしとは思ひしか共。うろと切かゝり仕損

してはいかゞと。いかさまいはるればその通。しからば貴殿を頼み。手前も』

[挿絵]

a1)弥忠太\かつてより\みている

a2)右近\状を取\刀のさやへ\入かへす

a3)くらんど\酒ニゑい\紙入の\状とら\るゝ

b1)右近状取\へいのり入\にげる

b2)弥忠太\右近ニうたれ

c1)だん正\くらんとを打\きる物き\かへる

d1)与市郎世ニ出\赤松の跡め

d2)ゆるぎ左衛門\御そせう\かなふ

d3)御げう書を\わたす

d4)将ぐん\よしてる公

e1)ゆるぎ左衛門殿\与太夫がくび\拝し給へ

e2)与作上下大小さし\もとの侍と成

e3)弥三左衛門\くびさし上る』

城崎殿へ奉公の願ひをたつべしと。肌をゆるさせ。その夜たがひに物

がたりする内に。かやうの大事は。跡にてどちらぞに別心ある時は。くやみて

もかへらず。神文を取かはさばやと。右近かたより望みて。心を合せ城

崎殿へ。回忠の奉公申合す上は。いかやうの事にてもかくし申さず。心

底打あけ申べきむね。日本大小の神祇かけて書ならべ。血判をすへ

て渡せば。蔵人大に安堵し。我方よりも同じくしたゝめて取かはし。水魚

の中とぞ見へにける。右近顔をしかめて。何をいふても。悠樹殿には東

の高家。入間の中将といふ縁者あり。入間殿はかまくらの管領には

小舅なれば。おそれながら将軍家へもちかき由緒あり。悠樹家

のつぶるゝ事を。よもや入間殿の見ぬ顔もせられじと。皆までいわぬに

蔵人いふやう。いや/\其段もきづかひめさるゝなと。鼻紙袋より

書状取出し。是は弾正殿の御自筆。みつ/\の事は。いつもかやうニ御内』

文を下さるゝと。ひらいて見すれば。折い幸入間中将在番の砌なれば。手

前へ茶湯とて招き。毒酒をあたへ殺し申べき間。氣づかひなく悠樹を

ほろぼす工夫あるべし。手前播州一国に丹波の国迄。願ひそへて申給

はらば。貴殿には丹波を預け置べしと。あて名は蔵人殿。城崎弾正

大弼判とある一通右近おどろきしが。心をしづめ。これほど慥成事は

なし。たがひに立身とは爰の事と盃上ればはて扨今迄はそこ

もとへ心がをかれてわるかつた。物はいふて見よふ物でござる。夫にわかれて

さびしさふな若後家も。あつちからはいひ出されぬ物じやに。くどかぬこと

があやまりと。おどけ事に成て。めつた酒に蔵人が氣に入の片部弥忠

太といふ若黨。酌がてら合のおさへのといふに。勝手は夜中のいびきひ

びきて。蔵人も心とけしより。酔がめぐりよこにこけるといなや。ふかのご

とし。若黨弥忠太も。たわひなしに成て。いねぶりながら銚子をさげて』

勝手へ立といなや。右近刀すらりと抜を。弥忠太ひらりと見届しゆへ。

ふすまのこなたにかくれて。蔵人を切ばとび入らんと。見合もしらず右近は。

抜たる刀下に置て。四方を見まはし。蔵人が鼻紙袋そつとひらき。

弾正が書通を取出し。わがかたなのさやへ納め。外の紙一枚四つ五つニ折

て。上よりつき込。刀を納めんとする所へ。弥忠太が見届たと入る所を。

抜た刀で車切に打はなし。とぼし火ふつと吹消したり。此をとに蔵人は

酔さめ。むくとおきあがる。右近は障子けはなし高塀をのりこへ。とぶが

ごとくに立のきけり。蔵人は弥忠太/\と氣を付れ共。胴切なれば

返答なし。蔵人はあたりを見るに。はながみ袋ひらけたり。是はと内を吟

味するに。弾正より来りし一通見へず。扨は右近めにたばかれしか。遠くは

行まじ追かけよと。おい/\四方へ追ゆくを。右近が家来もゐれば。やらじ物

をと切むずび。おの/\相打にぞ及ける。蔵人大にぎやうてんし。やがて』

弾正大弼の屋敷へかけ付。急変とよばゝりて門をたゝきければ。弾正も

心もとなく。奥へ通すにも。はや蔵人は。膝腰ぬけて立がたく。いふ事も

そゞろに成。相役右近が。御書通をぬすみて立のきしは。正しく入間殿へ

訴ゑるつもりと存り。是がマア入間殿へ聞へて。御上へ段/\のたくみが

しれたらば。何と成ませうと。詞の跡さきしどろ成に。さすがふ敵の

弾正も顔色ちがひ。自筆の證據をとられては。もはや半時も都ニは

すまれぬ。おのれがやうな麁相ものとはしらずかたらひ合せし。身が不

運と。蔵人がつら二つ三つふみつくれど。それはあまりお情ない。おのき

なさるゝ方迄。めしつれられて下されとと取付を。しからば此上の慈悲

に了簡ありと。弾正か着たる衣服を蔵人に着せ。わが身は蔵人

が。紋なき下着一枚着し。サア立のく方ありといへ共。蔵人はすね

たゝずと。立てみてもどふどたをれ。とかく性根のをくれをみきはめ。』

生をいて。跡の邪广と。蔵人が刀にて。無理に蔵人に自害させ。顔の

見へぬ程疵を付。弾正硯にむかひ。大事あらはれぜひなく。自害する

様に書置し。裏門より忍びにげ行けるにや。悪事千里といへども。

はしるには一里もあしの立かぬるものにや

 (二)浪人の身は闇がりより出る赤松の若緑

悪を積で富る者あり。善を施して貧き者あり。いかんと問しに悪をなさ

ば悪名有べし。善をなさば善名あらんと。伍子胥が答へしも。古き書

にて。千載の今にもあらたにみがゝば。人の鏡成べし。栢原右近が訴によつて。

入間殿しきりに言上ありしかば。城崎弾正大弼からめ取て参らすべき。上意

によりて。御家人衆はせ向はれしか共。一通の書置したゝめ。自害の躰に見へ

けれ共。栢原右近同心せず。まさしく是は蔵人がしがいと存るよし申上るゆへ。

しからば弾正事は。悠樹家の小舅。赤松の家を亡せしわけもあれば。其方より』

尋出し。いかやうにも心まかせの罪に行ふべしと。御免ありしかば。よき順ぞと入

間の中将御願ひ申上られ。赤松民部太夫におとし子これあり。時節をもつて

跡目御願ひ申上たく。悠樹左衛門見合まかりありしか共。弾正が佞悪を

はゞかり。わざと指ひかへ罷有と也。只今にては。ゆるぎの娘しらねの姫を私が

養子分にて一子渚丸がよめに取たれば。赤松とてものがれぬ中。みどりの

陣まくの義も。お上へかくしたるにはあらね共。弾正にうばはれん事をかなしみ。忠

義ある家来共が。所為にて候と。身に引かけて言上したまへば。是迄弾正

を忠臣とのみ見たるは。某があやまり。ゆるぎ左衛門へ申渡し。赤松の筋目

あらば取立て。もとのごとく播州をあて行ふべし。つぎめの参内は。日を撰

て申渡さん。此よしゆるぎへ早く達すべしと。御免の上意有がたく。入間

殿のさはいにて。ゆるぎ左衛門上京あり。伊達の与作は。実父の首をしほ

づけにしてかゝへのぼり。内海塚与市郎をいざなひければ。与一郎を赤松修理亮』

になし下され。五十万石相違なき御領書ていだい。面目時にほどこし給へば。

ゆるぎ殿満悦はなはだしく。是といふもひとへに。与作が実父。与太夫が忠義。

弥三左衛門が兄弥次兵衛が。死をいたせしゆへ也。忝くも与太夫が首ねつゞら。三方ニ

のせて。家来ながら拝礼し給へとのたまふにぞ。赤松殿も涙にくれて。恩を謝

し。与太夫弥次兵衛が霊魂。我領地あらん限りは。神と祝ひ申べしと悦び

給へば。与作はよるぎ殿より本の千三百石。赤松殿より合力として。永代千三百石

の墨付を給りしゆへ。与作丹波の馬追なれど。花の都の刀指じやと。今の世

迄もうたふ也。爰に本多弥三左衛門は。しらべの姫をかまくらに送りまいらせ。両年

斗もり奉りし後は。丹州へ帰るとて。わが甥与作がいひかはせし。関の小まんを

親かたに断はひて。丹波の国へつれ帰り。与作が帰参の時節を待けるが。此時

を幸と思ひけれ共。本妻しげの井もはやおいとま申てのぼりてもくるしから

ぬ時分なれば。是をよびのぼせ。与作ともとの如く。夫婦にしたるうへ。小まんをも』

めかけにつかはすへしと。先當分は客分のやうにて。弥三左衛門方にかくまひ置れ

けるに。爰にふしぎ成事有けるは。小まんも膳をすゆれば。箸を取あげ椀を

手に持てば。ハア又あれ/\といひて椀をなげ捨。あるひはさゆ薬の類などをすゝ

めても。手には取ながら。内に物の見ゆる体にて。手にもたまらずさつとあくるゆへ。

弥三左衛門家内の人々立さはぎみれ共。何もなかりければ。初めの間は合点の

ゆかぬ事と斗いひくらしけれ共。日数を経て。小まん食事はいふに及ばず。

湯水迄もかゝる奇異成事にて。たへはてゆけば。次第にやせおとろへける

まゝ。いか成事にやととひつめられ。はづかしながら父弥助身のうへ難儀の

あまり。金子なければ命もあやうしとて。与作様にもせよ。八蔵にもせよ。金

子の調ひし方みづからを妻にあたへんとの急成さいそくに。八蔵は衣才

覚すべきよし。与作様は調がたく御難儀。たとへ父の為なればとて。与作様を

捨て。八蔵がつまと成では。小まんが女の一分も立ず。もとより思ひこみし。』

与作様にわかれん事のかなしさに。すいふろ桶に無間のかねを観念し。たとへ

桶にもせよ。風呂にもせよ。一念といふ物なくて叶にべきやと一心に思ひ入て

つきければ。天井より小判ふりしを。跡にて聞ば。八蔵といひしは。与作様の御家

来筋にて。忠義にふらせし小判といふ事しれたれ共。かりにも無間の鐘

と名付てつきし。むくひによりて。食物のみ物。こと%\く蛭と見へて口

に入る事あたはず。アラくるしや/\とうめきわたりて。祈祷よ御札とひし

めけ共。いさゝかもしるしなかりければ。さしもの弥三左衛門もあきれ果て。責

て命のあるうち。与作に引合せなんと。与作を招きよせけれ共゛。与作よりの

返事に。小まん事一たんは契をも結びて候へ共。主君のあたと成し。弾正大

弼が家来筋の者。豊岡弥介が娘と聞ては中/\對面も成がたし。無間の

鐘の業因にて。蛭のくるしみにあふよし承りいか斗ふ便には存候へ共。うす

き契と存切候やうに。仰切下されよとて。見舞にとてもゆかざりければ。』

五六日も食事たへて。つかれはてゝより小まんに。かくといはん事もきのどくなが

ら。かくし果べきにもあらず。ぜひなくありのまゝに弥三左衛門語聞されければ

小まんくるしげに。さればその御心と存候ゆへ。覚悟しての断食。わが親弥助

事は。尤弾正殿よりいとまは取しか共。普代の家来にはまぎれなし。義を

おもんずる与作様。よもや敵の家来筋を。めしつかはれん道理はなし。

しかれば此世に生ながらへて何かはせん。自害しても死なばやとおもへども。

それにては与作様を恨みての。しわざとの。御心根も物がなしおく。さらば

断食して死せんとは思へ共。かくまでいたはり下さるゝ。弥三左衛門様の御家

内の人々の。とやかくすゝめ給はん食事に。ことばの時宜のがれがたき事

もやと。無間の鐘のむくひにて。蛭と見ゆるよしを申立しは。有やうは

死にたさのいつはり。しかれ共かやうに食事たへて。死するやうニ成たるも。

食事は蛭に見へざれ共。是がすなはち無間の鐘のむくひの道理と。』

[挿絵]

a1)小まんが親\弥介書置し\よこた川へ\身なげる

b1)弥三左衛門\きも\つぶす

b2)小まんむけんのかね\つきしゆへ皆\ひるニ見へわんを\なげ\る

c1)しげの井\よろこぶ

c2)小まん\うれしがる

c3)与作世に出\両人にあひ\よろこぶ

d1)与市郎\赤松左衛門と\成給ふ

d2)ゆるぎ殿\見給ふ

d3)三吉\げんぶ(ぷ?)くし\侍ニ成

d4)与作だん正を\取おさへからめる

d5)だん正\〓ゝは〓

d6)左内\悦ぶ

d7)弥三左衛門\切ちらす

d8)だん〓〓〓〓〓〓〓〓』

さめ%\となきければ。人々手を打ともにあはれをもよほしける。小まん

が父の弥介。かくとや聞付けん。娘に勘當のむね一通を残し。主君の

悪逆きくに忍びず。此上長生せば。いか成主君のうき名をや

聞んと。思ひ切しむね。書置にしたゝめ。横田川に身を投ける。娘な

ればとて。関の親かた白子屋より。つげしらせけるまゝ。小まんがかな

しみやるかたなけれ共。与作は此よし聞とゞけ。勘當とあれば。親の

すじめならずと。弥介が自滅を感じ。しげの井帰国せば。此方へ引とりて

めしをかんと。さま%\小まんにちからを付てぞいさめける

 (三)御入部伶人の楽屋餝錦

夫君の宥言。春風の如しといへる古人の閨婦の賦も。今爰に

引合されて。与作が心とけし一言より。いつとなく小まんちからづき食事

もやゝむかしにかへり。本復の色を見せけるうちに。東より与作が本妻』

しげの井も娘の御方御成人とて。御いとま申うけ。丹波の国へかへり

花。うかし覚し女房ぶり。久しぶりの對面に。与作も数年の

苦労を語あひ。いよ/\中よくくらしけるに。弥三左衛門のあいさつにて。

小まんをも屋敷へ招き。しげの井心よくもてなし。妹分にしてかは

ゆがりければ。小まんもしげの井を。真実の姉とかしづき。ともに与

作を大切にせしかば。与作は月花の心にぞ。思ひたのしみける。しか

るに城崎弾正行衛しれず。御上をいつはりし大罪は。御起きてのが

れがたし。そのうへ先赤松民部殿をはじめ。与作が養父幾野右衛門も。

弾正が悪事より事おこつて。死命に及ぬ。とかく尋出で置

べきやうなしとて。悠樹殿赤松殿。両家の面々草をわかつて

探しもとめけるに。更にかくれし所をしらず。爰に赤松殿には。故

民部太夫殿の御年忌とて。播州戸田山斑鳩寺にて。〓〓夜の』

念仏會とりおこなはれけるに。廿人の〓倫の徒。楽を奏して

諷誦をたすけるは。まことにとうとくぞ見へにける。赤松殿より

請應とて。悠樹殿にも法事の座にのぞみ給ひ。両家の家中名

あるともがら。歴/\と着座し。十人の法頭。五人の女僧。威儀師

堅儀師。堂/\と列班すれば。導師しづかにあゆみ出て。すでに

賛唄ぞはじまりける。いづれも殊勝の合掌ある最中。伶人の内

より合圖のねとり吹たてゝ。真先にすゝむは。城崎弾正。つゞいて

城崎一味のともがら。跡をつめて鳥かぶとかなぐり捨。つるきを抜て。

破の舞の乱調子にかゝり。ゆるぎ赤松の両君を目がけ切て

かゝれば。伊達の与作。栢原右近。本多弥三左衛門を初として。一人當

千のともがら。押へだゝりしばらくたてあひ。楽のしらべに合てたゝかひしが。

弾正は与作に取ておさへられしかば。残る者共を。右近弥三左衛門取巻』

て縄をかけ。都へうかゞひ首をはね。ごくもんにこらし給ふ。扨与作が子世之介は。赤松殿もち

ひ給ひ。内海塚与惣右衛門といふ名を給はり。家老ニ御取立。与作悦び。馬取寄

あいの土山。雨降てかたまる知行は親まさり。子孫の為ニも与惣右衛門。いせいは播广

御家督。酒に酔てや顔は丹波の国ゆるぎの家の帰り花ひらく春ぞ目出度終

元文四年<未ノ>正月吉日<京>婦屋町通せいくわんじ下ル町 八文字屋八左衛門板』

(刊記は、長谷川による)