〔文化五年本〕

   春雨物がたり

はるさめけふ幾日、しづかにておもしろ。

れいの筆研とり出たれど、思めぐらすに、いふべき事も無し。

物がたりざまのまねびは、うひ事也。

されど、おのが世の山がつめきたれば、何をかかたり出ん。

むかし此頃の事どもゝ、人に欺かれしは、我いつはりとなるを、よしやよし、寓ごとかたりつゞけて、おしいたゞかす人もありとて、物云つゞくれば、猶春さめはふる/\。

   血かたびら   第一回

天のおし国高日子の天皇、開初より五十一代の大まつり事きこしめしたまへば、五畿七道水旱なく、民腹をうちて豊年うたひ、良禽木をえらばず巣くひ、大同の佳運、記伝のはかせ字をえらびて奏聞す。

登極あらせしほどもなくて、大弟神野親王を春の宮つくらして遷させたまふ。

是は先帝の御寵愛殊なりしによりて也けり。

太弟聡明にて、和漢の典籍にわたらせたまふ。

君としていにしへより跡なし。

草隷はもろこし人の推いたゞきて、乞もて帰りしとぞ。

此時、唐は憲宗の代にして、徳の隣に通ひ来たり。

新羅は哀荘王、いにしへのあとゝめて、数十艘貢物たてまつる。

天皇善柔の御さがましませれば、春の宮にはやうみくらゐゆづらまく、内々聞しらせたまふを、大臣、参議、「さる事しばし」とて、推とゞめたいまつる。

一夜、夢見たまへり。

先だいのおほん高らかにて、

  けさの朝け鳴なる鹿の其声をきかずはゆかじ夜のふけぬとに

打かたぶきて、御歌のこゝろおぼししらせ給へりき。

又の夜、せん帝の御使あり。

早良親王の霊、かし原の御墓に参りて罪を謝す。

只おのが後なきをうたへなげきて去ぬとぞ。

是はみ心のたよわきに、あだ夢とおぼししらせたまへど、崇道天わうと尊号おくらせたまひぬ。

法師、かんなぎ等、祭壇に昇りて、加持参らせはらへ申たり。

侍臣藤原の仲成、いもうとの薬子等申す。

「夢に六のけぢめをいふ。

よきあしきに数定まらんやは。

御心の直きにあしき神のよりつくぞ」と申て、出雲の広成におほせて、み薬てうぜさせたいまつる。

又、参議の臣達はかりあはせて、こゝかしこの神社大てらの御つかひあり。

猶、伯耆の国に世を避る玄賓めされて、御加持まいらす。

此法師は、道鏡と同じ弓削氏にて、そのかみも召れしかど、道鏡が暴悪けがらはしとて、山ふかくこゝかしこに行ひたりし大徳のひじり也。

七日、朝庭に立て、妖魔を追やらひしかば、み心すが/\しくならせたまひぬ。

「猶みやこに在て、日毎まゐれ」とみことのらせしかど、思ふ所やある、又、遠きにかへりぬ。

仲成、外臣を遠ざけんとはかりては、くすり子と心合せ、なぐさめ奉る。

よからぬ事申すも、打ゑみて、是等が心をもとらせ給ぬ。

夜ひ/\の御宴、琴、ふえの哥垣、八重めぐらせ遊ばせたまふ。

御製をうたひあぐる。

そのおほん、

  棹しかはよるこそ来なけおく露は霜結ばねば朕わかゆ也

御かはらけとらせたまへば、薬子扇とりて立舞ふ。

  三輪のとのの神の戸をおし開からすもよ幾久々々

と、袖翻してことほぎたいまつる。

御こゝろすが/\しく、おひてならせたまふ。

太弟のみ子、才学長じたまふを忌て、みそか言しらし奏聞する人あり。

又、此み代にと急ぐ人もありといふ。

みかど独ごちたまふ。

「皇祖、長矛に道ひらかせ、弓箭みとらして、仇を撃たまふより、十つぎの崇神のおん時までは、しるすに事なければ、養老の紀に見る所なし。

儒道わたりて、さかしき教へに、或はあしき事を撓め、或は巧に枉りては、代々栄ゆるまゝに静ならず。

朕はふみよむ事うとければ、たゞ/\直きまゝに」[と]おぼす。

一日、大虚に雲なく、風枝を鳴さぬに、空に物ありてとゞろく音す。

空海まいりあひて、念珠おしすり、呪文となふれば、すなはち地におつ。

あやし、蛮人の車に乗てぞありける。

とらへて櫃に納め、難波ほり江に捨さす。

忌部の浜成、おちし所の土を三尺穿すてゝ、神やらひ、をらび声高らか也。

一日、皇太弟柏原のみはかに詣で、密旨の奏文申たまへり。

何の御こゝろとも、誰つたふべきにあらねば、知るべきやうなし。

天皇も一日御はかまゐりしたまふ。

百官百司、みさきおひ、あとべにそなふ。

左右の大将中将、御くるまのこなたかなたに弓箭とりしばり、劔はかせてまもりたまへり。

百取の机に幣帛うづまさにつみはへ、堅木の枝々に色こきまぜてとりかけたる、神代の事も思はるゝなりけり。

雅楽寮の人々立並て、三くさの笛鼓のおとおもしろと、心なき末のよぼろらさへ耳傾たりけり。

あやし、うしろの山より黒き雲きり立昇り、雨ふらねど年の夜の闇に等し。

いそぎ鳳輦にて、丁等あまたとりつぎ、左右の大中将もつらを乱してそなへたり。

「還御」高らかに申せば、大伴の氏人開門す。

御つねにあらじ[と]て、くす師等いそぎ参りて、御薬てうじ奉[る]に、かねておぼす御国譲りのさがにやとおぼしのどむれば、更に御なやみなし。

みかはらけ参る。

栗栖野の流の小〓に、ならびの岡の蕨とりそへ、鱠や何やすゝめまつれば、みけしきよく、うたづかさ舞うたひつゝ、そ夜に月出て、ほとゝぎすひとふた声鳴わたるをきこしめして、大とのごもらせたまひぬ。

あした空海まいる。

問せたまへるは、

「三皇五帝いや遠し。

かのゝちの物がたり聞せよ」となん。

空海申す。

「いづれの国か教へに開くべき。

三隅の網の一隅は我にと云しが私の始也。

たゞ/\御心直くましますまゝに、まつり事聴せたまへ。

日出て起、日入てふし、飢てくらひ、渇してはのむ。

民の心にわたくしあらんやは」。

打うなづかせて、「よし/\」とみことのらす。

太弟参り給へり。

御物がたり久し。

のたまはく、

「周は八百年、漢家四百年、いかにすれば長かりしや」。

太弟こたへ給はく、

「長しといへども、周は七十年にしてやゝ衰ふ。

漢も亦、高祖の骨はたいまだ冷ぬに、呂氏の乱おこる。

つゝしみの怠りにもあらねど、天の時にかあらん」。

問せたまふ。

「天とは日々に照しませる皇祖神の御国ならずや。

はかせ等、天といふ事多端也。

又、仏氏は、天帝も道にくだりて聞と云。

あな/\、天といふ物の、愚なるにはこゝろ得がたし」と。

太弟御こたへなくてまかん出たまへり。

あした御国ゆづりの宣旨くだる。

ふるさとゝなりし平城におり居させたまはんとぞ。

元明より先帝まで、なゝ代の宮どころなりし。

むかしは、宮楼、殿堂、「さく花のにほふかごとく今さかり也」とよみしを、おぼし出させてや、いそがせたまへりけん。

日をえらびていでたゝせましませる。

鸞輿を宇治にとゞめさせて、しばしながめさせたまふ。

おほん打出させたまへり。

  ものゝ夫よ此はし板のたひらけくかよひてつかへ万代までに

是をうたはせて、うた人等吹しらべ奏す。

奈良坂にて夕みげまゐる。

薬子御だいまいる。

「このてがし葉は」などゝ問せたまふ。

「それはねぢけ人にこそ。

直々しきには、いかで」と申す。

「よし」とみ言のらせて、古宮に夜に入て入らせたまひぬ。

あした、御簾かゝげさせて、見はるかせたまへば、東は、春日・高円・三輪山、みんなみに鷹むち山をかぎりたり。

西は、かつら木・たかんま・いこま、ふたかみの峰々、青墻なせり。

むべも開初より宮どころとえらび定めたまふを、先だいのいかさまにおぼしめせばかと、ひとりごたせぬ。

北に、元明・元正・聖武の御はか立ならぶと聞し召て、はるかに伏拝ませたまふ。

大寺の甍たかく、層塔数をかずろへさせぬ。

城市の家どもゝ、いまだ今の帝都にうつりはてねば、故さとゝもあらず。

東大寺の毘盧舎那仏拝まんとて、いそぎ出させたまふ。

見上させて、

「思ふに過しみかたち也。

西のはての国にうまれて、この陸奥山の黄金花に光そへさしよ」と、御戯のたまふ。

ちかくまゐりし法師の申す。

「是は華厳と申御経にとかせしみかたち也。

如来のへんぐゑ、大にあらせば虚空にせはだかり、ひぢめては芥子の中に所えさせたりと申す。

まこと肖像はこゝにもわたしたる中に、御足のうらに開元のとしを鐫らせしが、竺国にて三たびの御かたち也。

五尺にわづかに過させしよとをろがみたいまつるとや」。

露うたがひたまはぬ御ほんじやうにて、御烏帽[子]かたふけさせたまふ。

かく直くましませるを、薬子・仲成等、あしくためんとするこそ、いとほしけれ。

御臺まいる。

いとようきこしめして、

「難波とやらのちかくで、あぶり物うまし」とぞ。

薬子申。

「なにはに宮古あらせしみかどは、御ちゝ帝の、弟みこをわきていつくしませしかば、神さり給ふ後に、御おとうとの皇子に、御くら居あらせよとありしを、宇治のみこ、兄にこゆるためしやあるとて、三歳までゆづりかはしたまへば、難波の蜑が貢の真魚、いづれにと奉りまどひて、海人なれや、おのが物からもていさつと、うたになげきしが、遂に兎道のみ子、自[ら]刃にふしたまひしを、いにしへにも、もろこしにも、ためしなき聖王とかたりつたへぬる。

わづか四とせにて下居させしは、御こゝろの直きからのたわやぎ也。

ゆづらばとて、即高きに昇らせし今の帝の御こゝろまがれり。

もろこしのふみよみて、かしこの簒ひかはるあしきためしをためしとして、御くらには登らせし也。

あな恐し。

難波の帝のためしにかへさせて、今一たび、たひらの宮にたゝせ給へ。

百官百司、民の心もしかあらばやとねがふと聞。

太弟のからぶみにさかしだちて、まつりごとおに/\しく、こち%\しくて、世はこの末いかにとなげくとや。

いそぎ一たびの宣旨をあさするとなん、御つかひあらせよ。

仲成つかふまつらん」と、すゞろぎた[つ]る。

直きには、又是に枉られて、奈良の宮づかへする臣等にはかり問すれば、誰御こたへ申人もあらず。

仲成、兵衛のかみなれば、此そなへに昆明池にならひて、さほ川に戦ひならはせしかば、都に「しか%\の事」とはやも告げて、又、市町のわらべ歌に、

  花はみなみに先咲からに、雪の北窓心さむしも

いよゝおどろかせたまひて、奈良の近臣をめされ、推問せたまへば、

「是、薬子・[仲]成に事おこる。

この春正月のつい立あした、れいのみくすりまいらす。

屠蘓・びやく散たいまつりて、度嶂さんたいまつらず。

『いかなりや、ためしは』と、問せたまふ。

薬子が申。

『あやし。君、峭壁をこえさせたまふまじきに。

奈良坂たいらかにこそあれ。青垣めぐりて、わづかに此みかきの内だに、こと%\は貢もの奉らず。

悲し/\』と、

ちらしつゝ、泪を袖につゝみて立さる時、御まへに在て聞」と申す。

「さらば」とて、即官兵を遣はされ、仲成をとらへて首刎させ、くすり子は家におりさせてこめしをらす。

又、御子の高丘親王は、今の帝の、上皇の御こゝろとりて、まうけの君と定まりしをも停めて、「僧になれ」と、宣旨くだる。

親王、改名真如と申す。

三論を道詮[に]まなび、真言の密旨を空海に授かり、猶奥あらばやとて、貞観三年に唐土にわたり、行々葱嶺をこえて、羅越といふ国にいたり、御心ゆくまゝに問学ばせたまひしとぞ。

このみ子、天のしたしろしめさばと、上下の人、皆申あへりき。

くすり子はおのが罪は悔まで、怨気ほむらにもえのぼり、ついに刄にふして死ぬ。

この血、帳かたびらに飛走りて、ぬれ/\と乾かず。

たけき若ものら、弓に射れどなびかず。

刃にうてば、かへりて缺そこなはるゝとなん。

上皇にもかたくしろしめさゞれど、近臣等にみことのらす。

上皇、

「あやまりつ」とて、御ぐしおろしたまひ、御よはひ五十弐まであらせしとなん、いひつたへる。

   天津をとめ   第ニ回

嵯峨のみかどの英才、君としてためしなければ、御代押しらせたまひて、万機をもろこしのためしに学ばせたまふによりて、歌も文もからざまにのみうつして、皇女と申せども、「木にもあらず草にもあらぬ竹のよの」、又、「毛をふき疵をもとむ」など、口つきこは%\しくて、国ぶりの哥よむ人は、おのづから心まけて、おとろへ行めり。

平の上皇、わづか四とせにておりゐさせしを、内々には取かへさまほしく、一たびはおぼしなりしかど、御ぐしおろしたまひて後は、いと静に行はせ給ぬ。

嵯峨のみかどもおぼしやらせて、御弟の大伴を皇太弟となしたまひて、なぐさめたまへる。

是はたふとき御心となん人申す。

さて、御位ゆづりありて、嵯峨と云山陰に、下り居の宮、茅茨きらずのためしに、いとかろらかに、いとやすく作りはてしかば、うつらせたまふ。

是は、先だいの平城なゝ代の結構、この邦にはためしなければ、はて%\いかにとて、瑞がきの宮、ふし垣の宮にかへさせしとぞ云。

されど、長岡はあまりに狭し。

王臣等、家もとめ煩ふ。

民はまいてなり。

「是はあやまりつ」とて、今のたひらの地をひらきならして、奇岩ま戸・豊いはまどの神々に、ねぎごとうけひて遷らせしが、人の心は花にのみさかゆくものにて、いつしか王臣のねがふまゝに、又、殿堂も大かた奈良の古きにかへさせたまふを、老たる物知は、

「賈誼が三代の物がたり、賢臣どもいさめたてまつるはまこと也けり」と、漢書の其わたりよみて、みそかせりとなん。

上皇の、下居の宮にも、わかう花やぎたまへるまゝにとも申す。

草隷をよく学得たまひて、おほく海船のたよりに求め撰ばせ、大かた御心ゆくめり。

空海もよく手書を、友として、法務のほかにも、度々参らせ給ふ。

「是、近き頃得たり。羲之が真蹟なり、よく見よ」とて、

取下させしかば、見あきらめて申。

「是は海、かの土に在て手習し跡也。しるし見たまへ」とて、裏をかへして、はしの方見せたひまつる。

日本釈空海としるしおきたり。

上皇御言なくて、妬ませたまふとぞ。

海もおぼししる。

此法師は手ぶりさま様に書てありしかば、五筆和尚の名をなん世につたへたりける。

皇太弟受禅、後に淳和天皇と申奉りぬ。

元を天長と改させたまふ。

平の上皇は、此秋七月に神がくれたまへば、平城の天皇と尊崇し奉る。

さがの上皇、識度のひろきまゝに、万機を親しませしかば、このみかどに改る事なくて、法令正しく、上下打つもりて、儒教もはらなりてへど、仏法は益さかりに、君のうへの御仏と尊称すれば、堂塔としに月に建ならび、博文有験の僧等、つかさ人に同じく立ならびて、朝政をも時々たわめて、我道のために引入る。

君と申せども、冥福にみ心かたぶけば、とり用ひさする事わからずとぞ。

「是や如来の大智の網にこめられしよ」と、物しりはみそか言申す。

それが中に、中納言和気の清丸の高丘山の神願寺ばかりは、妖僧道鏡が心にたがひて、宇佐の神勅を矯ず、あからさまに奏し申せしかば、妖僧いかりて、一たびは因幡の員外の介に貶され、又、庶人にくだしはなちて、邦の果なる大隅に流しやる。

はじめ忠誠のちか言に、「御代守らせたまへ、寺作りて御徳報じ奉らん」といのりしかば、道鏡追放たれぬ。

この丸の忠誠、天のしたにしらぬ人あらず。

されど、位官はたかゝらず。

一たびは本国の備前の守に任ぜられて、国の利に水おさめし事など思へば、大事を問はからせたまふとも飽無きも、ついに五十踰て中納言にとゞまられぬ。

神の守りも仏のちかひも、身のほど/\の命ろくとか云には過まじきよ。

寺は後に神護寺と改らる。

字の祥なん真ことなりき。

今上の皇太子正良に、ほどなく御くらひ譲らせて、下居させたまふ。

此み代のためしにはなきよしにて、文史のつかさ、筆さかしく、から国にひき得たる上皇二人まであらせる事こそ、珍しきによりてなり。

このつぎの帝は、仁明天皇と後に尊号たてまつる。

紀元承和とあらためさせたまふ。

たゞ/\仏まつる事の代々に栄ゆくは、儒教をおしたとみたまふも、御ざえの花のさかえにて、まことにはあらざれば也けり。

みかど、唐帝の花/\しき事などしたにはしのばせて、表には打しづもらせしかど、良峯の宗貞と云六位のくらう人を、明くれ召まつはせて、文よませ、事どもみそかに問せたまふ。

宗貞さとくて、或はよからぬ中にも、是はさわらず、是は恐れさけくべくと、御心悩ませで、よくつかんまつれり。

したには色好む御本じやうにて、是はつゝませたまへど、宗貞よくしりて、年毎の豊のあかりの舞姫、昔、きよみ原の天皇の、吉野に世をさけたまひし時、御くらゐしらすべき吉瑞に、其瑞雲を袖にひるがへして、天つをとめら五人舞しためしをまなばせし也。

二人のまひ姫は其ためしにたがへりと申て、いろこのませるをはかりて、御目なぐさませんとす。

此事宣旨くだりて、新なめのことしより、大臣・納言・参議の人々、御むすめたち、花をさかせ、いろをまして、あはれ御めとゞまらばやとねがふに、立まふふりを、うた人めして習はせりき。

数まさりては、こと%\におぼしとゞむべくもあらず。

めされぬは、加茂・伊せのいつきのためしになずらへて、帳内にうづもらすこそ、あしかりき。

国ぶりの歌、この帝は時々打出させしかば、宗貞上手にて有ければ、めづらしき御題たまはりてよませて、み遊びせさせ給へりき。

やまと歌、一たびはから歌にけおされしかば、よむ人聞ざりしを、この御代に興りて、女がたには小町、したづかさなれどふんやの康秀等、ついでゝよみほこりき。

帝五八の御賀に、興福寺の僧がたいまつりし長歌を御覧じて、「此ふりは僧家にとゞまりしよ」と、ほめごとせさす。

其うた、ことこそ長ばへたれ、いと拙きをさへよろこばせしは、このふりよむ人絶てなかりしにこそ。

いにしへの人丸・あか人・憶良等が花ににほはせ、あるは直々しく、又、思ふ事くまなく云つらねたるをば、しらせたまはねば、宗貞に「よめ」ともおほせごとやなかりし。

或時、空海まゐれり。

さかし問せたまふは、

「欽明・推古の御ときより、経典しき/\にわたりしにも、猶とりよろはぬと聞。

汝が呪文の術をいかに」と。

海、申。

「経典は、素難、何々の医書に、ことわりきはむるに似たり。

我呪文は、黄耆・人じん・大黄・附子の功に同じくて、あてたがへずしては、病を去り、いのち長からしむ奇薬也」と奏す。

海は経典に博く、しるしも見するぞ、いにしへよりたぐひなき法師にておはしけり。

宗貞、好む心をみかどあらはしたまふに、はしの方のすだれの内に、きぬかづきて、女房のさびしげに在たゝせる姿にやつしたまへるを、ゆめさとらで、袖をひかへ、「御名いかに」とゝへど、こたへなかりしかば、

  山吹の花色ごろもぬしや誰とへどこたへず口なしにして

帝、黄なるきぬかづきて居たまへばになん。

即、衣ぬぎやらせしかば、まどひて走りにぐるさへ、ゆるさせしとぞ。

桃の実のくひさし奉りしにたぐへて、内にふかくつかんまつる人々は、うらやみたまへり。

山ぶきと梔子とは同じ色ながらことなるを、此歌にめでゝ、たゞひとつ色になんいふめりき。

又、淳和のみかどの皇后橘の嘉智子、今は太后にて在せるが、橘の氏の神まつりを、円提寺にて行なはんと申す。

此神いちはやぶりて、帝に託宣ありしと、宮人が奏す。

「我、今、天子の外家の氏祖なりとも、国家の大幣を得べくもあらず」と、帝をさとしめたまひしかど、おそる/\、「御心にあらぬ事は」とて、宮を修覆したまひ、大社のかずにつらねたまふをさへ、太后のたまはく、「神道は遠し。人道は近し」とて、是はゆるさせしかど、御心よりにあらざりき。

葛野川のべに、今の梅の宮の祭祀これ也。

すべて何事にも、太后はすく/\しくあらせしかば、心あるはたとび、いつはりものはおそる。

御父清友公を贈大政大臣にかしづきたまふ。

帝、又、ほど絶たりし遣唐使おぼしたゝせ、藤原の常嗣ぞえらびにつかんまつる。

かく事さかしくわたらせしには、千はやびたる人あるまじきに、伴の健宗・橘の逸勢等、嵯峨のみかどの諒闇の御つゝしみをよしと、反逆企しかど、阿ほ親王のいかに聞しろしめしけん、官兵におほせたまひて、忽にとらへられぬ。

太子は此事のぬしにいつはられしかば、落髪したまひて、名を恒寂と申たまへり。

あゝ、廃立受禅のよからぬためしは、唐さまの習ひの毒液也。

此みかど、嘉祥三年に崩御あらせしかば、御陵墓を紀伊の郡深草山につかせたまへりき。

よて、深草の帝と世にあがめたいまつりぬ。

みはうぶりの夜よりも、宗貞行へなく失ぬ。

是は、太后、大臣たちににくまれたてまつるおそれなるべし。

「殉死とか云事、あしきにとゞめられしかど、寵恩身にあまらばいたすべきぞ」と、人は申す。

衣一重にみの笠かぶりて、こゝかしこすぎやうしありきけり。

一夜、清水寺におこなひしに、小町もこよひとなりに旅寝してねんじあかすに、経よむ声の凡ならぬを聞て、むねさだとおしはかりて、歌をよみてもたせやる。

  石のうへにたびねをすれば肌さむし苔のころもを我にかさなん

さては小町がこゝに在るよと、おししりて、墨つぼに筆さし入、此紙のうらに書つけたる哥、

  世をすてし蘚のころもはたゞひとへかさねばうすしいざ二人ねん

さて、即に逃かくれて、跡を見せずとなん。

かくしあるきしほどに、五条の皇太后は、「みかどの御かたみのものよ」とて、さがしもとめさせたまへるに、御かきの内つ国にさまよひしかば、ついに見顕はされて、ふたゝび内まゐりす。

遍昭とあらためて、僧正位に昇る事、またく年ちかきす行の徳にはあらで、冥福の人なりけり。

をのこ子二人有。

兄の弘延はみかどつかへしてぞある。

弟は、「法しの子はほう師ぞよき」とて、髪おろさせ、素性と名をあらたむ。

心よりの入道にあらざりしかば、歌のほまれは父におとらねど、時々よからぬうき世心のありしとなん。

僧正、花山と云所に寺たてゝ、おこなひたりける。

仏の道こそ、いとも/\あやしき。

世を捨しはじめの心には似ずて、色よき衣、から錦のけさかけて、内に車よせて出入するよ。

かにかくも人のよしあしはおきて、稟得たるおのがさち/\にこそと人も申さるゝ、其かみには。

   海賊   第三回

紀の朝臣つらゆき、土佐の守の任はてゝ、十二月それの日、都にまう登りたまふ。

国人のしたしかりしかぎりは、なごりをゝしむ。

民くさは、「昔より聞しらぬ守ぞ」とて、父母の別に泣子のさましてしたひなげく。

出ふねのゝちも、こゝかしこおひ来て、酒、よきものさゞげきて、歌よみかはすべくす。

船、風にしたがはずして、思の外にこゝかしこにとまりするほどに、

「かいぞくうらみありとて、追く」といふ。

安き心こそなけれ、たゞ/\たいらかにみやこへとぞ、朝ゆふ海の神にぬさたいまつりつゝ、わたの底を伏し拝み/\す。

「いづみの国まで」と、舟長が教へに、いかなる所なりとも、下る時はしらぬを、今は故さとゝたのみかくるぞ、わりなきことのいとほしけれ。

やう/\きの国といづみのさかひなる何の浦とか云に、うれしき事限なし。

こゝに釣ふねかとおぼしき、苫ふきあはせし舟の、

「こゝまでおい来し」と、声かけて、むさ/\しき男の、舳に立はだかりて呼ぶ。

「是は前の土佐の守どのゝ舟か。いさゝか問ごとすとて、国たゝせしより追へれど、舟ちいさゝに風波にさへられ、やゝ今日に成ぬ」と云。

「さては、かひぞくと人のおどろかせしは、あらずよ」とて、心おちゐたり。

舟指よせて、

「申たまへ。いとあやしき者がしか%\なんと申すと、申つぎたまへ」と。

つらゆき、ふなやかたに出たまひ、

「なぞ此男よ」と。

をとこ、いや/\しくて、

「問たてまたす事いたづら言也。

しかれどもへだてゝは、ありその浪の声に取らるべし。ゆるさせよ」とて、

翅あるやうに飛うつりて、御前にいとよろこ[ば]し気也。

舟の人々恐れて、立さうどく/\。

朝臣みけしきよくて、

「八重ふく汐風に追れ、こゝまで来たる志まことあり」とて、

よく/\見たまへれば、蜑ならぬは、帯し劒の広刃にいかめしきに、

「まことに海ぞくのおひきたるよ」と見たまへど、

仇有べきにおぼさねば、打ゆるびて相むかひたまふ。

「君が国に五とせおはすほどは、あやしうぬすみしありきて、つく紫・山陽の道の海べにさまよひたり。

都にいにたまへば、事/\しく参りがたく、又、世もせばければなん、心おき無く聞せたまへ。

ちか比にためしなき勅旨たまはりて、国ぶりの歌えらびて奉る四人が中に、君こそ長といふ。

続万葉集のだい号は、昔のたれが集[し]ともしらぬにつがるゝなるべし。

是はよし。

だいの心をきけば、万は多数の義、葉とは劉悲が釈名に、

「歌は柯也」。

いふ心、人の声あるや、艸木の柯葉にひとしと云て、何のこゝろぞとよめば、ことわりゆきあはず。

人の声は、喜怒哀楽につきて、聞によろこぶべし、悲しむべしと云よ。

声には緩急なるもありて、うたふにしらべあらず。

草木のえだも、はやちは、風とて袖に入んやは。

さらば、柯葉とのみいひて、歌にはたとふべからず。

世の人、わづかに釈名につきて説をなすは、人の愚にもあらず。

ふみの多くわたりこねば、拙きに隔つぞかし。

許慎が説文には、「歌は咏也」と云。

是、舜典に、「歌は永言也」といひしを、一字につゞめし。

後漢の人の同じきに、かくわかれてよきも聞ゆ。

今や、文字の業足りし世に、釈名の誤を宗として、葉を歌として、

「やまとうたは一つ心をたねとして、万のことの葉となれり」とや。

いかにかく字にくらくても、歌は上手也と名をきこえて心たるよ。

ことの葉と云語、汝に出て末の世につたへ習ふは、罪ある事ぞかし。

又、唐土の六義といふ事は、是も譌妄にて、もしありとも、三体三義なるをさへしらず。おのれいつはりて、己に欺かるゝ者ぞ。

汝がいひしは又それにも非[ず]。

そへ・たとへ・なぞらへなどと、一つこゝろを、こと%\しくいひたる、拙し。

しか云て、からの歌にもかくぞ有べきと、かしこをしらぬ気にいひたるがにくし。

さて、勅旨にえらぶ者に、大宝の令にたがひて、良媒なく、又、人のつまに心かよはせしを、歌よしとて奉りしは、いかに。

君、明主にてましまさば、重く罪かうむるべし。

其歌どもを、多きにあまりて、恋の部五巻とまでは、心のみだれかぎりなし。

淫奔の事、神代の昔しは、情のみをこゝろとして、其罪はとがめず。

人の代と成来て、儒教わたりては、

「夫婦別有、同姓をめとるな」と云に習たれば、

こゝにもあしからぬ法とて、用ひられし也。

かく、国の令法にそむきても、しのびに心かよはするわりなさは、神代ながらの人の心なるをいかにせん。

あらはしてえらびしは、罪問るゝともかへるまじきぞ。

朝廷に学師あれど、おのが任ならねば、よそ目つかひてある事、又にくし。

中にすぐれて菅相公あれば、にくみねたみて、ついに外藩に貶され、怨みの神となりて朝にいたれば、今更、神と尊崇しておそるゝ君が代を、延喜の聖代とは、あまりに過たり。

三善の清行こそ、いさゝか[も]ふみたがへずして、つかふまつるをば、三議式部卿にてすゝませず。

是が奉りし意見十二事に、斉明天皇西征の時、吉備の国にていたりて、人烟にぎはゝしきを見そなはして、

「いく里つらなりてかゝる。又、幾万の人すむ」と、

とはせしに、国人こたふ。

「一里にて侍り。

もし軍人を召ならば、二万人はたてまつらん」

と云にぞ、二万の里とよぶべき勅旨ありし所の、今はおとろへ/\て、軍役めすとも人無しとて、第一になげき奏せしは、学師の心せばき也。

栄枯地をかふる事、人の利益つとむにつきて罪なし。

さては、二万の軍人は、めさばいづこよりか奉らん。

又、学文は、君・大臣の御つとめにして、翰林の士、名高くとも、すゝむべからず。

これは、童形のかんだち女に、はじめ習はせたまはんの為にしかししを、朝廷にさかんならば、坎〓{土+稟}の府、凍餒の舎とおとろふべき者ぞ。

是亦、学師の病る論説なり。

又、播磨のいなみ野の魚住の泊は、行基が、此わたりに舟煩へりとて造りしは、僧家の願心なり。

天造にあらねば、度々崩れて舟よせがたし。

三善が願ひは、惻隠の心ばかりにて、聖道にはあらず。

かくおろかなりといへども、文に博く、事を知て問せたまはゞ、塩梅の臣とも、後には成ぬべし。

且、酒に乱て、罪かうぶり、追やられしのちは、力量あるをたのみて、海にうかび賊をなし、人の宝を我たからに、おもひのまゝに酒のみ、肉に飽て、かくてあらば、百歳のよはひ保つべし。

歌よみて、道とのゝしる友にはあらず。

問へ。猶いはん。

咽かはき苦しければ、止むべし。酒ふるまへ」とて乞に、肴物そへて出す。

あくまでくらひ、のみ、興つきて、かへらんとて、おのが舟に飛のりて、

「やんら目出たの」と、舷たゝいてうたふ。

つらゆきの舟も、

「汐かなへりしと[て]。[もう]そろ/\」と、舟子等うたひつるゝ。

彼海ぞくが舟は、はやも漕かへり、跡しら波とぞなりにけえり。

貫之、都にかへりたまひて後に、誰ともしらぬものゝ文もて来たり。

開き見たれば、菅相公の論一章、かいぞくとしるして、贈たり。

手鬼々しく清からずして、よめがたし。

懿哉菅公、生而得人望、死而耀神威、自古惟一人已。

嗟乎、君子無幸、而有不幸、小人有幸、而有不幸。

菅公独有徳、而不免不幸、貶黜于西辺。

然有故哉、自出翰林、昇槐位者、吉備公与公二人耳、

吉備者妖僧立、檀朝政能忍、昔者持大器、不傾与勃平同功也、

公者不然、為朝忌身、打菅根之面、辱於朝結其冤、又三善清行、文才忠心、

可挙用、未試則嘲而不答、是父是善之門弟子、後去属它、以此遺恨、

不薦者俗意耳、清行革命之表次諌公、

「来年革命、是以弩射市、雖不知誰、

公謹致仕、遊文学、則待天寿乎、公忠誠而不納、

其翊年正月、為讒人貶黜。是哉、美玉小瑕耳、

然生而得人望、死而耀神威。自古公一人巳

筆つきほしいまゝなり。

又、副書して云、

「さきにいふべきを、言にあかずして遣しつ。

汝が名は、以一貫之と云語をとりたるはよし。

さてはつらぬきとよむべし。

之は助音、こゝに意なし。

之の字、ゆきとよみし、三百篇にところ%\見ゆれど、この語の例にあらず。

汝歌よくよむ事、人赦したり。

暫く止て、窓下のともし火かゝげて文よめ。

名は父のあたへし者にいふ。

父不文の誹りにあはんは、不孝也」と書すゝめて、

杢頭どのと書すゝめたり。

この後に、学文の友にあひて問たれば、

「それは、ふん屋の秋津なるべし。

学問このみたれど、放恣にして、且酒にみだれ、大臣に追れしが、海賊となりて[縦]横するよ。

渠儂が天禄ならめ」と、かたりしとぞ。

我欺きをつたへて、又、人をあざむく也。

此話、一宵不寝にくるしみて、燈下に筆はしらせし盲書なり。

よむ人、心してよ。

   二世の縁   第四回

山城の高槻の樹の葉散はてゝ、山里いとさむく、いとさふ%\し。

古曽部と云所に、年を久しく住ふりたる農家あり。

山田あまたぬしづきて、年の豊凶にもなげかず、家ゆたかにて、常に文よむ事をつとめ、友をもとめず。

夜に窓のともし火かゝげて遊ぶ。

母なる人の、

「いざ寝よや。鐘はとく鳴たり。

夜中過てふみ見れば、心つかれ、ついには病する由に、我父ののたまへりしを聞知たり。

好たる事には、みずからは思したらぬぞ」と、

諫られて、いとかたじけなく、亥過ては枕によるを大事としけり。

雨ふりて、よひの間も物のおとせず。

こよひは、御いさめあやまちて、丑にや成ぬらん。

雨止て風ふかず、月出て窓あかし。

「一こともあらでや」と、

墨すり、筆とりて、こよひのあわれ、やゝ一二句思よりて、打かたぶきをるに、虫のねとのみ聞つるに、時%\かねの音、「夜毎よ」と、今やう/\思なりて、あやし。

庭におり、をちこち見めぐるに、

「こゝぞ」と思ふ所は、常に草も刈はらぬ隈の、石の下にと聞さだめたり。

あした、男ども呼て、「こゝほれ」とて掘す。

三尺ばかり過て、大なる石にあたりて、是をほれば、又、石のふたしたる棺あり。

蓋取やらせて、内を見たれば、物有て、それが手に鉦を時々打つ也と見る。

人のやうにもあらず。

から鮭と云魚のやうに、猶痩々としたり。

髪は膝まで生ひ過るを、取出さするに、

「たゞかろくてきたなげにも思はず」と、

男等云。

かくとりあつかふあいだにも、鉦打つ手ばかりは変らず。

「是は仏の教へに、禅定と云事して、後の世たふとからんと思入たる行ひなり。

吾こゝにすむ事凡十代、かれより昔にこそあらめ。

魂は願のまゝにやどりて、魄のかくてあるか。

手動きたる、いと執ねし。

とまれかうまれ、よみぢがへらせてん」とて、

内にかき入させ、

「物の隅に喰付すな」とて、

あたゝかに物打かづかせ、唇[吻]にとき%\湯水すはす。

やう/\是を吸やうなり。

こゝにいたりて、女わらべはおそろしがりて立よらず。

みづから是を大事とすれば、母刀自も水そゝぐ度に、念仏して怠らず。

五十日ばかり在て、こゝかしこうるほひ、あたゝかにさへ成たる。

「さればよ」とて、

いよゝ心とせしに、目を開きたり、されど、物さだ/\とは見えぬなるべし。

飯の湯、うすき粥などそゝぎ入れば、舌吐て味はふほどに、何の事もあらぬ人也。

肌肉とゝのひて、手足はたらき、耳に聞ゆるにや、風さむきにや、赤はだかを患ふと見る。

古き綿子打きせれ[ば]、手にていたゞく。

うれしげ也。

物にもくひつきたり。

法師なりとて、魚はくはせず。

かれはかへりてほしげにすと見て、あたへつれば、骨まで喰つくす。

さて、よみぢがへりしたれば、事問すれど、

「何事もおぼへず」と云ふ。

「此土の下に入たるばかりはおぼえつらめ。

名は何と云し法師ぞ」と問へど、

「ふつにしらず」といふ。

今はかいなげなる者なれば、庭はかせ、水まかせなどさして養ふに、是はおのがわざとして怠らず。

さても、仏のをしへはあだ/\しき事のみぞかし。

かく土の下に入て、鉦打ならす事、凡百余年なるべし。

何のしるしもなくて、骨のみ留まりしは、あさましき有様也。

母刀自は、かへりて覚悟あらためて、

「年月大事と、子の財宝をぬすみて、三施をこたらじとつとめしは、きつね、狸に道まどはされしよ」とて、子の物しりに問て、日がらの尸[はか]まうでの外は、野山のあそびして、嫁まご子に手ひかれ、よろこぶ/\。

一族の人々にもよく交り、めしつかふ者らに心つけて、物をり/\あたへつれば、

「貴しと聞し事を忘れて、心しづかに暮す事のうれしさ」と、

時々人にかたり出て、うれしげ也。

此ほり出せし男は、時々腹だゝしく、目怒らせ物いふ。

「定に入たる者ぞ」とて、

入定の定助と名呼て、五とせばかりこゝに在しが、此里の貧しきやもめ住のかたへ、聟に入て行し也。

齢はいくつとて己しらずても、かゝる交りはするにぞありける。

「さても/\仏因のまのあたりにしるし見ぬは」とて、一里又隣の里々にも、いひさやめくほどに、法師はいかりて、

「いつはり事也」といひああさみて説法すれど、

聞人やう/\少く成ぬ。

又、この里の長の母の、八十まで生て、今は重き病にて死んずるに、くす師にかたりて云。

「やう/\思知たりしかど、いつ死ぬともしれず。

御薬に今まで生しのみ也。

そこには、年月たのもしくていきかひたまひしが、猶御齢のかぎりは、ねもごろにて来たらせよ。

我子六十に近けれど、猶[稚]き心だちにて、いとおぼつかなく侍る。時々意見して、『家衰へさすな』と、示したまへ」と云。

子なる長は、

「白髪づきてかしこくこそあらね。我をさなしとて、御心に煩はせたまへる、いとかたじけなく、よく/\家のわざつとめたらん。

念仏してしづかに臨終したまはん事をこそ、ねがひ侍る」といへば、

「あれ聞たまへ。

あの如くに愚也。

仏いのりてよき所に生れたらんとも願はず。

又、畜生道とかに落て、苦しむともいかにせん。

思ふに、牛も馬もくるしきのみにはあらで、又、たのしうれしと思ふ事も、打見るにありげ也。

人とても楽地にのみはあらで、世をわたるありさま、牛馬よりもあはたゞし。

年くるゝとて、衣そめ洗ひ、年の貢大事とするに、我に納むべき者の来たりてなげき云事、いとうたてし。

又目を閉て物いはじ」とて、

臨終を告て死たりとぞ。

かの入定の定助は、竹輿かき、荷かつぎて、牛・馬におとらず立走りて、猶からき世をわたる。

あさまし。

「仏ねがひて浄土に到らん事、かたくぞ思ゆ。

命の中、よくつとめたらんは、家のわたらひなり」と、

是等を見聞し人は、かたり合て、子にもをしへ聞こゆ。

「かの入定の定助も、かくて世にとゞまるは、さだまりし二世の縁をむすびしは」とて、人云。

其妻となりし人は、

「何に此かい%\しからぬ男を又もたる。

落穂ひろひて、独すめりにて有し時恋し。

又さきの男、今一たび出かへりこよ。

米・麦、肌かくす物も乏しからじ」とて、人[み]ればうらみなきしてをるとなん。

いといぶかしき世のさまにこそあれ。

   目ひとつの神   第五回

あづま人は夷也。

うた、いかでよむべきと云よ。

相模の国大礒人の、志ふかくて、

「いでや、都にのぼり学ばゝや」とて、

西をさす。

「鴬は井中の谷の巣なれども、だみたる音はなかめとや。

まして親につきてんは」とて、

母に暇こひて出たちて、比は文明・亨録の乱につきて、

「又、かへるべくもあらじ」とて、

一たびは諫つれど、あづま人は心たけくて、別れ悲しくもあらぬさまに門送りす。

関あまたの過書、咎なく、近江の国に入て、

「あすなん都」と、故さとの心せらる。

老曽の森の木隠れ、こよひまくらもとめて、深く入て見たれば、風が折たりともなくて、大木吹たをれしを、ふみ越ては、さすがに安からぬ思ひす。

落葉・小枝、道をうづみて、泥田をわたりする如し。

神の社たゝせます。

軒こぼれ、御はしくづれて、昇るべくもあらず。

すべて、艸たかく、苔むしたり。

誰やどりし跡ならん、少かき払ひたる所あり。

枕はこゝにと定む。

おひし包袱ときおろして、心おちゐたり。

風ふかねば、物の音ふつに聞えず。

木末のひまにきらめく星の光に、あすのてけたのもし。

露ひやゝかに心すみて、いといとうさむし。

あやし、こゝにくる人あり。

背たかく手に矛とりて、道分したるさま也。

あとにつきて、修験が柿染の衣の肩むすび上て、こんがう杖つき鳴したる。

其あとより、女房のしろき小袖に、赤きはかまのすそ糊こはげに、はら/\と音してあゆむに、桧のつまに打たるあふぎかざして、くるを見れば、面は狐也。

其あとより、ふつゝかには見ゆれど、つきそひたるわらはめの、是もきつね也。

社の前に立并びたり。

矛とりしかん人が、中臣のをらび声して物申す。

殿の戸荒らかにひらきて出る神は、白髪おひたるゝ中に、目一つあり/\と見ゆ。

口は耳まで切さきたる。

鼻有やなし。

白き大うち着のにぶ色にそみたるに、藤の無紋の袴、是は今さらしたるをめされたるに似たり。

立并たるが、かんなぎ申す。

「修験は、きのふ筑紫を出て都にありしが、又、あづまに使すとて、こゝを過るたよりに、御見あげ申さんとて、道づとの物奉りてん」と申さる。

神とふ。

「又、いづこにと指て、きのふけふとあはたゞしきぞ」。

「されば、都の何某殿の、鎌倉の君に心合せて、ちかき中軍立せんとあるを告聞えてよと、仰かうぶりて、こゝ過る。

鹿の宍むら一きだ、油に煮こらし、出雲の松江の鱈の膾、鮮ければすゝめたいまつる」。

神云。

「この国には、無やくの湖水にせばめられて、川の物も広きは得がたし。

鹿の宍、つくしの何がし山にとや。

いづれもよし。

よろこぶべし。

山ゆき野ゆきて、めづらしき物獲たる、いとよし。

先、酒あたゝめよ」となり。

童めかしこまりて、正木つらたすきにとりかけ、御湯たいまつりし竃のこぼれのこりしに、手にあたる落葉・松かさ・小枝さしくゆらす。

昼より明くてぞ、

「火の明りてふ神は、かゝるにてこそあらめ」と、おそろしくかしこし。

兎と猿が、荷ひかつぎてくるは、酒瓶也。

「遅きがおもたさに」と、わぶる。

桧扇とりすてゝ、かはらけさゝげ参る。

「あい」と云。

四ツめはとり納めて、五ツめ参らす。

神取上てたゝへさせ、一つめして、

「あなうまし」。

酒なもの、是かれめで言しつゝ、山伏にとさす。

又、

「あの木の根を枕にしたる男、ねたるさまにくし。

あいいたせよ」となり。

わらはめ立来たりて、

「めすぞ。とく」といふ。

おそる/\はひ出たり。

「汝はあづまの者よ。

志[ざす]事ありて宮古にとや。

九重の内はみだれ/\て、鬼の行かよへば、高きいやしきなく心すさまじく、歌よくよまんとては、林にかくれ、野にやどる者のみぞ。

とくかへれ。

東の道々も、今日ときのふに改りて、ゆきゝをなやます也。

山伏の袖につゝまれて、とくかへるぞよき」とて、

御めぐみの物がたりたふとし。

社のうしろより、黄衣の破まよひたるを取きて、肌はあらはなり。

低きあし駄はき、〓{代↓巾}おもげに提出ていはく、

「飲酒は破れやすし、さめやすし。

こよひ三四ツ」と乞てのむ。

神の左座に、足くみたり。

鬼には角なしとみる。

是も恐し。

盃めぐらせて、

「若き者は人なれば数おとるべし」とすゝむ。

赤きはかまの狐立上りて、

「から玉や、/\」とうたふ。

僧打わらひ、扇かざゝすとよし。こよひ誰かあざむかれん。

酒はよし。しゝむら、鱠はくさし」とて、

蕪の根干たるを、かみ/\飲むが、是もおそろし。

「若き者よ。

都に物学ばんは、今より五百年のむかし也。

和歌にをしへありといつはり、鞠のみだれさへ法ありとて、つたふるに幣ゐや/\しくもとむる世なり。

己歌よまんとならば、心におもふまゝを囀りて遊べ。

文こそいにしへは伝へあれ。

手かく法をつたへたりとも、必よく書るは、今はぬす人に道きられ、となりの国のぬしが、掠めとりて、裸なゝ代のいつはり也。

是はあしきとしる/\、始は申せしを、今の君たちは、まことに大事と、秘めたるが拙し。

ものゝ夫も、君のため、親の為にはあらで、おのれにほこりて乱れあひ、つよきが勝、弱きは溝がくにうずもるゝ時也。

とくかへれ。

神のをしへたとし。

何の心もあらず。

我はすぎやうしあるくさへ、耳さわがしく、跡のけがしきに、目とぢて過るよ。

目一ツの神の、まなこひとつをてらして、海の内を見たまふに、すむ国なしとて、この森百年ばかりこなたにとゞまらせしを、時々とひ来て、物かたりしなぐさむ。

山ぶしのめぐみかうむりて、あやうからず故郷にかへり、一人の母につかへよ」といふは、

「いかで委しく」と問へば、

打笑ひて、こたへず。

酒よきほどにすゝみたり。

「いざかへんなん」とて、〓{代↓巾}打かづきいぬ。

絵に見たるさま也。

山ぶしも、「いざ」といふ。

神は扇とりて、この若き男をあをぐ/\、空に上らせたり。

山ぶしとりつたへて、袖かづかせ、空行ほどに、此あしたに母の前に落来たる。

「いなや」と問へば、

「水たまへ。

おそろしき事、物がたりして聞せ申さん」とて、ねやに入たり。

さて、かしこには、夜明るまで飲うたひたるに、若き男の空に上るを、猿とうさぎは手打ちてよろこぶ。

このあやしき中に、僧とかん人は人也。

乱たる世は、鬼も出て人に交り、人亦おにゝ交りておそれず。

よく治まりては、神も鬼もいづちにはひかくるゝ、跡なし。

ふしぎなし。

ふしぎはあるべき物ながら、世しづかなれば、しるし無し。

なき物とのみいふ博士たち、愚也。

おのが心の、西に東にと思ふまゝに行るゝも、ふしぎ也。

文にたばかられて、無しといふは、無識の学士也。

信ずべからず。

   死首の咲顔   第六回

津の国兎原の郡宇奈五の丘は、むかしより一里よく住つきて、鯖江氏の人ことに多かり。

酒つくる事をわたらひとする人多きが中に、五曾次と云家、殊ににぎはしく、秋はいな舂哥の声、この前の海にひゞきて、海の神をおどろかすべし。

一人子あり。五蔵といふ。

父に似ず、うまれつき宮こ人にて、手書、歌や文このみ習ひ、弓とりては翅を射おとし、かたちにゝぬ心たけくて、さりとも、人の為ならん事を常思ひて、交りゐや/\しく、貧しきをあはれびて、力をそふる事をつとめとするほどに、父がおに/\しきを鬼曾次とよび、子は仏蔵殿とたふとびて、人このもとに、先休らふを心よしとて、同じ家の中に、曾次が所へはよりこぬ事となるを、父はいかりて、無やうのものには茶も飲すまじき事、門に入壁におしおきて、まなこ光らせ、征しからかひけり。

又、同じ氏人に、元助と云は、久しく家おとろへ、田畑わづかにぬしづきて、手づから鋤鍬とりて、母一人、いもと一人を、やう/\養ひぬ。

母はまだいそぢにたらで、いとかい%\しく、女にわざの機おり、うみつむぎして、おのがためならず立まどふ。

妹を宗といひて、世のかたち人にて、母の手わざを手がたきなし、火たき飯かしぎて、夜はともし火のもとに、母と古き物がたりをよみ、手つなからじと習ひたりけり。

同じ氏の人なれば、五蔵常にゆきかひして、交り浅からぬに、物とひ聞て、師とたのみて学びけり。

いつしか物いひかはして、たのもし人にかたらひしを、母も兄も、よき事に見ゆるしてけり。

同じぞこの人、くすし靱負といふ老人あり。

是をさいはひの事とて、母・兄に問たゞして、酒つくる翁が所に来たり。

「鴬はかならず梅にすくひて、他にやどらず。御むす子の為に、かのむすめめとりたまへ。

貧しくてこそおはせ、兄は志たかきますらを也。いとよき事」といへば、

鬼曾二、あざ笑ひて云、

「我家には福の神の御宿申たれば、あのあさましき者のむすめ呼入れば、神の御心にかなふまじ。とくかへらせよ。そこ掃きよむべし」と云に、

おどろき馬の逃出て、かさねて誰云わたすべき打橋なし。

五蔵聞て、

「この事、父はゝゆるしたまはずとも、おもふ心あれば、必よ我よくせん」といひて、絶ずとひよると聞て、

「おのれは何神のつきて、親のきらふ者に契りやふかき。たゞ今思たえよかし。

さらずは、赤はだかにていづこへゆけ。

不孝と云事、おのれがよむ書物にはなきか」とて、声あらゝか也。

母きゝわづらひて、

「いかにもあれ、父のにくみをかうむりてたつ所やある。まづしき人の家には、ふつにゆきそ」とて、

夜は我まへに来たらし、物がたりなどよませてはなたず。

かよひ絶たりとも、兼ての心あつきをおもひて、うらみ云べくもあらずぞありける。

かりそめぶしにやまひして、物くはず、夜ひるなくこもりをり。

兄は若きまゝに心にかけず。

母、日毎にやせ/\と、色しろく、くろみつきたるを見て、

「恋に病とは、かゝるにやあらん。くすりはあたふべきにあらず。五蔵こそ来たまへ」と、云やりつれば、其ひるま過に来たりて、

「いふかい無し。

親のなげきを思はぬ罪業とかに、さきの世いかなる所にか生れて、荷かつぎ、夜は縄ないて、猶くるしき瀬にかゝりたらん。親のゆるしなきは、はじめよりしりたらずや。

我父にそむきても、一たびの言はたがへじ。山ふかき所にもはひかくれて、相むかひたらんがうれしとおぼせ。こゝの母君、せうとのゆるしたまへば、何のむくひかあらん。

我家は宝つみて、くづるまじき父の守り也。よき子養ひて、財ほうまさせたまはんには、我事忘れて、百年をたもちたまふべき。

人百年の寿たもちがたし。たま/\にあるも、五十年は夜のねぶりについえ、なほ病にふし、おほやけ事に役せられて、指くはしく折たらば、廿年ばかりやおのが物ならん。

山ふかくとも、海べにすだれためこめて、世に在人ともしられずとも、たゞおもふ世をいのちにて、一二とせにても経なゝん。

おろかといふは、親兄も、我も、罪あるものにてあらせんとや、いと/\つらし。

たゞ今より心あらためたまへ」と、ねもごろに示されて、

「さらに/\やまひすともおぼさで、おのが心にのまゝに起ふしたる。

御とがめかたじけなし。即見たまへ」とて、

小櫛かき入て、みだれをきよめ、着たる馴衣ぬぎやりて、

あたらしきにあらため、牀は見かへりもせず、おき出て、母にせうとにゑみたてまつりて、かい%\しく掃ふきす。

五曹、

「心かろらかにおはすを見てこそ、うれしけれ。あかしの浜に釣したいを、蜑がけさ漕てもてこし也。

是にて箸とるを見て帰らん」とて、

苞苴いときよらにして出す。

打ゑみて、

「よんべの夢見よかりしは、めで鯛と云魚得べきさがぞ」とて、

庖丁とり、煮、又、あぶりものにして、母と兄とすゝめ、後に五曹の右に在て立走りするを、母はいと/\よろこぶ。

兄はうそぶきてのみ。

五曹は涙かくして、

「うまし」とて、箸鳴し、常よりもすゝみてくらふ。

こよひはこゝにと、やどりぬ。

あした、とくおきて、多露行露の篇うたひてかへるを、待とりて、親立むかへ、

「この柱くさらしよ。家を忘れ、親をかろしめ、身をほろぼすがよき事か。

目代どのへせめかうじて、おや子の縁たつべし。物な云そ」とて、

おに/\しき事、いつよりおそろし。

母とりさへて、

「先、我ところにこよ。

よんべよりのたまひし事、つばらかに云きかせて後、ともかうなるべし」。

曾二いかりにらみたるも、さすがに子とおもひて、おのが所へ入る。

母、なく/\意見まめやか也。

五曹、頭を上げ、

「いかにも申すべき様ぞなき。若き身は生死のさたもすみやかにて、かなしからず。

財宝もほしからず。

父はゝにつかへずして、出ゆかんが、わりなき事とおもへば、たゞ今、心をあらためてん。

罪いかにも赦したうべよ」と云つらつき、まこと也。

母よろこびて、

「神のむすびたまふ縁ならば、ついのあふせあるべし」と、なぐさめつゝ、

父にかくと申。

「いつはり者めが言、聞入べからねど、酒の長が腹やみして、よべより臥たり。

蔵々のくまに、小ぬす人等が、米・酒とりかくす事、あまた度ぞ。

ゆきて見あらためて後に、長か腹やみをもましこりやれ。

この男なくては、一日に何ばかりのついえあらん。

今たゞいまぞ」と、追はらす。

承りて、履だにつけず、たゞ片時に見めぐりて、

「まう候」と申。

「渋ぞめの物似あひしは、福の神の御仕きせなり。

けふをはじめに、くる春のついたちまでは、物くふとも、用へと出るはしにせよ。

あらいそがしのたからの山や、ふくの神たちに追つきたいまつらん」とて、

ほかの事、云まじへずぞある。

「此ついでにいうぞ。

おのれが部屋には、書物とかいふものたかくつみ、夜は油火かゝげて、無やくのついえする。

是も福の神はきらひたまふと云。

反古買には損すべし。

もとの商人よびて価とれ。

親のしらぬ事しりて、何かする。

まことに、似ぬをおに子といふは、おのれよ」とのゝしる。

「なに事も、此後うけたまはりぬ」とて、

日来渋ぞめのすそたかくかゝげて、父の心をとるほどに、

「今こそふくの神のみ心にかなふらめ」と、よろこぶ/\。

かのむすめのかたには、おとづれ絶ぬるまゝに、やまひくおもく成て、

「けふあすよ」と、

母・兄はなげきて、五曹にみそかの使して聞ゆ。

「兼て思し事」とて、

ことみかねども、あはれにえたへずして、つかひ[の]しりに立ていそぎ来たり。

おや子にむかひて云は、

「かゝらんとおもふにたがはざりし事よ。

後の世の事は、いつはりをしらねば、たのまれず。

たゞ此あした、我いへにおくりたまへ。

千秋よろず代へとも、たゞかた時といふとも、同じ夫婦なるぞ。

ちゝ母のまへにて、入さきよからんぞ、せめてねがふなり。

せうとの御心たのもしくはからひてたべ」と申。

元すけいふ。

「何事も仰のまゝにとりおこなふべし。

御宿の事、よくして待たまへ」とて、

よろこび顔なり。

母も、

「いつの門出ぞと、待久しかりを、あすときゝて心おちゐたる哉」とて、

是もよろこびの立まひして、茶たき、酒あたゝめてまいらす。

盃とりて、むねにさす。

いとうれしげにて、三々九度ことぶき、もと輔うたふ。

そ夜の鐘きゝて、

「れいの門立こめられんよ」とて、

五蔵はいぬ。

おや子三人、こよひの月のひかりに、何事をもかたりあかす。

夜明ぬれば、母しろ小袖とう出て打きせ、髪のみだれ小櫛かき[い]れて、

「我もわかきむかしのうれしさ、露わすられずぞある。

かしこにまいりては、たゞ、父のおに/\しきをよくみ心とれ。

母君は必よ、いとほしみたまひてん」とて、

よそほひとりつくろひて、駕にのるまで、万をしへきこゆ。

元輔、麻かみしくも正しく、刀、わきざし横たへ、

「又、五日といふ日にはかへりこんを、あまりに言長し」とて、

母をせいしかねたり。

むすめ、たゞゑみさかえて、

「やがて、又参らん」とて、

駕にかきのせられ行。

元すけそひて出れば、母は門火たきてうれしげ也。

めしつかふ二人のもの等、みそかにかたりあふ。

「かくても御こし入と云にや。

われ/\もつきそひて、銭いたゞき、ざうにの餅に腹みたさんとおもふにたがふよ」とて、

けさの朝げのけぶり、しぶ/\にもゆる。

かの家には、おもひまうけざる事にて、

「何ものゝやまひしてこゝに来たる。

御むすめありとも、兼て聞ざるを」と、

あやしみて立ならびる。

元助、曾次の前に正しくむかひて、

「妹なるもの、五歳どのゝおもひ人也。

久しく病つかれてあり。

こし入、いそぎてんと、ねがふまゝにつれ来たりぬ。

日がらよし。

さかづきとらせたまへ」と云。

鬼の口あたりたけにはだけて、

「何事を云ぞ。

妹に我子が目かけしと云事きゝしかば、つよくいさめて、今は心にも出ず。

おのれ等、きつねのつきてくるふか」とて、

膝たて直し、目いからして、

「帰れ。

かへらずは、我手にも及ばず、男どもに棒とらせて、追うたんぞ」とて、

おそろしげ也。

もとすけ打わらひて、

「五蔵よびこよ。

とくむかへとらんとて、月日をわたるほどに、病してしぬるに、せめて此家の庭に入てしなんと、ねがふまゝに、つれ来たる也。

こゝにてしなせ、此家の墓にならべてはうぶれ。

れいの物をしきさがはしりたる故に、此いへの費にしはせじ。

金みひらこゝに有。

是にてかろくともとりをさめよ」といふ。

をどり上りて、

「かねは我ふくの神のたま物なれど、おのれが家にけがれたるは何せん。

もとよりよめ子にあらず。死人ならばとくつれいね。

五曹いづこにをる。此けがらはしき、きかずはいかに。

よくはからずは、おのれも追うたん。親にさかふ罪、目代どのにうたへ申て、とり行はせん」とて、

来たるをすぐに、立蹴に庭にけおとしたり。

五蔵、

「いか[に]もしたまへ。この女、我つま也。

追出されば、こゝより手とりて出んと、兼て思ふにたがはざるこのあした也。

いざ」といひて、手とりて出べくす。

兄がいふ。

「一足ひきては、たをるべし。汝がつま也。この家にてしぬべし」とて、

刀ぬきて、いもうとが首切おとす。

五蔵取上て、袖につゝみて、涙も見せず門に出んとす。

父、おどろき馬にはね上り、

「おのれ、其首もちていづこにか行。

我おや/\の墓におさめん事、ゆるさじ。

それまでもあらず。兄めは人ごろしぞ。

おほやけにて罪なはれよ」とて、

いそぎ、むら長の方へしらせに行。

長きゝて、

「いかなる物ぐるひしたる。

元輔が母はしらじ」とて、

軒遠からねば、走行て、

「かく/\なん。元すけは気ちがひなり」とて、息まくしていふ。

母はいつもの機にのぼりて、布おりゐたるが、きゝて、

「しかつかうまつりしよ。こゝろえたれば、おどろかず。

よくこそしらせたまふ」とて、おり来てゐやまひ申。

長、又これにもおどろきて、

「鬼はかねて曾次が事と思しに、此母も鬼めなり。

角よくかくして、とし月ありしよ」とて、

逃出て、目代にうたふ。

すなはち、人ゝめしとらへて、

「おのれら何事をかして、一さとをさわがすぞ。

元助は、妹ながら、人ころしたれば、こゝにとゞむべし。

五蔵も、問たゞすべき事あれば、こゝにとらへおくぞ」とて、

ともにひと屋につながれたり。

日比十日ばかりへて、人々めし出、たゞしつるに、

「曾二は罪なきに似て、罪おもし。

みす/\に、おのが心のよからぬから、かかる事仕出たり。

家にこもりをれ。やがて御つみうけたまはりて行はん。

元助は母のゆるしたる事なれば、罪あれど罪かろし。

是も家にこもりをれ。五蔵が心、いと/\あやし。

されどせめとふべきにあらず」とて、またひと屋に追入たり。

五十日ばかりありて、

「国の守のおほせうけたまはれ。此事、こと%\五曹と曾次が罪におこる。

此里にをらせじ。たゞ今たゞ追はらふぞ」とて、

この御門よりいかめしく取かこまれ、親子はとなりの領さかひまで、追うたれて行。

「元助は、母ともに、事かはりし事を仕出たれば、このさとにはをらせじ。

西のさかひまで追やらへ」とて、事すみぬ。

曾次が家のたからは、ふくの神とゝもに、おほやけにめし上られたり。

鬼曾二、足ずりし、手を上てをらびなくさま、いと見ぐるし。

「五蔵、おのれによりてかく罪なはるゝは」とて、引ふせてうつ。

うてどもさらず。

「御こゝろのまゝに」といふ。

「にくし/\」とて、こゝかしこに血はららせたり。

里人等つどひ来て、兼てにくみしものなれば、曾次はとり放ちて、五蔵をたすけたり。

「いのちたまはるべくもあらねど、わたくしには死べからず」とて、

父のまへにをりて、面もかはらず。

「おのれはいかで、貧乏神のつきしよ。

ざい宝なくしたれど、又かせぎたらば、もとの如くならん。

難波に出てあきんど[と]ならん。かんだうの子也。

我しりにつきてくな」とて、

つらふくらしつゝ立出て、いづこにか行けん。

五曹は、やがて、髪そりて法しとなり、この山の寺に入て、いみじき大とこの名とりたり。

元助は、母をたすけて、播磨のぞうの方へしりぞきて、鋤[鍬]とりて、むかしに同じ。

母も機たてゝ、たくはた千ゝ姫の神に似たり。

曾次がつまは、おやの里へかへりて、これも尼となりしとぞ。

「妹が首のゑみたるまゝにありしこそ、いとたけ%\[し]けれ」と、

人皆かたへつたへたり。

捨石丸第七回

「みちのく山にこがね花さく」と云ふ古ことは、まこと也けり。

麓の里に、小田の長者と云人あ[り]。

あづまのはてには、ならびなき富人なりけり。

父は、宝も何も、子の小伝次と云にまかせて、明け暮れに酒のみて遊ぶ。

姉の常と云は、をとこをさいだてゝ、行にゆるされて尼となり、豊苑比丘尼と改め、すぎやうまめやかなり。

母なければ、家の事つかさどりて、恵みふかゝりければ、出入る人いとかたじ[け]なく、つかふまつりけり。

捨いし丸と云は、脊六尺にあまりて、肥ふとり、世にすぐれ、酒よくのみ[く]らふ。

長者の心にかなひ、酒のむ時は必呼よせたり。

或時、長者、酔のすゝみに、

「おのれは、酒よくのめど、酔ては野山をわすれ臥故に、石捨たりと云あだ名はよばるゝ也。

よく[寝]入たらんには、[熊]・狼にくらはるべし。

此劒は、五代の祖の力量にほこりて、刄広にう[た]せたまへる也。

野山の狩を好みて、あら熊に出あひ、いかりにらまへ、歯むきて向来たるを、此劒ぬきて、腹をさし、首うちてかへられしより、熊切丸と名よばせし也。

おのれ、必、酔ふして、くらはれん。

此劒常に帯よ。守り神ならん」とて、たまへる。

推いただいき、

「くま・狼は手どりにせん、鬼や出てくらひつらん。

鬼去丸と申さん」とて、左におき、よろこびの酒とてすゝむほどに、酌にたつわらはめ、

「今は三ますにも過たらん」とて、いらふ/\」。

「此心よきに、野風をあびん」とて、たつ足しどろにたち行。

長者見て、

「得させしつるぎ失ふべし。

かへるを見とゞめん」とて、立も、足よろぼひたり。

小伝次、「父あやうし」とて、跡に付て行。

はた、流れある所に打たをれ、足はひたして、つるぎは枕のかたに捨たり。

「かくぞあらん」とて、長者とりたるに、目さめ、

「たまひしを、又うばひたまふや」とて、主わすれあらそふ。

父、力にたへねば、劒もちながら、あをむきになりて、捨石其上にまたがる。

小伝次、はるかに見て、丸を引たをし、父をたすけんとすれど、力よわくて心ゆかず。

丸、又、小伝次を右手にとらへて、

「和子よ、何をかす」と、前に引まはし、父のうへにすえたり。

されど、主といふ心やつきけん、いたはるほどに、父をたすけて、丸をつよくつきたをす。

父、おき上りて劒をとり、

「おのれはまことに日本一の力量ぞ。武蔵坊と申せしは、西塔一の法師なり」と、うたひて行。

捨いし、あとにつき、

「衣河へと急るゝ」と、拍子とりてくる。

父がつるぎに手かけて、うばはんやとするに、抜出て、おのれが腕につきたしてしかど、長者の面にそゝぎて、血にまみれたり。

小伝次、「父をあやしめしや」とて、後よりつよくとらへたり。

とらへたるを、又引まはして、面をうつ。

是もいさゝか血そゝぎかけたり。

父は、「子をあやまちしか」とて、つるぎの鞘もて、丸がつらをうつ。

抜たるにうけて、何やらんうたひつつ、又、父をとらふ。

さすがに刀はあてざれど、おのが血の流て、長者の衣にそみたり。

家の子ども一二人追来て、

「こわや、御二人を殺すよ」とて、前うしろにとりつく。

「さてはあやまりつ」と思ひて、二人の男を左右の腋にかいはさみ、

「主ごろしはせぬぞ」とて逃行。

二人のをとこら、とらはれながら、

「主ごろしよ」とて、をらび云。

「さては、父子ともに我あやまちしよ」とて、二人の男を深き流に打こみて逃ゆく。

父は、また、酒さめざれば、血にまみれながら、つるぎの身さゝげて、おどり拍子にかへる。

小伝次も、あと[に]つきてかへる。

家の内、こぞりて、「いかに/\」と立さうどく。

されど、小伝次がせいししづめて、父をふし所につれゆく。

尼のこゝろえで、「この血はいかに」とゝふ。

「捨石めが、たまへる劔に、おのが腕をつきさしたる血也。

おのれもいさゝかそみたれど、事なし」と云。

姉、落ゐてよろこぶ。

捨いしは、「主をころせしよ」と思ひて、家にもかへらず、いづちなく逃うせたり。

二人のをとこ等こそ、水底にしづみて、むなしく成ぬ。

一ト里立さうどき、「捨石、主をころして逃行しか」とて、

みな長者の家にあつまりて、小伝次せいして、

「必ずあらぬ事也。渠がかいな[に]血出て、父にそゝぎし也」と云。

「さらば」とて、「たゞ二人のをとこが屍もとめん」とて、立走り行。

いかにしけん、父はあしたになれど、起出ず。

おとゝひゆき見れば、口あき目とぢ、身はひえて死たり。

「こはいかに」とて、いそぎくす師よびて、こゝろみさす。

くすし、こゝろみて云。

「是は、頓にやみて死たまふ也。今は薬まいらすとも、かいなし」と云。

おとゝひなきまどふ。

家の内の者ども、又、立さうどき、

「まこと、主はころせし也。

御めぐみふかくて、とみのやまひとはのたまふ也。

御仁恵といふもあまり也」と云。

国の守に聞えて、目代いそぎ来たる。

かねて、長者が富をうらやみしかば、

「此ついでになくしてん」とて、屍見あらため、

「是は血そゝぎかけし也。たゞしたゝかにうたれて死たる也。

小伝二、親をころされながら、え追とらへず、病に申事いぶかし」とて、

よこさまにいふ。

薬師おりあひて、

「いさゝかもうたれし所なし」と。

目代目いからせ、「おのれ賄賂とりて、いつはるよ」とて、からめさす。

小伝二はさすがにえからめず。

「守に参れ」とて、つれ行。

参りて、始よりをつばらかに申す。

守もねたくてありしかば、

「いな、明らかならず。

くすしめはひと屋にこめよ。

小伝次は数百年こゝにすみて、民の数ながら、刀ゆるし、鑓・馬・乗輿ゆるされしは、ものゝ部の数也。

目の前に親をうたせながら、いつはる事いかに。

国の刑に行なはんものを、見ゆるすべし。

親のかたきの首提てかへらずは、領したる野山、家の財、のこりなく召上て、追やらふべし。

ゆけ、とく」とて、入ぬ。

打わびつゝかへりて、姉に申。

「病こそやまね。骨ほそく、刀こそさせ、人うつすべ知らず。

丸めは力量の者なり。あはゞ必さいなまれん」と云。

姉の尼泣々云。

「我しうと君、日高見の社司は、弓矢とりて、みちのく常陸のあら夷らをよくなごし給ふ。

行て、刀うつ業ならへ。

必いとほしびて、まめやかにをしへ給ふべし」とて、

こま%\文かきそへて出たゝす。

小伝次、是に便を得て、いそぎ日高みの社に行。

社司春永聞て、

「あはれ也。力は限あり。業はほどこすに変化自在也。

やすくうたせん」とて、年をこえ習はす。

心にいりて習へば、一とせ過て、社司、「よし」と云て、出たゝす。

「助太刀といふ事、おほやけにゆるしたまへど、ますら男ならず。

一人ゆけ。あはゞ必首うちてかへらんものぞ」とて、いさめてたゝしむ。

はじめいかにせんと思し心は、いさゝかあらで、身軽げに、先あづまの都にと心ざしゆく。

捨いしは、すゞろ神にさそはれて、夜昼なく逃て、江戸に、こゝかしこと、わたらひわざしらねば、力量にやとはれ、角力に立交りたり。

或国の守の、すまひこのみ、酒好みたまふにめされて、御伽につかふまつりぬ。

「いかなる者ぞ」と、問はせしかば、愚なるまゝに、いつはらず申上る。

「さるは、主の敵もちなり。其子弱くとも、たゞにてあらんや。

富たりといへど、人数にをして捕ふべし。

国にことしはまかれば、我よく隠すべし。とく」とて、

御のり物そひにめされてくだる。

小伝二は尋まどひて、江戸をちこちにも、三とせばかりありて、其くにの守の御恵みにて、西にゆきしと聞あらはし、其日に立行。

国は常くにの何がし殿にて、心広き御人也。

かく養なひたまふ中に、酒の毒にや、疔をやみて、ついに腰ぬけと成たり。

申上るは、

「主をこそ殺さね、其名たかきには罪大也。

若者たわやかにて、我は得うつまじく、仏の弟子にや、姉の尼ぎみと同じ衣にやつさせたまはんものぞ。

いきてうたれんと思へど、こし折たれば、四百余里いかであゆまん。

聞つるに、此御くにの何がしの山は、岩ほ赤はだかにて、今の道を廻りて、八里ばかりと聞。

ある人の大願にて、此あか石一里ばかりを道にきりとほさば、往来の旅客、夏冬のしのぎを得て、命損すべからず。

今やう/\穴をつゝきて、一丁ばかりと云。

我主の長者の御為に、是をぬきて、人のためにすべし。

足立ねど力あり。

よく/\つとむべしとて、御いとまたまはり、鉄槌の二十人してもさゝげがたきをふりたてゝて、先うつほどに、凡一日に十歩はうちぬきたり。

国の守触ながして、民に、「力そへよ」とて、

民は此石の屑をはらふ事を、いく人かしてつとむ。

一とせに過て、やがて打ぬくべき時に、小伝次たづね来たりぬ。

捨石申。

「主をころさぬ事、御子の君ぞしらせたまへる。

されど、かく事ひろごりては、申わくとも無やく也。

我首うちて往たまへ」と云。

「首とらんとて来しかど、此行路難を開きて、長き代にたよりする。

御父の手むけとぞ。いで、我も力そへん。

家はとふともいかにせん。始ある物、必よ終ある。時なるべし。

姉は仏の弟子にておはせば、よく思しとりて、心しづかに行ひたまはん。

我力をそへて後に、あねの所にいきて、す行すべし」とて、

かい%\しく石はこび、民とゝもによく交はる。

捨石、

「あなたふと。しかおぼして此事に力そへ玉ふは。

神よ、ほとけよ」とて、よろこぶ/\。

或日云、

「若ぎみ、我をうたんとて尋ね来たまへど、骨よわく力なければ、こしぬけたる我をもえ打たまはじ」と云。

小伝次こたへなく、そこにある石の二十人ばかりしてかゝぐべきを、躍たちて蹴れば、石は鞠のごとくにころびたり。

捨石おどろきて、

「いつのまにかゝる力量は得たまひけん」と、いぶかる。

小伝二、又、こしの弓つがひて、ひようと放つに、雁二つ射ぬかれて、地に堕たり。

「汝、力にほこれども、かれは限あり。

我業千変万化、汝がこしたちてむかふとも、童をせいする斗たやすし」。

丸、ふし拝みて、

「心奢りたるは愚也」とて、小伝次に、かへりて事とひ学ぶ。

かくて、月日をへ、年をわたりて、凡一里がほどの赤岩を打ぬき、道たいらかに、所々石窓をぬきて、内くらからず。

もとの道は八里に過て、水うまやだになく、夏は照ころされ、冬はこゞゆるを、此岩穴にて、ゆきゝやすく成んたり。

馬に乗て鎗たてゝ行とも、さわりなし。

太初の時、大穴むち・少名ひこの、国つくらせしと云も、かゝる奇工にはあらず。

国の守大によろこびて、みちのくの守に使遣はし、事よく執をさめたまへば、小伝次は、御ゐやまひ申てかへりぬ。

捨石はほどなく病て死たれば、捨石明神とあがめて、岩穴の口に祠たてゝ、国中の民あをぎまつる。

小伝二は東にかへりて、国の守の罪かうむらず、益家とみさかえたり。

姉のよろこび、いかばかりならん。

日高見の神社、大破にて年わたりしを、此ゐやまひに、こがね・玉をきざみて作りたりしかば、荘厳のきら/\しきによりて、となりの国までも、夜昼まうでゝちか言す。

はたうけひたまひて、此御ゐやまひに、たからやぬさやつどひみちて、あづまには二つなき大神となん、いはひまつれりける。

   宮木が塚   第八回

本州河辺郡神崎の津は、昔より古きものがたりのつたへある所也。

難波津に入し船の、又、山崎つくし津に荷を分かちて運ぶに、風あ[ら]ければ、こゝに船まちせる。

其又むかしは、猪名のみなとゝよびしはこゝなりとぞ。

この岸より北は、河辺郡とよぶ。

是は猪名の川辺と云なるべければ、猪名郡と名づ[く]べきを、いかにこゝろえたるべし。

「すべて、国・郡・里の名、よき字を二字につゞめよ」と、勅有しに、大方はよしと思へるが中に、かゝるもありけり。

この舟泊りには、日数ふるほどに、船長・商人等、[岸]に上りて、酒くむ家に入て遊ぶ。

こゝに何がしの長が許に、宮木といふ遊び女あり。

色かたちよりほかに、立まひ、哥よみて、人のこゝろを蕩かしむと云。

されど、多くは、人むかへ見る事なし。

昆陽野の里に富たる人ありて、是がながめ草にのみして、他にゆかず。

このこや野の人は、可守の長者と云て、つの国に今は並なきほまれの家也。

今のあるじを十太兵衛といふて、年いまだ廿四才とぞ。

かたちよく、立ふるまひ静に、文よむ事を専らに、詩よく作りて、都の博士たちにも行交り、ほまれある人なりけり。

この宮木が色よきに目とゞめて、しば/\行しが、今はたゞおもひ者に、ほかの人来とむらへど交らせず、めでてありしかば、宮木も又、「此君の外には、酌とらじ」とて、いとよくつかへけり。

長も、十太兵衛、

「黄がねにかへてん」とて、

よくいひ入るに、いとかたじけなく、人にはあはせざりけり。

此宮木が父は、宮古の何がし殿と云し納言の君なりしが、いさゝかの罪をかゞふりて、司解、庶人にくだされしかば、めのとのよしありて、この里には、はふれすみたまへりき。

もとよりわたらひ心なく、宝も何も、もて出たまひしは残りなくて、わび住したまひしが、病にふして、ついにむなしくならせぬ。

母も藤原なる人にて、父につかへて、おのが里にもかへらず、共にわび住して、今はやもめに成りたまへば、いかにすべきを、かたち人におはしければ、物いひよる人あれど、けがしきとて、ひたこもりに、たゞ稚子をのみいだきかしづきたまふほどに、貧しさのひとつをこそ、なげきくらしたまふに、めのとが云。

「よき人の、こゝに落はふれ来て、たよりなく、よきをとめ子を、長に養はせたまひしためしあり。

今はたゞ、おぼしすてさせ、いとし子を、人にたまへ。

むかしのをとめ子は、よき人に思はれ、黄金あまたにかへられ、親たちをさへ伴なひ、つくしの長者のめと成し事あり。

いかで思ひたまへ」と云。

「つれなくも云ものかな」とおぼせど、

「此子もともに肌さむく、うえて今は死なんよ」と打なかれて、めのとがいふに従ひ、こがねにかへて手放したまへ[り]。

かゝるほどなく、わびしさに涙の淵とかにしづみて、世をはやうせさせけり。

なみだの淵と云所、哥にはよめど、いずこぞと誰もしらざりしに、この神崎の里になん在ける。

長者、わきていとほしみて養ひたつるに、母にはまさりて、かたち人におひ立ける。

河守の色好みが、「ほかの人にあはすな」とて、

宝つみて云ほどに、長「かしこまりぬ」とて、我子の如くかしづきたりけり。

春の林の花見んとて、思めぐらすれど、都には此比出たつまじき事ありて、兎原の郡のいくたの神の森のさくら盛なりと聞て、舟の道、風なごやかなれば、宮木をつれ立て、一日遊びけり。

林の花みだれさきたるに、この面かのもに幕はりて遊ぶ人多かるが、宮木がかたちの世にならびなしとて、目を偸みて見おこすにぞ、弥つゝましくて、扇とりても立まはず。

酒づきしづかにめぐらしてあるが、十太もけふのめいぼくに、わかければ思ひほこりてなんある。

此河守があり様に心おとりせられて、

「宮木かくかたちよし。ねたし。兼て思つるよ」

とて、つれだちしくす師、何がしの院の若法師にさゝやき、酒くむこゝろさへなく成ぬ。

さて何思けん。

「大事忘れたり」とて、歩よりは遅し。

みぬめの和田の天の鳥船に、舟子の数まさせて、飛かへるやうにて、いそぐ/\。

只かた時ばかりにぞ漕せける。

家に入より、先人走らせて、

「十太兵衛只今来たれ。

おほやけの御つかひ、こゝを過させたまふに、一夜をやどらさせ玉ふ。

汝がつとむべき也。いとゝく/\」と、せめ聞ゆ。

留主守翁あはたゞしく来たりて、

「あるじはけふ物に罷りて、あすならでは帰らず。ほかの御家に」と申。

「いな、汝が家きよしと申て、はや使は通られたり。

やがてにも至りたまはん」と云。

「いかに承るとも、あるじあらねば、つかふまつるまじき」と云。

長にらまへて、

「おのれは老しれて、国の大事を忘たるよ。

我家の母、あつき病にふしたまへば、『汝が家に』と申したり。

いそげ、今たゞ即ならん」と云。

老は走りかへりても、誰にはかり合すべき者なし。

たゞ長き息つきて、

「若君、翅かりても飛かへらせよ。

中山寺のくわん自在ぼさつ」と、うけひ言すれど、すべなかりけり。

長が方より使たち来て、

「宿すべきものゝ立むかへこぬ、むらい也。

こゝにはやどらじ。

夜こめて住よしの里まで」とて、高張あまた用意申付給ひしかば、松などをもにわかにくゝりつかねて奉りし也。

「『十太は今めしかへせ。罪にこもらせよ』とて、馬飛せて行過たまひぬぞ」とて、

門の戸ひし/\と、竹にて釘うち、とぢめたり。

十太何心なくてありしが、「心さわぎぬ」とて、夜の亥中にかへり来て、

「しか%\の事なん侍りて、あはたゞしくとぢめたまへりき。

いきてわびたまへ」と云。

たゞちに長がまへにかしこまる。

長いかりにらみて、「此月は汝が役にさゝれたるならずや。

我に告ずて、いづこにうかれ遊ぶ。今はとりかへされず。五十日はこもりをれ」とて、

言呵て打入ぬ。

「桜の花はまださかりと見しを、この嵐には今はちらん。

我はたゞこもりをりてん」とて、

つゝしみをりき。

其あした、申つくる、

「御つかひ、明石の駅より、飛檄をつたへ来たらず。

『汝が里のやどりたがへしによりて、馬の足折、今は船にてつくしに下る也。

波路は御つかひ人の乗まじきおきてをたがへ、日のをしさ、罪のかしこさにしかすれど、又風波たゝばいかにせん。

五百貫の価の駿馬也。此あたひ、汝が里よりつぐのへ』と、申来たりき。

五百貫の銭、たゞ今たゞ、又、此銭、都の御家に贈るついえせよ。

是三十貫文也」とて、取たてゝ運ばす。

「五十日は猶こもれ」とて、つゝしみをらす。

此あいだに、うまやの長惣太夫、くすし理内をつれてかん崎にゆき、

「宮木に酌とらせよ」と云。

「此ものは、御さとの河守どのゝあづけおかれし也。

『他の人に見えそ』と、此頃、御つゝしみの事にてこもらせしかば、問まゐらすべき便もなし」とて、出さず。

いよゝます/\ねたくて、酒のみ、耳たゝしく、

「河守めは、こたびの御とがめに首刎られつべし。

よきわか者なり」など、云おどしてかへる。

宮木、こゝちまどひて、神に仏に願たて、

「いのちまたけさせたまへ」と、

おものたちて、十日ばかりはありしかど、よき風も吹つたへこず。

長示して云。

「物くはで命やある。よく養ひて、出させたまふをまて。

長が酒ゑひのにくき口きゝたる、まことならず。

御科の事、又、五百貫の駿馬を買てあがなひたまへりと聞。

やがてめでたく門開かせんを」と言に力を得て、

経よみうつし、花つみ水むけ、焼くゆらせて、観自在ぼさちをいのる。

さて、十太はかくつゝしみをるほど、風のこゝちのなやましうて、くすしをむかふ。

「当馬と云医士は上手ぞ」と人いふに、迎へたり。

脈みて云。

「あな大事也。日過さば斃れん。よき時に見せし」とて、ほこりかに匕子とる。

女あるじなきには、誰もあきるゝのみにて、怠りぬべし。

先方へも、くすしは、此ごろ日々にゆく。

十太がかゝりと聞て、

「彼五百貫文の中、わかちて奉らん。薬あやまらせよ」とさゝやく。

医し、

「いな、大事の症也。

御たのみの事は、我はえせずといへども、ついにたをるべし」と云て、

陽症のあらはなるに、附子をつよく責もりしかば、ついに死ぬ。

長いとよろこびて、外のゐやまひにとりなし、百貫文をおくる。

宮木が方へかくと聞しらせしかば、

「倶に死なん」と云つゝ狂ふを、長がせいして、

「仏の祈りだにしるしなき御命也。よく吊るらひて、御めぐみむくへ」と云つゝ、せいし兼たり。

かくてあるほどに、惣太夫よくよくしたり、独ゑみほこりて、宮木がもとへしば/\来て、言よくいひこしらふれど、露したがふ色なし。

長呼出て、彼五百貫の銭をはこばせ、「是なん宮木が一月の身の代に」と云(ふ)。

慾にはだれもかたぶきて、「一月二月、尚増てたまはらば、生てあらんほどつかへしめん」と云(ふ)。

さて宮木に示す。

「是十太殿世になく成たまひては、よるべなし。

かの里にては長なれば、この人につかへよ」と。

心にもあらねば、こたふべくもあらぬを、度々夫婦が立代りていふに、「よるべとこそたのまね、先(づ)夫婦の心にたがひては」とて、惣太夫に見ゆ。

いと情しく云なぐさめて心をとり、やう/\枕ならべぬ。

一夜酔ほこりて、くすし理内がいふ。

「生田の森の桜色よくとも、我長の常磐かき葉には齢まけたりな。

君もよき舟にめしかへしよ」とて、そゝる/\。

「いかにしていく田の森かたりいづらむ。

とまれ宗大夫がよろづのふるまひ、男ぶりよりして、たのむべき人にあらず」となん、やう/\思ひしづもり、来れど、多くは病ありとて、出て相見ざりけり。

其比法然上人と申(す)大とこの世に出まして、「六字の御名をだに、しんじちにとなへ申さば、極楽にいたる事やすし」と示し玉へるに、高きいやしき、老もわかきも、たゞ此御前に参る。

後鳥羽院のめされし上局に、鈴むし松むしと云(ふ)二人のかたち人ありき。

上人の御をしへを深く信じて、朝夕ねぶつし、宮中をのがれ出て、法尼となり、庵むすびて行ひけるをば、帝御いかりつよくにくませしに、叡山の法師等、「仏敵」と申て、上人をうたふ。

「是よし」とて、土佐の島山国に流しやらせ玉へりき。

「けふ、上人の御舟かんざきの泊して、あすは波路はるかの=舟にめさせかふる」と聞侍りて、宮木、長に「しばしのいとまたまへ。

上人の御かたち、近く拝みたいまつらん」と云(ふ)。

物よく馴たるうばら一人、わらはめ一人そへて、小舟出さす。

上人の御舟、やをら岸をはなるゝに立むかひて、「あさましき者にて候。

御念仏さづけさせたうべよ」と、なく/\申(す)。

上人見おこせたまひて、「今は命捨べく思ひさだめたるよ。

いとかなしきしづの女也」とて、船のへに立出たまひ、御声きよく念仏高らかに、十度なんさづけさせたまひぬ。

是をつゝしみて口にこたへ申をはり、やがて水に落入たり。

上人「成仏うたがふな」と、波の底に高く示して、舟に入たまへば「汐かなへり」とて漕出たり。

うばら童等おどろきまどひて、家に走りかへり、「かくなん」と告ぐ。

長夫婦くつだに付ず、走来て見れど、屍もとむべくもなし。

やゝありて人の告ぐ。

「かんざきの橋柱に、うきてかゝれり」とぞ。

いそぎ舟子どもをたのみて、かづき上さす。

此宮木が屍の波にゆりよせられしとて、ゆり上の橋となん呼つたへたる。

屍は棺にをさめて、野づかさにはふりぬ。

宮木が塚のしるし、今に野中にたちて、むかしとどめたりける。

むかし我、此川の南の岸のかん嶋といふ里に物学びのために、三とせ庵むすびて住たりける。

此塚あるを問まどひて、やゝいたりぬ。

しるしの石ははつかに扇打ひらきたるばかりにて、塚と云べき跡は、ありやなし。

いとあわれにて、哥なんよみてたむけたりける。

其哥うつせみの、世わたるわざは、はかなくも、いそしくもあるか、高きいやしき、おのがどち、はかれえうものわ、ちゝのみの、父にわかれて、はゝそ葉の、母に手はなれ、世の業は、多かるものを、何しかも、心にもあらぬ、たをやめの、操くだけて、しなが鳥、猪名のみなとに、よる船の、かぢ枕して、浪のむた、かよりかくより、玉藻なす、なびきてぬれば、うれたくも、かなしくもあるか、かくてのみ、在はつべくは、いける身の、生るともなしと、朝よひに、うらびなげかひ、とし月を、息つきくらし、玉きはる、命もつらく、おもほへて、此神埼の、川くまの、夕しほまたで、よる浪を、枕となせれ、黒髪は、玉藻となびき、むなしくも、過にし妹が、おきつきを、をさめてっこゝに、かたりつぎ、言継けらし、この野べの、浅ちにまじり、露ふかき、しるしの石は、たが手向ぞもとなんよみてたむける。

今はあとさへなきと聞く。

哥よみしは三十年のむかし事也。

   歌のほまれ   第九回

山部の赤人の和哥の浦に汐みちくればかたを無をさしてたづ鳴わたる

と云父はゝのやうに、世にいひつたへたりける。

此時のみかどの聖武天皇、つくしにて広継が反逆せしかば、都に内応の者あらんかとておそれたまひ、巡幸とよばせて、伊賀・い勢・志摩・尾張・三河・美濃の国ゝに行めぐらせ給ふ時、いせの三重郡阿=の浦辺にて、よませたまひしおほん

 妹にこひあごの松原見わたせば汐干のかたに鶴なきわたる

又、此巡幸に遠く備へたまいて、舎人等あまたみさきにたゝせしに、高市の黒人が愛市郡の浦べ見めぐりてよみける歌

 桜田へづ鳴わたるあゆち潟汐干のかたにたづ鳴わたる

 これ等、同じみかどにつかふまつりて、おほんを犯すべきかは。

むかしの人は、たゞ見るまさめのまゝを打出たるものなれば、人よみたりともしらずよみになんよみしかど、正しく紀の行幸、又この巡幸に同じことうたひ出しは、とがむまじく、おほんと黒人が歌とは世にかたりつたへずして、和かの浦をのみ秀歌と後に云つたふる事のいぶかしかりけり。

 又、同じ万葉集の哥に、よみたる人はしらずとて

  難波がた汐干にたちて見わたせば淡路の嶋に鶴なきわたる

 是もまた同じながめをよんだり。

いにしへ人は心直くて、見るまさめをば人や云へぼも、問きかでよんだりける。

さらば歌よむは、おのが心のまゝ、又浦山のたゝずまひ花鳥のいろね、さかしくいひたるものにはあらず。

 是をなんまことの歌とはいふべけれ。

   樊〓   第十回

むかし今をしらず。

伯耆の國の大智大権現の御山は、恐ろしき神の住て、夜はもとより、申のときすぎとて、寺僧だにこもるべきはこもり、こもらぬは山をくだりて行ふとなん聞ゆ。

麓の里に夜毎わかき者あつまりて、酒のみ博奕してあらそひ遊ぶ宿有けり。

けふは雨ふりて、野山のかせぎゆるされ、午時よりあつまり来て、酒のみあとさきなきかたり言してたのしがる中に、腕だてして口こわき男あり。

憎しとて、「おのれはつよき事いへど、お山に夜のぼりて、しるしおきてかへれ。

さらずは力ありとも心は臆したり」とて、あまたが中にはづかしむ。

「それ何事かは。

こよひゆきて、正しくしるしおきてん。

おのれらあすまうでゝ見よ」とて、酒のみ物くひて、小雨なれば蓑笠かづき、たゞに出行。

友だちが中に、老たる心あるは、「無やくのからかひ也。

渠必神に引さき捨られんぞ」と、眉しはめていへど、追とゞむともせず。

この大蔵と云あぶれ者は、足もいとはやくて、まだ日高きに、御堂のあたりにゆきて、見巡る程に、日やゝ傾きて、物すさまじく風ふきたちて、杉むら桧原さや/\と鳴とよめく。

暮はてゝ人無にほこりて、「此わたり何事かあらん。

山の僧のいひおどろかすにぞあれ」とて、雨晴たれば、みの笠投やり、火うちたばこくゆらす。

いとくらうなりしかば、「さらば、上の社と申所に」とて、木むらが中を、落葉ふみ分てのぼる/\。

十八丁となん聞えたり。

こゝに来て、「何のしるしをかおかん」とて見巡るに、ぬさたいまつる箱のいと大きなるあり。

「是かづきおりてん」とて、重きをこゝろよげに打かづくとするに、此箱ゆらめき出て、手足おひ、大蔵をつよくとらへたり。

すはとて、力出して是をかつかんとす。

箱におひ出たる手して、大蔵をかろ%\と引さげ、空に飛かける。

こゝにて心よわり、「助けよ/\」と、をらぶ。

こたへなくて、空をかけり行。

「波のおとのおそろしき上を走行よ」とおぼえて、いと悲しく、こゝに打やはめつとて、今は是をたのまれて、箱にしがみつきたり。

夜漸明ぬ。

この神は箱を地にどうと投おきてかへりたり。

眼ひらきて見れば、海邊にて、こゝも神やしろらう/\しく、松杉が中にたゝせたまへり。

かんなぎならかめ。

白髪まじりたるに烏帽子かぶり、浄衣めしなれたるに、手には今朝のにへつ物み臺にさゝげてあゆみ来たり。

見とがめて、「何ものぞ。

無礼也。

その箱おりて、いづこよりかつき来たる。

物がたれ」とぞ。

「伯岐の國の大山に夜まうでゝ、神にいましめられ、遠くぬさ箱とゝもに、こゝに投すてられたり」と云。

「いとあやし。

汝はをこの愚もの也。

命たまはりしをよろこべ。

こは隠岐の島のたく火の権現の御前ぞ」と云。

目口はだけておどろき、「二親有者也。

海をわたして里にかへらせよ」と泣々申。

他国ものゝ故なくて来たるは、掟ありて、國ところを正して後、おくりかへさるゝ也。

しばしをれ。

是奉りて後に、我家につれかへり、よく問糺して、目代にうたへ申べし」とてみにへたいまつる。

ふとのりと言高く申、手はら/\と打。

さて御戸たてゝ家につれかへり、同じことわりなれば、目代に参りて掟承る。

いとにくき奴也。

されどここにさいなむべき罪無し」とて、其日の夕汐まつ舟にのせ、むかひの出雲の國におくりやる。

八百石と云舟にて、ちいさくもあらぬを、風に追す。

されどよんべの神が翅にかけしよりは遅し。

三十八里をあか時に乗わたりて、「しか%\の者おくり申」と申。

所の長が聞て、守のやかたにいそぎうたへたり。

やがてめされて、「隣のくにの守にいひおくるべし。

にくし」とて、つばき吐して、つらに吐かけたまへりき。

めしうどならねど二人に捕かこまれて、里のつぎに、追やらる。

七日と云日をへて、此ふるさとには来たりき。

目代つよくいましめて、しもと杖三十うち、家におくりかへさる。

里人追々に、「大蔵がかへりたり」と告ぐ。

母と兄よめは、「いかに/\」と云つゝ門立して待ほどなく来たる。

「生てはあらじと思ひつるに、大智大権現の御めぐみこそ有がたけれ。

」と、手をとり内に入る。

親は、見おこせしのみにて、「神にさかれて死たらんが。

、いとよかめり。

ついにはおほやけに捕はれ、首刎られ、みゝづくとなりて人に爪はじきせられ、おやにいみじき恥あたへつべし」。

兄あざ笑て、「腕こきてなど神にはさかれざる。

ひきやうなり。

親兄に首つなかけられん。

恐し。

立かへりてよろこぶ者はなし」と云。

母泣しづみて、父兄にわび言しつゝ、「物くへ、足あらへ」と云に、嫁心つかざりしとて、湯わかし足すまさせ、飯たきて「あたゝか也」とすゝむ。

「何事も此後、父兄にさかたちてすまじ」とて、犬つくばひしてわぶる。

日二日は、夜ひるたゞ臥にふしてありしが、三日といふあしたとく起出、鎌枴とりつかねて、山かせぎに兄よりさきに出たり。

兄は小男にて、かつきし薪柴いさゝか也。

大蔵が肩おもきまで荷ひかへりしは、銭にかへてあまたにぞなりける。

年くれて、としの貢納めても、大蔵がかせぎしに、銭三十貫はつみて、稲くらに櫃にをさめしかば、父はにが笑して、「よし」とほむ。

兄は「冥加なり。

猶よくせよ」と云。

母と嫁はさゝやきあひて、綿入たる布子一重かつけたり。

夜はかの宿にゆきて遊べど、酒にみだれず、博奕うたずして見をる。

若き友どち云、「隠岐の國よりかへりしは、罪ゆるされて大赦にあひたる者ぞ」。

大蔵と云名を「大しや」と呼かへて、むつまじかりき。

春ふけぬ。

れいの博奕宿に打しこりて、おひ目多くて友だち等、「是は大しやにせぬ」とて、いひつのるほどに、さすがのおに/\しき心にもまけられて、日をへだてゝえゆかず。

父はひる寝、兄は。

里をさ長に申事ありとていきし跡に、母を小手まねきして、「去年の後に心をあらためし事は、またく権現の御恵み也。

お山にのぼりて。

ゐやまひ申たてまつらん。

施物の銭たまへ。

知たる御寺にたてまつりて、『此行末をも守らせたまへ』と祈り申あつらへてん」と云。

母「よき事也。

『倉には入すな』と、兄がいましめたれど、是は見ゆるしてん。

こよ」とて、稲倉につれ立行。

「其櫃の中にみだれたる銭あり。

汝が手一つかみには事足べし」とゆるす。

櫃を開き見れば、三十貫文よくからめてつみおきしあり。

ほしく成て母に又云。

「まことは博奕にまけ、おひめかさなりて此里にはあられぬにぞ。

いづちへも立かくるゝ也。

此銭しばしたまへ。

我山かせぎしてつみたるなり。

又、山に入谷にくだりて、日毎に立走たらば此銭やがて入納むべし」とてつかみ出す。

母、「おのればくち打やまで、親をいつはるよ。

やらじ」とて、さゝへたるを片手にとらへて、櫃に投げこみふたかたくして、銭肩にかけてゆらめき出。

兄嫁見とがめて、「それをいづこへもて出る。

やらじ」と、是もさゝふるを、又、かた手にかろ%\と柴つみし中へ投やりたり。

父目さめて、「おのれ、盗人め。

」とて、枴とりて丁とうたるゝを、かた手にてとりはなち、つと門に出づ。

父、「やらじ/\」とて、背におひつきてぶらさがりたれど事ともせず。

父をうしろさまに蹴て行に、たをれてえおきぬを、兄遠くより見て枴鎌とり具して、「親を打し大罪人め。

ゆるさぬ」とて追つきたり。

鎌は地におとして枴にてうつ。

うたれてあざ笑ひ、かへり見もせず走行。

谷のかけはしある所にて、友達一人行あひ、「こはいかに。

兄も親も何者とかしてかくする」と、立むかふあいだに兄追つきたり。

二人に成しかば力足つよくふみて、兄をば谷川のふかきに蹴おとしたり。

友だちはきととらへて、「おのれが親兄か、我親兄也。

入ぬ骨ついやすか」とて、是も谷へ投おとす。

父又追つきて、「おのれ赦さじ」とて、鎌もて肩に打たてたり。

いさゝかの疵にても血あふれ出ぬ。

「子を殺す親もありよ」とて父に打かへす。

咽にたちて「あ」と叫びてたをるを、「兄とゝもに水に入たまへ」とて、かた手わざして父をも谷のふかきに落しつ。

淵ある所に、三人とも沈みてむなしく成ぬ。

さて、恐しく思なりて銭を懐にして、夷駄天走りして、行方しらず逃たり。

一里、となりの里つゞきと、大にさわぎて追とらへんとすれど、力つよく足はやく、ことに、たゞ今鬼になりてかけるには誰かは恐れん。

里正うたへ出しかば、国の守此頃くだりたまひて、都の事を思はなれず、繪にうつして、國々に触流さん」とぞ。

里正申。

「山ざとには絵かく人なんなき。

たゞかたちを書て、いひしらせたまへ」と申。

「背六尺に過、つらつき赤く黒くて、年は廿一にてなんある。

伯耆の國、清水の里にて、親の名九兵衛と云大蔵と云男なり。

親兄をころし、又一人の友をも殺したる大罪人也。

めしとらへて國にしらせたうべよ」と、触聞ゆ。

大蔵は、筑紫の博多の津のあぶれ者が中に立交り、博奕勝ほこり、酒くらひて、遊女を枕におきて、鼾吹螺の如し。

こゝにも此人かたの触聞へくるに、あぶれ者等是也と思へど、力量の者なれば立むかひてあやまたれんとて、「しか%\の触来たる。

汝が事なるべし。

はやく立去れ」と云におどろき馬して、ばくちの金百両をはだかにつかみ入て、酒のみて迯走りたり。

長崎の津にゆきて、やもめわびしげにて在。

金あたへこゝに足とゞむ。

やもめ、始こそあれおに/\しさに恐て、丸山の廓の内に物ぬいにやとはるゝ方に逃かくる。

大しや聞しりて、夜中過る比、かの家に行て、「しか%\の者は我め也。

あるじみそか事やする。

とく出せ」とて、とこへあぶれ入。

局ごとに客ありて、遊女らと酒くみて居るに、もろこし人の局してある所にをどり入、へだてのさうじも戸もかいやぶりて立はだかる。

もろこし人おそれて、「樊〓へ。

命たまへ」といふ。

「いとよき名つけたり。

ゆるすべし。

酒くまん」とて、座につく。

あるじおそれて、「もろこしの御客は大事の御客也。

ゆめ/\何事しらせたまへず。

酒のみて遊ばせよ。

もとめたまふ物ぬひは、きのふ尼になるとてこゝは出たり」と云。

「さがしもとめんも、酒のみて後にすべし」とて、大なるあはびの盃に、二ツ三ツつゞけ呑にのむ。

から人「さかなたてまつらん」とて、衣をぬぎてさゝぐ。

「おのれが着よごしたらめど、錦のきぬいまだ着ず」とて、肩にかけて立おどる。

「まことに樊〓にておはす」と、ふして云。

「よき名つきしあたひに」とて、かしら三ツ四ツつよく打て、又、さかづきとり上る。

から人「かくからきめをこよひかふむる事よ」とて、泪さめ%\となく。

「おのれも男なるべし。

うたれてなみだおとすか」とて、又、立蹴に蹴ちらして、夜明るまで狂ひをる。

夜明て人あり。

「かく/\の者の、こゝにやどるか」とて、おほやけの人々めしとらへんとて、棒もちなどして取まきたり。

はん〓大にいかり、さきに立男の棒うばひて、散々に打ちらす。

誰あひむかふばかりの力量なければ、ついにとりにがしたり。

こゝをのがれて、つくしのあいだ、こゝかしこにはひかくるゝ中に、えやみして、山あさき所ながら岩陰にふしたをれたり。

三日四日過るに、熱き心ちやゝさめたるやうに思ひて、又、物ほしくなり、夜はひ出て、「物くはせよ」とをらぶ聲恐し。

たび行人の中に大男のひとりかろ%\しく出たちて、ここを過。

見とどめて、「鬼の泣くのを見しよ」とて、こりにつめし飯とう出てあたふ。

「うゝ」とのみいひてくらふ。

この大男、「おのれは何者ぞ。

ぬす人にはあらじ。

いかでこゝに病ふしたる」。

「我は世のあぶれ物にて、酒のみ、ばくち打、すみ家定めず。

)しあるく者也。

こゝに病につながれて、やう/\人こゝちしたれど、七日ばかり物くはねば足たゝず。

いづちへもあぶれゆかれぬ也。

今たまへるめし、くひたれば足は立ぞ」とて、力足ふむ。

「あたら男也。

物くはせん。

里にこよ」とい、麓の水うまやに走下り、めし・酒ほしきまゝにあたへつれば、忽に面かはり、「御徳見つ。

何事も仕うまつらん」と云。

「よし、こよひまたで、この道くる者あり。

馬に金おふせたり。

是奪はんとて、こゝの足場よしとて来たる也。

人・馬いづれにてもおのれむかへ。

金分ちてあたへん」と云。

鬼よろこびて、「二、三人に馬・車ありとも、我立むかはん」とて、躍り上りて又酒のむ。

やう/\夕暮にちかづく。

もとの坂道に登り、もとの岩陰待ふしたり。

馬の鈴から/\と鳴。

口とるをとこ何やらんうたひつゝ来る。

馬のしりに、足軽二人附そひたり。

はん〓先にをどり出、しもと一もとぬきて聲をかけ馬の足をうつ。

馬は斃るゝを、足がろ二人「盗人め」とて、刀ぬきてむかふを、此しもと木にて二人を打たをす。

馬かた迯んとするを、大男飛出て是は谷に投おとす。

はん〓、足軽二人を両手に引さげ、岩に頭うちあて打殺したり。

馬のおひたる金箱二ツ解おろして、馬も谷へ投おとしたり。

「さてしすましたり。

こちこよ」とて、かね箱もたせて山を走くだり、海邊に出たれば、苫舟待遠に、「いかに」ととふ。

「よし」とて、飛乗り船出さす。

大男云。

「おのれはまことに力量ありて、膽ふとし。

あぶれあるくとも財宝何ばかりか得ん。

ぬすみせよ。

我に従がへ」と云。

打哂ひて、「ぬすみとて、さきの如きの事、何ばかりにもあらず。

御手につきていづこへもゆかん」とぞ。

舟は風よくて、あら波を安くこえ、「伊豫のくに」と云。

こゝに温泉あり。

「足休めん」とて、金をわかちくるゝ。

舟子三人には三百両、はん〓にも百両あたふ。

舟漕ぬす人等云。

「こゝより別れて、安藝の宮島にわたりて遊ばん。

御むかひはいつ比」と云。

「此月の末まで在らん。

よく遊びて来たれ」とて、はん〓と二人陸に上る。

湯ある所は賑はしくて人あまたやどりたり。

こゝに飲くらひしてをるに樊〓が云。

「我は親兄を殺して尋らるゝ者也。

かたちかへてん」とて、こゝより見やる山寺に行て老僧にむかひて云。

「母と二人巡礼しにわたりしを、おとつひの夜尿すとて、母は海に落たり。

もとめわづらひて御寺に参る。

かしらそりてたまへ。

故さとにかへりても兄にことばなし。

」とて、泣がほつくりて云。

僧「いとほしき物がたり也。

落髪ゆるしてん」とて、やがて剃刀さづけたり。

「名をほどこすべし」とて、「道念とよべ」と云。

「いかにも名付たまへ。

袈裟衣さづけたうべよ」とて、金二両つゝみて出す。

山僧の金見る事珍らしくて、古くとも破まよはねば是をとて、一重にとりそろへてあたふ。

肩にかけ、かけたれば、猿に物着せたるさま也。

「いと有がたし。

又、縁あらば参らん」とて、湯の宿にかへる。

大男見てわらふ。

「まだ都に出ねばしるまじ。

大津のあふ坂山に、はやくより汝がかたち写して商ふぞ」といふ。

「名は何」とゝへば、「長崎にてあぶれたりし時、から人が『はん〓よ』と云たり。

是を名とすべし。

さて、頭の名いかに」と問ふ。

「昔は、すまひとりて村雲と云たり。

人をあやまちて命のがれ、こゝかしこ力をたのみてかせぎあるくとぞ。

さて、こゝにも在べからねば」とて、又、海べに出たれば、さきの苫舟礒陰にあり。

乗うつりて播磨のしかまつへとて漕す。

風に煩らはされ、七日ばかり有て着たり。

むら雲が伯母こゝに在とて、岸に上りてとひよる。

伯母が門入するを待久しげに、「甥の殿よ。

米・ぜにほしさに、待事三十日ばかりぞ」と云。

心ゆくばかり出してくれたれば、「酒肴もとめん」とて、足かろげに出行。

こゝにも五日ばかり在て、樊〓云。

「さだめてゆくさき%\も心安からじ。

かたちかへたれば、一人す行者となりて迯かくれん」とて、笈をもとめ、錫杖つき啼し、桧木笠ふかくかづく。

むら雲云「おのれが背たかきは、おのれ不幸也。

海道ゆくな。

目あかし等が見とがむべし。

野山にまよひ入て、先東国にこゝろざせ。

国ひろく人の心たけくてわろ者多し。

中に入てあぶれあるけ」と教ふ。

「承りぬ」とて、笈かろげに足ばやに出たり。

「やよまて。

因幡ねずみに伯耆猫、國ことば聞とがめられな」と云。

「親兄のめぐみ、しかまであらば殺さじ。

まことの親也」といふ。

「おのれを子に持たらば、いかにからきめ見せん。

恐し/\」とわらひて別る。

播磨は故さとに行かふ道ときけば心安からず。

たゞ山によりてぞ、あゆむ/\。

一日行暮たり。

孤屋のあるに門立して、「法師也。

一夜やどらせよ」と乞。

うばら一人、夕げの烟たきほこらせたり。

「國めぐりする御僧よ。

あすはさいたちし人の忌日也。

たのうでもお宿まいらせん。

うち入せよ」とぞ。

心やりて笈おろし牀に這上れば、「ひし/\」と鳴。

「あな恐し。

簀子ふみぬきたまふな」とて、ゐろりによらす。

月出たり。

門あか/\と見はるかさる。

二人つれ立て、こゝに入て「内にはあらぬか」と一人のいふ。

「柴賣に惣のやしろへ行たり。

やがては帰らん」と云ほどに足おとして、「母よ、腹うえたり。

夕めしくはせ」とて、入立たり。

「この僧はいづくより」ととふ。

爺の日なり。

『念佛申て給はれ』とて、宿参らせたり」とて、鍋のふたとりて盛てあたふは飯ならず。

芋のかしら也。

「僧にも是まいれ。

米麦あすは煮て供養供養すべし」と云。

二人の男の一人が云。

「この家に久しく持つたへし金と云物、この人にかたりたれば、我見ていかばかりの寳と定めてんとて伴ひたり。

出して見せよ」と云。

あるじの男、神まつる棚をさぐりて金一両とり出たり。

商人見て、「是はあたら宝也。

此国にて銭三貫文のあたい也。

大阪へ持てゆかば五貫文にかふべし。

四貫文に我買ん。

又、銭ほしからずは綿あたゝかなる布子にかへてん」と云。

うばら頭打ふりて、「いな、さい立し人の『姫路にもてゆかば七貫文にはかふぞ』と申されたり。

銭も布子もほしからず」とて、もとの神棚へ取をさむ。

はん〓にくしと思ひて、「いなや、城下にてはいづこにても十貫文にかふ。

至てかろくてよき寳也。

こゝにも有」とて、数十両つかみ出して見する。

あき人あきれて、「國めぐりするお僧にも、かく財宝多くもたる人はあれ」とて、口あきて、「いざ」とてさそひ出ぬ。

あしたの御くやうに米かふてこよ」といへば、「う」とこたふまゝに立出つ。

芋かしらに茶こふ/\と飲て、夜更しにむす子米かついでかへりたり。

氷豆麩・ゆば・椎たけとゝのへて来たり。

「社にて物かふ問屋が店に、人たづぬる書つけよみて聞せたり。

『伯岐の国の何とか云里の者、親兄をころして迯さりぬ。

背六尺より高く、面ひろく黒くて。

眼つきおそろし。

年は廿二か三になる』といふ。

さても世には悪人もある者よ。

いづくに隠れん。

やがて捕へられ、逆はりつけとかに行はるゝべし。

御僧のかたちよく似たり」と云。

打わらひて、「我も西より巡り来る所々にて聞たり。

この世にてはさかはりつけ、未来はやうちんとか云地獄の底に落べし。

あないま/\し。

南無阿弥陀佛/\」と、高らかにとなふ。

其やうちんと云はいかなる苦しみをうくるぞとむすこが問。

「火打石の火よく出る金にて鍛ひし釜也。

それに幾とせも煮られて釜こげうましと鬼めがくふ。

くへどつきず。

いたきめにあふ。

ぢごく也。

こゝのむす子はよき人也。

其子にころされし親兄も鬼にてこそありつらめ」と打わらふ。

あしたの斎の飯うまくくひて、笈かろげに出たちて行。

「さてもおそろし/\」とて、山路をつたひ難波にでたり。

人多く立走りて心安からず、京に行。

「こゝは物しづかなれど、目あかしと云者等が見とがむる也。

また、年経て上りて見ん。

こしの国は雪に埋れて春まつと也。

さる所にて今年は暮ん」とて出たつ。

荒乳山の関路こえ行く。

月あかく、雪いさゝかなれど、木末にふりかゝりておもしろし。

こは行手に、岩に腰かたげたる小男ありて、『巡礼よ、路用の金有べし。

おきてゆけ」と云ふ。

うしろにも人ありて、笈をしかとゝらへ、「この坊主めは金多く持たるぞ」とてゆるさぬつらつき也。

笈ときおろして、『金あまたあり。

とらばとれ」とて、岩の左にこしかけ、火切出して烟くゆらす。

「さてもふとき奴也」と云つゝ、笈のかねかぞえて見れば八十両あり。

「分ちてとれ。

子供等に花もたせつるよ」とて、あざわらひをる。

「にくき奴かな」とて、一人が立むかへば、立蹴にけてあをむきに倒る。

一人がすさかさず手とりたるを、稚子の如くに抱きすゑ、「おのれ等ぬすみするとて、力量なくてはいかに命長からん。

我につきてかせげ。

この金ばかり常に得させん」と云。

又云「ふ」『小男めは小猿と呼ん。

おのれはこよひの夜に釜ぬかれたつき也。

月夜と名づくべし。

思ふ心ありて、この冬は雪にこもりて遊ばん。

よき所につれゆけ」といふ。

加賀の国に入れて山中と云は、湯あみしに春かけて人あつまる。

「こゝにやどりて雪見たまへ」と云。

しるべさせてやどりとる。

湯のあるじ、「此二人は盗人也」と見知しかど、法師のをさなき者呼つかうやうにするをたのまれてとゞむ。

物おどりきせさせず法師いとゞたのもし。

雪は日毎にふる。

「ことしの雪いと深し」ちて、湯あみ等かたりあふ。

山寺の僧の匏簫もて来て吹てあそぶ。

樊〓面しろく聞て、「をしへたまはんや」と云。

僧喜びて、「よき友設たり」とて、喜春楽と云教ふ。

うまれつきて拍子よく節に叶ひ咽ふとければ、笙のね高し。

僧よろこびて、「修行者は妙音天の鬼にてあらはれたまんや」。

はん〓云。

「天女のつかはしめに我ごとき鬼ありし」とて、打笑ふありさまたゞならず、『面しろき冬ごもり也。

されど寺に一たびかへりて、春の事ども設して又こん。

今一曲を」といへば、「いな一曲にて心たりぬ。

おほく覚んは煩はし」とて習わず。

「春は必ず山に来たりたまへ。

あたら妙音ぼさつなり」とて、出たつ。

月夜に「御送りつかまつれ。

一曲の御礼に」とて、判金一枚つゝみに書つけてまいらす。

いと思かけぬ宝を得て山にかへる。

湯の中にも笛もて行て、さゝげて吹く

『雪おほし」とて、人皆いぬる。

さぶしくなりて、又、「いづちにも賑はしき所やある」と問えば、「粟津と云所にも湯わく。

加賀の城市ちかければ、あるじに心ゆかせて、物あたへ立出づ。

こゝにも国のあまた来て、にぎはしさは勝りたり。

れいの喜春楽、夜昼ふきて遊ぶ。

城市の人、「さても/\妙音也。

たゞ一曲にとゞまりたまふ、又妙也。

我はよこ笛吹」とて、とり出てふき合す。

「節よく、音高く、いまだかゝるを聞ず。

我宿にも十二夜やどりてよ」とて、あした迎ひの人来たる。

ゆきて見れば、高くひろく作りて富たる人なるべし。

小猿よく見とゞけおけ。

この家も宝あづけたるぞ」とて、奥の方へいざなはれたり。

箴栗ふく友も来て、幾たびも/\吹あわせて、「法師は一向宗にやおはす。

湯本にてきらひなく物まいるを見し」とて、いろ/\すゝむ。

酔ほこり笙とり出てふく。

「一向宗の一向一心に、一曲の妙得たまへり」とて、幾たびも倦ず感じ入りたり。

む月過て、二月の三日と云より、こゝ立て、「能登の浦めぐり、いと寒しと聞く。

さし出の磯の千鳥の声、八千代と鳴きをきゝて、この中の国のみ山の地獄見ん」とて、のぼる/\。

いと高し。

雪まだ深くて、「地獄はいづこぞ」と、二人のをとこ等に問ふ。

「おそろしさに、ついに見ず」と云。

足にまかせ、谷峯こえてめぐる/\。

あやしき事なし。

「いつはりとは聞しかど」とて、岩の雪はらひてやすむあいだに、影のやうなる者、二三人我前に来て、うらめしげ也。

「餓鬼ならめ。

物くはせん」とて、腰に付きたるを皆打払てあたふ。

あつまりくらひてうれしげなる中に、笙とり出て高ねきたれば、おどろきてかきけちたり。

「立山禅定のかいあり」とて、山をくだる。

しん堂川の舟橋、雪解にもわたりあり。

珍しくて、川の中央に立て立山よりみやるに、大なる木の根こじにて、流くだるが舟はくに打ちよせたり。

「よき杖えたり」とて、やすく取上げて、橋の上つきならしこゆ。

「これより大津のうき島見ん」とて、行手に、村雲に行あひたり。

「いかに/\」と、かたみに云。

「船のすまひをさぐられて、疵つきたれど命はのがれたり。

此北越に冬ごもりして、山中に湯あみし、手足ゆるびたれば、又出たちし也」。

「おのれ等は麓に宿とりて待て」とて、むら雲と二人のぼり行く、いたれば大なる沢に水鳥鳴きあそぶ中を、うかれて島二つたゞよひたり。

又此岸よりもたゞ今と見るを、焚桧引とゞめて、「いざ乗れ。

浮て遊ばん」と云。

村雲飛のるをちからにまかせて出したり。

「いかにするぞ」といへどこたへず。

笙とり出て、喜春楽高く吹遊ぶ中、「いかに/\」といへどこたえず。

打わらひて立行。

あしたの朝戸出に、村雲行合いたり。

「おのれ、恩しらずめ。

命得させ、金百両あたへしには、『親ともたのみつる』と云しを忘れ、我を水上に離ちたる、ゆるすまじきを、今は思ふ所あれば」とて、つれ立行。

城府に出たり。

「これはなにがし殿の領したまひて、いと国豊かにて人多し。

此家は、即富たり。

『北陸道には並びなし』と云」と、月夜にかたる。

石高く積し白壁きら/\しく、門たかく見入れ杳也。

焚桧云、「我盗人と成ていまだ物とりたる事なし。

こよひ、此家に入て試みん」とて、かなたこなたよく見めぐりて、酒肆に入、「酒あたゝめよ。

四人が中に一斗買ん」と、先金とり出てあたへたり。

あるじいとおどろきつれど、価くれつれば、いふまゝにあたゝめてよはす。

「さか菜は」問へば、「山の物あり」とて、兎猪の宍むらあぶりて出す。

飽までのみくらふほどに日入ぬ。

「いざ」とて、又かの家めざして行。

昼見しよりは、月の光に高くきら/\しく、「いづちより」とてはかりあふ。

樊〓云。

「あの見るは、金納めたる蔵ならめ。

軒をはかなれしかど、廊めぐらせてかよふと見ゆ。

小猿、おのれぞ身かろし。

こゝにこよ」といひて、高塀のもとに立て、小猿を肩にのぼらせ、内より垂たる松の枝にとりつかせたり。

「枝つたひして庭に下り、此犬門ひらけ」と教ふ。

をしへのまゝに庭におりて、犬門ひらかんとすれど、「二重に戸さし、黒金の鎖したゝかにて、明がたし」と内よりいふ。

「石も人の積み、鎖も人の手しておろしたる物ぞ。

おのれ等は盗人と名のりて、落ちこぼれたる物のみ拾ふか。

月夜おのれも、松の枝よりくだりて、小猿めに力をそへよ」とて、又是も肩にのぼらせ、しづ枝によりつかせて、内に入たり。

さて二人の者の力足らで、鎖あくる事えせず。

時なかば過ぎれば、樊〓いかりて、つみたる石垣の中に大なるが、土のすこしこぼれしひまに手入れて、「えい」と一声かけてぬきたり。

「村雲、あとより入れ」と云て、こゝよりはひ入る。

かの金蔵とおぼしきは、実によくしかまへて、「いづこより、いかんせん」と思ふ。

しばしありて、「思ひめぐらせし」とて、廊の柱よりとりつきのぼりて、この屋根の軒より、鳥獣の飛如くに蔵のやねにうつりたり。

上より、「おのれ等二人も柱より上がり来たれ。

ここにはえうつらじ。

此錫杖に取り付け」とて、さしおろす。

二人もぬす人なれば、身かろくて廊のやねにのぼり、錫杖をたよりにて引上られたり。

瓦四五枚とりすてゝ、屋の元つかたに木に打たる板、紙破る如く引放ちて、「人入べからず。かへれ」とて、二人をかいつかみて投おろす。

夜更て、物の音おどろ/\しけれど、人の寝たる所には遠くて、驚きおきも来ず。

上より火切て繩につけ、又ほり入たり。

二人の者見めぐるにまことに金蔵也。

二階よりはし子くだりてみれば、金銀入たる箱、あまたつみかさねたり。

「金こそ」とて、一箱二箱肩にかけて、二階に上りたれど、「いかにせん」と云。

はん〓「そのあたりに繩などはなきや」といふ。

見れば、苧綱の太きをつかね置たり。

「是あり」と云。

「それをおのれ等が中に一人、よくおのが身によくからみつけて、月夜はし子を二かいへ引き上させ、是を壁つひたてはひのぼる。

「今すこし也」とて、心いるを、又、錫杖をさしのべて引上たり。

「此綱をたよりにくゝり上よ」とて、月夜にいふ。

「こころえし」とて、箱二つをよくからめて、「いざ」といふ。

はん〓つるべに水くむが如く、いと安げに引き上たり。

 明けて見るに、二つに二千両納めたり。

月夜も、又一つ上て、このたびは綱にからめて、蔵より釣おろす。

むら雲おりあひて取おろす。

さて、二人の者らを、また廊のやねにわたし、我は気をいりてや、蔵のやねより飛たり。

いさゝかも疵つかで金箱荷はせて、石垣の穴より四人がはひ出て云。

「はん〓の御はたらき、いく度も修し得たるに似たり」とて、この箱の金とり出て、村雲に云。

「ひや飯くはせ、金百両あたへし恩を、いかめしく『命得させし』といふよ。百両はもとより、冷飯の価ともに千両とれ。二人の者は五百両とれ。我は五百両を得ん」とて、をしげなきにむら雲はじめて伏したり。

 夜は里はなれて明たり。

はん〓云。

「四人つれたらん事、見とがめてん。おのれらは江戸に出よ。むら雲はいかに」と問ふ。「津軽の果まだ見ず。いざ」といへば、「我もしかこそ思ふ」とて、酒店に入て、別の盃めぐらす。

はん〓酔ぐるひして、「つたえ聞、から人は別に柳条を折とや。さらば」とて、この川に老たる柳の木を、「えい」と声かけてむきとりたり。

「さていかにする事ぞ。しらず」とて、大道に投すてたり。

酒屋のあるじ、恐れて物いはず。

おくまで飲きひして、二人は江戸にと志す。

村雲、千両の金とり納めん、今は恥ありとて、「半をかへさん」といへば、「多く得てせん。ぬすみはいとやすき者也。飢ばくらはん。むなしくは人の宝とらん。数多くは煩らはし」とて納めず。

共にわら苞にして、背におひて行く。

 日やう/\暮なん、やどるべき里なし。

丘の上に、いと貧しげなる寺院あり。

行てやどり乞。

わかき病僧にて、「こゝには人やどりたり。あたふべき食なし。二十丁あゆめ。よき駅あり」と云。

「くらはずともよし。寝ずもあらん。しらぬ道にまよはんよりは、一夜かせよ」とて、おし入て見れば、破たるさうじの奥にやどりたる人ありや。しは吹聞ゆ。小者一人外よりかへりたり。

「米もとめこし」とて、岱おろす。

二人が云。

「この米価たかく買ん。売れ」とて、金一ひら投出す。

「いな是は客人の米なり。このあたいもあたらず。

汝たち一人ゆきて駅に出て買こよ。

此米もこの主のとりに走らせしぞ」と云。

聞わきて牀にのぼり、へだて明やりて見たれば、五十余のよはひの武士也。

打わらひて、

「二人はいとすくやかなる人々なり。こゝに居たまへ。

夜すがら物がたりり聞ん。

あるじは我甥子也。

常に病ひして心よわし。

飯たく事は我小者がせん。わかちてくらはん。べちになもとめそ」とて、心よしの詞に落ゐて、烟くゆらせ湯のみ物かたりす。

武士云。

「お僧はいともたけ%\しく、眼つきおそろし。大男はいかなるにや。ひたいに刀疵二ところ見ゆ。米の価わづかに金一両出されたるは、富貴の人の旅ゆくにもあらず。心はやりてばくち打、又、盗みしてあぶれあるくか」と問ふ。

村雲答。

「ぬす人也。よんべ幸ひ得て、金あまたのわらつとにあり。

多きも煩はしとて、いかでつかい棄んとす」と云。

「しか見たりき。男つき僧がら、寔に悪徒とこそ見ゆれ。

命は塵灰にあぶれあるく。

乱たる世にてあらば、豪傑の名とり、国を奪ひて敵をおそれしめん。

いさまし」と云。

はん〓云。「ぬす人とても命は惜しきぞ。財宝は得やすく命はたもちがたし。百年の寿を盗む術しりたらば教へよ」とぞ。

武士わらふ/\、「財宝かすめられたらん者のうらみなからんやは。おほやけにはしかる者捕らへんとて備へたり。

人をも殺し盗あまたして、むくひの命百年と云事あるべからず。

われき[く]、『盗人は罪をしりて、良民にはえ立かへらで、わかきほどに罪正されん事を覚悟よくす』とぞ。

汝達は是に異なるか。乱世の英雄なり。

されど治世久しければ、盗賊の罪科に処せられん。

やめたりとも大罪ならばついにとらへらるべし。

あだ口いひて戯るか」と云。

はん〓にらみつけて、

「力身に余りたり。すでにもえとらへざりし事、度々ぞ。

天命長くば、罪ありとものがれん」と云。

むら雲が云。

「老たる人也。念仏申て極楽参りねがふべし。此主僧もおい子と聞けば、一子九族生天とやらのこぼれ幸ひ得んとて、こゝにもやどりて念仏せらるゝよ」とて、嘲けりわらふ。

「老たりとも武士なり。

君につかへて忠誠の外に願ひなし。

寿も天命にまかせて、長くとも短くともいかにせん。

百年の寿をねがひて、こゝかしこと逃かくれ、安き地なくば夭亡の人に同じ」とぞ。

 樊〓「物争ひして無やく也。君に忠信の人の心がけを見ん」とて、面うたんとて手ふりあぐ。

えかたで引たをされたり。

「さては腕こきぞ」とて起上りて、立蹴にけらんとす。

足をとらへて、このたびは横さまに投て、「えい」と声して、腋骨つよく当たり。

あてられてえおきず。

むら雲立代り錫杖にてうたんとす。

打はづして右手をとられ動かせず。

「おのれが面の刀疵、ニところあるは度々からきめにあひたる無術のぬす人也。

此手はなちて見よ。おほやけには我如き人あまたありて、やすくとらへらるべし」とて、是も突たをす。手しびれたるにや、又え打ず。

はん〓うめき出て、

「骨折れたり。にくき奴ぞ」とて、いかり声すれど力つきたり。

武士打笑ひて、「いで夕食出来たりとぞ。くはせん」とて、

はん〓を引おこし、背より「う」といふて蹴たれば、やう/\起なをりたり。

村雲は「手の筋たがひし」とて、つぶやきをる。

是もとらへていかにかする。

いたくおぼえし跡は常になほりたり。

小者・主僧、手に夕めしはこび出づ。

「おのれらには一椀づゝあたへん。牢獄の内を思ひしれ」とて、たかく盛たる飯、一わんづゝくれたり。

口をしければくはず。

さて、夜ふけて寝牀わかちてふす。

あした起出たれば、「是いたむ所へはれ」とて、薬あたへたり。

「是は有がたし」とて、おの/\いたゞきて張る。

武士はあさげくひて立行んに、

「此者共よ。主僧わかけれど病ひにつかれたる人也。

武士の子なれば、術あれどかくしつゝみてせずぞあらん。

いたみよくば一礼して、とくゆけ」とて、門に出づ。

主僧おくり出て、

「あの盗人等は篭の鳥に似たり。

病つかれしかど手いたくせば、又骨たがへさせんものぞ。

心安くおぼして出たまへ」と云。

眼のたゞならずと見[る]に、やう/\昼かたぶきて飯の湯のにごりあたへられ、さきに出せし金一両をやどの代に出すれば、

「盗みし金を法師の納めんやは」とて、目もおくらずして囲炉に柴くゆらせたり。

おそろしくなりて物もいはで出ぬ。

さて村雲が云。

「何となく海を上りてこのかたは心おくれたり。

本国に信濃にかへりて養なはん。

江戸はすまひのむかしに見しられたれば危し」とて、

こゝに手をわかつ。樊〓も心さびしげに、

「今はひとり奥羽のはて見んともなし。

江戸に出て遊ばん」とて、又をちぎりて行。

江戸に出しかど、れいの人あまた立つどふ所は心ゆかず。

一日、雨いさゝか打そゝぐに、浅草寺に心ざして来たれば、けふといへども静ならず。

あじろ笠深くかゞふりて、酒店に心ゆかぬほどに酔て、神鳴門に入たれば何事か人立さうどく。

「盗人よ」とて、口々にいふ。

「小猿・月夜等がこゝに危きや」といきて見れば、はた二人が手に血つきて、おのれらも刀打ふりたゝかふ也。

若きさむらひ五六人が中に取かこみて、此五六人もいさゝかづつ疵かうむ[り]たり。

市人寺院の内よりも、男ども棒とり%\に追とり巻。

「不便也。助けえさせん」とて、人おし分て、

「これはいかなる喧嘩ぞ」とて、

しらぬ顔に問へば、

「あの二人の盗人め。酒にゑひて若さむらひ達の懐をさぐりとりしを見あらはされ、屋しきへつれいきて殺さんとおしやる。

のがれんとてぬき刀して一人に疵つけたり。

皆一つれにておはせば、かく血にまみれて互に打あふ也」と云。

「さらば」とて、ちかくより、「今はたがひに無やくのたゝかひ也。あつかはん」と云。

小猿・月夜は力を得て、刀ぬきたるをかまへて樹下に立。

侍等、「いな、かく我々も疵つきしかば帰るべき道無し。

かれら首にしてかへり主の君にわびん。

あつかひ言して法師も命損すな」とて聞入べくもあらず。

「首は渠等が物也。ぬすみし物だにわきまへなば助けてとらせ。

立まひあしくて盗人に疵つけられたるはおの/\不幸の事也。聞入ずば」とて、

錫杖とりて二三人を一度に打倒す。

「すは、ぬす人のかしら来たるは」とて、

群がり逃るもあり。

「打たをせ」「打ころせ」とて、

棒はしの原よりしげし。

「おのれ等眼なきか。

我は修行者也。事聞分て人の命失なはせぬを、心なく云は共に打ちらさん」とて、

錫杖に前にたつ七八人をうつほどに

「あ」と叫んで、皆打たをる。

さむらひは今はうろたへて、逃ゆくまゝにして、

「二人の者らこよ」とて、

腋にはさみて飛かけりゆく。

人声のみさわがしくて追もこず。

広き所へつれ行て、血をふき顔手足洗はせて取つくろひ、

物だにいはせずして走りかけり行。

江戸をはなれて見れば金つゝみし苞はなし。

「おとせしにと思へど、かへりても得られまじ。

おのれ等に損見る事、得させしも有まじ」と問へば、

「博奕にまけ、遊所に酒の価に蒔つくしたれば、けふはかの侍がふところの物とりてこゝにあり。

金あるまじけれど酒代ばかりは」とて、見れば、わづかに金一分あり。

是にて、又酒かひ、ふぐと汁くひあきて、

「江戸には出がたし」とて、東をさして行く。

下野の那須野の原に日入たり。

小猿・月夜云。

「此野は道ちまたにて、くらき夜にはまよふ事、既にありき。

こゝにしばらく休みたまへ。

あなひ見てこん」とて、走りゆく。

「殺生石とて毒あり」と云石の垣のくづれたるに火切てたきほこらしをる。

僧一人来たる。

目もおとさで過るさまにくし。

「法師よ。物あらばくはせよ。

旅費あらばおきてゆけ。

むなしくは通さじ」と云。

法し立とゞまりて、「こゝに金一分あり。とらせん。くふ物はもたず」とて、

はだか金を樊〓が手にわたして、かへりもせず、行。

「行さきにて若き者等二人立べし。

『はん〓にあひて物おくりし』といふて過よ」と云。

「応」とこたへて、足しづかにあゆみたり。

片時にはまだならじと思ふに、僧立かへりて、

「はん〓おはすか。我発心のはじめよりいつはり云ざるに、

ふと物をしくて今一分のこしたる心清からず。

是をもあたふぞ」とて、取あたふ。

手にすゑしかば、只心さむくなりて、

「かく直き法師あり。我親兄をころし、多くの人を損ひ、

盗して世にある事あさまし/\」と、しきりに思ひなりて、

法師にむかひ、

「御徳に心あらたまり、今は御弟子となり、行ひの道に入ん」と云。

法師感じて、「いとよし。こよ」とて、つれだち行。

小さる・月夜出きたる。

「おのれ等いづこにも走り、いかにもなれ。

我はこの法しの弟子と成て修業せん。

襟もとの虱、身につくまじ。

又あふまじきぞ」とて、目おこせて別れゆく。

「無やくの子供等は捨よかし。

懴悔行々聞ん」とて、さきに立たり。

 この物がたりは、みちのくに古寺の大和尚八十よのよはひして、

「けふ終らん」とて、湯あみし衣あらため、倚子に坐し目を閉て仏名をさへとなへず。

侍者・客僧等すゝみて申。

「いとたふとし、遺偈一章しめしたまへ」と申。

「遺偈と云は皆いつわり也。まことの事かたりて命終らん。

我ははうきの国にうまれて、しか%\の悪徒なりし。

ふと思ひ入て今日にいたる。

釈迦・達磨も我もひとつ心にて曇りはなきぞ」とて死たりとぞ。

「心をさむれば誰も仏心也。放てば妖魔」とは、此はん〓の事なりけり。